💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

最速とは?最速の意味と使い方を解説

日本語の中で「最速」という言葉がありますが、少しこの言葉を掘り下げて紹介したいと思います。

「最速」と「聞くと最も速い」の一言で済みますが、ここでは「最速」の意味と関連する言葉も併せて解説していきます。

解説するにあたっては「最速」の正しい使い方や間違った使い方、「最速」の英語や中国語なども紹介していきます。

最速の読み方

では初めに「最速」の読み方から紹介していきますが、「最速」は日本語で「さいそく」と読み、それ以外の読み方はしません。

「最速」の「最」は他の読み方ですと「もっと(も)」と読みます。また「速」は「はや(い)」と読み、熟語的には分かりやすい言葉と言えます。

そのまま訓読みで読むと「もっともはやい」という言葉に置き換えられます。言葉の意味は次の項で紹介しますが、言葉の意味合いもそれ程難しい物ではありません。

最速の意味について

「最速」の意味ですが、辞書で調べると「あるものの中でもっとも速いこと」と書いてあります。意味合い的にはとても簡単で分かりやすいと思います。

「最速」と聞いて意味が分からない大人は、ほとんどいないと思います。

また「最速」を分けて意味を考えると、「最も」の意味は「比べたものの中で程度が一番上の物であるさま」となっていて、「速い」は「一定の動作が短い時間で行われるさま」となっています。

他の「早い」という言葉と違い「早い」は、ある時間よりも前に事が行われるようなさまを言います。

最速の正しい使い方

「最速」の正しい使い方は、言葉の意味からすると「最も速い」時にしか使えません。

したがって「最速」という言葉を使う時にはある程度、裏付けと説明できる物や出来事がはっきりしていなければいけません。

例えば「100メートル走で人類最速のタイム保持者」という場合では、その選手のはっきりとした記録がないと「最速」という言葉を使ってはいけません。

したがって「最速」という言葉を使う時はある程度具体的な数字があれば使うことができます。

最速の間違った使い方

では「最速」の間違った使い方ですが、具体的な裏付けや数字がないのにも関わらず「最速」という言葉を使ってしまうと誤解を招いたり、相手を欺く事にもなるので、そのような時に「最速」と使う事は間違った使い方になります。

例えばインターネットの通信速度などで根拠や裏付けもないのに「通信速度が業界内で最速」という、うたい文句を使うと多くの利用者が誤解を招きトラブルのもとになってしまいます。

「最速」という言葉を使う時は根拠がなければ使ってはいけません。

最速を使った例文

ここでは「最速」という言葉を使って会話形式の例文をいくつか紹介します。

「最速」という言葉は日常的も使われていますが、社会の中の指標やサービスの中のうたい文句などとして使われることが多くある言葉です。

また、商品やサービスをアピールする時にも便利な言葉で、「最速」と聞くと人々の関心は高まる言葉でもあります。

最速の使い方【例文その①】

一つ目の例文として友達同士の会話の中での「最速」を紹介します

「陸路の中で一番速い乗り物は何だと思う?」
「一番速いのは新幹線だろ」
「その中でも最速な新幹線は何だかわかる?」
「え?それはわからないなー」
「世界の中で最速な新幹線はフランスのTGVという乗り物で、正確には新幹線じゃなくて、ただの電車さ」
「へー知らなかったな」
「ただ将来的には、日本のリニアモーターカーが世界最速の陸路の乗り物のなるのは間違いないんだ」

このように「最速」という言葉は日常的にも使われている言葉です。

最速の使い方【例文その②】

次は業務用コピー機の販売員と客との会話での「最速」の使い方です。

「お客様、こちらのコピー機ですと業界内でも最速モデルとなっていますが」
「え?本当?うちの会社はコピーする作業が多いからそれの方が良いな」
「あ、そうなんですか」
「ええ、コピーする事が多いんで出来れば印刷が速い方が良いな」
「ではこちらの最速モデルをご用意いたします」

この会話から分かる通り、「最速」という言葉が客の心に響いているのが分かります。「最速」という言葉は商品の価値を高め、客はその言葉に引き付けられます。

最速は英語でなんて言うの?

「最速」を英語で訳すと「Fastest」になります。

その他にも「Quickest」と言い方があります。日本語の「最速」や「速い」は「Fastest」になりますが、「早い」の場合は英語では「Fastest」でなく、「early」になります。「Fastest」も「early」も日本語の「速い」と「早い」の違いの意味と同じで、「速い」はスピードなどで「早い」は時間などを指しています。

実際の利用シーンでは「Quickest」などは仕事の機敏さをあらわすときにも使えて、ビジネスの世界で多く使われています。

最速は中国語でなんて言うの?

中国語での「最速」の書き方は「最快」と書きます。日本語の「速い」が中国語では「快」(クァイ)となっていて「最速」の「最」の部分は「ズィ」と読みます。読み方は違いますが書き方は日本語と同じになっています。

中国語は日本語のもとになっている所もあり漢字文化の共通点もある事から、同じような書き方なのかもしれません。

英語の「速い」と「早い」の違いも中国語にもあって、中国語の「早い」は「早」(ザオ)と言い、これも書き方は同じになっています。実際の利用シーンでは日常的に「最快」や「最早」どちらも多く使います。

最速の類義語や関連語は?

「最速」の類義語や関連語などは「瞬間速」「超速」「激速」「最高速」などがあります。

どの言葉も物事のスピードの速さをあらわしていて「最高速」という言葉は「最速」よりもインパクトがあり、より人々をひきつけます。

新聞やニュースなどで「世界最高速」とい言葉を目にしますが、この言葉は世界基準の速度で最も速い事象をあらわしているので、この言葉を使う時にはそれ相応の、裏付けの数値や記録がないと使える言葉ではありません。

最速の対義語は?

「最速」の対義語は「最遅」(さいち)という言葉があります。日常で使われない言葉ですが、一応日本語として存在している言葉です。

ここでいう「最遅」は「最も早い」の対義語の意味の方に近く、時間の表現の最も遅い事象などを言う場合に使います。ただ、「最速」の対義語にもなっているので、「最も遅い事」として幅広く表現できて、物のスピードと時間のスピードの両方で最も遅い事の表現に使えます。

ただ、あまり世の中に広がらないのは最も遅い事はイメージ的に悪いからなのかもしれません

最速を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「最速」とつく四字熟語などはいくつかあります。

「最高最速」「世界最速」「最大最速」といったような言葉です。

どの四字熟語も何かをアピールするにはいい言葉で、人々をひきつけます。また「世界最速」の「世界」の部分は、地域を狭める事によってどの範囲で最速なのかを表現できます。

「アジア最速」「日本最速」「都内最速」と言ったように最速の中にも地域を狭めれば、便利にアピールすることができます。

「最速」や「最大」とい合った言葉は地域を限定する事によって、何かをアピールするには使いやすい言葉なのかもしれませ

最速にまつわるサイト

「最速」にまつわるサイトをここでは2つ紹介します。紹介するサイトは「最速」と調べたときに特徴のあるサイトを紹介します。

参考 世界最速を徹底追求。世界で最も速い25の人・物・動物カラパイア 参考 世界一速い乗り物まとめ バイク・車・飛行機カラパイア

「最速」と検索すると上の2つのサイトが最速まつわるサイトとしておすすめです。

1つ目のサイトは、あらゆる物や人、動物の世界最速を紹介しているサイトで、見ているとついつい見入ってしまいます。

2つ目のサイトは世界一速い乗り物をたくさん紹介していて、世界一速いミニ四駆まで載っています。

最速の意味や使い方についてのまとめ

ここまで「最速」とい言葉を少し詳しく掘り下げてみましたが、「最速」という言葉はとても便利な言葉ですが、使い方を間違えると大きな誤解を生じさせます。

「最速」と使う場合には、しっかりとした裏付けや数値がない限りは使わない方がいいかも知れません。

ただ地域を限定すれば「最速」という言葉は使えるので、何か得意なことがあれば町内や市内の中では「最速」と言えるものもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください