💡7,000円相当のPayPayボーナス💡

ACマスターカードが払えない場合の対処法と相談窓口まとめ

ACマスターカードが払えない

即日発行できるクレジットカードACマスターカードをついつい使いすぎてしまうこともあるでしょう。

ですが、クレジットカードを払えない状況になると信用情報に与える影響は大きいものになります。

この記事ではACマスターカードが払えない場合に起こること、その対処方法についてまとめました。

ACマスターカードが払えない場合に起こること

ACマスターカードの請求金額を払えない状況に陥ったら次のようなことが起こります。

  • 滞納
  • 利用停止
  • 強制解約
  • 信用情報の悪化

滞納

まず払えないまま引き落とし日(返済期日)を過ぎるとACマスターカードを滞納することになります。

初めての滞納や数日で返済できる場合なら大きな問題ではありませんが、複数回の滞納や長期間の滞納状態は利用停止や強制解約へと繋がります。

利用停止

滞納はACマスターカードの利用停止が執行される原因の1つでもあります。

状況の改善が見られれば再びACマスターカードを利用できるようになりますので、利用停止期間中の返済をきっちり行いましょう。

強制解約

以前にも複数回滞納していたり、61日(もしくは3ヶ月)以上の滞納が続いている方は、利用停止だけでなくACマスターカードの強制解約が執行されてしまいます。

信用情報の悪化

強制解約までされると、信用情報期間「JICC」に記録されるだけでなく、クレヒス(クレジットヒストリー)ブラックリスト(異動情報)も登録されてしまいます。

異動情報が登録されると最後に返済した日から5年間は新規にクレジットカードやショッピングローン、住宅ローンなどの契約ができなくなるので気をつけてください。

新型コロナウイルスの影響で支払いが困難な場合

新型コロナウイルスやそれに伴う非常事態宣言の影響でACマスターカードの支払いが困難になった方は相談窓口に連絡しましょう。

アコム総合カードローンデスク0120-629-215
営業時間9:00~18:00(平日のみ)

ACマスターカードが払えない時の対処方法

ACマスターカードの請求を払えないことが判明したら、すぐ行動に移してもらいたいことが4つあります。

悩んでいても状況が悪化してしまうだけなので早めに対処するようにしましょう。

支払い方法を変更する

次月の支払いが難しいと思ったらACマスターカードはリボ払い専用なので、毎月の返済金額をミニマムに引き下げるように設定しましょう。

分割交渉をする

もし支払い方法の変更期限が過ぎていたら、ACマスターカードの問い合わせ窓口に連絡して、なんとか分割もしくはリボに変更できないか交渉してみましょう。

相談する

ACマスターカードの支払いが難しくなる前に親・兄弟・友人に相談することも忘れないでください。

既に複数の債務を抱えている方は国民生活センター・消費生活センター・弁護士など専門機関/専門家に相談するのも良いでしょう。

キャッシングする

滞納が避けられない方はACマスターカードのキャッシングを活用して、一時的にクレジットカードの支払いを立て替えることも検討しましょう。

それによって次回の引き落とし日まで約1ヶ月猶予期間が生まれますので、その間に支払い方法の変更やお金を用意するなど対処してください。

金利0円のキャッシングで立て替えも

ACマスターカードのキャッシングを検討している方には無利息期間がある消費者金融キャッシングがおすすめです。

最短数分から1時間で指定口座へのネットキャッシングもしてくれますので、引き落とし時間ギリギリのときにも役立ちます。

引き落とし日は6日

ACマスターカードの返済期日は前回支払日の翌日から35日ですが、口座振替の設定をしている方はACマスターカードの引き落とし日は6日(休日の場合は翌営業日)になります。

引き落とし時間までに預け入れしておきましょう。

再振替がある

ACマスターカードは引き落とし日を過ぎての再振替は行っておりません。

支払いに遅れたらACマスターカードの問い合わせ窓口に連絡して案内に従って支払いを済ませてください。

ちなみに楽天カードの再振替遅延損害金無料なので、延滞しがちな方は切り替えを検討してみると良いでしょう。

ACマスターカードの払えない状況を改善するためにできること

ACマスターカードを払えない状況が繰り返し起こらないように、クレジットカードの見直しも検討したほうが良いかもしれません。

ACマスターカードの設定はもちろん、クレジットカードを作り直すことも考えてみてください。

限度額を減枠する

ACマスターカードを滞納するのは返済能力を超えたお金を使ってしまうことも原因の1つです。

そのためACマスターカードの限度額を最小限に減枠し、必要最小限の限度額に設定しておくことも考えましょう。

締め日/支払日を変更する

ACマスターカードの締め日/引き落とし日は固定されているため、支払いに遅れないクレジットカードの引き落とし日から選ぶのも大切です。

ACマスターカードが払えない事の重大さを認識しよう

「ACマスターカードが1日、2日払えなくても大した問題じゃないでしょ?」と少しでも頭をよぎった方は認識を改めなければいけません。

キャッシュレス化も進み信用取引が増えている昨今、信用情報の重要性は年々増しています。

信用は「失うのは一瞬ですが、築く(特に築き直す)のはとても大変なことなのです。

ACマスターカードが払えないことがないように、日頃の管理や使い方を定期的に見直して利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください