【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

判別とは?の意味と使い方を解説

判別
「判別」という言葉なのですが色んな状況の時に使用することができる言葉になります。日常生活の中で使用されるだけではなく、仕事の時にも普通に使用される言葉なので、重要な言葉の一つとして存在しています。
そんな「判別」なのですがどのような意味を持っており、読み方はどうなっているのか丁寧に説明させていただきます。

判別の読み方

「判別」の読み方は「はんべつ」と読み、特に難しい読み方をする訳ではありません。子供から大人まで幅広い年齢の方が気軽に読める言葉になっているので、たくさんの人が使用している一つの要因になっています。
「判」という言葉なのですが「わかる」と読む場合も少なからずあります。ただし「はん」や「ばん」と読むことがほとんどなので特に難しい読み方になっていないです。「別」は分かれると読む時がありますがこの時は「べつ」と読みます。

判別の意味について

そのまんまの意味になっているのが「判別」という言葉になります。意味ははっきりと見極めるという意味で使用されるケースがほとんどです。様々なことに「判別」という言葉を使用することができるので、かなり利便性の高い言葉として存在しています。
日常生活や仕事をする上で、「判別」しなくてはいけない状況や場面は必ず発生します。そのような時に「判別」という言葉が使用されていくので、状況に関係なく使用することができる言葉です。

判別の正しい使い方

日常生活で使用する時は、「食材が腐っているのか判別する」という使い方をします。仕事で使用する時は、「自分の会社が提供している部品やパーツなのか判別する」という形で使用されていきます。
基本的に「判別」するものがないと残念ながら使用することができないです。最低でも二つ以上のものが存在しており、比べなくてはいけない場合に使用することが可能な言葉です。ただそこまで難しい言葉ではないので、多くの人が気軽に使用可能なのが特徴です。

判別の間違った使い方

誤った判別の使い方として、「様々なデータを参考にして物事を判別する」という使い方は正しくありません。正確には「様々なデータを参考にして物事を判断する」という使い方が正しくなっています。
あくまで「判別」ははっきりと分けるという意味で使用されている言葉です。「判断」は色んなデータや論理的な情報を元に考えを決めるという意味を持っているので、意味が異なっています。「判別」と「判断」が混ざってしまう時もあるので間違って使わないように気を付けないといけません。

判別を使った例文

「判別」を使った例文を二つほど紹介していきます。とても便利な言葉になっており、特に難しくないので子供から高齢の方までほとんど問題なく使用することができます。
今回は日常生活だけではなく、仕事をする時に使われる「判別」の会話を例文として解説していきます。
とても簡単な使用方法になっているので、これまで使ったことがない方も安心して使用できる言葉です。

判別の使い方【例文その①】

日常生活の会話で「判別」という言葉が登場した時のやり取りです。

「この筆記用具は自分のものなのかお兄ちゃんのものなのか判別することができないや」
「ほんとうだね」
「全く同じ筆記用具を購入しちゃったから全然分からないね」

筆記用具のことで自分のものなのかお兄ちゃんのものなのか同じ筆記用具なので、全く「判別」することができない時の会話です。このような形で「判別」という言葉が使用されており、当たり前のように使われています。

判別の使い方【例文その②】

仕事で「判別」という言葉を使用する時の例文になります。

「今回の不祥事はどちらが悪いのか全く判別できないわ」
「確かに田中さんのせいでもあるし、鈴木さんのせいでもありますね」
「どちらかに厳しい処罰をすれば、絶対不平不満が発生するし難しいよ」
「今回はどちらにも判別することができないのでどちらも厳重注意にしたらどうですか?」
「そうだな」

仕事をした際に不祥事を起こしてしまった田中さんと鈴木さんなのですがどちらが悪いのか「判別」できない時の会話になります。

判別は英語でなんて言うの?

日本語の「判別」という言葉なのですが英語では「Judgment」や「discrimination」という言葉が使用されています。どちらも日本語の「判別」に近い意味を持っていて、状況によって使い分けられているのが現状です。
実際に英語で「判別」を使用するシーンとして、「a person’s discernment of matters」という言葉があり、物事に対して判別するという意味で使用されています。

判別は中国語でなんて言うの?

「判別」という言葉なのですが中国語では、「判别」という言葉で比較的多く使用しています。注意しないといけないのは、日本語と同じように見えるかもしれませんが「別」ではなく、中国語では「别」になっています。ちょっと違っているのでそれが日本語と中国語の違っている部分でもあります。
判別能力という意味で「判别能力」や是非を判別するという意味で「判别是非」という中国語が使用されており、日本語と同じように活用されている言葉です。

判別の類義語や関連語は?

「判別」の類義語や関連語なのですが「識別」や「鑑別」などが存在しています。「識別」は色や形などを判断する時に使用される言葉で、どうしても使用する用途が限定されてしまいます。
「鑑別」は様々な角度で鑑定をしていき、判別する意味を持っていて、骨董品や美術品などの時に使用される言葉になります。主に鑑定するという意味が含まれているので、「判別」とはちょっと違っています。その中でも「判別」は利便性に長けているので、もっとも使いやすい言葉です。

判別の対義語は?

「判別」の対義語は残念ながらなく、「判別できない」という言葉が対義語に近くなっています。「判別できない」という言葉は、区別不可能もしくは分けられないという意味で使用されているので、「判別」の逆になります。
専門的な知識やスキルが求められる状況の場合、個人一人では中々「判別できない」場合があります。その時はこのように「判別できない」という言葉が使用されるのですが「判別」よりも使用頻度がそこまで高い訳ではありません。

判別を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

基本的に「判別」という言葉は、そのまんまの形で使用されるケースがほとんどです。「判別」という言葉を使用することで、何を「判別」しようとしているのか意味を理解することができます。
また使用する頻度がそこまで多くないのですが「判別能力」という熟語も存在しています。「判別」に関する能力になっていて、この「判別」能力に長けている方は色々な「判別」をしやすくなり、自分にとって有利な状況を少しでも作りやすくなります。

判別にまつわるサイト

「判別」という言葉を調べた時、関心を持ったサイトを二つ紹介していきます。

https://www.intage.co.jp/glossary/057/

https://www.macromill.com/service/data_analysis/discriminant-analysis.html

一つ目はマーケティングで使用されている「判別」分析という言葉を説明しており、メリットやデメリットなどを説明しています。

二つ目は「判別」分析の原理を解説していて、どのような意味や結果を得られるのか知ることができます。

判別の意味や使い方についてのまとめ

「判別」という言葉は色んな状況で使用することができるので、とても優れている言葉になっています。また中国語はちょっと漢字が違うだけで、日本語の「判別」と同じように使用されているのが実態です。
特に難しい言葉にはなっていないので「判別」という言葉を使用する時、たくさんの人が正しい使い方を実施することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください