【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

お得とは?お得の意味と使い方を解説


ここでは、ひとつの言葉の意味を掘り下げて解説していきます。今回紹介する言葉は「お得」という言葉です。「お得」や「得」という言葉の意味や正しい使い方、間違った使い方、熟語、ことはわざなどを様々な視点で紹介、解説していきます。また、「お得」という言葉の英語や中国語に訳した使い方も紹介するので、ぜひ見ていって下さい。

お得の読み方

では初めに、「お得」の読み方から紹介していきます。「お得」は「オトク」と読み、様々なところで見かける言葉です。「得」という漢字は音読だと「トク」となり、訓読みだと「エる」や「ウる」と読む事ができます。「得」という漢字の成り立ちを紹介しますが、ぎょうにんべんの「彳」は道の十字路の左側を意味していて、「㝵」はお金を手に入れる様を表しています。道でお金を手に入れる様子を表している事から「得」という形になりました。

お得の意味について

次に「お得」という言葉の意味を解説していきます。「得」という漢字は国語辞典で調べると「利益を得ること。もうけること。有利であること。また、そのさま」となっていて、他では「成就すること。成功する事」という様に書いてあります。「お得」という言葉は「得」の丁寧語で「御」という漢字を平仮名に直したものです。「御」という漢字の意味は尊敬の意や丁寧に又は上品に表現しようとしている気持ちを表しています。したがって「お得」という言葉の意味は「丁寧で上品に、利益や有利であることを表現しようとする」事を言います。

お得の正しい使い方

「お得」の正しい使い方や間違った使い方を紹介します。言葉の意味から分かる通り、「お得」という言葉を使う時は、何らかの物が有利である事を丁寧に目の前の相手や第三者に使う言葉です。よって「お得」の正しい使い方は何らかの有利性が発生している時でないと使う事ができません。また、相手に対して、尊敬の気持ちや丁寧な気持ちがないと同じく使う事ができません。「お得」の正しい使い方は、目の前の相手や第三者が、何らかの物で有利になって欲しい気持ちを尊敬の念をもって伝えたい時に使う言葉です。

お得の間違った使い方

では、「お得」の間違った使い方ですが上記の正しい使い方から分かる通り、有利や儲けが発生する時以外に使うと間違った使い方になります。また、丁寧な気持ちや尊敬の気持ちを取り繕っても間違った使い方になります。具体的に何らかの有利性や儲けがないと「お得」という言葉を聞いた人が誤解をしてしまい、偽りの言葉になってしまいます。「お得」という言葉を使う時は、具体的に有利になる理由や事柄がないと、聞いた人間を欺くことになってしまうので、そのような時に使う事は間違った使い方になります。

お得を使った例文

ここでは「お得」という言葉を使って会話形式で例文をいくつか紹介します。「お得」という言葉は比較的、日常で使われている言葉だと思います。とくに商売の面で一番多く使われていて「お得な商品」や「お得なサービス」と言ったようなキーワードは商店や広告などではよく目にします。では実際の会話の中ではどうなのでしょうか。

お得の使い方【例文その①】

ひとつめの例文は家電量販店での定員と客との会話です。

「いらっしゃいませー。お客様、ノートPCをお探しでしょうか?」
「まーそうですけど」
「でしたらこちらのノートPCがお得になっています」
「へー何でですか?」
「はい、こちらのノートPCは在庫処分のためお値段が半額となっています」
「半額!?へーすごいなそれは、詳しく教えてください」

この「お得」の使い方はとても効果的な使い方で、客は「お得」といい言葉を聞いて定員のおすすめするノートPCに関心を示しました。

お得の使い方【例文その②】

次は友達同士の会話で日常的に使われている「お得」です。

「ねーお得なスマホアプリって何かない?」
「うーんお得なアプリかー」
「うん」
「そうだなー○○アプリなんかは、とってもお得だと思うけど」
「へー初めて知った」

「お得」といい言葉は日常的にも使われていて、友達という大事な相手を気遣う意味で「お得」という言葉を使っています「得」だけでも通じますが、「得」だけだと相手への配慮や丁寧さに欠けています。「得」と「お得」では聞いた人の印象や感じ方は大きく違うものなのかもしれません。

お得は英語でなんて言うの?

「お得」を英語に直訳すると「Deals」という単語になり、その他にも「it’s on sale」「it’s a steal」「low priced」などがあります。「お得」という表現の英語はとても多く、その時の状況や度合いにも寄りますが、「お得」という言葉は人々の気持ちを引き付けるため、その種類が多いのかもしれません。実際の利用シーンの「お得」の使い方では「you won’t get a better deal anywhere else」などがあり、「これまでにないお得な料金!」と訳せます。

お得は中国語でなんて言うの?

「お得」を中国語で表すと、「合算」「划算」と表します。この二つの中国語は「割に合う」や「引きあう」とい意味になりますが、文章として書くと「お得」というにニュアンスになります。また、「お買い得商品」を中国語で言うと「优惠商品」と表します。中国で買い物する時にお得に物を買う事ができる中国語を紹介します。すこし安くしてほしい時に使える言葉の中に「能不能便宜点?」 「ノン ブー ノン ピィェン イー ディェン」という中国語があるので。使ってみるのも良いかもしれません。

お得の類義語や関連語は?

「お得」の類義語や関連語を紹介します。類義語では「割安」「安価」「安値」「格安」などがあります。関連語は「優遇」「経済的」「お手頃」「安上り」などが挙げられます。「お得」の類義語や関連語は非常に多く、経済効果の高い言葉なのかもしれません。「お得」と聞くと聞いた人間は、自分だけの特権のような気がして、とても魅力的に聞こえます。ただ、「お得」にまつわる類義語や関連語は人々を騙す手段としても使われるので、使い方には注意をした方がいいかも知れません。

お得の対義語は?

「お得」の対義語や反対語を紹介します。例えば、「損」「損失」「割高」「高値」「不利」などがあります。「お得」とは何かの利益や儲け、有利である事をあらわしているので、その反対の損失や割に合わない事、不利になる事が対義語や反対義語になります。「お得」か「お得でない」かはその人の基準によっても違いますが、「定価」などある一定の基準があれば分かりやすく、また人の感じ方にも関係なくなります。なので「お得」という言葉が多く使われるのは物やサービスの値段や料金なのかもしれません。

お得を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「お得」という言葉を使った熟語や慣用句では、「お得感」などしかありませんが「得」の熟語は数多くあります。二字熟語では「所得」「会得「獲得」などがあり、三字熟語は「既得権」「取得物」「雑所得」があり、四字熟語は「課税所得」「一時所得」「一得一失」などがあります。「得」という字の熟語は非常に多くお金や給与に関するものに多く使われています。ことわざの中にも「得」という言葉が多く使われていて「虎穴に入らずんば虎子を得ず」などがあります。

お得にまつわるサイト

「お得」という言葉にまつわるサイトを2つ紹介します。

参考 お得な情報や裏ワザを随時配信しているまとめサイトNAVERまとめ

こちらのサイトは「ネクストライブラリ」が運営しているお得な情報や裏ワザを随時配信しているまとめサイトです。タイムリーなお得情報や身近に使えるお得なネタも多くとても便利なサイトです。

参考 世の中のあらゆる商品やサービスのお得な情報を紹介している、まとめサイトお得なセール情報まとめ

2つめのお得にまつわるサイトは、世の中のあらゆる商品やサービスのお得な情報を紹介している、まとめサイトです。このサイトの特徴はその取り扱っているジャンルの幅の広さです。身近な商品から仮想通貨までお得な情報をまとめています。”

お得の意味や使い方についてのまとめ

「お得」という言葉は、相手に何か有利になるような物を丁寧に表現する時に使う言葉です。また、「お得」という言葉は人々を魅了する言葉でもあるので、正しい使い方をしなくては、聞いた人間に誤解を与えかねません。英語や中国語でも「お得」という言葉は多く存在していて、特にお金にまつわる事に多く利用されています。物やサービスの値段に多く使われるのは、得か得でないのかの基準がはっきりしているためかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください