1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

金策とは?金策の意味と使い方を解説

「金策」という言葉がありますが、どのような事を連想しますでしょうか?どちらかというと良いイメージはないかもしれません。また、世の中の経済は「金策」をメインに物事が回っていて、少し卑しさも感じるのかもしれません。ここではその「金策」という言葉の意味や正しい使い方、間違った使い方など少し詳しく解説と紹介をしていきます。

金策の読み方

では最初に「金策」の読み方を解説していきます。読み方は「きんさく」と読むのが一般的で、他の読み方は存在していません。

「かねさく」とも読めますがそのようには読まず、「きんさく」のみとなります。

「金策」の「策」という字は音読みだと「さく」だけですが、訓読みになると、「むち」や「つえ」とも読むことができます。

この「むち」や「つえ」はあまり一般的でなく今ではほとんど使われていません。

「金策」の読み方としてはそれほど難しくはなく、ほとんどの人が読むことができる言葉だと思います。

金策の意味について

続いて「金策」の意味になりますが、国語辞典には「必要な金銭を準備すること、また、そのための工夫」「金の工面」と書いてあります。

このことから「金策」という言葉は個人でも会社などの団体でも使える言葉で、お金の準備をする事の全般が金策ということになります。

個人的な意見ですが「金策」という言葉を聞くと普通にお金を準備するというよりも、辞書の中に書いてある「工夫」や「工面」してお金の準備をするイメージがあります。

どちらにしても「金策」という言葉はお金を準備する事です。

金策の正しい使い方

「金策」の正しい使い方とは一体何なのでしょうか。「金策」とはお金を準備する事なのでお金をそれほど持っていないことになります。

また準備をするのですから何かを始めようとしている前の段階でもあります。

そのため、「金策」の正しい使い方は何かをするための資金集めといえます。

よって資金集め以外の事は「金策」という使い方は間違っているという事になります。

さらに「金策」という言葉を使う時は自ら率先して動いて資金を調達す事とも言えます。

金策の間違った使い方

「金策」の間違った使い方は先ほどの逆の意味でお金を集める事を言います。

例えば、ただ単に働いてお金を貰う事は「金策」とはあまり言いません。働いてお金を貰うのは何かの準備ではなく、生活のために働いてお金にしています。

また、「金策」の意味の中に、「工夫」という言葉がでていましたが、働くことは純粋にお金を稼ぐことなのでやはり「金策」の中には入りません。

「工夫」してお金を稼ぐような行為は「金策」になりますが純粋な利益やお金を稼ぐ事で「金策」と使う事は間違った使い方です。

金策を使った例文

では、ここで「金策」という言葉を使った例文を会話形式で紹介します。

「金策」という言葉はあまり日常的の会話の中には使われないと思います。

お金が好きな人同士や商売の話が好きな人同士なら別ですが、あまり世間話で「金策」という言葉を使うと相手によっては嫌悪感を抱くかもしれません。
では具体的な「金策」の例文を紹介します。

金策の使い方【例文その①】

会話方式として二人の友人同士の中の「金策」という言葉の例文です。

「あーどうしよう」
「ん?どうした?」
「いやー今月お金を使いすぎてピンチなんだ」
「大丈夫か?少しぐらいなら貸すけど」
「うーん、どこかで金策しなきゃ今月の家賃が支払えないな」
「金策かー何かいい方法でもあるのか?」
「どこかで金を借りるしかないかな…」

「金策」という言葉をお金の対策のために使っています。このようにお金の準備や対策の時に「金策」は使われます。

金策の使い方【例文その②】

次に家を買う事を準備している夫婦の会話の中に出てくる「金策」です。

「ねーあなた、家を買うなら頭金ぐらいは準備しておいた方がいいわよね」
「そりゃそうさ、そのために貯金はしてるじゃないか」
「それだけじゃなくて他の方法はないの?」
「他の方法?他の方法ってどんな方法があるんだい?」
「そーねーネットでいい金策方法でも探してみるわね」

ここでの「金策」もお金の資金集めの手段として「金策」とい言葉でまとめられています。「金策」という言葉はお金にまつわる準備や手段を強調する時にしか出てきません。

金策は英語でなんて言うの?

英語で「金策」の事を「raise money」「get a loan」などと言います。

前者の「raise money」の「raise」は引き揚げるという意味になり、直訳すると「お金を引き揚げる」となります。

この「raise」という単語は「物を持ち上げる」「~育てる」とも言い、そこに「money」がつくと「資金集め」という言葉になります。

実際の利用シーンでは「raise money」はどちらかというと金融機関以外のお金の調達で「get a loan」は金融機関が絡んだお金の調達の時に使われます。

金策は中国語でなんて言うの?

それでは中国語で「金策」の事はどの様に言うのでしょうか。

中国語で「金策」のことは「筹款」「筹钱」「张罗钱」と書きます。発音が難しいので割愛しますが、どれも「金策」という意味に当てはまります。

「筹款」といいのはどちらかというと「資金繰り」「資産運用」に近いかも知れませんが、広い意味では「金策」という意味になります。

実際の利用シーンでは中国では「筹钱」という言葉が一番庶民目線の金策の表現にあたります。

金策の類義語や関連語は?

「金策」の類義語、関連語はいくつかあって「資金集め」「工面」「金集め」「集金」「金繰り」「捻出」など意外と多いです。

「工面」という類義語は「金策」の意味の中に含まれていますが「お金を工面する」という言葉の意味を考えると「金策」と同じようですが「工面」の方が、人に対して気づかいする時の資金集めの時に使われるような気がします。

同じお金の準備でも気持ちの持ちようで言葉が変わるので、お金にまつわる言葉はとても奥が深いのかもしれません

金策の対義語は?

「金策」の対義語はあまりなくて、該当するのが「弥縫策」「強攻策」「無計画」と言ったところが対義語にあたります。

「弥縫策」(びほうさく)という言葉の意味は、「一時のがれにとりつくろって間に合わせるための方策」となっていて、「金策」のような準備はしていない状態になります。

「強攻策」や「無計画」も準備や工夫などをしていないので対義語となります。対義語を見てみると「金策」が準備や工夫、工面を含んでいる意味がよく分かります。

金策を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「金策」を使った慣用句はいくつかあり「金策術」「金策方法」「金策手段」などがあります。

「金策術」という慣用句は家計の節約術などの時にも使われていて、節約してお金を工面する時にも使われる言葉です。

「金策方法」や「金策手段」などは具体的な「金策」の仕方を説明する時に用いられ、相手に金策の仕方を教える時に使われる言葉です。

また慣用句ではないですが「金策に奔走する」という言葉が使われますが「奔走」とは「物事がうまくいくようにあちこち回って努力する事」を言っていて「金策」とよく組み合わせて使われています。

金策にまつわるサイト

「金策」にまつわるサイトをここでは紹介します。「金策」と検索した時に上位にくる金策にまつわるサイトを2つ紹介します。

参考 身近な節約術やカードローンの仕組みなど、ありとあらゆる金策方法を知りたい方はこちら馬でも分かる!お金に困ったときは「お金がない馬」 参考 クレジットカードのショッピング枠の現金化という方法を中心に様々な金策を知りたい方はこちらショッピング枠優良案内所

「金策」と検索した結果2つのサイトが上位検索で出ました。

1つ目のサイトは「金策」のための身近な節約術やカードローンの仕組みまで、ありとあらゆる金策方法が紹介されているサイトです。

2つ目のサイトはクレジットカードのショッピング枠の現金化という方法を中心に様々な「金策」を紹介しているサイトです。

どちらのサイトも、金策するには役立つ情報が載っています。

金策の意味や使い方についてのまとめ

「金策」という言葉を掘り下げてみましたが、「金策」とは何かをしようとするための資金調達や工夫や工面をしてお金を集める事を言います。

また、純粋な労働の場合には「金策」という言葉はあまり使わないため、「金策」という言葉に対して良いイメージが持たれないのかもしれません。

「金策」という言葉を使う時は、何か企みを含むときにも使われるので親しい間柄どうしのみで使った方がいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください