今日すぐ使える即日発行カード特集🚗💨

楽天ペイを導入するには?手数料やメリットを徹底解説!


楽天ペイは楽天が運営するコード決済サービスです。また楽天ペイには楽天カードや楽天ポイント、楽天Edyなどとの連携が期待できます。

利用方法が多彩ですので、楽天ペイはユーザーだけでなく、加盟店にも様々なメリットがあります。

そこで、楽天ペイを導入する方法と決済手数料や導入コストについてわかりやすく解説していきます。

楽天ペイとはどんなサービス?

楽天ペイとは、楽天ペイメント株式会社が運営するQRコード決済・バーコード決済サービスです。

他QRコード決済と同様に、クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバックができることに加えて、楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

楽天ペイはキャッシュレス・消費者還元事業に対応

楽天ペイは、キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)に対応しています。

キャッシュレス・消費者還元事業に登録すると、2019年10月から2020年6月までクレジットカードやQRコード決済の手数料が実質2.16%になります。

決済手数料が抑えられるお得な期間ですので、キャッシュレス・消費者還元事業に登録することをおすすめします。

参考キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは?キャッシュレス・消費者還元事業に登録しよう!

楽天ペイの導入キャンペーン


楽天ペイは、現在、新規申込みの加盟店向けにカードリーダー実施0円キャンペーンを実施しています。

これは、QRコード決済やクレジットカード、電子マネーの決済ができて、通常18,800円するカードリーダーを無料で貰えるというおトクなキャンペーンです。

楽天ペイを導入するとお得?

楽天ペイを導入すると様々なメリットを受けることができます。

導入費用はかかる?

楽天ペイはアプリ決済のみの導入であれば、初期費用、導入費用、維持費用はかかりません。

アプリ決済はスマホかタブレットがあれば利用可能です。

ただし、決済手数料が最大3.24%かかります。

決済手数料を加味しても、導入にかかるコストは限りなく低く抑えられますので、試験的にQRコード決済を導入してみたい方にはおすすめですね。

会計スピードが早くなる

楽天ペイを導入すると、ユーザーがスマホアプリでお店のバーコードを読み取り決済が完了します。

従来の現金払いやクレジットカード払いに比べて、スムーズな支払いができるようになるので、レジ作業のスピード改善が見込めます。

ですので、会計レジの前に列ができたり、レジ作業に時間がかかっているお店にはメリットになります。

楽天ペイを導入するには?

楽天ペイは、公式サイトからの申込みで利用できるようになります。

オンラインで手軽に申し込めますので、導入を検討している方はまずは申し込んでみるのがいいかもしれません。

楽天ペイを導入したらどうやって決済する?

楽天ペイの決済方法は2種類あります。

お店にQRコードを設置する

お店にQRコードを掲示し、そのQRコードをユーザーが読み込む方法です。

店側はユーザーのスマホ画面で会計金額を確認するだけですので、簡単に会計が完了します。

ユーザーのQRコードを読み取る

ユーザーがQRコードを提示して、そのQRコードを店側が読み取る方式です。

こちらも店側がQRコードを読み込むだけですので、スムーズに会計が完了します。

楽天ペイは個人事業主でも導入できる?

楽天ペイは個人事業主でも導入できます。

個人事業主でも公式サイトから申込みをして審査に通れば利用できますので、小規模のお店やお祭りの縁日などでも利用可能です。

楽天ペイを導入したらレシートは発行できる?

楽天ペイを導入すると、気になるのはレシートですね。

基本的に楽天ペイは、紙のレシートを発行する機能はありません。

また、ユーザーは、ユーザー用楽天ペイアプリ内で電子レシートを確認することできますので、紙のレシートは不要です。

ユーザーから紙のレシートが欲しいと言われることが多いお店の場合は、楽天ペイでプリンターを購入できますので検討してみてください。

楽天ペイコールセンターへの問い合わせ

楽天ペイのコールセンターは、年末無休で対応してくれます。

  • 電話番号:0570-200-456
  • 対応時間:9:30~23:00(土日・祝も対応)

コールセンターの混雑状況は日にちや時間帯によって異なりますので、下記を確認しましょう。

日・祝
9:30-10:00
10:00-11:00
11:00-12:00
12:00-13:00
13:00-14:00
14:00-15:00
15:00-16:00
16:00-17:00
17:00-18:00
18:00-19:00
19:00-20:00
20:00-21:00
21:00-22:00
22:00-23:00

楽天ペイの競合サービスを導入するには?

ここまで、楽天ペイの導入に関して解説してきましたが、他のサービスが気になる方もいるでしょう。

そこで、楽天ペイの競合を一覧に纏めましたので、下記を参考に導入するサービスを選びましょう。

PayPayLINE PayメルペイOrigami Pay楽天ペイ
運営会社PayPay(株)LINE Pay(株)(株)メルペイ(株)Origami楽天ペイメント(株)
QRコード決済PaypayLINE PayメルペイOrigami Pay楽天ペイ、auペイ
国外QRコード決済Alipay

WeChat Pay、NAVER Pay×銀聯QR、Alipay×
QRコード決済の手数料無料(期間限定)無料(期間限定)1.50%0~3.25%3.24%
電子マネー決済××××楽天Edy、nanaco、WAON、Apple Pay、iD、QUICPay、Suicaなど交通系電子マネー
電子マネー決済の手数料××××楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネー、Apple Pay、iD、QUICPay:3.24%
利用可能なクレジットカード××××VISA、Mastercard、アメックス、JCB、ダイナース、DISCOVER
クレジットカード決済手数料××××VISA、Mastercard、アメックス:3.24%
JCB、ダイナース、DISCOVER:3.74%
初期費用無料無料無料無料実質無料
月額固定費無料無料無料無料無料
入金サイクルジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:翌々営業日
入金申請後、即時〜翌営業日
当月末締め翌月末払い
月1回:月末締め翌月10日入金
月2回:15日締め25日入金と月末締め翌月10日
当月1日から15日:当月末日
当月16日から末日:翌月15日
楽天銀行:翌日
その他金融機関:翌営業日
振込手数料無料(期間限定)無料(入金申請した場合240円税込)200円(お急ぎ振込400円)無料楽天銀行:無料
その他金融機関:210円
利用開始までの日数1ヶ月程度約10営業日1週間前後調査中1週間前後
対応端末iOS,AndroidiOS,AndroidiOS,AndroidiOS,AndroidiOS,Android
レシート発行×××××
分割払い×××××

PayPayは導入できる?できない?

PayPayも導入可能です。

決済手数料含め、導入コストは無料ですので導入しやすいサービスです。

PayPayの加盟店申し込み

PayPay導入で中国・台湾・香港に約8億人のユーザーが利用するAlipay(アリペイ)も決済手数料0円で導入できますので、この機会に加盟店登録を行いましょう。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料無料(※1)入金手数料無料(※2)
締め日当月末締め入金タイミングジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:最短翌々営業日
注意
※1.2021年9月30日までユーザーが読み取る支払いのみ対象
※2.2020年6月30日まで無料。以降はジャパンネット銀行のみ対象。
PayPayの加盟店申し込み
参考PayPayを導入するには?手数料やメリットを徹底解説!

メルペイは導入できる?できない?

楽天ペイの競合にあたるメルペイも導入可能です。

初期費用0円で決済手数料は1.5%ですので、簡単に導入ができます。

また、メルペイの申込時にau Payの同時申込みも可能です。

参考メルペイを導入するには?メルペイ導入の手数料やメリットを徹底解説!

楽天ペイ導入のまとめ

日本政府では2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、楽天ペイをはじめスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。

まだまだ利用店舗が限られている楽天ペイですが、今後は利用できる幅が広がっていくことが予想されますので、導入を検討されている方は今が絶好の導入タイミングになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください