【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

楽天カードは家族カードを作れる!お得に使える?

楽天カードは家族カードを作れる

楽天スーパーセール」や「楽天SPU」などポイントアップがえげつない楽天カード

楽天カードの審査に落ちたことがある方や収入面で不安な方でも「家族カード」なら作ることができます。

そこで、この記事では楽天カードの家族カードを作る条件と詳細についてまとめました。

楽天カードは家族カードを作れる

早速ですが、楽天カードは「生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)」であれば家族カードを作ることができます。

最大5枚まで発行可能

楽天カードの家族カードは最大5枚まで申し込むことができます。

複数人に家族カードを持たせたい方は、優先順位を決めて用意するように気をつけましょう。

高校生は作れない

残念ながら18歳でも高校生は楽天カードの家族カードを作れません。

高校生でも海外留学目的ならば三井住友カード/JCBカード/MUFGカードが発行しています。

兄弟姉妹も作れない

生計を同一にしている兄弟姉妹であっても、楽天カードの家族カードは作れません。

同性パートナー(LGBT)は作れる

生計を同一にする同性パートナーであれば家族カードを作れます。

続き柄を「配偶者」にして申し込みをしてください。

恋人(彼/彼女)も作れない

生計を同一にしている恋人(事実婚含む)は、家族カードの申込み条件を満たしません。

アメックスカードの家族カードならば、事実婚や同一生計の恋人でも作れる可能性があるようです。

無審査で作れる

家族カードは基本的に無審査で作ることができるクレジットカードです。

本会員の与信状況に問題がない限り、家族カードはほぼ100%発行されますので安心してください。

家族カードの概要

家族カードは楽天カードと同一のカードスペックになります。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天SPU
通常還元率1.0%

家族カードの入会キャンペーン

楽天カードの家族カード入会キャンペーン

楽天カードは家族カードの新規入会で2,000ポイントもらえるキャンペーンを開催しています。(キャンペーン一覧

楽天プレミアムカードの家族カードなら最大2,800ポイントになります。

キャンペーン名【常時開催】家族カード入会&利用でもれなく2,000ポイント!
キャンペーン期間常時開催
特典内容楽天カード:1,800ポイント
楽天ゴールドカード:2,300ポイント
楽天プレミアムカード:2,800ポイント
適用条件家族カード入会後に以下2つの条件をクリアする。
①1円以上の利用
②楽天e-NAVI登録をする

家族カードの特徴

同一のカードスペックと言えども若干の違いもありますので、楽天カードが発行する家族カードの特徴をまとめました。

  • ETCカード
  • 引き落とし日
  • ポイント還元率
  • 限度額
  • 海外旅行保険
  • デザイン
  • 楽天Edy

ETCカード

家族カードは楽天カードのETCカードを作れないので気をつけましょう。

ETCカードが必要な方は自分の名義で楽天カードを作るか、おすすめのETCカード2020から選ぶと良いでしょう。

引き落とし日

家族カードの支払いも楽天カードの引き落とし日にまとめられます。

そのため利用明細は本会員に筒抜けとなりますので、バレたくない方は引き落とし口座が設定不要ACマスターカードがおすすめです。

ポイント還元率

家族カードも楽天カードの還元率1.0%で利用できます。

ただしクレジット利用で貯まるポイントは本会員のアカウントにまとめられてしまいます。

限度額

家族カード会員は楽天カードの限度額を全員でシェアしますので、誰か1人が使いすぎると全員使えないことも生じます。

事前に家族間でクレジットカード利用のルールを決めておくと良いでしょう。

海外旅行保険

家族カードにも楽天カードの海外旅行傷害保険が利用付帯します。

デザイン

楽天カードのデザインは本会員のみで、家族カードは通常の券面デザインのみとなります。

楽天Edy

家族カードはEdy機能一体型の楽天カードで便利な「Edyオートチャージ」と「いつでもEdyチャージ」を利用できません

楽天e-NAVIからの「都度チャージ」「コンビニエンスストアや一部の楽天Edy加盟店のレジでの現金チャージ」を使います。

クレヒス作りは本カードで

家族カードはクレヒス(クレジットカードヒストリー)が育ちませんので、利用実績を積むには本カードの申し込みをしましょう。

審査に自身が無い方は作りやすいクレジットカード独自審査のクレジットカードから選ぶのも良いでしょう。

消費者としてお得な店舗や決済サービスを使い分けられるよう、自身のクレヒスを磨いてキャッシュレスリテラシーを高めておきましょう。

NO CASHLESS, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください