💡最大7,000円相当のPayPayボーナス還元💡

明細とは?明細の意味と使い方を解説

明細
ここでは、一つの言葉の基本的な意味や正しい使い方についてご紹介したいと思います。今回ご紹介する言葉は、「明細」になります。「明細」は、会社で使う機会があったりクレジットカードの利用などで使う機会が多い言葉です。そこで、関連語や類義語、対義語、英語や中国語を使った例文などについてもご紹介していきます。

明細の読み方

「明細」の読み方は「めいさい」となります。他に読み方はありませんが、「明」と「細」に分けた場合に別の読み方が出来るようになります。「明」の場合は、「めい」という読み方の他にも「みょう」「あ(かす)」「あか(らむ)」「あ(く)」「あか(るい)」「あ(ける)」などといった読み方もあります。「細」の場合は、「さい」の他にも「ほそ(い)」「ほそ(る)」「こま(か)」「こま(かい)」などといった読み方があります。

明細の意味について

「明細」の意味は、細かいところまで明確でハッキリしていることという意味になります。そのため、何か具体的なものを表す時に使われることが多い言葉です。例えば、「明細な記録」は細かい部分までハッキリと書かれている詳しい記録ということになります。「明細」という言葉は色々な場面で使われますが、特に書類などに使われることが多い言葉です。「給与明細」や「クレジットカードの利用代金明細書」などがこれに当たります。

明細の正しい使い方

「明細」の正しい使い方は、細かい部分までハッキリとしていることという意味で使われる場合です。一例を挙げると、たとえば「給与明細を確認する」という使い方は正しいです。給料に関することが詳細に書かれている書類を確認する、という意味になります。また、「クレジットカードの利用明細書を見る」という使い方も正しい使い方になります。クレジットカードを何にどう使ったかという詳細を見るという意味で、正しく使われています。

明細の間違った使い方

「明細」の間違った使い方は、細かい部分までハッキリとしているという意味で使われない場合になります。例えば、一例を挙げると「これは抽象的な明細書だ。」という使い方は間違いになります。明細書は具体的でとてもわかりやすいものなので、抽象的という言葉はふさわしくないからです。また、「一部の情報しかない明細書だ。」という使い方も間違いになります。明細書は、具体的な内容が書かれているものなので一部の情報という言葉はふさわしくありません。

明細を使った例文

それでは、ここで「明細」という言葉を使った例文についていくつかご紹介していきたいと思います。「明細」は普段よく使われる言葉の一つで、主に書類などに対して使われることが多い言葉です。特に、どんな場面で使われることが多いのか見ていきましょう。実際に使われることが多い場面の例文を具体的にご紹介していきます。

明細の使い方【例文その①】

まず一つ目の例文は、会社の同僚との会話の場面です。
「今日は元気ないね、何かあったの?」
「うん、今月の給与明細を見たら先月よりもかなり少なかったんだ。」
「そうなんだね。それは落ち込むね。」
「体調不良で会社を休んだから、その分少なくなったんだ。」
「そっか、でもしょうがないよ。体が大切だからあまり無理はしないですね。」
この会話では、会社の給与明細を見るということで正しく「明細」という言葉が使われています。

明細の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、夫婦の会話の場面になります。
「通帳を見たら、クレジットカードで大きな額が引き落としされていたんだけど何か買った?」
「何も買ってないわよ、あなたが何かに使ったんじゃない?」
「いや、何も買ってないんだよ。何の金額だろう?」
「カードの利用明細を確認してみたらどうかしら?」
「うん、そうしてみるよ。」
この会話では、カードの利用明細を確認するということで「明細」という言葉が正しく使われています。

明細は英語でなんて言うの?

「明細」は、英語で「details」や「particulars」「specifics」と言います。「クレジットカードの利用明細はインターネット上で簡単に確認出来るのでとても便利です。」という文を英語にする場合は「Credit card usage details are very convenient as you can easily check on the internet.」という文になります。

明細は中国語でなんて言うの?

「明細」は、中国語にすると「订单项(Dìngdān xiàng)」です。「クレジットカードの利用明細はインターネット上で簡単に確認出来るのでとても便利です。」という文を中国語にすると「信用卡使用详情非常方便,因为您可以在互联网上轻松查询。(Xìnyòngkǎ shǐyòng xiángqíng fēicháng fāngbiàn, yīnwèi nín kěyǐ zài hùliánwǎng shàng qīngsōng cháxún.)」となります。

明細の類義語や関連語は?

「明細」の類義語や関連語はいくつかあります。「正確に記述されたもの」という意味では「明快」「端的」「明瞭」「明晰」「明白」「明解」「平明」「達意」「分明」などの言葉が考えられます。また、「特定の詳しい情報を提供する」という意味では「詳細」「こと細か」などの言葉も似た言葉の一つに数えられます。いずれも、「細かい部分まで具体的になっている」という意味になるので「明細」と関連した言葉と考えて良いでしょう。

明細の対義語は?

「明細」の対義語は、「大要」や「大略」などといった言葉があります。「大要」は、大事な部分であり大切な点という意味がありますが大体のところ、概要などという意味もあります。「明細」の意味が細かい部分までハッキリとしていることという意味になるので、「大要」は相反する言葉になります。また、「大略」の意味はあらましやおおよそなどです。こちらも、「明細」とは相反する言葉になるので対義語の一つと言えるでしょう。

明細を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「明細」という言葉を使ったことわざなどは特にありません。しかし「明」と「細」に分けた時にいくつかの熟語が考えられます。「明」の場合は、「解明」「究明」などの二字熟語があります。「温明殿」や「陰明門」などの三字熟語や「印鑑証明」「意識不明」などの四字熟語があります。「細」の場合は、「巨細」「委細」などの二字熟語があります。「幹細胞」「貝細工」などの三字熟語や「感覚細胞」「栄養細胞」などの四字熟語があります。

明細にまつわるサイト

ここで、「明細」にまつわるサイトを2つご紹介します。
https://kotobank.jp/word/%E6%98%8E%E7%B4%B0-642968
こちらのサイトでは、「明細」の基本的な意味について詳しく書かれているので参考になります。

https://card.benrista.com/meisai-matome/
こちらのサイトでは、クレジットカードの利用明細書が何かについて詳しく書かれているので役立ちます。

明細の意味や使い方についてのまとめ

「明細」とは、細かいところまでハッキリとわかることという意味になります。「給与明細」「クレジットカードの利用明細」など普段の生活で使う機会の多い言葉だと思います。ここで正しい使い方を確認して、間違った使い方はしないように気を付けましょう。また、英語や中国語を使った例文も合わせて確認しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください