今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

法人用のクレジットカードは即日発行可能? 法人カードの代替え案とおすすめスピード発行カードをご紹介

急に、即日、法人としてカード決済が必要になった場合どのようにすればよいでしょうか。

ここでは、法人カードが手元にない場合の対処法や、少しでも早く手元に届くおすすめの法人カードと、それぞれの法人カードのメリットや特徴を紹介します。

目次

法人用のカードを即日発行する理由

会社の経理や会計管理から法人用のクレジットカードにまとめたいと思って、法人用のクレジットカードが今すぐ欲しい場合ありますよね。

そこでこの記事では、法人用カードを即日発行する方法などを紹介してます。

しかし、クレジットカードを即日発行にはするには事前に知っておかないといけない情報だったり、持って行かなくてはいけない物があります。

そこで参考即日発行できるクレジットカード比較【2019年最新】今すぐ受け取る方法と失敗しない選び方では、その様な即日発行するのに必要な物や方法などが詳しく紹介してます。

法人カードの即日発行はできるの?

一般向けのクレジットカードは、即日発行できるものが少なくありません。即日発行であれば「作りたい」と考えたその日にカードを手にすることも可能で、すぐに利用ができます。

しかし、法人カードの場合は、一般向けクレジットカードのように即日発行はできるのでしょうか。それとも、発行までに数日〜数週間の期間を要するのでしょうか。

即日発行可能?法人カードの発行までの手順

法人カードは即日発行ができるのでしょうか。まずは、法人カードの申し込みから発行までの手順について見てみましょう。

  1. 希望の法人カードの公式サイトから申し込み
  2. 法人カード会社から申し込みの内容について電話確認
  3. 申し込みの内容をもとに法人カード会社による審査
  4. 無事審査に通過すると法人カードの申込書類が届く
  5. 申込書類に記入して送付
  6. 書類に問題がなければ法人カードが届く
  7. 法人カードが届き次第、利用可能

法人カードによって手順は若干異なりますが、上記が一般的な発行までの流れです。なかには、公式サイトより申込書類をダウンロードして記入後郵送するカードもあります。

一般向けのクレジットカードだとインターネットですべて完結する場合が多いですが、法人カードの場合は郵送でのやり取りが必要になるため、受け取りまでに2〜3週間かかるのが一般的です。

そのため、即日発行が可能な法人カードはとても希少な存在です。

絶対に今日中に会社の経費用のカードが必要な場合はどうする?即日ほしい…

「法人カードが即日発行できないものが多い、しかし、どうしても今日中に会社の経費でクレジットカード利用しなければならな。。」という場合は、個人のクレジットカードで代用するしか方法はありません。

数週間前から法人カードに申し込みをしていればいいですが、そうでない場合はプライベートのクレジットカードを利用し、法人カードが届き次第、法人カードに切り替えましょう。

プライベートのクレジットカードで利用した分は、しっかりと記録しておき間違いのないよう事務処理をしてください。

「法人カードは即日発行できないものが多い」ということを念頭に置き対処するようにしましょう。

もしくは、即日発行可能な法人カードを選んで申し込みするようにしてください。

今すぐ使える即日発行可能な法人カードを紹介

即日発行ができる法人カードはありません。

強いて言えば、2018年4月にセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードが法人口座に対応しました。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは個人向けのクレジットカードですが、即日発行できます。

法人カードではありません。しかし、法人口座対応可能なクレジットカードが即日ほしいなら、これにしておくのも無難です。

ただし、即日でなくても良い、数日待てる、数週間なら待てる、1週間以内なら待てる、という方は、別の法人カードにすることをおすすめします。

比較的早く発行できる法人カードは、この記事のこれより後でもたくさん紹介していますので、検討してみてはいかがでしょうか?

即日発行ではないけど比較的早く発行してくれる法人カード4選

即日発行できる法人カードとしてセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがありますが、他の法人カードでも比較的早く発行ができる法人カードがあります。

ここでは、即日発行ではないですが、素早く発行できるおすすめの法人カードについて見ていきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス:審査完了から最短3営業日発行 即日ではないが…

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスはであれば、審査完了から最短3営業日で発行が可能です。即日発行ではありませんが、申し込みから1週間以内に手に入れることもできます。

年会費は20,000円(税抜)で、カード利用1,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=5円相当として利用可能です。最高1億円の海外旅行傷害保険や最高300万円のショッピング保険、プライオリティパス、アメリカン・エキスプレス・セレクト、ビジネスサポートサービス、ゴルフ優待サービスなど、他にも多くの優待サービス・特典がついています。

年会費が50,000円を超えるプラチナカードも少なくない中で、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスであれば低コストでありながら、スピーディーに発行可能です。即日でないにしてもすぐに手に入ります。

ライフカードビジネス:約2週間で発行 即日ではないが…

ライフカードビジネスは即日発行ではありませんが、約2週間で発行できる法人カードです。年会費有料の法人カードが多い中で、ライフカードビジネスは年会費無料で利用ができます。

VISA・MasterCard・JCBからブランドを選択でき、VISA優待サービスやVISAビジネスグルメオファー、MasterCard優待サービス、クラウド会計ソフトfreee特典、弁護士無料相談サービス、福利厚生サービス、旅行サービス、海外アシスタンスサービスなど、充実した優待サービスや特典がついています。

ETCカードも年会費無料で発行ができ、従業員向けの追加カードは枚数無制限で発行可能です(即日不可)。即日発行はできませんが、年会費無料の法人カードを探している方におすすめです。

JCB法人カード:2週間+αで発行 即日ではないが…

JCB法人カードは、即日発行はできませんが2週間+αで発行可能で、オンライン入会であれば初年度年会費無料で、翌年度以降の年会費は1,250円(税抜)です。

最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険の利用付帯や最高100万円のショッピングガード保険も付帯しており、カード利用額に応じてOkiDokiポイントも貯まります。

複数枚のETCカードを年会費無料で発行もできるため、社用車が多い場合も安心です。オンライン上で明細を確認できる「MyJCB」や「JCB E-Co明細」や福利厚生サービス、他にも多くのビジネスサポートサービスが利用できます。

即日発行ではないためすぐに手に入れることはできませんが、スケジュールに余裕がある場合におすすめの法人カードです。

オリコ法人カード(EX Gold for Biz iD×QUICPay)即日ではないが…

オリコの法人カードもおすすめです。個人事業主向けのEX Gold for Biz S iD×QUICPayと法人代表者向けのEX Gold for Biz M iD×QUICPayの2種類の法人カードが用意されています。

どちらも初年度年会費無料で、翌年度以降の年会費は2,000円(税抜)です。カード利用額に応じてポイントが貯まり、VISAビジネスオファーやMasterCardビジネスアシストが付帯しているため、さまざまなビジネスサービスを受けることができます。

優待価格で利用できる福利厚生サービスもあり、従業員満足度向上のためにも利用可能です。ETCカードも発行でき、EX Gold for Biz M iD×QUICPayは最大3名までメンバーカードの発行もできます。

個人のクレジットカードなら即日発行可能

一般向け、つまり個人のクレジットカードは即日発行可能が珍しくありません。

セゾンカードインターナショナルやアコムACマスターカード、エポスカード、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード、パルコカードなど、他にも即日発行できるクレジットカードがあります。

そのため、「カードが欲しい」と考えたら即日でクレジットカードを手にすることが可能です。

なぜ、法人カードは即日発行できないのか

一般向けクレジットカードは即日発行ができるのに対し、法人カードはほとんど即日発行ができません。なぜ、法人カードは即日発行できないのでしょうか。

それは、法人としての審査が必要なためです。個人が自己破産する確率よりも法人が破産する確率の方が高いこともあり、クレジットカード会社は法人が「どれだけ信用があるか?」を慎重に審査します。

そのため、法人カードは申し込みから発行までに時間がかかることが多いです。また、本カードの発行までにも時間がかかることから、ETCカードも即日発行は難しいです。

どうしても即日法人カードがほしいけど無理!個人のクレジットカードで会社の経費を立て替えた場合の仕訳処理は?

法人カードの申し込みをしたけど、経費支払いに間に合わず個人のクレジットカードで立て替えた場合、仕訳処理はどのようになるのでしょうか。

たとえば、法人カードで1万円の事務所備品を購入した場合は、

借方 消耗品費 10,000円
貸方 未払金  10,000円

となり、実際に口座からカード利用分が引き落とされた日には、

借方 未払金  10,000円
貸方 普通預金 10,000円

になります。
そして、同じ条件で個人のクレジットカードで立て替えた場合は、

借方 消耗品費 10,000円
貸方 未払金(社長未払金など)10,000円

となり、立て替えた人に清算した日には、

借方 未払金(社長未払金など)10,000円
貸方 現金 10,000円

になります。

即日できない対処法。立て替えている間に法人カードを作る

個人のクレジットカードで立て替えをすることを「あたりまえ」にしないようにしましょう。個人クレジットカードでの立て替えはあくまでも法人カードを作るまでの処置にすぎませんので、立て替えている間に必ず法人カードを作るようにしましょう。

法人カードでなく、個人のクレジットカードでずっと使い続ける裏技

ずっと個人のクレジットカードを使っていく方法もあります。それは、個人のクレジットカード、そしてそのクレジットカードの引き落とし口座を法人専用として使う方法です。

個人のクレジットカード・口座ですが、使用用途が法人のみであれば、法人カードのように事務作業も効率化できますし、税務署から脱税を疑われる心配も軽減できます。

ただし、形式的にも法人=法人カードを使った方が安心ですし、便利です。

立て替える上での注意点

ただし、法人カードを発行するまでの間に個人用カードで決済しようとしても場合によっては経理部門で個人用のカードによる決済を渋られる場合もあります。

その場合は、あらかじめ経理部門に相談し、立て替え可能かを確認するようにしましょう。

その際に、カードの引き落とし先の口座が個人名義で、普段からよく使う口座の場合、NGが出る可能性があります。

その際は、新たにクレジットカードを即日発行し、普段使わない口座を設定するなどの対策が必要になります。

法人用クレジットカードの標準的な発行期間は2週間~1ヶ月以上!なぜそんなに長くなる?

法人カードの手続きは、個人用のクレジットカードよりも時間がかかります。ここでは、法人用クレジットカードの標準的な発行期間と、発行期間が長期化する理由について見ていきましょう。

法人カードの標準的な発行期間は?即日が難しい

一般的に、法人カードの発行には2週間~1ヶ月以上かかると言われます。しかし、最短で1週間程度で発行可能な法人カードも存在します。後ほど1週間程度で発行可能なおすすめの法人カードを紹介するので、少しでも早く法人カードを手にしたい人は参考にしてください。

法人カードのメリットとは?個人のクレジットカードとの違いとは?

ここまでさまざまな法人カードについて見てきました。カードごとにそれぞれのよさがあることが分かったと思います。ところで、法人カードを発行するメリットとは何なのでしょうか。
個人用のカードを法人の決済向けに活用することで用は足りそう……。そんな声も聞こえてきそうです。ここでは、法人カード特有のよさや、法人カードを持つことにより会社にどのようなメリットがあるかを確認しておきましょう。

法人カードの一般的なメリットとは?即日はできないけど

法人カードには、一般的に次の3つのメリットがあるとされます。

  • 現金出納の負担がかなり減る
  • 経理の効率がよくなる
  • 支払いが1本化し、キャッシュフローにゆとりが生まれる

それぞれについて、詳しく見ていきます。

法人カードにより、現金出納の負担がかなり減る。即日はできないけど

接待や出張により費用がかかる場合に法人カードがなければ、社員が現金で事前に支払いを受けるか立て替えて後日精算する必要があります。

これらの立て替えや仮払いのやりとりは非常に面倒ですが、法人カード導入により社員一人一人が法人カードで決済を行うことで、現金のやり取りがなくなります。

社員の人数が多くなるほど、負担が軽減するメリットは大きくなります。

法人カードにより、経理業務が効率化できる。即日はできないけど

会計処理の負担が減ることで、経理担当者が楽になります。

なぜなら、法人カードで経費を精算することで利用履歴をすべて明細書で見ることが可能だからです。さらに、社員が所有するカード1枚1枚に明細書が付くため、利用した日付、人、場所や利用額を明確に把握することも可能になります。

各明細書により経理処理を行えばよいため、業務の効率性が増すのですね。

法人カードにより、支払いが1本化し、キャッシュフローにゆとりが生まれる。即日はできないけど

法人カードを発行すると、毎月定められた日に引き落としがなされます。そして、引き落としの時に精算を現金で行う場合は所定額の現金の用意が必要です。

しかし、カード決済ではその必要がありません。また、カード決済であれば支払いを猶予することができます。

多額の決済を行う場合リボ払いにより支払いを分散するなど、支払い時期も柔軟に対応することが可能です。さらに、カード決済では振り込み手数料も不要なため手数料による無駄な出費を削減することができます。

最短5日で発行可能! JCB一般法人カードとは?即日はできないけど

JCB一般法人カードは信頼性も高く、出張時の特典などJCBならではのメリットがあるカードとなっています。ここでは、そんなJCB一般法人カードについて見ていきましょう。

法人カードでの安い年会費と充実した補償制度。即日はできないけど

年会費は1250円(税別)と安めです。旅行傷害保険を充実させたい方は、年会費は上がりますがゴールドカードもおすすめといえます。

JCB一般法人カードは旅行傷害保険の額が高額であることも、大きなメリットとなっています。旅行傷害保険の補償額は、他の一般法人カードだと海外で1000万~2000万円、国内だと500万円~1000万円が標準的です。

しかしJCB一般法人カードは、国内、海外ともに3000万円と高額となっています。

法人カードでポイントもたくさんもらえる うれしい特典も。即日はできないけど

一定の額以上利用すると、用途ごとにOkiDokiポイントの付与が2倍~6倍となる特典があります。

JCBギフトカードや、amazonショッピングポイント、東京ディズニーリゾートのペアパークチケットなど社員の福利厚生に活用することのできる商品をポイントによる交換で入手することができます。

法人カードでビジネスサポートも付いている。即日はできないけど

ビジネスサポートとして、

  • オフィス用品の注文がスムーズになるサービス
  • 会計サービスによる経理の負担軽減
  • 接待に便利なタクシーチケット

が付いています。ビジネスの中でうまく活用したいですね。

法人カードで国内出張向けのサービスも充実。即日はできないけど

JALやANAの航空券がチケットレスで予約可能であったり、「じゃらんnet」による限定プランも利用可能となっています。

また航空券が法人価格で購入できたり、東海道新幹線のインターネットによる予約が可能な「プラスEX」が利用できることもメリットです。さらに、全国のエッソ・モービル・ゼネラルにてガソリンが優待料金で購入可能であり、車を多く使う会社であれば大きな恩恵を受けることができるでしょう。

法人カードでその他のうれしい特典。即日はできないけど

その他にも、

  • JCBトラベルの利用により、Oki Dokiポイントの付与が最大で12倍となる
  • ゴルフ場の予約をしてくれるサービスが付いている
  • 育児、健康、会後についての相談サービスが24時間年中無休で利用可能
  • 人間ドックが優待料金で受けられる
  • 健康チェックサービスがあり、プロによる助言が受けられる

など、うれしい特典が満載となっています。

最短1週間!ビジネクスト法人クレジットカード。即日はできないけど

個人の本人確認書類のみを審査項目とすることも可能な点が特徴的なカード。年会費もかかりません。それほど身構えずに発行できる法人用カードです。

法人カードの年会費が無料 限度額も多い 即日はできないけど

特徴の一つとして、年会費が永年無料であることがあります。年会費永年無料の法人カードは、日本には数えるほどしかありません。限度額は300万円とゴールドカード並みで、さらに増枠申請により利用枠の拡大も行うことができます。

法人カードの審査基準が甘い?個人の本人確認書類のみが審査基準に 即日はできないけど

審査基準は甘めです。一般的に、法人カードの審査のために会社の財務書類の提出を求められますが、100万円以下の利用限度額のカードを申請する場合、運転免許証などの本人確認書類だけで審査をしてもらえます。会社が赤字の場合や設立後それほど経過していない場合など、会社の信用情報に不安がある人にもおすすめです。一般的な法人カードの審査基準は、決算が黒字であり設立から3年が経過していることが条件とされますが、ビジネクスト法人クレジットカードは赤字でも発行ができる点でメリットがあります。

法人カードでうれしいポイント付与 即日はできないけど

ポイント制度として、LIFEサンクスプレゼントが付いています。貯めたポイントで、図書カード、JTB旅行券、QUOカードなどの特典と交換してもらえるのは嬉しい特典です。

追加の法人カードの最大発行枚数の多さは大きなメリット ETCカードも無料 即日はできないけど

他のメリットとして発行枚数の多さがあります。他の法人カードでも社員用に複数の法人カードを発行してくれますが、ビジネクスト法人クレジットカードの最大発行枚数は50枚。他のカード会社の発行枚数が10枚程度であるのに比べて枚数は多めです。多くの社員にカードを持たせたい場合におすすめのカードと言えます。
ETCカードの発行も無料で、しかも同様に最大50枚まで発行してくれます。

法人カードのステータスはない

年会費がない分空港ラウンジの利用などの特典はなく、ポイントの還元率は低いというデメリットがあります。デメリットを納得の上で発行を検討したいですね。

最短1週間!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 即日はできないけど

世界的に有名なブランド、アメックスの法人カードです。ゴールドカードだけあってプレミアムな特典がたくさんついています。

海外出張の多い企業におすすめな法人カード 即日はできないけど

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、海外での保険や待遇サービスに優れ、世界中に対応店舗が多くあります。ですから、海外出張での利用が多い場合はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードがおすすめです。特典として、2つの海外空港と28の国内の空港ラウンジを年会費無料で利用可能なサービスがついており、出張が多い会社にはうれしいサービスですね。

充実した補償サービス 法人カードの即日はできないけど

海外、国内ともに高額な旅行傷害保険が付いているのもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力です。国内では最大5000万円、海外では1億円の補償が可能です。

他にも東京駅や空港からの荷物の宅配サービスや、国内航空機の遅延時に補償を受けられるサービスがあります。海外で購入した商品の補償も500万円上限で受けることが可能です。

充実したビジネスサービス 法人カードの即日はできないけど

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはビジネスサービスもかなり充実しています。

社員ごとの利用額や用途についてのレポートを3ヶ月ごとに発行してくれるサービス、アメックスの加盟店での優待サービスや、ビジネス情報のデータベースを年会費無料で活用できるサービスがあります。他にも企業調査や不動産評価の調査代行サービスなど、たくさんの価値の高いビジネスサービスがあります。

審査終了後3営業日以内に発行!セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス 法人カードの即日はできないけど

発行スピードの面、機能面でもおすすめなのが、このセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスです。

郵送不要! 面倒な手続きが少なく早く届く 法人カードの即日はできないけど

他の法人カードでは、ネット上で申し込み、郵送された書類に記入、という手順ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、書面によるやりとりなしに、ネット上の打ち込みのみで手続きができます。法人カードでも、引き落とし先に個人口座も登録できます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを早く手にしたい人への注意 法人カードの即日はできないけど

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは審査通過後、3営業日以内のスピード発行が可能ですが、少しでも手元に早くカードを入手したい人には注意点があります。申し込み上の注意としては、営業時間終了の19時30分までに申し込みをしないと翌営業日の受付となる点です。

また、少しでも早くカードを入手したい場合、キャッシング枠をつけたりETCカードの同時申し込みを行うことは審査や手続きが長期化するため避けるべきです。

カード発行後でも、これらのサービスは追加可能ですので、カード入手を優先する場合、後ほどの追加を検討しましょう。

また、申し込み完了後にかかってくる電話にすぐ出ないと、手続きが止まり、カード発行が遅れますので、電話にすぐ出られるようにしておきましょう。審査開始から終了までにかかる期間は人により異なりますので、もしかすると発行までに実質数週間かかる可能性もあります。しかし、他の法人カードに比べて手続きが楽で迅速に届く可能性が高く、手元に早くカードを入手したい人にはおすすめのカードです。

年会費と機能の充実度は? 法人カードの即日はできないけど

カードに付いている特典や機能自体も、プラチナカードにふさわしい充実した内容になっているのでその点でも問題はありません。年会費も2万円と高めですが、プラチナカードであることを考えれば妥当な金額となっています。

最短8営業日! オリコEX Gold for Biz 法人カードの即日はできないけど

オリコEX Gold for Bizの年会費は2000円と安めで、ビジネスサポートが充実しています。VISAやMasterカードの国際ブランドによりサービス内容が異なるので、選ぶときは注意が必要です。

 Master Cardのサービス内容 法人カードの即日はできないけど

まず、Master Cardのサービス内容としては、

「MasterCard Taste of Premium」と、「MasterCardビジネス・アシスト」の2種類があります。

まず、「MasterCard Taste of Premium」は、海外用のwifiや携帯電話のレンタルサービスが利用可能です。対して「MasterCardビジネス・アシスト」は、ホテルの優待、電話通訳サービスや会員限定のライブラリーの1日無料券などのサービスがあります。

VISAのサービス内容 法人カードの即日はできないけど

VISAの場合は、以下の3つのサービスが利用できます。

  1. VISAビジネスオファー
  2. VISAゴールドカード優待特典
  3. VISAビジネスグルメオファー

ビジネスオファーは出張などで利用するホテル、レンタカーその他の輸送サービスの利用が可能で、ホテルでの優待があります。

また、ゴールドカードを所有していれば、wifiルーターレンタルや空港サービスが利用可能です。接待などでの飲食店の利用で優待を受けられるビジネスグルメオファーというサービスもあります。

補償内容も多様 法人カードの即日はできないけど

国内、海外問わず、傷害保険は当然のこと、ショッピング保険、カードの盗難、紛失の補償も充実しています。他にもWeb明細での経理処理、融資の際の金利の優遇など、多くのサービスがあります。

年会費が2000円であることを考えれば、コストパフォーマンスに優れたサービスと言えます。

法人用クレジットカードをお得に使おう 法人カードの即日はできないけど

法人用のクレジットカードの即日発行はできませんが、届くまでは個人用のクレジットカードで代用しましょう。紹介したおすすめの法人用カードの特徴やメリットも参考に、自身の会社や事業に最もプラスになる法人用カードを入手してお得に使いこなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください