💡7,000円相当のPayPayボーナス💡

ACマスターカードが残高不足になったら?通知方法と注意点、解決策まとめ

ACマスターカードの残高不足について

即日発行できるクレジットカードであるACマスターカードは銀行口座の残高が不十分だと継続して使うことができなくなってしまいます。クレジットカードの残高不足は悪影響がありますので気をつけなくてはいけません。

そこで、この記事ではACマスターカードの残高不足によって支払いが遅れた時に生じるペナルティと対処方法についてまとめました。

ACマスターカードの引き落とし日は6日

ACマスターカードの返済期日は前回支払日の翌日から35日ですが、口座振替の設定をしている方はACマスターカードの引き落とし日は6日(休日の場合は翌営業日)になります。

引き落とし時間までに預け入れしておきましょう。

当日でも間に合う

登録している金融機関によってACマスターカードの引き落とし時間は異なります。

ゆうちょ銀行には注意が必要ですが、ほとんどのメガバンクやネット銀行なら当日中の預け入れでも引き落とされるようなので確認してください。

再振替はない

ACマスターカードは引き落とし日を過ぎての再振替は行っておりません。

支払いに遅れたらACマスターカードの問い合わせ窓口に連絡して案内に従って支払いを済ませてください。

ちなみに楽天カードの再振替遅延損害金無料なので、延滞しがちな方は切り替えを検討してみると良いでしょう。

キャッシングで支払いの立て替えを

残高不足でペナルティが生じたり、クレヒス(クレジットヒストリー)が悪化することを考えると、ACマスターカードのキャッシングで一時的に立て替えるのも検討しましょう。

金利手数料は発生しますがそれによって約1ヶ月の猶予が生まれますので、その間に信用情報に影響がないような対策を取ることもできます。

金利0円のキャッシングで立て替えも

ACマスターカードのキャッシングを検討している方には無利息期間がある消費者金融キャッシングがおすすめです。

最短数分から1時間で指定口座へのネットキャッシングもしてくれますので、引き落とし時間ギリギリのときにも役立ちます。

ACマスターカードの残高不足で生じるペナルティ

残高不足で支払いに間に合わないとACマスターカードは滞納状態となり、ペナルティが発生します。

遅延損害金

ACマスターカードを滞納すると「遅延損害金」というペナルティが発生します。

「遅延損害金」とは支払いが遅れた日にち分だけ発生する利息となり、引き落とし予定だった金額に遅れた日数×1日あたりの利息手数料が損害金として請求されます。

ACマスターカードの遅延損害金
遅延損害金の計算方法引き落とし金額 × 滞納日数 × 遅延損害金の実質年率÷365(※うるう年は366日)
ショッピングの場合14.6%
キャッシングの場合20.0%

利用停止

滞納はACマスターカードの利用停止が執行される原因の1つでもあります。

状況の改善が見られれば再びACマスターカードを利用できるようになりますので、利用停止期間中の返済をきっちり行いましょう。

強制解約

以前にも複数回滞納していたり、61日(もしくは3ヶ月)以上の滞納が続いている方は、利用停止だけでなくACマスターカードの強制解約が執行されてしまいます。

強制解約のログは信用情報期間「JICC」に記録されるだけで終わりますが、滞納を61日以上続けた記録は「異動情報」としてあらゆる信用情報機関に登録されてしまいます。

ブラックリスト

移動情報とはいわゆるブラックリストのことで、一度登録されてしまうと最後の返済日(もしくは完済日)から5年間残ります。

そのため5年という時効が終わるまではクレジットカードや住宅ローン、マイカーローンなどを新たに組めなくなるので、異動情報だけは登録されないように気をつけてください。

残高不足で支払いに遅れた時の対処

ACマスターカードの引き落とし日(返済期日)に間に合わなかった方はまず最初にアコム総合カードローンデスクの問い合わせ窓口に電話連絡し支払日の登録をしなければなりません。

ATMで支払う

登録した支払日までにアコムATMもしくはコンビニなどにある提携ATMから支払いを行います。

銀行振込で支払う

もしくは銀行振込(インターネット返済も可)で支払うためアコムの会員ログインページもしくはアコム総合カードローンデスクで振込先を確認してください。

なお、インターネット返済なら振込手数料は無料です。

反映時間はどのくらい?

遅れた分の支払いを済ませたら、入金から最短1時間でACマスターカードに反映されます。

入金当日の時間帯によっても1日程度ズレることもありますが、ACマスターカードの利用停止になっている方は1週間以内には復活するでしょう。

ACマスターカードの残高不足を解消する方法

ACマスターカードの引き落とし日までに十分なお金を銀行口座に預け入れできないことが分かった時点で「支払い方法の変更」と「カード会社への相談」をするようにしてください。

支払い方法を変更する

次月の支払いが難しいと思ったらACマスターカードはリボ払い専用なので、毎月の返済金額をミニマムに引き下げるように設定しましょう。

カード会社に相談する

ACマスターカードが払えない状況であれば、事前にカード会社に相談しましょう。

ACマスターカードには返済日の延長、利息分だけの返済などを相談できる「アコム総合カードローンデスク」がありますので、早めにACマスターカードの問い合わせ窓口へ連絡してください。

メールの口座振替事前お知らせサービスを活用しよう

金融機関によっては「普通預金残高が引き落とし予定金額に満たない場合」や「実際に引き落とされなかった場合に」メールでお知らせしてくれるサービスがあります。

予め設定しておくことで早めの対処ができますので、引き落とし口座に設定している金融機関が同様のサービスを用意している場合は活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください