今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

楽天Edyはコンビニで使いやすい!楽天Edyをコンビニで使うメリットとは?

コンビニ

楽天カードは、楽天カードマンやお買い物パンダのキャラクターや印象的なCMで人気を集めているクレジットカードです。一番の魅力は楽天カードを使うことで貯まる楽天スーパーポイントが貯まりやすいことです。上手にポイントをためればお得にお買い物ができます。そんな楽天スーパーポイントを賢く貯めには楽天Edyをコンビニで使うのがオススメ。そこで今回は、楽天Edyをコンビニで使う方法を解説していきます。コンビニでよくお買い物をする方はよかったら参考にしてみてください。

楽天Edyをコンビニでお得に使う方法を知る前に楽天Edyの基本を学んでおこう

楽天Edyのコンビニでの使い方を知る前に、楽天Edyの基本を学んでおきましょう。楽天Edyとは、楽天Edy株式会社が発行しているプリペイド式の電子マネーのことです。スイカやnanacoのように楽天Edyカードや楽天Edy付クレジットカードにチャージしてお買いものができます。楽天Edyカードは年会費、発行手数料が無料で作れて発行したその日から使うことができるのでとても便利です。さらに、楽天Edyにチャージすると楽天スーパーポイントが貯まるので、あらかじめチャージしておけば、ポイントを貯めながら毎日のお買い物がスムーズになります。楽天Edyは全国40万以上の加盟店で使えますので、近くのお店で使える店舗を探してみましょう。そんな楽天Edyをコンビニで使う方法を説明していきます。

楽天Edyが使えるコンビニ

まずは、楽天Edyが使えるコンビニをみてみましょう。

楽天Edyが使えるコンビニ
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・デイリーヤマザキ
・スリーエフ
・ミニストップ
・セイコーマート

このようにほとんどのコンビニで楽天Edyを使うことができます。特にファミリーマートとの相性は抜群です。ファミリーマートに設置してあるFamiポートでは、楽天Edyのチャージや残高を見ることができます。近くにファミリーマートがあればぜひ楽天Edyを使ってみましょう。

楽天Edyをコンビニで使うためには?

実際に楽天Edyをコンビニで使うためには、準備や手続きが必要です。まずは下記のものを用意しましょう。

  • Edy楽天ポイントカード
  • Edy機能付き楽天カード
  • おサイフケータイ
  • iPhone+Edyカード

楽天Edyポイントカードは、楽天のオフィシャルサイトから300円で購入できるので簡単に始められます。上記のカードを揃えたら、次は楽天Edyにチャージする必要があります。現金、クレジットカード、オートチャージなどいくつかの方法がありますが、初めはお店で現金でチャージするのが良いかもしれません。
以上のような手続きが済んだらしい楽天Edyが使えるお店で使用できます。

コンビニでの楽天Edyの支払い方法

楽天Edyをコンビニで使うための準備が終わった後は、コンビニで楽天Edyでお買い物の支払いをしてみましょう。楽天Edyの使い方は、レジに商品を持っていき、支払いを楽天Edyで伝えて、楽天Edyポイントカードや楽天Edy機能付き楽天カードを提示すれば完了です。わざわざお財布から現金を出す必要が無く、お買い物がとてもスムーズになりますよ。しかし、楽天Edyは電子マネーのため、チャージした以上の金額は支払えないので残高に注意しましょう。残高が気になる人はオートチャージがオススメです。

楽天Edyをコンビニでチャージする

楽天Edyのチャージの方法は上記で紹介しましたが、コンビニでもチャージすることができます。コンビニでチャージする方法は下記の通りです。

楽天Edyをコンビニでチャージする手順
・コンビニのレジで楽天Edyのチャージをお願いする
・現金投入機でチャージする
・Famiポートでチャージする

現金でのチャージはその場でチャージできてわかりやすいですが、あらかじめクレジットカードでチャージした金額は、実際にお店にいって受け取る必要があります。クレジットカードでチャージした金額を受け取ることができるのはファミリーマートやサークルKサンクスなので、覚えておくと良いでしょう。

楽天Edyをコンビニで使うとポイントが貯まる

楽天Edyの魅力の一つが楽天Edyを利用することによって貯まる楽天スーパーポイントです。もちろんコンビニで楽天Edyを使えばポイントが貯まります。気になる還元率は楽天Edyを使えば、200円ごとに1ポイント、楽天カードから楽天Edyへチャージすれば1パーセントのポイントが還元されます。つまり楽天カードから楽天Edyへチャージしてお買い物で利用すれば合計で1.5パーセントが還元され上手に楽天スーパーポイントを貯めることができるでしょう。

楽天Edyをコンビニで使うメリット

楽天Edyをコンビニで使うメリットはいくつかありますが、なんといってもお買い物がスムーズで行うことができ、ポイントが貯まる点ではないでしょうか?日常的にコンビニを使っている人は、家からお財布を持っていく必要が無く、おサイフケータイに楽天Edyを登録している人は、スマホ一つでお買い物ができます。また、楽天Edyが足りなくなったらその場でチャージできるので安心ですね。近くにあるコンビニがさらに利用しやすくなるかもしれません。

コンビニで楽天Edyを使ってタバコは買えるの?

コンビニでタバコやお酒を買っている人も多いのではないでしょうか?そんな人にとって楽天Edyでタバコやお酒を購入できれば便利ですよね。楽天Edyで買えるものは下記の通りです。

楽天Edyが使えるもの
・食品
・飲料
・酒類
・雑貨
・雑誌
・タバコ
楽天Edyが使えないもの
・代行収納
・切手はがき類
・金券チケットなど

このようにお酒やタバコを楽天Edyを使って購入はできます。しかし、楽天スーパーポイントやその他のポイントの付与がないのが現状です。同じように切手やはがき、公共料金の支払いでもポイントが付きません。

コンビニ以外の楽天Edyの使い方

楽天Edyはコンビニ以外でも、スーパーをはじめ全国55万カ所以上の加盟店で使えます。そのほかにもインターネットショッピングでも利用できるのでとても便利です。インターネットショッピングでは、クレジットカード決済のようにカード番号や有効期限を入力する手間が省けて、お買い物がスムーズになります。また、オンラインゲームの課金などに利用できる所も増えているので、様々な使い方を探してみましょう。

コンビニで楽天Edyを使うならオートチャージが便利

楽天Edyのチャージの方法の一つであるオートチャージはコンビニで使うととても便利な機能です。オートチャージとは、お買い物のときにあらかじめ設定した金額以下になったら自動的にクレジットカードからチャージしてくれるもの。チャージ金額の残高をきにすることなくお買い物ができます。ふらっとコンビニでお買い物をしようとしたとき、チャージ金額が足りなくなったということも防ぐことができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください