1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

在籍とは?在籍の意味と使い方を解説

在籍
大人だけではなく、子供も使用する可能性がある言葉として「在籍」という言葉があります。そこで「在籍」という言葉に対し、どのような読み方をしていき、意味を持っているのか説明していきます。
その他にも「在籍」という言葉の使い方だけではなく、英語や中国語では「在籍」はどのような感じになるのか色々と紹介します。

在籍の読み方

「在籍」という言葉は「ざいせき」と読みます。特に難しい読み方になっていないので、ほとんどの方がそのまま読むことができる言葉です。「在」という言葉は、「ざい」と読む以外にも色んな読み方があります。「ある」や「いる」とも読むことができるのですが「在籍」の場合は、「ざい」になります。
「籍」という言葉は「せき」と読む以外にも「じゃく」や「ふみ」と読む場合もあります。ただし「在籍」の時は「せき」と読むので、間違えないように注意しないといけません。

在籍の意味について

「在籍」の意味はそこまで難しくなっていないです。会社や学校の他に団体などに属しており、籍が存在していることを意味しています。ただ似たような言葉で「在席」という言葉があり、読み方も「ざいせき」にあります。
しかし意味が全然違っていて、「在席」の場合は現在席に座っているという意味になります。「在籍」の場合は、現在席に座っていなくても会社や学校などの団体に所属しており、籍が残されている場合は「在籍」という扱いになるので全然違います。

在籍の正しい使い方

「学校に在籍しています」もしくは「現在も会社に在籍しています」などの使い方で全然問題はありません。とても簡単に使用することができる言葉なので、大人だけではなく、子供でも使用する可能性を秘めています。
「在籍」という言葉を聞くことによって、何かしらの団体に所属していることが分かります。現在では色んな団体が社会に存在しているので、使用頻度が比較的高いです。その他にも「在籍確認」や「在籍証明証」など色んな使い方があります。

在籍の間違った使い方

「在籍」の間違った使い方で多いのが「在席」と混同してしまうことです。「在席」は読み方が「ざいせき」なので全く一緒になります。しかし意味は全然違っていて、現在席に座っていることを言います。
そこで在籍確認をする時、「現在在席確認をしています」と使ってしまうと現時点で外出しているのかどうか確認する意味になるので注意です。とても間違いやすいポイントになっているので「在籍」と「在席」が混ざらないように気を付けないといけません。

在籍を使った例文

これから「在籍」を使用した簡単な例文を二つ紹介していきます。日常会話でも使用される可能性はありますし、ビジネスの時にも使用される可能性を秘めている言葉です。
そこまで難しい言葉ではないというのも関係しており、使用される頻度が高くなっています。「在籍」という言葉の意味に対してもそのまんまになっているので、簡単に理解できるのが魅力です。

在籍の使い方【例文その①】

日常会話で「在籍」という言葉が使用されている例文です。

「そういえば以前同じ学校だった鈴木君は何処の学校に行ったの?」
「あまり親しくなかったから何処の学校に在籍しているのか分からないや」
「ただ鈴木君は頭が良かったから偏差値の高い学校に在籍してそうだよね」

日常会話で「在籍」という言葉を使用する時は、このような感じになります。鈴木君がどの学校に在籍しているのか話しており、二人とも残念ながら分からないということになっています。

在籍の使い方【例文その②】

ビジネスで使用する「在籍」の会話を紹介します。

「よく取引する会社の田中さんって何処の部署に在籍しているのかな」
「すみません、私もよく分からないです」
「そうか、じゃあ名刺持ってないかな?」
「名刺は持ってますよ」
「名刺に何処の部署に在籍しているのか書かれているかもしれないので確認してくれ」

取引会社の田中さんが何処の部署に「在籍」しているのか気になっているビジネス会話になります。そして名刺をチェックすることで、取引先の田中さんが何処の部署に「在籍」しているのか把握しようとしています。

在籍は英語でなんて言うの?

英語では日本語のように一単語で「在籍」という言葉を表すことができません。ですので英語の場合は「belong to」や「to be enrolled」という形で使用されるケースが多いです。
使用場面では「I am enrolled in that university」という感じで使用されており、意味は「私はあの大学に在籍しています」になります。一つの単語で表せない分、色んな使い方で「在籍」という意味を作り出しているのが英語です。

在籍は中国語でなんて言うの?

中国語の場合、「在籍」は「注册」という言葉で使用されることが多いです。会社に在籍しているのか確認したい時は、「公司注册」という使われ方をしています。
残念ながら中国語でも「在籍」を直訳できる言葉がないです。そこで複数の中国語を組み合わせることで、何処の団体や会社に「在籍」しているのか意味を表せるようになっています。
使用する形は日本語と同じで、主に会社や団体などに「在籍」しているのか質問もしくは答える時に使用されています。

在籍の類義語や関連語は?

「在籍」の類義語や関連語は、「在席」や「在学」の他に「在校」や「在職」があります。その中でも間違いやすくなっているのが「在席」なので、間違って使用しないように注意しないといけません。
また「在学」は主に学校という教育施設に籍があるのかという意味になります。会社や企業などに対し、「在学」という言葉を使用することができないです。「在学」の場合は学校限定になってしまうので、使用する頻度が「在籍」よりも低いです。

在籍の対義語は?

「在籍」の対義語は「無籍」になり、会社や団体に所属していないことになります。会話で表すと「籍がない」という形で表すことができるので、このような感じで使用される時もあります。ただし「無籍」の場合は、多種多様に使用でき、国や戸に対しても使用できるので高い柔軟性を持っています。しかし「無籍」という言葉は、現代であまり使用されていないので、余程のことがない限りは「無籍」よりも「籍がない」として使われています。

在籍を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「在籍確認」や「在籍者名簿」など色んな熟語が存在しています。その他にも「在籍」に関する書類や制度は、ほとんど「在籍」が使用されているので様々な用途で使用されている言葉になります。
会社に社員として働いているのか確認する場合、言葉自体が長くなってしまいます。しかし「在籍」という言葉を使用すれば、短い言葉で会社やその他の団体に所属しているのか表せます。とても便利な言葉になっているので、状況によっては使用する頻度は高いです。

在籍にまつわるサイト

「在籍」という言葉を調べた時、上位に表示されていて尚且つ印象に残ったサイトを紹介します。

https://www.tempstaff.co.jp/staff/working/certificates/

https://www.josai.ac.jp/about/information/kohyo/zaiseki.html

一つ目は派遣会社がどのような形で「在籍確認」をしているのか知ることができます。

二つ目は現状どのくらいの人数が「在籍」している大学なのか把握することが可能です。

在籍の意味や使い方についてのまとめ

「在籍」という言葉は、会社や学校などの団体に所属している時に使用される言葉です。「在席」と間違いやすい言葉になっているので、使用する時は間違わないように気を付けないといけません。
英語や中国語では、一つの単語で「在籍」という言葉を表すことができないので、「在籍」はとても便利で使い勝手のよい言葉になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください