✨即日発行クレジットカード特集💳💨

学生におすすめのデビットカード【2020年最新】メリットとデメリットまとめ

学生におすすめのデビットカード
「クレジットカードの代わりにデビットカードを作ろうかな……。」
クレジットカードは審査もありますし、18歳以上(高校生を除く)からでしか作れませんので、高校生を含む未成年の方にとってデビットカードは1つの選択肢となるのではないでしょうか?

そこで、この記事では高校生でも使えるデビットカードとアンケート結果の紹介をします。

デビットカード、クレジットカード選びの参考になれば幸いです。

関連する人気記事

デビットカードとは

デビットカードとは支払いと同時に銀行口座から即時引き落とされる仕組みのショッピングカードです。

クレジットカードと同様、国際ブランド(VISAやJCBなど)のマークが付いているお店で利用することができます。

クレジットカードとの違い

クレジットカードとデビットカードは以下5点において大きな違いがあります。

  • 引き落とし方法
  • 申込年齢
  • 利用限度額
  • 支払回数
  • 還元率

引き落とし方法

デビットカードとクレジットカードの最も大きな違いが引き落とし方法です。

デビットカードは支払い後すぐに銀行口座から即時引き落としされるのに対して、クレジットカードは一定期間の利用代金が翌月以降にまとめて引き落とされる後払いです。

例えば三井住友カード デビュープラスの場合、毎月末日締めの翌月26日払いとなりますので、引き落としまで最長57日間の猶予が与えられます。

デビットカードクレジットカード
お支払い方法都度払い(即時払い)後払い
クレジットカードの締め日と引き落とし日クレジットカードの締め日と支払日まとめ!2020年4月10日(金)引き落とし日のカード一覧

申込年齢

クレジットカードは高校生を除く18歳以上が対象になりますが、デビットカードは中学生を除く15歳以上から申し込むことができます。

高校生でも作れるクレジットカードは非常に稀ですので、普段の買い物以外にも海外旅行時や高校留学に使えるのはデビットカードの強みと言えるでしょう。

デビットカードクレジットカード
申込年齢中学生を除く15歳以上高校生を除く18歳以上

利用限度額

デビットカードは登録する預金口座の残高以内の利用に限定される一方で、クレジットカードは個人の信用力クレヒスや返済能力など)によって決められます。

クレジットカードは柔軟に支払い方法を選択できる強みがありますので、限度額が大きいことで新生活や家電等の購入にも役立つのです。

デビットカードクレジットカード
利用可能額預金口座の残高および利用限度額の範囲内利用限度額の範囲内(審査結果による)
クレジットカードの限度額限度額で選ぶおすすめのクレジットカード【2020年4月版】増枠/減枠の手続方法も解説

支払回数

デビットカードはどんな商品・サービスの購入でも一括払いが原則ですが、クレジットカードは分割払い・リボ払い・ボーナス払いなど柔軟に対応できます。

他にも、例えば楽天火カードならあとから分割あとからリボなど変更手続きもできたりします。

ちなみに2回払いは手数料無料で使える分割払いです。

デビットカードクレジットカード
お支払い回数1回払いのみ(リボ・分割などは不可)1回払い、2回払い、分割払い・リボ払い・ボーナス払い

還元率

還元率とはお得さの指標ですが、デビットカードは還元0%〜0.5%程度のものが多い一方で、クレジットカードは0.5%〜1.0%の還元率を誇ります。

特に還元率の高いクレジットカードには1.0%を超えるものもありますので、お得さ重視で選ぶならデビットカードよりもクレジットカードがおすすめです。

デビットカードクレジットカード
還元率0%〜0.5%0.5%〜1.0%

三井住友カード デビュープラスをすすめる理由

三井住友カード デビュープラスは入会後3ヶ月はポイント5倍、通常ポイントも常に2倍になるだけでなく、今ならセブンイレブン・ファミマ・ローソンで常にポイント5倍になりますので日々の出費の節約に繋がります。

18歳〜25歳限定のクレジットカードなため限度額も10万円(親の同意があれば30万円)と初心者に考慮したサービス設計もしており、学生にも人気のあるクレジットカードです。

三井住友カード デビュープラス三井住友カード デビュープラスの詳細【2020年4月】

タダチャン開催中!

2020年2月3日から始まったタダチャンは、新規入会した方を対象に1/50の確率で買い物利用分が無料になるキャンペーンです。

開催期間は2020年2月3日(月)~2020年4月30日(木)までとなりますので、学生が初めて使うクレジットカードとしても安心です。

タダチャンタダチャンの第8回当選発表は2020年4月10日(金)!三井住友カードでタダになるチャンスを掴め!

デビットカードのメリット

学生にとって嬉しいのは、以下のようなメリットがデビットカードにあるからです。

  • ATM手数料が節約できる
  • 使いすぎの心配がない

ATM手数料が節約できる

デビットカードは銀行口座から即時引き落とされるため、ATM手数料や時間外手数料を払ってまで出金する必要がありません。

例えばATMから10,000円を引き出すときほんの数秒で手数料が220円(税込)かかるわけですが、実質年率になおすと803%になるのです。

消費者金融の実質年率でさえ上限18.0%になりますので、そのATM手数料を払うことなく銀行口座のお金を利用できるのは大きなメリットと言えます。

使いすぎの心配がない

また、デビットカードはクレジットカードと違って利用限度額が預金残高と等しいです。

そのため銀行口座に預けている以上のお金を使うことができませんので、クレジットカードのように使いすぎてしまう心配が不要になります。

デビットカードはすべて無審査ではない

デビットカードはすべて無審査で作れるわけではありません。

例えば、SMBCデビットやりそなデビットカードの公式サイトでは「審査なし」の表記がありますが、三菱UFJ-デビットやみずほJCBデビットの公式サイトには「審査なし」の表記がなく、無審査で発行しているわけではないようです。

特にキャッシングサービスが付帯するデビットカードはクレジットカードと同じように審査が行われますので、無審査のデビットカードを選ぶ際は気をつけましょう。

学生におすすめのデビットカード【2020年最新】

それでは学生におすすめのデビットカードを発表します。

通常のポイント還元率(キャッシュバック還元率)のお得さを重視して厳選しましたので、デビットカード選びの参考にしていただければ幸いです。

楽天銀行デビットカード

年会費無料
申込資格16歳以上
発行時間通常1週間
国際ブランドVISA,JCB
還元率1.0%
カードの特徴
  • JCBブランドならお買いものパンダデザインを選べる
  • 100円につき1ポイント貯まる高還元率デビットカード
  • 楽天銀行ゴールドデビットカード(年会費5,000円+税)なら海外旅行/国内旅行の傷害保険が付帯
  • VISAのベーシック、JCBブランドなら年会費無料
  • 年会費無料の楽天カードへのステップアップにおすすめ

ジャパンネット銀行Visaデビット

年会費永年無料
申込資格15歳以上
発行時間最短5日
国際ブランドVISA
還元率0.2%
キャンペーン中
今なら口座開設月の2ヶ月後の月末までに3回利用すると1,000円キャッシュバック
カードの特徴
  • 最短5日で届くスピード発行のデビットカード
  • Visaのタッチ決済(コンタクトレス決済)に対応
  • 年間500万円までの不正利用補償が付帯
  • PayPayマネーの出金手数料が無料

イオン銀行CASH+DEBIT

年会費永年無料
申込資格16歳以上
発行時間1週間から10日程度
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.5%
カードの特徴
イオンカードセレクト(ミニオンズ)イオンカードの詳細!おすすめブランドと提携カード一覧

りそなVisaデビットカード

年会費永年無料
申込資格15歳以上
発行時間最短即日
国際ブランドVISA
還元率
カードの特徴
  • 全国325店舗で即日発行できるデビットカード
  • 貯まったポイントの交換先にある共通ポイントが豊富
  • 年間利用額に応じたボーナスポイントも!
  • 海外利用なら年間最高50万円が限度のショッピング保険も付帯
  • JALマイルが貯まるJMB付帯もあり
即日発行できるデビットカード即日発行ができるデビットカード!各銀行のデビットカード発行時間まとめ

Sony Bank WALLET

年会費永年無料
申込資格15歳以上
発行時間1週間から10日程度
国際ブランドVISA
還元率0.5〜2.0%
カードの特徴
  • VISAもJCBも年会費無料で使える
  • 貯めた外貨をそのまま使えるから為替手数料がかからない(対象は10通貨)
  • ソニー銀行の取引状況によってステージが上がる「Club S」適用でキャッシュバック還元率は最大2.0%に
  • 100円につき1ポイント貯まる高還元デビットカード
  • 15歳以上なら誰でも審査なしでカードデビュー

GMOあおぞら銀行Visaデビット付キャッシュカード

年会費永年無料
申込資格15歳以上
発行時間1週間から10日程度
国際ブランドVISA
還元率0.6~1.5%
カードの特徴
  • 年会費無料で使えるVISAブランド
  • 通常のキャッシュバック還元率は0.6%!預金残高と利用金額によって最大1.5%

海外旅行や留学を考える学生におすすめする2枚のカード

海外旅行や留学を考えるなら海外旅行保険の付帯状況や利便性(国際ブランドの普及状況や限度額んど)を総合的に考えて決めなければいけません。

三菱UFJ-デビット

三菱UFJ-デビットはJCBブランドを選ぶと最大3,000万円補償の海外旅行保険が付帯しますが、JCBは日本・ハワイ・東アジアを除けば利用できる国や地域、お店は非常に少ないのがデメリットです。

年会費初年度無料
申込資格15歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドVISA,JCB
還元率0.2〜0.5%相当
キャンペーン中
今なら入会翌月末までに3回以上かつ合計1万円利用するともれなく1,000円もらえる新規入会キャンペーン&VISAなら入会後3ヶ月のキャッシュバック還元率が+0.2%に!
カードの特徴
  • 2020年6月30日(火)に入会すると最長5年間は年会費無料
  • 23歳になるまで年会費無料で使える
  • 海外ATM手数料は金額の大小かかわらず100円+税で均一
  • JCBなら1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まる(0.3%~0.5%相当の還元率)
  • JCBなら最大3,000万円補償の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が利用付帯
  • VISAなら毎月の利用額から基本0.2%〜最大0.5%が自動でキャッシュバック
注意
※年会費は初年度無料、2年目以降は1,000円+税、前年度1年間の利用額10万円以上で年会費無料
※JCBはカード有効期限月の翌月1日時点で23歳以下、VISAは年会費請求月の月末時点で23歳以下なら年会費無料

VISAのエポスカード

エポスカードは年会費無料のVISAカードですが、最高2,000万円補償の海外旅行保険が自動付帯します。

映画館・カラオケ・富士急・居酒屋チェーンなど全国10,000店舗以上で使える優待サービスも付帯しますので、学生人気が高いクレジットカードです。

エポスカードエポスカードの詳細

学生アンケート!デビットカード知ってますか?

デビットカードは学生におすすめ?

質問:デビットカードって知ってる?

意外にも「デビットカードを知っている」と回答した学生は9割も存在していましたが、持っていると回答したのは0人でした。

一方でクレジットカードを持っている学生は60%に及び、今後作りたいと回答した学生は80%にも達します。

クレジットカードは持っていますか?

クレジットカードは持っていますか?

一方でクレジットカードを持っている方はどれくらいか聞いてみると、約6割の学生がクレジットカードを持っていることがわかりました。

男女比で見ると、女子学生のほうがクレジットカードの保有率が高く、クレジットカードの利用目的として「ショッピング」「節約」「セール」「優待特典」のキーワードが連想されます。

実は日本のクレジットカードの発行枚数は2.6億枚(出典元:一般社団法人 日本クレジット協会)で、国民1人あたりに直すと2-3枚を保有している計算になります。

そういう背景から考えると、学生の保有率60%という数字は決して高くないことがわかります。

クレジットカードを作りたいと思う?

クレジットカードを作りたいと思う?

質問:クレジットカードは欲しいと思うか?

クレジットカードを持ってない学生に「今後クレジットカードを作りたいと思う」かどうか聞いてみると、8割の学生が作ろうとしているようです。

では、なぜ今作らないのでしょうか?

クレジットカードを作るきっかけ

理由は「手続きがめんどうくさい」であることが分かりました。

そもそも個人情報を入力することに不安があり、よく分からないままに申し込みフォームで手続きが進んでしまう恐怖感もあるようです。

それらを解決するためには、分かりやすいお得内容と手続き方法が必要になります。

  • 優待割引、ポイントアップなどその場でお得になるきっかけ
  • 分かりやすい申込手順と契約内容
学生におすすめのクレジットカード学生におすすめのクレジットカード【2020年4月版】

海外に行くときはクレジットカードは必須

海外に行くときはクレジットカードは必須

質問:海外でクレジットカードは必要ですか?

学生がクレジットカードを作るきっかけとして、海外旅行は大きな動機となっているようです。
実際にクレジットカードの保有/未保有限らず、96%の学生が「海外旅行にクレジットカードが必要」と回答しました。

ここまで海外旅行=クレジットカードという認知が学生のなかで進んでいると、キャッシュレス社会が広まっていく中でるデビットカードやコンタクトレス決済のニーズも高まってくるのではないかと考えます。

海外にクレジットカードを持っていって助かった経験

手持ちの現金がなかった時にカードがあって助かった。(大学生の回答)
アメリカのドアは隙間にクレジットカードを通すと鍵が外れるので、クレジットカードがあって助かった(大学生の回答)

2番目の回答は非常に稀でユニークではありますが、プラスチックカードの活用方法としては覚えておきたいと思いました。

学生はクレジットカードを持つべきだと思いますか?

学生はクレジットカードを持つべきだと思いますか?

質問:学生がクレジットカードを持つことについてどう思いますか?

クレジットカードの利便性を感じている学生も多いからか、75%以上の学生がクレジットカードを持つことに肯定的でした。

しかし、クレジットカードの仕組みを理解している学生は少なくなく、現状の知識レベルではデビットカードから始めたほうが健全であるようにも思います。

そう感じたのが月の質問です。

クレジットカードはどういうもの?

クレジットカードはどういうもの?

質問:クレジットカードとはあなたにとってどういうものですか?

クレジットカードを「ただ便利なもの」と回答したのが60%、「魔法のカード」と回答したのはなんと20%もいたのです。

このような回答結果から、クレジットカードの仕組みやそのリスクについて理解している学生が非常に少ないことを感じました。

入会キャンペーンや優待割引は確かに魅力的ではありますが、それだけでクレジットカードを作るのは非常に危ないです。

クレジットカードは自分の支払能力以上に使えてしまうこともありますので、上の回答と同じ認識レベルだった学生は、銀行口座に預けている以上のお金が使えないデビットカードから使い慣れていくことも検討したほうが良いでしょう。

持っているクレジットカードの名前を言える?

持っているクレジットカードの名前を言える?

さらに衝撃だったのは、80%の学生が自分のクレジットカードの正式名称を把握していなかったことです。

ほとんどの学生が国際ブランド名でしか把握できておらず、どこのカード会社が発行したクレジットカードなのか分かっていなかったのです。

カード会社によって締め日や引き落とし日も違えば、分割払いやリボ払いの詳細も異なります。
そんな大事なことがしっかり把握できていない学生が多いということは、申し込み前の案内からカード会社は見直すべきかもしれません。

デビットカードが学生におすすめな理由

今回はデビットカードのメリットやおすすめカードを伝えた上で、同じ学生のクレジットカードに対する認識調査の結果をまとめさせていただきました。

結論から言えば、クレジットカードの仕組みを全く理解しないで無責任に使うことはおすすめできません。

そういう意味では、自身が貯金している銀行口座から即時引き落としされるデビットカードが学生にとって最も望ましい決済手段なのかもしれません。

デビットカードはQRコード決済と組み合わせて使うこともできますので、まずはそこからキャッシュレス社会に順応していくすべを身につけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください