セブンイレブンで20%還元☕✨

クイックペイ(QUICPay)はコンビニで使える?

クイックペイ(QUICPay)はコンビニで使える?

クイックペイ(QUICPay)はJCBが運営している電子マネーの一つです。
チャージ不要のポストペイ型(後払い)で利用しやすく加盟店も着実に伸ばしています。

そこでこの記事ではクイックペイ(QUICPay)のコンビニ利用について解説していきます。

クイックペイ(QUICPay)はコンビニで使える?

さっそくですが2019年7月12日(金)現在ほとんどのコンビニでクイックペイを使って支払いすることができます。

クイックペイの種類:コンビニに行く前に

クイックペイは専用カードもありますがそれのみでの発行はできません。

クイックペイの種類としては

  • 専用カード(クレカの追加カード)
  • 電子マネー一体型
  • nanacoカード
  • クレジットカード一体型

があります。

クイックペイの使い方

クイックペイは上述したカードの支払い方法に加えて

  • おサイフケータイ
  • Apple Pay
  • Google Pay

に設定して支払いに使うことができます。

クイックペイの使い方:コンビニのレジにて

コンビニでのクイックペイを使った支払い方法はシンプルです。

  1. お支払いの際に「クイックペイで支払います」と伝える。
  2. お店の端末にクイックペイカードをかざします。
  3. 「クイックペイ」と鳴って、端末が緑色に点灯すると支払い完了です。

上記のような流れでコンビニでのクイックペイ決済が完了します。

1回の支払い上限金額は5万円

コンビニでクイックペイ(QUICPay)を利用する際の1回あたりの支払い上限は2万円未満となっています。
※コンビニに限らずクイックペイの1回あたりの利用上限は2万円未満です。

もう少し高額なお買い物をしたい場合には、クイックペイプラス(QUICPay+)もがあります。

クイックペイ(QUICPay)のコンビニ利用の今後

クイックペイはコンビニ利用においては競合他者に対して先手を走っているともいえます。

またJCBの新たな動きも発表されています。
日本における決済サービスを牽引しているJCBなだけに、さまざまなサービスとのシナジーやキャンペーンで今後も利用者に向けた特典の強化など実施してくる可能性は低くないでしょう。

消費者としてはクイックペイやコンビニに限らず乱立しているともいえるキャッシュレス決済サービスの中でお得なサービスそれを利用する店舗もお得なものを選んで使い分けていくキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください