【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

付帯条件とは?覚えておきたいクレジットカード専門用語の意味と使い方

付帯条件とは

「付帯条件とはどういう意味なのだろう?」
旅行前にクレジットカードを探していると見かける付帯条件ですが、意味や関連する内容についてあまり理解が進んでいない方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では付帯条件の意味と登場シーン(使用例)についてまとめました。

クレジットカードをはじめとした決済手段の仕組みについて少しでも理解が深まれば幸いです。

付帯条件の読み方

まず確認も兼ねて付帯条件の読み方を記載します。

付帯条件は「ふたいじょうけん」と読みます。

読み方を間違えれば、コミュニケーション上で伝わる意味も異なりますので、この機会にしっかり覚えておきましょう。

英語にするなら?

もし付帯条件を英語で表現するなら「Incidental conditions」となるのではないでしょうか。

ネイティブの表現とは異なるかもしれませんので、もし正しい英語表現があれば記事下のコメント欄で教えていただければ幸いです。

付帯条件の意味

付帯条件とは「クレジットカードに付いている保険が適用される条件」という意味の単語です。

具体的には、クレジットカードで旅行代金や公共交通機関の支払いをすることで、保険が適用されます。付帯条件はクレジットカードごとに異なりますので、事前に確認する必要があります。

付帯条件の関連語

付帯条件と並んでよく目にするのが「海外旅行保険」「国内旅行保険」「傷害治療費用」です。

これらの用語は付帯条件とも関係が深い用語なので、それぞれの意味も理解しておくと良いでしょう。

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは「海外旅行中の病気やケガなどに対する保険」という意味の単語です。

具体的には、海外旅行中の病気やケガの医療費、盗難などの被害に遭った場合に補償を受けられるもので、旅行中のトラブルに役立ち、加入者の金銭的負担を軽減することを目的としています。

国内旅行保険とは

国内旅行保険とは「国内旅行の最中の病気やケガなどに対しての保険」という意味の単語です。

具体的には、国内旅行の最中に起きた病気やケガの医療費などに対して補償をするもので、旅行中に万一のことが起きた際に役立ち、被保険者の負担を軽減することを目的としています。

傷害治療費用とは

傷害治療費用とは「ケガで治療を受けた場合にかかる費用」という意味の単語です。

具体的には、ケガが原因で医師の治療を受けた場合にかかる治療費や入院費などのことです。傷害治療費用も付帯している保険に加入している場合は、被保険者の経済的負担の軽減に役立ち、安心して治療を受けることが可能です。

注目!!傷害死亡とは?覚えておきたいクレジットカード専門用語の意味と使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください