20%還元の入会特典クレカ💳🉐

楽天EdyとQUICPay(クイックペイ)を比較!特長と使い分け方法まとめ

楽天EdyとQUICPayを比較
「決済手段が増えすぎて良く分からない……」
ポイントが貯まりやすい楽天カードは、顧客満足度調査で11年連続で1位になるなどおすすめのクレジットカードです。

ですが、
楽天Edy機能QUICPayの違いは?
・使い分けはどのようにして決める?
・お得なキャンペーンはある?
など気になることがあると思います。

そこで、この記事では楽天EdyとQUICPayの使い分けについてまとめました。

関連する人気記事

楽天Edyでキャッシュレスポイント還元!

楽天Edyのキャッシュレスポイント還元

キャッシュレス消費者還元事業に楽天Edyも参加しておりますので、中小企業の対象店舗では常に5%、フランチャイズチェーン店舗では2%還元になります。

楽天Edy付き楽天カードなら楽天市場のSPU適用でポイント3倍だったのが、期間中の対象店舗だと最大8倍(楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードなら10倍)で利用できるようになりますので対象店舗のチェックも忘れずに!

キャンペーン名キャッシュレスポイント還元
キャンペーン期間2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)
還元率・対象店舗:5%のポイント還元
・フランチャイズチェーンの対象店舗:2%のポイント還元
※楽天Edyのポイント(200円につき1ポイント)やキャンペーンポイントは別途付与
進呈上限2,500ポイント/回
注目!!楽天Edyのキャンペーン情報【2020年6月版】

楽天EdyとQUICPayの違い

楽天EdyとQUICPayの違い

まず楽天EdyとQUICPayの違いについて確認しておきましょう。

両者はどちらも電子マネーではありますが、楽天Edyは「前払式」、QUICPayは「後払い式」という支払い方法の違いがあります。

種類詳細同類の電子マネー
楽天Edy事前にチャージした残高内で支払いをするSuica、PASMO、nanacoなど
QUICPayクレジットカードに紐付き後払い可能な電子マネーiD

使えるお店の違い

また楽天EdyとQUICPayでは使えるお店の違いもあります。

2019年現在ではQUICPayのほうが楽天Edyの端末設置ヶ所より多く、利用できる範囲は広いと言えるでしょう。

種類端末設置箇所数
楽天Edy65万(2019年8月現在)
QUICPay約90万(2019年3月時点)

ポイント還元率は1.0%

QUICPayでも楽天Edyでも、楽天カードを利用している限りはポイント還元率は1.0%と変わりません。

ただし楽天Edyのほうが初回利用キャンペーンや抽選応募できるキャンペーンは多いため、多少はお得になる可能性は高いと言えるでしょう。

種類ポイント還元
楽天Edy楽天カードチャージ:200円ごとに1ポイント
楽天Edyの支払い:200円ごとに1ポイント
QUICPay100円ごとに1ポイント
(200円ごとに2ポイント)

楽天EdyとQUICPayを使い分ける方法

Apple Pay

楽天EdyとQUICPayには多少の違いこそあれど、どちらも楽天カードに紐付けて利用するという共通点があります。

楽天カードを利用する前提で楽天EdyとQUICPayを使い分けるとすれば、基本的にはキャンペーンによって使い分けるのが良いでしょう。

  • Apple PayとGoogle Pay
  • ローソンなら楽天Edy

Apple PayとGoogle Payか

まずはお持ちのスマホ端末がiPhoneかAndroidかで、QUICPayと楽天Edyを使い分ける方法が決まります。

というのもQUICPayはiPhoneでもAndroidでも利用できますが、楽天Edyが対応するのはAndroidのみだからです。

種類Apple PayGoogle Pay
楽天Edy使えない使える
※おサイフケータイ搭載のAndroid端末
QUICPay使える

楽天Edyの楽天カード付帯で500円分の事前チャージがもらえる

楽天Edy

楽天カードは楽天Edyの無料付帯を希望すると500円分が事前チャージされますので、入会キャンペーンと合計すれば7,500円分もらえることになります。

楽天Edy機能は年会費や発行手数料もかかりませんので、500円も忘れずに手に入れておきましょう。

注目!!楽天Edyには楽天カードがおすすめ!2020年6月30日(火)までお得

5,000ポイントもらえる入会キャンペーン開催中

楽天カードの新規入会特典で合計5,500円相当もらえる入会キャンペーンが開催されております。

新規入会特典で5,000ポイント、楽天カードのEdy機能の無料付帯を希望すれば500円分の事前チャージがもらえます。

お買いものパンダやYOSHIKIデザインなど、楽天カードのデザインならどれでも対象になりますので、ぜひこの機会を逃さずに入会しましょう。

キャンペーン名楽天カード新規入会&利用で最大5,000円相当もらえるキャンペーン
キャンペーン期間常時開催
特典内容①新規入会特典で2,000ポイント
②カード利用特典で3,000ポイント
③楽天Edy機能の無料付帯で500円分事前チャージ
適用条件①新規のお申し込みで楽天カードもしくは楽天PINKカードが発行された方
②カード利用期限までに1円以上1回以上を利用された方で口座振替設定が完了されている方
注目!!楽天カードの5,000ポイント入会キャンペーン開催中!受け取り方法と有効期限に注意

楽天ペイならいつでも5%還元でお得!

楽天ペイならずっと5%還元

2019年10月1日(火)から楽天ペイならどこでも5.0%還元で利用できるようになりましたので、キャッシュレス・消費者還元事業対象外店舗でも5.0%還元になります。

QUICPay(Apple Pay)や楽天Edyも良いですが、楽天ペイをぜひ活用してください。

通常還元率0.5%
還元内容楽天ポイント
クレジットカード対応(VISA,マスターカード,JCB,アメックス)
銀行チャージ楽天銀行のみ
支払い方法バーコード/QRコード決済
利用上限1回あたり50万円
※楽天IDの会員ランクや利用店舗で異なる
対象店舗還元事業による還元※楽天ペイによる還元合計還元率
中小店舗5%なし5.0%
フランチャイズチェーン2.0%3.0%5.0%
対象外店舗なし5.0%なし5.0%
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
楽天ペイの特徴
  • ムビチケ当日券などオンライン決済でもお得なキャンペーン展開
  • 楽天カード登録利用で常に6%還元
  • 楽天カードの入会特典ポイントも楽天ペイですぐ使える
  • ラクマの売上金を楽天ペイで使える!
Google Play
App Store
注意
※JCB,アメックスは楽天カードのみが対象です。
キャンペーン名【第2弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元
期間2020年1月1日(水)9:00~2020年3月2日(月)9:59
対象店舗楽天ペイの加盟店
参加条件エントリー後に楽天ペイで支払い
特典の詳細【消費者還元事業対象店舗】
①中小・小規模事業者が経営する対象店舗:5%還元
②中小・小規模事業者が経営するフランチャイズチェーン:2%還元+3%特典
【消費者還元事業対象外店舗】
③全店舗:5%還元
特典の上限①25,000ポイント/回
②通常2%:10,000ポイント/回、特典3%:3,000ポイント/期間
③3,000ポイント/期間
注目!!楽天ペイのキャンペーン【2020年4月最新】

楽天ペイの使い方

 楽天ペイの使い方

楽天ペイはQRコードを読み取る形式とレジでバーコードを読み取って貰う方法の2種類があります。

コンビニやドラッグストアなどは基本的にバーコード読み取りになりますので、楽天ペイアプリを開いたらスマホを提示すれば支払いが完了します。

基本的な流れもまとめておきます。

  1. 店員に「楽天ペイ支払い」を伝える
  2. 楽天ペイを開く
  3. QRコード読み取りの場合:QR読み取りをタップしQRコード決済を読み取る
    バーコード読み取りの場合:R Payコード・QR払いを選択し提示する
  4. 支払い完了

QUICPayが使えるおすすめクレジットカード

QUICPayJCBが運営する決済サービスなので、QUICPayとの連携キャンペーンを開催していたり、還元率の高いクレジットカードがおすすめです。

JCB CARD W

JCB CARD W入会から3ヶ月間ポイント4倍(Amazonなら10倍)のキャンペーンを実施しております。

ポイント10倍の特約店も多数用意されておりますので、クイックペイの加盟店を中心に利用するなら、年会費永年無料のJCB CARD Wがおすすめです。

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
付帯機能海外旅行傷害保険,JCBのハワイ特典
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • Amazonやセブンイレブン等の優待店舗が充実
  • スターバックスカードのオンラインチャージはポイント10倍
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 女性におすすめのJCB CARD W plus Lも用意
注目!!JCBカードのキャンペーンまとめ!【2020年8月最新】

楽天市場でポイント還元率を引き上げる方法

楽天カードをより効率的に利用するために、楽天市場でポイント還元率を引き上げる方法を4つ紹介します。

今すぐ実践できることばかりなので活用してください。

  • SPU適用で楽天市場は常にポイント3倍以上
  • 0と5のつく日はポイント5倍になる
  • キャッシュレス消費者還元対象店舗ならさらに5%お得
  • 楽天スーパーセールなどの買い周り企画を狙う

SPU適用で楽天市場は常にポイント3倍以上

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、指定のサービス利用の達成条件をクリアすることで、楽天市場のポイント還元率がアップする常時開催のキャンペーンです。

楽天カードなら3倍〜最大14倍、楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードなら5倍〜最大16倍にまで引き上がります。

カード種類カード会員適用倍率ポイント最大倍率
楽天カード3倍最大14倍
楽天PINKカード3倍最大14倍
楽天ANAマイレージクラブカード3倍最大14倍
楽天ゴールドカード5倍最大16倍
楽天プレミアムカード5倍最大16倍
詳細楽天SPU(エスピーユー)のポイント倍率一覧と攻略方法【2020年6月版】

0と5のつく日はポイント5倍になる

楽天カードの0と5のつく日はポイント5倍キャンペーン

毎月0と5のつく日は楽天市場で楽天カードを利用すればポイント5倍(通常ポイント1倍+楽天カードSPU適用で+2倍+特典日適用+2倍)になる特典日です。

楽天カードの種類に関わらず+2倍分の特典ポイントが加算されますのでお得になります。

イベント名毎月5と0の付く日
イベント期間毎月5、10、15、20、25、30日の0:00から23:59まで
特典内容楽天カード:ポイント5倍(通常ポイント1倍+楽天カードSPU適用で+2倍+特典日適用+2倍)
楽天ゴールドカード:ポイント7倍(通常ポイント1倍+楽天カードSPU適用で+4倍+特典日適用+2倍)
楽天プレミアムカード:ポイント7倍(通常ポイント1倍+楽天カードSPU適用で+4倍+特典日適用+2倍)
注目楽天カードのキャンペーンとクーポンまとめ【2020年7月版】

キャッシュレス消費者還元対象店舗ならさらに5%お得

楽天カードのキャッシュレスポイント還元!

2019年10月1日(火)0:00〜2020年6月30日(火)23:59の期間で行われるキャッシュレス消費者還元事業の対象ショップで楽天カードを利用すると5%分のポイント還元が受けられます。

楽天カードのSPU適用キャンペーンもそのまま適用されますので、+5倍分のポイント還元が加算されます。

カード種類合計還元率ポイント還元の内訳
通常ポイントキャッシュレス消費者還元SPU特典
楽天カード8倍〜1倍+5倍+2倍〜
楽天ゴールドカード10倍〜1倍+5倍+4倍〜
楽天プレミアムカード10倍〜1倍+5倍+4倍〜
詳細楽天カードのキャッシュレス消費者還元のルールを解説!2020年6月30日(火)終了

楽天スーパーセールなどの買いまわり企画を狙う

楽天市場ではお買い物マラソン楽天スーパーセールなどの企画に合わせて、買い回りポイント最大10倍企画を実施します。

このような大型セール期間に合わせるだけで40倍、50倍のポイント還元率を実現することができますのでおすすめです。

企画名開催時期
スーパーセール毎年3月・6月・9月・12月の初旬〜中旬
お買い物マラソンほぼ毎月1回のペースで開催
ブラックフライデー毎年11月の第3金曜日もしくは最終金曜日
お買い物マラソン楽天のお買い物マラソンが開催!次回はいつ?攻略方法と目玉商品 楽天スーパーセール楽天スーパーセールが2020年6月4日(木)20時開始!攻略方法を事前チェック 楽天市場のブラックフライデー楽天市場のブラックフライデーはポイント最大44倍!2019年11月30日(土)終了

楽天EdyとQUICPayを繋ぐ楽天カード

楽天EdyとQUICPayを使い分けるにしろ、その中心にあるのは楽天カードです。

楽天カードを軸に相性の良いコード決済、電子マネー、ポイント、加盟店を集約することで、効率よくお得な環境を作ることが可能になります。

クレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどいくつもの支払い方法が溢れている昨今だからこそ、キャンペーンや優待特典から支払い方法を取捨選択できる知識や情報を身につけていきたいものです。

NO CASHLESS, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください