💡7,000円相当のPayPayポイント&1%上乗せ💡

楽天カードの分割払いができない原因と解決策、立て替え方法まとめ!

楽天カードの分割払いができない

楽天スーパーセール」や「楽天SPU」で得する楽天カードをメインで利用していると、分割払いができないときがありませんか?

この記事では楽天カードで分割払いできない原因とその解決策についてまとめました。

楽天カードの分割回数について

まずはおさらいも兼ねて楽天カードの分割払いの支払回数を確認しましょう。

特に用意されていない分割回数で支払おうとしている方は要注意です。

支払回数分割手数料100円あたりの手数料
2回無料無料
3回12.25%2.04円
5回13.50%3.40円
6回13.75%4.08円
10回14.50%6.80円
12回14.75%8.16円
15回15.00%10.20円
18回15.00%12.24円
20回15.00%13.60円
24回15.00%16.32円
30回15.00%20.40円
36回15.00%24.48円

36回を超える分割払いはできない

楽天カードの分割払いは支払回数が決まっておりますので、36回を超えたり、4回や8回などの任意の回数を指定することはできません

分割払いを利用できるお店でも、楽天カードの分割払いに制限があることも覚えておきましょう。

海外では分割払いできない

楽天カードの分割払い国内のショッピング利用のみが対象となり海外では使えません。

海外利用分を分割にしたい方は楽天カードのあとから分割の活用、もしくは自動リボにした楽天カードを使いましょう。

加盟店によって分割できない

楽天カードが使えるお店でも分割払いはお店によって導入状況が異なるため使えないこともあります。

分割払い自体ができないお店もあれば、支払回数が限られるお店もありますので予め店舗への確認が必要です。

2回払いが使えないお店もあり

分割払いが使えるお店でも2回払いだけ使えないお店もあります。

例えば分割払いを導入しているAmazonでも対応している支払回数は「全カード共通で3,5,6,10,12,15,18,20,24回」となり2回払いできません。

分割払いできないときはリボ払いで対処

分割払いが使えないお店なら楽天カードのリボ払いで代用する方法もあります。

支払回数によっても差がありますが、分割払いとリボ払いとで実質年率の差もほとんどありません

支払い方法実質年率
リボ払い15.0%
分割払い12.25%〜15.00%

リボ払い手数料が安いクレジットカード

楽天カードの分割払いが使えないなら、業界最低水準のリボ払い手数料を誇るACマスターカード三井住友カード RevoStyleを活用することもおすすめします。

楽天カードの分割手数料よりも低い実質年率で支払うことが可能です。

比較項目ACマスターカードリボスタイル
年会費無料無料
リボ手数料10.0%〜14.6%9.8%
発行時間最短即日最短3営業日
詳細ページ

金利0円のキャッシングで立て替える方法も

ACマスターカードなら最大30日間金利0円で利用できるキャッシングサービスで立て替えることもできます。

ACマスターカードの限度額最大800万円(ショッピング枠とキャッシング枠の合計)ありますので、高額な商品/サービスの購入にも役立つでしょう。
キャッシングがおすすめのクレジットカードキャッシングがおすすめのクレジットカード特集

楽天カードの分割払いを使えない主な原因

分割払いが使えるお店のはずなのに楽天カードの分割払いを利用できない場合、もしかしたら次の原因が当てはまるかもしれません。

  • 限度額オーバー
  • 滞納/延滞
  • 利用停止
  • 強制解約

限度額オーバー

ショッピング利用やリボ払いなどで楽天カードの限度額がいっぱいになっていると分割払いを使えません。

次の引き落とし日を迎えるか繰り上げ返済をするなどして利用可能枠に空きを作ってから利用しましょう。

延滞/滞納

楽天カードの引き落とし時間に間に合わず、滞納していないか確認しましょう。

それによって楽天カード自体が使えない状態にあるかもしれません。

利用停止

たとえ滞納していなくても、何かしらの原因で楽天カードが利用停止になっていることも考えられます。

楽天カードのエラーコード1が利用停止を意味するアラートです。

原因を解消すれば復活しますので楽天カードの問い合わせ窓口等に確認して解決に当たりましょう。

強制解約

もしくは楽天カードの強制解約が執行されてしまったのかもしれません。

楽天カードのエラーコード2が強制解約を意味するアラートです。

強制解約事由によってはブラックリストに載ってしまう場合もありますので、そうなれば5年間は分割払い含む信用取引ができなくなります

強制解約にならないよう滞納や会員規約、日頃の利用頻度にはくれぐれも注意してください。

楽天カードのあとから分割ができない理由

便利な支払い方法に楽天カードの「あとから分割」がありますが、利用条件がありますので事前に確認しましょう。

分割できない支払い方法

楽天カードのあとから分割にできる支払い方法は「1回払い」が対象です。

対象外の支払い方法だと「あとから分割」にできません。

対象の支払い方法あとから分割あとからリボ
1回払い
2回払い不可
ボーナス1回払い不可
ボーナス2回払い不可不可
分割払い不可
リボ払い不可

受付期間

楽天カードの「あとから分割」は以下表のように変更手続きの受付期間が定められています。

受付期間を過ぎてしまうと「あとから分割」ができませんので気をつけましょう。

受付期間分割払いの適用開始
支払い月の5日まで当月の支払い金額を分割払いに変更可
支払い月の6日~最長20日22時まで当月の支払いを翌月に繰り越して分割払いに変更可

10日〜11日の変更不可時間だった

楽天カードの分割払いできない時間帯

毎月10日から11日にかけてあとから分割いに変更できない時間帯があります。

これらの時間帯に気をつけて早めの手続きを行っておきましょう。

変更不可時間帯対象月
毎月10日22時〜11日18時当月分
毎月10日22時〜11日6時翌月分

対象外の利用分だった

楽天カードで支払った一部の加盟店(エステティックサロン、パソコン教室、語学学校など)は「あとから分割」できないこともあるようです。

他に年会費やカード切替手数料なども対象外になりますので、事前に楽天カードの問い合わせ窓口で確認しておきましょう。

分割回数の変更はできない

2回払いを除き、一度決めた分割回数はあとから変更することができません

支払回数を増やしたい、もしくは減らしたい方は次の方法をお試しください。

分割回数を増やす方法

分割回数を増やすにはキャッシングの立て替えで実質的に支払回数を増やすことが可能です。

  1. キャッシング一括返済に必要なお金を借りる
  2. 分割残高の一括返済を行う
  3. 任意の支払回数になるようにリボ返済金額を調整する
キャッシングがおすすめのクレジットカードキャッシングがおすすめのクレジットカード特集

分割回数を減らす方法

分割回数を減らすには楽天カードの繰り上げ返済が有効ですが、分割残高は一括返済しか受け付けておりません。

まとまったお金が無い方は分割回数を増やす方法と同じようにキャッシングで立て替えてから支払回数が減るようにリボ返済金額を調整すると良いでしょう。

楽天カードの分割払いは無理のない範囲で活用しよう!

何でもかんでも楽天カードを一括払いにしていると、あとから分割払いにしたいと思っても時既に遅いことが多々あります。

はじめに毎月返済可能な金額を把握しておき、無理のない返済ができる支払回数を選ぶことも常に選択肢として持つことが重要です。

分割払いには手数料が発生しますが、結果的に支払えなくなった時の遅延損害金やクレヒス(クレジットヒストリー)に悪影響することを考えれば安いものです。

お財布状況に合わせて利用しやすい支払い方法を積極的に活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください