💡最大7,000円相当のPayPayボーナス+1%還元💡

同一生計とは?覚えておきたいクレジットカード専門用語の意味と使い方

同一生計とは

「同一生計とはどういう意味なのだろう?」
クレジットカードの審査について説明された文中で見かける同一生計ですが、意味や関連する内容についてあまり理解が進んでいない方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では同一生計の意味と登場シーン(使用例)についてまとめました。

クレジットカードをはじめとした決済手段の仕組みについて少しでも理解が深まれば幸いです。

同一生計の読み方

まず確認も兼ねて同一生計の読み方を記載します。

同一生計は「どういつせいけい」と読みます。

読み方を間違えれば、コミュニケーション上で伝わる意味も異なりますので、この機会にしっかり覚えておきましょう。

英語にするなら?

もし同一生計を英語で表現するなら「Same livelihood」となるのではないでしょうか。

ネイティブの表現とは異なるかもしれませんので、もし正しい英語表現があれば記事下のコメント欄で教えていただければ幸いです。

同一生計の意味

同一生計とは「生活費が同じ財布から出ている、生活するためのお金の出どころが一緒」という意味の単語です。

具体的には、同居している・同居していないに関わらず、生活費が同じ財布から出ている状態を同一生計と言い、逆に同居していても生活費が同じ財布でない場合は同一生計とは言いません。クレジットカードの審査の際に確認する項目となっています。
同一生計と同じ文脈で使われる用語に「生計を一にする」とも呼ばれます。

同一生計の関連語

同一生計と並んでよく目にするのが「世帯年収」「入会審査」「仕送り」です。

これらの用語は同一生計とも関係が深い用語なので、それぞれの意味も理解しておくと良いでしょう。

世帯年収とは

世帯年収とは「世帯の1年間の収入合計」という意味の単語です。

具体的には、配偶者や父母、祖父母など住居・生計を共にしている人たち全員の年収を合わせた金額のことで、クレジットカードの審査の際に役立ち、申込者の返済能力や信用度を判断することを目的とした指標の1つです。

入会審査とは

入会審査とは「クレジットカードの申し込みの際に実施する審査」という意味の単語です。

具体的には、クレジットカード申込者の返済能力や性格、資産について審査することで、クレジットカード会社の貸し倒れを未然に防ぐことに役立ち、申込者の信用度を判断することを目的として行います。

仕送りとは

仕送りとは「生活や勉強など助けるためにお金等を送る支援」という意味の単語です。

具体的には、相手の生活をサポートするために、子どもや親に毎月お金や品物を送ったりすることで、送り相手の生活に役立て、サポートすることを目的として行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください