五輪チケット購入に間に合うVISAカード🏊

ヤフーカードの家族カードはおすすめではない?申込前に知りたい5つのデメリット

 

クレジットカードの家族カードは、家族でポイントを貯められる、審査が緩く発行しやすいといったメリットがあります。

だたYahoo!JAPANカード(ヤフーカード)の家族カードは、必ずしもメリットばかりではありません。デメリットがいくつかあり、家族カードよりも本カードを発行したほうがお得になる場合もあります。Yahoo!JAPANカードの家族カードに申し込みをしようか迷っている人のために、家族カードのデメリットをまとめています。家族カードの発行後に後悔しないよう、デメリットを知っておきましょう。

ヤフーカードの家族カード申込方法

Yahoo!JAPANカードの家族カードは、本カード会員と同一生計の同居家族に発行できます。18歳以上(高校生はのぞく)の配偶者、両親、子供が発行対象です。
本カード会員が学生や未成年の場合は、家族カードの発行はできません。

家族カードはカード会員サービスメニューの

「各種お手続き」にある「家族カードのお申込み」から申込ができます

またYahoo!JAPANカードの新規入会時に、家族カードを同時に申し込みする方法もあります。

ヤフーカードの家族カードは審査が厳しい?

Yahoo!JAPANカードの族カードに申し込みをすると、審査が行われます。家族カードの審査は、本カードにくらべるとかなり緩めです。審査に落ちる可能性は少なく、申込をすれば発行されると思ってもよいでしょう。

ただ緩いといっても審査が全くないわけではないので、発行不可となるケースもあります。
Yahoo!JAPANカードの未払いがあるなど本カード会員に問題があると、家族カードは審査落ちとなるので注意をしてください。

ヤフーカードの家族カードでもらえる入会特典

Yahoo!JAPANカードでは家族カードに入会すると、利用と合わせて2,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。ポイントがもらえるなら、発行しても良いかな?となりますよね。

しかしYahoo!JAPANカードは、家族カードよりも本カードを新規発行したほうがお得です。本カードだと入会特典では、最大8,000~10,000ポイントももらえてしまいます。家族カードの入会特典と比較すると、6,000~8,000ポイントも差があるのです。入会特典にこんなに差があることがわかると、家族カードではなく本カードを発行したくなるのではないでしょうか。

ヤフーカードの家族カード Tポイントのたまり方

Yahoo!JAPANカードは、Tポイントがたまるクレジットカードです。家族カードはTポイントの付与が、やや複雑になってしまいます。

Yahoo!JAPANカードの家族カード利用で獲得したTポイントは、本カード会員にたまります。家族カードのTポイントカード機能で獲得したTポイントは、家族カード会員ごとにたまります。
100円に1ポイントたまるTポイント加盟店で、10,000円をYahoo!JAPANカードの家族カードで支払をしたとします。
クレジットカード利用分の100ポイントは本カード会員へ、Tカード提示分の100ポイントは家族カード会員へたまるということですね。

どちらか一方に200ポイントたまるのではなく、ポイントが分散しやすいともいえます。

ヤフーカード家族カードの明細はどうなる?

Yahoo!JAPANカードでは家族カードを利用していても、発行される明細は1枚です。家族カードと本カードの利用分をまとめて明細が発行されるためです。明細が1枚だと管理がしやすくなるのがメリットですが、家族カードの利用状況が本カード会員に丸見えになるデメリットがあります。

旦那に内緒でランチをした、親にわからないように買い物をしたいといったとき、家族カードは不向きとなってしまうでしょう。

家族に知られたくない支払いには、家族カードよりも自分で発行したクレジットカードがおすすめです。

ヤフーカードの家族カードでetcカードは発行できる?

Yahoo!JAPANカードでは、家族カードでもETCカードを発行できます。ETCカードがあると高速道路の走行料金が割引きになるので、車を運転するなら持っておきたいですよね。

Yahoo!JAPANカードの家族カードで、ETCカードを発行すると損をする可能性がああります。ETCカードは500円+税の年会費がかかるためです。1枚につき年会費が必要となるので、本カード+家族カード2枚でそれぞれにETCカードを発行すると1,500円+税が年間必要になってしまいます
家族全員でETCカードを持つと、結構な費用負担になるでしょう。

ETCカードが年会費無料のクレジットカードで、発行したほうがお得です。

ヤフーカードの家族カードは限度額に注意

Yahoo!JAPANカードで家族カードを発行すると、限度額がすぐにいっぱいになってしまう危険性があるので注意が必要です。

Yahoo!JAPANカードの限度額は、本カードと家族カードを合計した金額となります。限度額が50万円であれば、本カードと家族カードで使えるのが50万円です。本カード50万円、家族カード50万円と、それぞれで50万円使えるわけではありません。

無計画に使っていると家族カードの決済額が高くなっていて、本カードで支払いができなくなってしまった…なんてこともあります。家族で1ヶ月の使える金額を決めておくなど、限度額内でYahoo!JAPANカードを使う対策をしておきましょう。

ヤフーカードの家族カード まとめ

Yahoo!JAPANカードの家族カードは、同居している配偶者、両親、子供などに発行できます。ただデメリットもありますので、よく考えてから発行するのがおすすめです。Yahoo!JAPANカードの家族カードは年会費無料で入会特典がありお得ではあるのですが、本カードを発行した方が入会特典はお得です。

また家族カードごとに明細は発行されないこと、分散しやすいTポイントのたまり方であること、利用限度額がいっぱいになりやすいこと、ETCカードの年会費が有料であることなども、発行するにあたっての注意点になります。

デメリットはあっても必要だと感じるなら、Yahoo!JAPANカードの家族カードに申し込みをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください