💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

私的とは?の意味と使い方を解説

私的
日本語に「私的」という言葉があります。一言でいうと、「人間の一個人としての属性」を指します。この説明だけでは何を指すどのような意味の言葉なのかわかりずらいと思われるので、ここではこの「私的」という言葉について、意味や正しい使い方、間違った使い方、熟語、ことわざなど、様々な視点で紹介、解説していきます。英語や中国語に訳した使い方も紹介します。

私的の読み方

では初めに、「私的」の読み方から紹介していきます。「私」という漢字は音読みで「シ」と読み、訓読みだと「ワタシ」もしくは「ワタクシ」と読みます。「的」という漢字は音読みで「テキ」と読み、訓読みだと「マト」もしくは「アキらか」と読みます。この2つの漢字を両方とも音読みにしてつなげて読むと「私的」という言葉になります。「ワタシテキ」とか「ワタクシテキ」といっても通じないことはないと思われますが、一般的には「シテキ」と読みます。

私的の意味について

「私的」の意味ですが、「個人にかかわっているさま」「政府や国の機関ではない、民営の」という意味で使われる言葉です。一文字ずつ意味を考えると、「私」は「仕事場などの社会的集団の中における人間の属性と対比したときの、人間の 一個人としての属性」を指し、「的」「○○としての」とか「○○の属性」を指します。つまり漢字の意味をそのまま解釈すれば、「自分の所属する社会的集団とは関係のない、一個人としての」というような意味になります。

私的の正しい使い方

「私的」の正しい使い方と間違った使い方を紹介していきたいと思います。先述したように、「私的」は「自分の所属する社会的集団とは関係のない、一個人としての」という意味なので、「私的」という言葉が使えるのは、「会社などの組織の構成員としての自分とは切り離された、一個人としての自分についての事柄」である場合に限られます。したがってこの言葉を使う場合には、まず「組織の一員である自分」と「一個人としての自分」を明確に区別することが必要です。

私的の間違った使い方

では「私的」の間違った使い方ですが、言葉の意味から言って、例えば単に個人の意思や考えを「私的な意志」「私的な考え」と言ってしまうと、「社会的集団の構成員としての自分の意志や考え」という要素が排除できないので、本来の意味からすればあまり適切ではありません。「組織の一員としての自分の属性」と、「一個人としての自分の属性」は必ずしも切り離せるとは限らず、切り離せない場合に「私的」という言葉を使うと混乱の元です。

私的を使った例文

ここでは、「私的」という言葉を使った例文を会話形式でいくつか紹介したいと思います。「私的」という言葉が使われるのは、「社会的集団の構成員である人物が、その集団とは関係のない自分についての事柄や属性について述べる場合」です。この説明だけだとなかなか分かりずらいと思うので、具体的な例文を挙げて解説します。

私的の使い方【例文その①】

会社での会話です。

「今年うちの部署に入ってきた新入社員だけどさ」
「ああ、○○君のことか。あいつがどうした?」
「正直に言うと、俺あいつ苦手なんだよね」
「でも仕事でなんかやらかしたわけじゃないんだろ?」
「そうなんだけどさ」
「誰にでも苦手な人ぐらいいるだろうが、そういう単なる私的な感情は職場では表に出さない方が良いぜ」
「そうだよな」

ここでは「会社や仕事とは関係のない個人としての感情」という意味で、「私的な感情」という言葉を使っています。

私的の使い方【例文その②】

大学生の会話です。

「履歴書の『趣味・特技』の蘭って、完全に私的なものじゃないと書いちゃダメなのかな?」
「何を書こうとしたの?」
「いや、『百人一首』って書こうと思ったんだけどさ。もともと高校の部活でやってたから、完全に私的な趣味ってわけじゃないんだよなあ」
「でも『完全に私的なものでなければ趣味や特技とは言わない』という決まりもないんだから、別に書いてもいいんじゃないの?」

学校も会社などと同様の「社会的集団」になります。

私的は英語でなんて言うの?

「私的」は英語にすると「private」と書き、「プライヴェイト」と発音します。英語の「private」には「私的」「私的な」という意味のほかに「秘密の」とか「民間の」とか「私営の」といった意味もあります。ほかには「personal」とかいて「パーソナル」と読む単語にも「私的」という日本語に近い意味があります。「personal」は「個人としての人」を意味する「person」という英語から派生した単語です。

私的は中国語でなんて言うの?

「私的」は中国語では「私人」または「私人的」と書き、「スゥレェン」、「スゥレェンドゥー」と発音します。中国語の「私人的」という単語には「非公開の」という意味もあります。他にも「个人的」という言葉があり「グゥーレェンドゥー」と読みます。「个」という文字は日本語にもある「個」と言う文字と同じ意味で用いられます。日本語の「私的使用」は中国語にすると「个人使用」と書き、「グゥーレェン シィーイォン」と発音します。

私的の類義語や関連語は?

「私的」の類義語には、「自分とは限らない人間の個人としての属性を示す「個人的」、なんらかの社会的集団が正式に認めたものではないという意味の「非公式」、他人や部外者を交えない場を示す「内輪」といったものがあります。この場合の「内輪」は「ナイリン」ではなく「ウチワ」と読みます。「私家」という言葉は「自分の家」という意味ですが、「私家版」「私家集」という言葉は「個人的に作ったもの」という意味になります。

私的の対義語は?

「私的」の対義語は「公的」です。「私的」の意味は「社会的集団の中における人間の属性と対比したときの、人間の一個人としての属性」「民営の、民間の」なので、これの対義語の「公的」は、「社会的集団の中における人間の属性」「政府の」という意味になります。「公」はもともと「オオヤケ」と呼んで「大きな建物」とか「天皇の家」という意味で、そこから派生して政府や国家のことを指して「公」といいます。たとえば「公的年金」は「政府の年金制度」の意味です。

私的を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「私的」を使った熟語には、「仕事などに関係のない個人的な用途に使用すること」を示す「私的使用」、法律用語で、「個人の私法上の法律関係を、個人の自由な意思に基づいて律すること」を示す「私的自治」、「民間の年金、医療保険」を示す「公的年金制度、私的医療保険」などがあります。カタカナで「プライベート」と書いても、「私的」に近い意味の日本語として通用します。「パーソナル」の方はまだあまり一般的ではないようです。

私的にまつわるサイト

ネットで「私的」と検索すると上の方には「私的」の辞書的な意味や、「私的」という言葉を含む例文を解説したサイトなどがヒットします。これらのサイトの中から2つ紹介します。

「私的」とは -コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E7%A7%81%E7%9A%84-521894
「私的」という言葉の辞書的な解説です。

私的(してき)の意味 – goo国語辞書
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/98933/meaning/m0u/
「私的」という言葉を含む例文と慣用句の一覧です。

私的の意味や使い方についてのまとめ

「私的」という言葉は「自分個人にかかわっているさま」もしくは「政府や国の機関ではない、民営の」という意味で使われる言葉です。どちらの意味で使われているのかは文脈から判断する必要があります。「自分」について述べている場合には前者の意味で、「年金や保険など、政府と民間の両方にあるもの」について述べている場合には後者の意味で解釈すればたいてい間違いはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください