💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

負荷とは?負荷の意味と使い方を解説

負荷
「負荷」
筋トレ、仕事などでよく使われる言葉ですね。
人間だけでなく、機械の部品などにも使われることがあります。
「負荷をかけすぎると良くない」
時々言われますが、そもそも「負荷」という言葉の意味を正確に理解していますか?

今回は「負荷」という言葉の正しい使い方を、仕事だけでなく精神的な視点や工学的な視点からも探っていきましょう。

負荷の読み方

「負荷」は、音読みで「ふか」と読みます。
「荷物」を「背負う」という意味を持つ漢字を組み合わせてこの単語ができました。
「荷」という漢字は、「何」という文字に草かんむりをつけて「並び生えた草を、人が肩に背負う」という意味からできあがった会意兼形声文字です。

小学生の頃に読み書きを覚えた時、漢字の成り立ちについて勉強した覚えはありませんか?
当たり前のように見かける熟語でも、漢字の成り立ちについて調べてみると面白いですね。

負荷の意味について

「負荷」の意味は使われる分野によって微妙に変わります。
主な使用場面であるIT業界で使われる際は「こなさなければいけない仕事量」というニュアンスを持ちます。
例えば1つのコンピューターで100の仕事を処理しなければいけない場合、それがコンピューターにかかる負荷になります。
「責任を背負う」時にも「負荷」という言葉を使います。
意外なことに、医療の分野で臓器の機能を調べる検査にも「負荷試験」という熟語として使います。

負荷の正しい使い方

「負荷」という言葉の正しい使い方を説明します。
例えば、デスクでの事務仕事より重いものを持ったまま立ち仕事をする方が身体は疲れますよね。
そんな時に「より多くのエネルギーを消費する作業をさせる」という意味で「負荷をかける」といいます。

また、病院で受ける専門的な検査に「負荷試験」があります。
これは臓器のはたらきをテストするため、検査前にあらかじめ運動させたり、特定の物質を投与して体に代謝させたりします。
体にそういった作業をさせることで、検査結果に現れる変化をみる試験となっています。

負荷の間違った使い方

「負荷」という言葉の間違った使い方を説明します。
「負荷」は「仕事量」「責任」そのものという意味を含みますが、それがキャパシティの範囲内であるかどうかにはあまり触れていません。
背負う仕事量が対象のキャパシティを越えてしまい、対象が壊れてしまったり仕事がこなしきれなくなった場合は「負荷」という言葉では表現しきれません。
例えば、体力づくりの際には組織に運動量がかかりますよね。
それを「負荷がかかる」といいますが、オーバーワークの場合は「負荷」ではなく「負担」という言葉を使って表現します。 

負荷を使った例文

ここでは「負荷」という言葉を使った例文を紹介します。
IT用語として使われることの多い単語ですが、専門的になってしまいわかりにくくなってしまうため、ここでは日常会話での会話文を2つ例としてあげることにします。

運動部でのレギュラー決定戦に向けてのトレーニングと、残業や立ち仕事の疲れをテーマにした会話文になっています。

負荷の使い方【例文その①】

A「そろそろレギュラー決定の試合だね」
B「練習してる?私は全然。部活で疲れちゃってなかなか自主練できないよ」
A「私は休日に走り込みと筋トレしてるよ」
B「休日も?凄いな」
A「休日っていっても日曜日の朝一時間だけだけどね。負荷をかけすぎて怪我したら元も子もないから」
B「体力をつけるためには負荷をかけないといけないから難しいところだね」
A「負荷をかけた後に休ませないと、筋肉はつかないし疲れがたまって逆効果になるんだよね」

負荷の使い方【例文その②】

C「最近うちの部署で人が何人も辞めちゃって、穴埋めと引き継ぎのために残業が増えちゃって」
D「大変ね…人が辞めた分だけ部署全体に負荷がかかってるんじゃない?」
C「特に新入社員が大変そうで。この前なんか、一人が寝坊して遅刻してきて可哀想だったわ」
D「よっぽど疲れてたのね」
C「残業以前に、そもそも負荷をかけすぎなのよ。少しくらい座らせてあげればいいのに」
D「でも上司には言いにくいよね…」
C「そこが悩みなんだよね」

負荷は英語でなんて言うの?

「負荷」を英語で表すと「load」といいます。
IT業界で使われる「負荷率」を英語に直すと「a load factor」となります。
責任を背負う時などの「負荷」を表現する英単語に「burden」があります。

例文
「People grow by loading.」
負荷をかけることで人は成長する。
この例文では、「負荷」という意味の「load」を現在進行形にしています。
この例文の通りに適度な負荷は人を成長させてくれますが、無理をしすぎて心身を壊さないよう気をつけましょう。

負荷は中国語でなんて言うの?

「負荷」を中国語で言うと「荷重」「负荷」「工作量」などがあります。
「荷重」が「重い荷物」という意味から「負荷」に繋がることは容易に想像できるでしょう。
「负荷」は「負荷に耐える」という動詞の意味を持っています。
荷物に例えると、重たい鞄を肩に抱えて満員電車で立っている様をイメージするとわかりやすいです。

「工作量」は「仕事量」という意味の類義語になります。
「工作」は中国語で「仕事」の意味になるため、「量」をつけることで仕事量を表現します。

負荷の類義語や関連語は?

「負荷」という言葉の類義語を説明します。
一番よく使われる類義語に「負担」があります。
仕事量としての意味だけでなく、体力的、精神的な意味でも使われます。
責任を背負うという意味の類義語には「重荷」があります。
精神的な意味合いの強い類義語に「プレッシャー」「重圧」「ストレス」などがあります。

自分のせいで誰かに「負荷をかける」という意味の間連語に「足手まといになる」「足を引っ張る」「面倒をかける」などがあります。

負荷の対義語は?

「負荷」という言葉自体の対義語はありませんが、「負荷のない」という言葉に似た言葉として「無理のない」「無理をしない」「ほどほど」などの言い回しがあります。

「作業をする上でエネルギーを消費しない」という意味の強い言い方に「手間暇かけない」「手間をかけない」があります。
時間や手間というコストを消費しない様子を表現しています。

精神的な意味での「負荷がない」という言葉は「ストレスフリー」と言い換えることもできます。

負荷を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「負荷」という言葉を使った熟語に、IT用語である「負荷分散」があります。
この熟語は、「仕事量を分散して負担を軽くする」という意味があります。
簡単に言うと、合計で100の仕事量があった時に2つの機器を同時に稼働することで1つの機器にかかる仕事量を50に抑えることをいいます。
ネットワーク業界では、アクセスが集中して処理が追い付かなくなることを避けるために複数のサーバーで負荷分散しています。
お店が混み合っている時、レジを複数開けるのと同じですね。

負荷にまつわるサイト

「仕事の負荷」がテーマの記事を2つ紹介します。
会社で仕事量が多すぎると、こなしきれなくなってしまうことがあります。
その結果「仕事ができない」などと思われてしまったらツラいですよね。
できることは色々あります。
上司に相談して仕事量の交渉をする、人に任せる、タスク管理をしっかり行うなど。
仕事の負荷を減らして、賢く仕事をしたいですね。

仕事量が多すぎるときの対処法5つ

負荷の意味や使い方についてのまとめ

IT業界だけでなく、仕事全般に使われる「負荷」という言葉。
物事をする上では必ず時間的、体力的、精神的なコストがかかるため、必ず負荷がかかります。

筋トレに代表されるように、成長させるためにあえて負荷をかけることもあります。
その結果自らのためになれば良いですが、負荷をかけすぎると心身を病んでしまうかもしれません。
最近精神疾患が多いのは、人員削減で一人一人の負荷が増えているせいなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください