【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

楽天ペイのSuica発行が2020年5月25日(月)から開始!

楽天ペイのSuica発行とチャージ

2019年6月5日に楽天ペイメントとJR東日本がキャッシュレス化の推進に向け、「2020年春に楽天ペイアプリ内からSuicaの発行等が行えるようになる」連携を発表しました。

おすすめのQRコード決済の1つである楽天ペイと電子マネーとして最大のインフラを持つSuicaのコラボレーションに期待が集まります。

楽天ペイのSuica発行が2020年5月25日(月)に開始

2020年春に開始されると発表を受けてから、新型コロナウイルスの影響もあってか「まだか?まだか?」と待ち望んでいた、楽天ペイアプリ内でのSuica発行がとうとう2020年5月25日(月)に開始されました。

Suicaチャージで楽天ポイント貯まる

従来は楽天カードのSuicaチャージポイント還元の対象外でしたが、楽天ペイに登録した楽天カードでのチャージなら200円ごとに1ポイント貯まるようになります。

発行はAndroidのおサイフケータイ端末のみ

楽天ペイからSuicaを発行できるのはAndroidのおサイフケータイ対応スマホのみになります。

iOSの対応については「今後検討する」という段階なので、当分の間は楽天カードとApple Payに登録して使い分けるのが良いでしょう。

iPhoneユーザーもチャージポイントがもらえるキャンペーン

楽天カードのSuicaチャージキャンペーン

iPhoneユーザーも楽天ペイに楽天カードを登録してから、Apple PayモバイルSuicaからチャージすると200円につき1ポイント付与されます。

本キャンペーンは予告なく変更・中止する場合があるようなので、早めのキャンペーンエントリーがおすすめです。

楽天ペイのSuicaに関する注意点

楽天ペイのSuica発行とチャージ

楽天ペイで発行できる赤いSuicaは一部の機能が使えないなどの注意点があります。

場合によってはモバイルSuicaとの併用も必要になるでしょう。

iPhoneでは発行できない

楽天ペイアプリ内でSuicaを発行できるのはAndroidのおサイフケータイ端末のみが対象となります。

iPhone対応には時間がかかりそうです。

アメックスはチャージできない

SuicaにチャージできるのはVISA/マスターカード/JCBの楽天カードのみとなり、楽天カードのアメックスブランドは対象外になります。

オートチャージできない

楽天ペイではSuicaの都度チャージしかできないので、オートチャージを希望するならSuicaチャージにおすすめのクレジットカードモバイルSuicaの組み合わせが必須になります。

定期券購入ができない

楽天ペイ内では定期券の購入もできないので、定期券購入時はモバイルSuicaでの手続きが必要です。

楽天ペイでSuicaを発行する方法


  1. 楽天ペイアプリにログイン
  2. 電話番号を入力しSMSを送信
  3. 数字6桁の認証番号を入力
  4. お支払い元を設定し、登録完了
  5. アプリ右上のモバイルSuicaアイコンをタップ
  6. Suica新規発行ボタンをタップ
  7. 利用規約に同意
  8. モバイルSuica会員登録に必要な情報を入力
  9. Suica設定完了

お持ちのSuicaを登録する方法

既に使っているSuicaも登録できます。

  1. 楽天ペイアプリにログイン
  2. アプリ右上のモバイルSuicaアイコンをタップ
  3. 連携するをタップ
  4. 利用規約に同意
  5. Suica設定完了

楽天ペイは赤いSuicaでキャッシュレス競争を盛り返すか

PayPayd払いau PAYと比べると、楽天ペイの乏しいキャンペーン、0%の通常還元率は妙な不気味さを感じます。

もしかしたら大きなキャンペーンを控えているのかもしれません。

赤いSuicaも活用しながら、消費者としてお得な店舗や決済サービスを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを高めておきましょう。

NO CASHLESS, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください