1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

在住とは?在住の意味と使い方を解説

在住
日本人にとって「在住」という言葉は、とても重要な言葉になります。「在住」することによって、生活の基盤を作ることができ、安心して生活を行えるようになるからです。
そんな「在住」なのですが読み方や意味だけではなく、正しい使い方を説明していきます。更に英語や中国語で、「在住」はどのような言葉になるのか紹介します。

在住の読み方

「在住」は「在住」と読み、特別変わった読み方にはなっていないです。一般の方ならばほとんど読むことができ、意味に関してもある程度理解することが可能です。「在」は「ある」もしくは「います」と読むことができます。その中でも「在」は「ざい」と読むことが多いので、「在住」の時も同じように読んでいます。
「住」に関しては、「じゅう」の他に「すむ」と読むことが可能です。一定のところに住みついて、日常生活を行っていくという意味を持っており、使用される頻度の高い言葉になります。

在住の意味について

「在住」はその土地に住んでいるという意味になります。「在住」という言葉は、現在進行形として使用するだけではなく、過去に対しても使用することができる言葉になっています。
「過去にその地域で在住していた」という使い方も選択することができるので、使い勝手のよい言葉になります。現在その土地に住んでいる方は、「現在在住している」と会話しても全然問題はありません。全国各地に色んな地域があるのですが地域に関係なく使用することができる言葉です。

在住の正しい使い方

「以前十年ほどこの地域に在住していた」もしくは「現在もこの地域に在住している」という使い方で全然問題はありません。専門的な知識やスキルが無くても簡単に使用することができるので、たくさんの人が「在住」という言葉を使用しています。
またビジネスで使用するよりも日常生活で使用する頻度の多い言葉になっています。「在住」することによって、人間は各々の生活を実施することができ、その人に合った生活習慣やリズムを作られるようになります。

在住の間違った使い方

どの地域に住んでいるのかという意味で使用される「在住」という言葉なので、基本的に地域以外で使用することができません。「会社に在住している」という使い方は基本的にしないので注意しなくてはいけないです。
会社にいるという意味を言葉で伝えたい場合は、「在籍」を使用することになります。その他にも「在住」だけではなく、「駐在」という言葉と間違いやすいです。「駐在」は長い間留まっているという意味で、「在住」とは全然違っているために気を付けないといけません。

在住を使った例文

これから「在住」を使った例文を紹介していきます。日常生活で使用されるケースがほとんどの言葉で、基本的にどの地域に住んでいるのかという会話をする時に使用されています。
また「在住」は現状に使用できるだけではなく、過去どのような地域で生活していたのか質問することもできるため、状況に応じて使い分けられるのが魅力です。

在住の使い方【例文その①】

現在どの地域に「在住」しているのか質問する会話の例文です。

「佐藤さんって今何処の地域に住んでいるの?」
「神奈川県横浜市に在住しています。」
「横浜に在住しているんだったら交通の便もいいし、生活しやすいよね」
「そうですね」
「何度か遊びに行ったことがあるんだけど魅力的な地域だったから俺も横浜で生活しようかな」

佐藤さんに対し、どの地域で生活しているのか質問しており、それに対して対応している会話になっています。

在住の使い方【例文その②】

現時点ではなく、過去の「在住」に関する会話の例文になります。

「今高橋さんって東京都港区に在住しているだよね」
「そうですね」
「昔はどの地域で生活していたの?」
「以前は神奈川県小田原市に約10年ほど在住していました」
「そうなんだ、小田原は昔ながらの雰囲気が残されているし、観光スポットも多いからいい地域だよね」

このように現時点の「在住地域」だけではなく、以前の地域に対しても「在住」という言葉が使用されています。

在住は英語でなんて言うの?

「resident in」もしくは「living in」という形で英語の場合は使用されています。例えば横浜在住を英語で言いたい場合は、「resident in Yokohama」もしくは「living in Yokohama」になります。
二つの使用方法があるのですがどちらを使用しても全然問題はありません。どちらも日本でいう「在住」という意味になっているので、英語で使用する地域の事情や国などによって、使い分けられているのが実態です。

在住は中国語でなんて言うの?

日本語の「在住」なのですが中国語でも同じ「在住」という言葉が使用されるケースが多いです。日本語と同じ「在住」でも色んな状況で使用することができるのが中国の「在住」になります。
日本語の場合は、「在住」という言葉に対して地域に関することがほとんどです。しかし中国語の「在住」は、「他在住院」や「把东西忘在住的旅馆里了」など色んな使い方を選択できます。「他在住院」の意味は入院中と意味になっており、「把东西忘在住的旅馆里了」は利用したホテルに忘れ物が発生したという意味になります。

在住の類義語や関連語は?

「在住」の類義語や関連語は、「滞在」の他に「駐在」などの言葉があります。「滞在」は事情によって一定期間その場所に留まることを意味しており、ずっと居る訳ではありません。また「駐在」は「滞在」と似ているのですが長い期間留まっているという意味になります。
どちらも言葉も「在住」という言葉になっており、間違って使用しやすいです。この中でも比較的多く使用されているのが「在住」という言葉になっており、言葉を見るもしくは聞いただけでも意味を連想しやすいです。

在住の対義語は?

「在住」の対義語は、「在住しない」になります。その他にも「その土地に住んでいない」という言葉も「在住」の対義語になっているので、どちらを使用しても問題はありません。
使用方法も簡単になっていて、「現時点でその土地に住んでいない」もしくは「その地域には在住しないつもりです」などの使い方で大丈夫です。とても簡単に使用することができるという利便性が発生しているので、日常会話の中でも使用される言葉が多くなっています。

在住を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「日本在住」という言葉があり、日本に住んでいるという意味になります。外国人の方が比較的使用する言葉になっており、日本全体を表すことができるのでとても便利です。逆に日本人が海外に住んでいる時は、「海外在住」という言葉になります。
地域に限定して使用することができるのですが国に「在住」という言葉をくっつけることで、幅広く使用することが可能です。そのため、「在住」の類義語と比較しても利便性に長けていて、使いやすくなっています。

在住にまつわるサイト

「在住」という言葉をインターネットで検索した時、様々なサイトを見つけることができたのですがその中でも魅力的だったサイトを紹介します。

http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/nihongokyoiku_jittai/zaiju_gaikokujin.html

https://www.osaka-u.ac.jp/ja/admissions/faculty/expense_abroad

一つ目は日本語に対する「在住」外国人の意識調査をしており、日本語に対する「在住」外国人の意識を把握できます。

二つ目は大阪大学の海外在住私費外国人留学生特別入試に関する細かい説明がされているサイトで、条件を満たしている外国人は特別な入試を受けられるようになっています。

在住の意味や使い方についてのまとめ

その土地に住んでいるという意味で使用されているのが「在住」です。現在進行形ではなく、過去に対しても「在住」という言葉を使用することができ、とても便利な言葉です。
また中国語も日本語と同じように「在住」が使用されているのですが入院中や利用したホテルなどに対しても使用することが可能です。主に日常会話で使用されることが多く、難しくない言葉なので使用する頻度も高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください