💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

今すぐとは?の意味と使い方を解説

今すぐ
普段何気なく使っている言葉の中に「今すぐ」という言葉がありますが、具体的には一体どのような事を言うのでしょうか。

ここでは「今すぐ」という言葉を深く掘り下げていきたいと思います。
掘り下げるにあたっては、読み方や、意味、正しい使い方、間違った使い方などを紹介していきます。
では初めに「今すぐ」の読み方の解説をしていきたいと思います。

今すぐの読み方

では早速ですが、「今すぐ」の読み方から説明していきます。「今すぐ」はそのまま読むと「いますぐ」になります。
「こんすぐ」や「きんすぐ」とは読まなくて、「いますぐ」だけの読み方になっています。この「今すぐ」の「今」は音読みだと「こん」や「きん」という読み方をします。

この「いま」という言葉の使い方は、「過去でも未来でもないその時」として使われています。なお、そして「今すぐ」の「すぐ」は「時をおかずに」や「ただちに」という意味でおなじみの「すぐ」になります。

今すぐの意味について

続いて「今すぐ」の意味ですが、「今すぐ」は、「すぐ」という副詞を強調する形で「今」という言葉がくっついています。そこで、「今」と「すぐ」に分けて考えると、理解しやすいでしょう。大辞林には、「すぐ」は「時間的に間を置かないさま。」や「ただちに。」という意味になっています。「今」は、「話し手が話をしている時点。過去と未来の間」また、「過去と未来の境をなす瞬間」となっていますね。「今すぐ」においては、「非常に近い未来」という意味の「今」当てはまりますね。

今すぐの正しい使い方

「今すぐ」の正しい使い方は、時間の経過について間隔がないときに使うことです。「同時に」というニュアンスで意識しておくとより良いでしょう。個人的な感覚に左右される時間の経過ですが、「今すぐ」と言われると、それと同時に行動を起こしたり、物事が起こることを指します。バーゲンセールの開催期間中に、「今すぐお店へ!」というようなキャッチコピーを目にしますが、それはその時すでにバーゲンセールが始まっているからです。

今すぐの間違った使い方

「今すぐ」の間違った使い方は、言葉の意味からすると「次の事象に移る時間」が限りなく少ないときや、少なくしなければならないときにしか使えません。
例えば、「カップ麺を3分経ったら食べて良い」という場合に、3分というわずかな時間であったとしても「カップ麺を今すぐ食べて良い」と言うと意味が異なってきますよね。
したがって「今すぐ」という言葉を使う時には、「3分後」や「3日後」のような具体的な時間が提示されていないことを確認してから使うようにしてください。

今すぐを使った例文

ここでは「今すぐ」という言葉を使って会話形式で例文をいくつか紹介します。「今すぐ」という言葉は比較的、日常で使われている言葉だと思います。とくに観光の場面で多く使われており「今すぐ電話してください」や「今すぐ振り込んでください」と言ったように、急を要するお願いなどのときによく目にする言葉ですね。
では実際の会話の中ではどうなのでしょうか。

今すぐの使い方【例文その①】

一つ目の例文は、学校で宿題を忘れた男子生徒が担任の先生に怒られているところです。

「きみ、宿題はどうしたんだね?」

「あ、忘れました!明日持ってきますから。」

「明日じゃ遅いんだよ。今すぐ取りに帰りたまえ。」

「ええ!せっかく今来たところなのに…」

この会話から、「今すぐ」というワードが、時間が経過するスキを作らせない作用を持っていることがわかりますね。
このように、相手をまくし立てるときにもよく使われる言葉です。

今すぐの使い方【例文その②】

「寝坊した!大事な会議があるのに…急がなくちゃ!」

「あなた、何時に出るの!?朝ごはんは食べていくんでしょう?」

「ええい、今すぐだ、今すぐ!」

「分かったわ。気をつけてね。いってらっしゃい。」

寝坊して、遅刻しそうなときによくある会話ですね。ただ単に、「すぐ」という言葉だけを用いても意味は伝わるのですが、「今」とその前につけるだけで、より差し迫った状況であることを相手に伝えることができます。
意味が強調されるわけですね。

今すぐは英語でなんて言うの?

最も端的な言い方は、nowです。「今すぐやりなさい!」などと相手に命令したり、怒りながら言うときにはright now!と一言ガツンと言うとそのニュアンスが伝わります。

あるいは、「可能な限り早く」と表現したい場合には、as soon as possible の形で用いることが多いです。なお、as soon asになると、「するやいなや」や「同時に」という意味になってきます。「今すぐ」本来のニュアンスからは離れていきますので、用途にあったものを使ってください。

今すぐは中国語でなんて言うの?

中国語での「今すぐ」の書き方は、そのニュアンスによって、複数あります。「どう書くのか」と問われれば、基本的には「就此」と書くのですが、これは「これにて」や「そのまま」というニュアンスが強い「今すぐ」になってしまいます。例えば、「一条路就此结束。」と書くと、「道はここで終わる」となります。日本語でよく用いられる意味での「今すぐ」は「我想马上」が近いでしょう。「我想马上逃走」と書けば、「私は今すぐ逃げたい」となります。

今すぐの類義語や関連語は?

「今すぐ」の類義語や関連語には、どんなワードが挙げられるのかというと、「ただちに」「即刻」「〜すると同時に」などがそれに当たります。

どの言葉も、その直前の動作から間髪入れずにその後の動作に移ることを促したり説明する意味になっていますね。

この中でも、「即刻」は、上司や先生など立場が上の人が部下など下の人に向かって使うことが多いです。「今すぐ」の命令形のようなイメージの言葉と言うこともできるでしょうか。

今すぐの対義語は?

「今すぐ」の対義語は、「後ほど」が挙げられます。比較すればよりその関係性が見えてきます。「今すぐ」の「今」に対して「後ほど」の「後」が「すぐ」対して「ほど」がそれぞれ対になる意味を持っていますね。この場合の「後」は、「過去」ではなく「未来」を指しているので注意が必要が必要です。いわゆる「後(のち)の未来」という意味での「後」ですね。「後ほど伺います」と言うと、伺うのは、あくまで今すぐではない少し間を置いた未来のことであると明確です。

今すぐを使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「今すぐ」そのものを用いた慣用句や熟語は、それほど多くはありません。しかし、同じ意味で「今」を用いた慣用句はかなりでてきます。代表的な「今」を用いた慣用句には、「今が今」があります。「君が来ていたなんて、今が今まで気づかなかった」というように、「今が今+まで+動詞+〜なかった」という否定形で用いられることが多いですね。これを「今すぐ」を用いて言い換えると、「君が来ていたことに今すぐ気づいた」となります。違和感のある言い方になっていますね。だから「今が今」という慣用句が現在用いられるのでしょう。

今すぐにまつわるサイト

「今すぐ」という言葉にまつわるサイトを2つご紹介します。

http://hondacars.jp/kinki/
“今すぐ、Honda Carsへ”というキャッチフレーズで有名なHonda Carsさん。今ならお得みたいですよ。

https://www.amazon.co.jp/gp/goldbox/
インターネット通販でお馴染みのAmazon。タイムセールのページです。今すぐいけば、お得な商品に出会えること間違いなし!?

今すぐの意味や使い方についてのまとめ

「今すぐ」という言葉は、その刹那を示したうえで、それと同時に何かすることを示唆するときによく用いられる言葉です。それだけに、相手に事の緊急性を知らせることも多いですね。ビジネスにおいても、例えば、クライアントに迷惑をかけないように、ホウ・レン・ソウは今すぐスピーディーにすることが求められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください