20%還元の入会特典クレカ💳🉐

楽天カードはSuicaチャージできる!2020年5月25日(月)から開始

楽天カードはSuicaチャージできる

楽天スーパーセール」や「楽天SPU」などでお得に使える楽天カードですが、Suicaと併用することはできるのでしょうか?

そこで、この記事では楽天カードのSuicaチャージとお得な入金方法についてまとめました。

Suicaチャージがお得な一体型クレジットカードは別の記事にまとめておりますので合わせて参考にしてください。

楽天カードはSuicaチャージできる!

早速ですが楽天カードは「モバイルSuica」に登録することでSuicaにチャージすることができます

Apple Payでもチャージできる

楽天カードはApple Payに登録できるので、WALLETアプリから直接Suicaにチャージすることもできます。(VISAはモバイルSuica経由のチャージとなります

アメックスブランドの楽天カードはApple Payに登録できません。

Google Payからもチャージできる

おサイフケータイ搭載のAndroidスマホを利用している方はGoogle Payに登録した楽天カードでSuicaチャージすることもできます。

Apple Pay同様にアメックスブランドの楽天カードはGoogle Payに登録できませんので覚えておきましょう。

ポイント還元率は0.5%

楽天カードは従来Suicaチャージをポイント付与の対象外でしたが、楽天ペイのSuica対応に伴い、200円につき1ポイント貯まるようになりました。

定期券購入はポイント貯まる

Suica定期券の購入もポイント付与の対象です。

楽天カードの還元率1.0%分お得になります。

券売機ではチャージできない

券売機でのSuicaチャージは原則現金払いのみとなります。

楽天カードを券売機で利用できるのはSuica定期券や新幹線切符の購入時などに限られます。

オートチャージはできない

楽天カードはSuicaのオートチャージに設定できないクレジットカードです。

Suicaのオートチャージサービスに設定できるのは「VIEWマーク」のあるクレジットカードに限定されています。

楽天ペイから赤いSuicaが発行開始!2020年5月25日(月)から

楽天ペイアプリのSuica発行/チャージ

2020年5月25日(月)より楽天ペイからSuicaの発行/チャージが可能になったことで、楽天ペイアプリに登録した楽天カードでSuicaチャージすると200円につき1ポイント貯まるようになりました。

利用できる機能①楽天ペイアプリ内でのSuica発行やチャージ
利用できる機能②Suicaチャージがポイント付与対象に
利用できない機能①オートチャージ
利用できない機能②定期券・グリーン券の購入
利用できる端末「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末

ポイントチャージにも対応予定

今後は貯まった楽天ポイントを直接Suicaチャージに利用できる機能も実装するようなので、効率よく楽天ポイントを貯めることで交通費の削減に繋がりそうです。

iPhoneではポイント付与キャンペーン実施

楽天カードのSuicaチャージキャンペーン

iPhoneユーザーも楽天ペイに楽天カードを登録してから、Apple PayモバイルSuicaからチャージすると200円につき1ポイント付与されるキャンペーンを実施しています。(要エントリー)

5,000ポイントの入会キャンペーン開催中!

楽天カードのデザイン全てを対象に5,000ポイントもらえる入会キャンペーンを開催中です。

開催予想期間2020年7月20日(月)10時〜終了日未定
入会特典①新規入会でもれなく2,000ポイント
入会特典②1円以上の利用でもれなく3,000ポイント

マイナポイントで25%還元!2020年7月1日(水)から選択開始

2020年9月1日(火)から始まるマイナポイントの還元に指定する決済サービスは、2020年7月1日(水)から選択受付を開始しています。

楽天カードはマイナポイントの還元対象になりますので、Suicaチャージもしくは買い物で得しましょう。

Suicaチャージがおすすめのクレジットカード

Suica一体型のビューカードはオートチャージや定期券購入が通常のポイント3倍(還元率1.5%)で利用できるクレジットカードです。

なかでも優待特典や付帯サービスの豊富さからSuicaチャージにおすすめのクレジットカードを厳選しています。

特に実質年会費無料で使えるビックカメラSuicaカードルミネの10%オフセールに参加できるルミネカードがおすすめです。

即日発行もできる

ビューカードの一部は仮カードの即日発行に対応しています。

ルミネカード/JREカード/ビックカメラSuicaカードが対象です。

楽天カードはPASMOチャージにも対応

関東圏の鉄道やバスの交通系ICカードであるPASMOにも「モバイルPASMO」がありますので、楽天カードでPASMOチャージすることも可能です。

ただし2020年4月現在モバイルPASMOは「おサイフケータイ」搭載のAndroid端末にしか対応しておりませんので、iPhone利用者は楽天カードでPASMOにチャージすることはできません

PASMOチャージにおすすめのクレジットカードも参考にしてください。

楽天カードの電子マネーチャージ対応表

Suica以外の電子マネーのチャージ対応状況についても一覧にまとめました。

Suicaチャージできる◯
PASMOチャージできる◯
楽天Edyチャージできる◯
nanacoチャージできない×
WAONチャージできない×
QUICPay使える◯
iD使えない×

QRコード決済対応表

電子マネー以外に楽天カードのQRコード決済対応状況についても一覧にまとめました。

PayPay登録できる◯
d払い登録できる◯
au PAYチャージできる◯
楽天ペイ登録できる◯
LINE Pay登録できない×

楽天カードでSuicaにチャージできない時の対処方法

これまで問題なくを使えていた楽天カードでSuicaチャージできなくなったときは以下3点のいずれかに該当しているかもしれません。

  • 限度額オーバー
  • 利用停止
  • 強制解約

限度額オーバー

楽天カードの限度額をギリギリまで使っていると、次の支払日に引き落とされるまでチャージできません。

増枠申請を行うか繰り上げ返済を行い利用可能枠に空きを作ると良いでしょう。

利用停止

楽天カードの滞納クレヒスの悪化により楽天カードが利用停止担っている可能性もあります。

利用停止になる理由に心当たりが無い方は楽天カードの問い合わせ窓口に連絡してみましょう。

強制解約

長らく利用停止が続いたり、度重なる滞納が続くと楽天カードの強制解約が執行されたのかもしれません。

強制解約の理由次第ではブラックリスト(異動情報)が登録されますので、今後5年はクレジットチャージができなくなります。

海外利用はできない

Apple PayもしくはGoogle Payに登録したSuicaであっても海外で使うことはできません

Suicaはあくまでも日本国内の独自仕様となります。

Suicaのチャージ方法

Suicaの券売機

Suicaはクレジットチャージ以外にもいくつかチャージ方法が用意されております。

  • 駅の券売機でチャージ
  • コンビニのレジでチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • ポイントチャージ

駅の券売機でチャージ

駅の券売機やチャージ機は現金払いが原則ですが、定期券購入時の追加チャージはクレジットカード決済が可能です。

  1. 券売機にSuicaを挿入
  2. Suicaボタンをタッチ
  3. チャージ金額を選び、現金を投入
  4. Suicaの受け取り(領収書が必要な場合は発行)

コンビニのレジでチャージ

「NewDays」「セブン-イレブン」「デイリーヤマザキ」「ファミリーマート」「ミニストップ」「ローソン」のコンビニレジや「イオン」で「Suicaのチャージをしたい」旨を伝えれば現金払いでチャージできます。

  1. レジの店員に「Suicaチャージと希望金額」を伝える
  2. 希望のチャージ金額の現金払い
  3. カードリーダーにSuicaをタッチ
  4. Suicaの受け取り

セブン銀行ATMでチャージ

セブン−イレブンやイトーヨーカドーに設置されているセブン銀行ATMでも現金払いのチャージが可能です。

  1. 「電子マネーチャージ」ボタンをタッチ
  2. Suicaを所定の位置(+エリア)に設置
  3. 「チャージ」をタッチ
  4. チャージ金額を選択
  5. お金を投入
  6. Suicaの受け取り

ポイントチャージ

JRE POINTに紐付けたSuicaなら、券売機等で貯めたJRE POINTでチャージすることもできます。

払い戻しについて

Suicaの払い戻しは220円の手数料がかかりますが、チャージ残高が220円未満であれば手数料が無料になります。

なお、払い戻しをすれば預り金であるデポジット500円も返金されます。

楽天Suicaカード(Suica一体型の楽天カード)は登場なるか

楽天ペイから発行できるのはSuicaはバーチャルカードになりますが、その後にSuica一体型の楽天カードが登場する可能性は十分ありえると考えます。

楽天カードは最近アルペングループ 楽天カードのように提携カードの取り組みも始めています。

先進的な取り組みにも積極的なSuicaのことですから、今後楽天カードのチャージでお得なSuica独自のキャンペーンを打ち出すことも可能性としては0ではありません。

そんな日が訪れるまでは、消費者としてお得な店舗や決済サービスを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを高めておきましょう。

NO Suica, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください