今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

楽天カードの残高不足とは?残高不足の際の対処方法を徹底解説

楽天カードedy機能付き

誰でも一度は経験してしまう可能性があるのが、「残高不足による引き落としができない」と言うトラブルです。

残念ですが、そう言った場合には、引き落としが行われません。では、どうなってしまうのでしょうか?楽天カードの残高不足についてご紹介します。

楽天カードとは?楽天カードのデメリットを知る前に知りたい基礎知識

楽天カードの残高不足の知る前に、楽天カードの基礎知識を知っておきましょう。

楽天カードとは、ポイントが効率的に溜めることが特徴のクレジットカードです。

入会特典と利用で5000ポイントが貯めることができるほか、様々な場面でポイントを貯めやすくなっています。初めての人でも使いやすいクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

下記のサイトでは、楽天カードについて詳しく紹介してますので是非見て下さい。
参考元楽天カード社員が教える楽天カード活用術!審査やポイントなど分かりにくい仕組みも解説

楽天カードとは?残高不足の対処法と合わせて知りたいメリット・デメリット

楽天カードは、株式会社楽天カードの発行するクレジットカードです。手軽に作ることができるため、多くの利用者がいるクレジットカードです。

楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードと言うメリットが大きいクレジットカードですが、支払が不足した場合などの電話連絡による催促が多いと言われています。デメリットとメリットの両面を理解して、使いこなしたいクレジットカードです。

楽天カードの残高不足とは

楽天カードの残高不足とは、どのような事態なのでしょうか?

楽天カードは、毎月27日に引き落としがかかります。支払い用に登録してある銀行口座から、毎月の利用額が自動で引き落とされます。

その際に、支払うべき金額である利用額よりも銀行口座に入っている金額が少ない場合には、引き落とすことができません。

そのような状態を「残高不足」と言います。

楽天カードが残高不足の際の対処方法

楽天カードが残高不足で引き落としができない場合、どのような対処が必要でしょうか?

楽天カードでは、毎月の末日に締め切りとなっており、その後の12日頃に請求金額が確定します。

確定した請求金額は、請求確定案内メールで利用者の元に届けられます。そして、27日に引き落としが発生します。

残高不足によって口座振替日に残高不足で引き落としができない場合には、再振替サービス(自動再引き落とし)が適用されます。

その際には、対象日に登録してある銀行口座から、もう一度同じ金額の引き落としが行われるため、それまでに再度銀行口座に請求金額を入金しておくだけで大丈夫です。再振替の日にちは、利用している銀行口座ごとに異なります。

楽天カードの引き落とし日に残高不足だった時の振込先とは

楽天カードの残高不足で引き落とすことができなかった場合や、自動再引き落とし(再振替サービス)が利用出来ない場合には、指定の口座に請求金額を振り込む必要があります。

しかし、振込口座・振り込みの金額は各利用者ごとに異なるため、楽天カードの場合には振込口座を自動音声専用ダイヤルか楽天e-NAVIで、その都度確認する必要があります。

楽天カードが残高不足の時の通知方法

楽天カードが残高不足の時には、楽天カードからハガキによる通知が届きます。

また、楽天カードのメンバー専用会員サービス【楽天e-NAVI】にログインをすると画面の上部分に青い背景と白い文字で「至急こちらのお知らせをご確認お願いいたします。」と表示されます。

この表示があると、楽天カードから引き落としができなかった状態になります。

楽天カードが残高不足だった時にくるハガキとは

楽天カードが残高不足の時、引き落としができないと楽天カードから通知が届きます。

その際の通知方法は、ハガキです。中には、コンビニエンスストアで支払うことが可能な「振込依頼書」が入っています。

届いたら、その振り込み依頼書を使ってコンビニエンスストアで支払いを行いましょう。

振込依頼書は、コンビニエンスストアで利用できますが、支払金額に応じた別途手数料が発生します。

楽天カードが残高不足である時の連絡方法とは

楽天カードが残高不足である時に、連絡する方法は電話による問い合わせになります。

その場合には【自動音声専用ダイヤル】0120-30-6910を利用しますが、自動音声専用ダイヤルが利用できない場合があります。

その際には、【楽天カードコンタクトセンター】に電話をして下さい。
営業時間は、9:30~17:30です。
契約者本人から連絡する必要があります。

電話をしたら、音声案内が流れるので、「3」各種照会、カード番号、生年月日を入力して「2」請求額の照会を行いましょう。

【楽天カードコンタクトセンター】の電話番号は、楽天カードの裏面に書かれています。

楽天カードが残高不足の際に電話すべきところとは

楽天カードが残高不足の際の連絡先電話番号は、【自動音声専用ダイヤル】を利用します。

電話番号は、24時間対応で0120-30-6910となっています。
引き落とし日から翌月の10日までの間だけ利用が可能ですので、ご注意下さい。

楽天カードを手元に用意して電話すると、自動音声案内で振込口座とその金額が確認できるようになっています。

必要な情報は、楽天カード番号と、生年月日、振り込み日です。

楽天カードが残高不足だった時に再引き落としが行われる時期とは

楽天カードが残高不足だった時に再引き落としが行われる時期は、銀行ごとに異なります。

楽天銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、北海道銀行、北陸銀行、横浜銀行、千葉銀行、広島銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、常陽銀行、肥後銀行、八十二銀行を利用している方は、支払日の翌日から4日目まで毎日再振り替えが行われます。ゆうちょ銀行の場合は、支払日の翌々日にのみ再振り替えが行われます。

楽天カードの引き落としでゆうちょ銀行の残高不足の場合に注意すべきこと

楽天カードの引き落としが残高不足になった場合にも、柔軟な対応をしてくれる楽天カードですが、ゆうちょ銀行を利用している方は注意が必要です。

ゆうちょ銀行の場合は、支払日の翌々日に1度だけしか再振り替えが行われないためです。その日を逃してしまったら、振り込みによって支払う方法を取りましょう。

楽天カードが残高不足から利用停止になる流れとは

楽天カードが残高不足になった場合、気になるのがクレジットカードとして利用することはできるかどうかではないでしょうか。

楽天カードは、支払いが遅れてしまうと言う理由以外でも利用停止になることがあると言われています。

では、利用停止になるのはどれくらい支払いが遅れた時でしょうか。

エラーコード1と、楽天e-NAVIで表示がある場合には「このカードはサービス対象外となっております。」と表示が出ます。

その際には、延滞してクレジットカードが利用停止になっている状態です。

楽天カードでは、支払いを延滞してしまうと翌日から遅延損害金が発生し、利用停止となってしまいます。

楽天カードが残高不足だと延滞金が発生するとは

楽天カードに限らず、クレジットカードの支払いを延滞してしまうと遅延損害金が発生します。

楽天カードの場合には、残高不足で延滞金が発生するのはいつからなのでしょうか。

楽天カードは非常に厳しいクレジットカードでは、引き落とし日の翌日から発生します。楽天カードの27日引き落としなので、28日から延滞菌が発生するのですね。

そして、遅延損害金の利率は14.6%~20%のため、できるだけ早めに支払うことがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください