期限迫る❗自動車税納付におすすめクレカ💳

効率化とは?効率化の意味と使い方を解説

効率化
効率化という言葉にはどんなイメージがありますか?仕事や勉強、家事などといった作業的なことを効率化というのは良く耳にしますが、実際のところ、効率化が意味するのはどういったことなのでしょうか。例文を交えながら解説していこうと思います。また、英語や中国語などの外国語での使い方や意味なども含めて紹介していきます。

効率化の読み方

効率化は「こうりつか」と読みます。書籍によっては、製造や作業を円滑に進ませるために、ダブルミーニングとして、「スムーズ」などと振り仮名を振られる場合もあります。また、少し強引ですが、短い時間に次々と作業を終わらせるような意味合いで、「矢継ぎ早」という読み方の場合もあります。
似たような意味でのカタカナ語や和製英語での振り仮名を振ることは多くありますが、似てはいるが少し違う意味の言葉を振り仮名にすることで、印象付け安く、文章も長くなりにくいという利点があるわけですね。

効率化の意味について

効率化は、「効率」という単語に、「化」という~にする、させるといったような意味の接尾辞がついたものです。効率というのは、労力や時間に対しての仕事の成果や、はかどり具合といったような意味です。この「効率」に「化」をつけた効率化という言葉の意味は、同じ時間での成果をより増やす、はかどり具合を良くする、といったような意味になります。つまり、効率化という言葉は「化」という言葉を付け加えるだけで、「効率を良くする」という意味合いになり、まさしく効率化されている単語だといえます。

効率化の正しい使い方

効率化というのは主に、作業や製造などにおいて使われますので、よりスムーズに、より速くしたいものに対して使用する場合が多いです。なので、わかりやすいもので言えば、単純に、仕事を効率化するといったように使います。また、作業的なものならば、たいてい適用できますので、食器洗い機のお陰で皿洗いが効率化された、といったようにも使います。いずれも時間などを短縮し、メリットになっていますので、効率化することでプラスになるという状況で使用されることが主となります。

効率化の間違った使い方

正しい使い方では、メリットになる、プラスになるという意味で使われると紹介しましたが、それは人間や機械によってコントロール出来ることに限られます。例えば、空腹を効率化するというのは、少し無理があるように思えます。また、電車を利用することで移動を効率化と言えばOKです。しかし、電車の移動を効率化するというのは、鉄道会社が言うのであれば、問題はありませんが、乗る側の人間ではコントロールできないことなので、間違った使い方になります。

効率化を使った例文

効率化という言葉の意味や使い方は理解していただけたでしょうか?どんな状況でもプラスになることに対して使う場合が多いというのが大部分なので、覚えておきましょう。そういったことを踏まえて、ここで、、効率化という言葉を、わかりやすく会話の中に交えて、例文として実際にどう使うのかというのを紹介していこうと思います。

効率化の使い方【例文その①】

仕事をこなす上でのスタンスや考え方のギャップがあるベテランの上司と、入社数年程度の若手の会話。
「最近仕事の調子はどうだ?」
「以前よりも物量が多くなって大変ですよ。これはいかに効率化して一つ一つを速く終わらせるかですね。」
「楽することばっかり考えてるといい仕事はできないぞ。」
「しかしですね、効率化することで、業務を円滑に進め・・・。」
「言い訳するな。楽をしようとするのではなく、良い仕事をすることを考えろ。」
現代において、効率化ということに対する認識は、世代間などで差異があるようだ。

効率化の使い方【例文その②】

家事を一手に引き受けている妻は、共働きなので、家事を夫婦で分担するべきだと夫に話をしている。
「一番時間がかかる家事は何なんだ。」
「それはやっぱり、洗濯でしょ。」
「だったら、洗濯をもっと効率化すれば、他の家事をする時間ができるんじゃないか?」
「効率化って・・・どうすればいいのよ?」
「乾燥機を買うとか、仕舞い方を工夫するとか。」
どうやら、夫は意地でも家事をしたくないようだ。しかし、共働きならば、ある程度の家事の分担は必要になってくるのではないだろうか?お互いのためにも。

効率化は英語でなんて言うの?

効率化は英語でefficiency、optimizationと言います。
作業の効率化というと、「work efficiency」というようになります。optimizationは効率化という意味でもありますが、どちらかというと適正化という意味合いで使われることが多いです。また、効率化という意味の単語を使わなくても、文章でHow do you make your work productive?と表わすことで、どうやって生産性を上げているかという意味合いで、効率化しているかという訳になります。

効率化は中国語でなんて言うの?

中国語での効率化は、效率化と書きます。ほとんど同じように書きますが、「効」の字が少し違いますね。発音は「シャオゥ ルーファア」となります。使用例としては、优先效率化といった使い方があります。意味は「効率化を優先する。」となります。また、「効率を上げる」という意味で、提高效率と書いたりします。提高は~を上げる、高めるといった意味があるので、底に効率がついたと考えればわかりやすいですね。発音は「ティーガオ シャオルー」となります

効率化の類義語や関連語は?

効率化の類義語としては、発音が近いものでは能率化があります。効率を上げる、能率を上げる、どちらも似たような意味で扱われます。また、合理化というのも、無駄なものを省き、作業を合理的に進めるといった意味なので、近い言葉になります。カタカナ語でいえば、無駄を省き作業をよりスマートに終わらせる意味で、スリム化というのもあります。他にも、改善という言葉をこういった作業などに限って強調的な表わし方をしたカイゼンや、無駄を省く意味でのコストカットなども当てはまるので、効率化という言葉の奥深さが分かりますね。

効率化の対義語は?

効率化の対義語は、形式上は適切な言葉はありませんが、否定語をつけた「非効率化」や効率を落とすという意味では「効率低下」といったような、元の、効率化をベースにして少し付け加えたものがほとんどで、これといった独立した言葉はありません。他には、無駄が増えるという意味では、そのまま無駄というのもアリでしょう。また、仕事の効率を下げるという意味で、「おもてなし」が効率化の対義語だという方もいて、過剰なサービスは効率を落としているという考えもあるようです。

効率化を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

効率化を含む慣用句や熟語は形式的なものはありませんが、良く使うのはやはり、作業効率化というのがあるでしょう。他にも、業務効率化など、仕事や作業に関するものが多いです。また、その際に使う道具やアイテム、ソフトなどを業務効率化ツールと呼び、使用を推奨している企業などもあります。いずれも、仕事だけでなく、主婦などであれば家事、学生であれば、レポートや勉強などに通ずる部分もあるので、知っておいても損はないでしょう。

効率化にまつわるサイト

ここで、効率化に関してのサイトを紹介します。
まず、「働き方と天職を考えるウェブマガジン 瓦版」の「業務効率化を嘆く前にやるべき7つの取り組み」というページです。

業務効率化を嘆く前にやるべき7つの取り組み


効率化はもちろん必要ですが、その前に考えるべきこともあるということを解説しています。

次に、「HELP YOU」というサイトの「業務効率化とは メリットや取り組みポイントを紹介」というページです。こちらは具体的に業務効率化について解説されていますので、目を通して見るのもいいかもしれませんね。

業務効率化とは|メリットや取組みポイントを紹介 

効率化の意味や使い方についてのまとめ

効率化という言葉について、わかっていただけたでしょうか?効率化することで、仕事量を増やせたり、あるいは生産力が上がったりと、いいことづくめのようにも思えます。しかし、その時に、失うものがあるかもしれません。ただ効率化するというだけではなく、それに関わる全ての人間や事象を考慮し、全てにおいてプラスになる効率化を目指していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください