【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

金欠とは?金欠の意味と使い方を解説

「金欠」という言葉を聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?あまり良いイメージは沸いてこないと思います。ここでは「金欠」という言葉を深く掘り下げてみたいと思います。細かく項目ごとにわけて、分かりやすく紹介していくので興味がある人は見て頂ければ嬉しく思います。ではまず「金欠」の読み方から解説していきます。

金欠の読み方

「金欠」は「きんけつ」と読みます。「かねけつ」とは読まず「きんけつ」とだけ読みます。

言葉の意味はこの次の項で紹介しますが、お金がない状態を言い、イメージ的にはとてもつらい状態を連想させます。

「金欠」の「金」という字を訓読みで読むと「かね」と読み、皆さんご存知だと思いますが、「欠」の場合では訓読みで読むと「かける」「かく」と読み何か物や状態が足りない事を言います。

「金欠」の読み方は一種類しかないことが分かったと思います。では次に「金欠」の言葉の意味を解説します。

金欠の意味について

金欠を辞書で調べると、「金銭の持ち合わせが不足している事」「金銭を持っていない事」と書いてあります。

「金欠」という言葉の意味は簡単に言うと「お金がない状態」を言います。

また、お金が不足していても、まったくお金がない状態であっても「金欠」という言葉の中に含まれます。金欠状態という言葉がありますが、その状態だけではお金が不足しているのか、お金が全くない状態なのかがはっきりとは分かりません。

「金欠」という言葉の意味は広い意味でお金が不足している又は全くない状態を言います

サラ金の正しい使い方

「金欠」という言葉の正しい使い方と間違った使い方を解説していきます。

正しい使い方は、お金が不足している状態やお金が全くない状態をいうので、相手に対して「金欠」という言葉を用いる時は、お金に困っているときに使う言葉になります。

したがって、お金に少しでも余裕がある時は「金欠」を使う事は間違った使い方になります。

「金欠」という言葉を使う時は相手に対して困っている状態をアピールする時に使うのが正しい使い方になります。

金欠の間違った使い方

では「金欠」の間違った使い方とはどの様なものがあるのでしょうか。

「金欠」はお金に困っている時や状態で使う言葉なので、お金に余裕がある時には用いる言葉ではありません。

また、お金がない事をアピールするために使いやすい言葉でもあるため、お金に余裕がありそうな人が冗談でも「金欠」という言葉を使ってしまうと、周りの人はあまりいい気持ちはしません。

「金欠」という言葉はどちらかというと庶民的な人が用いる言葉でもあります。

金欠を使った例文

ここでは、「金欠」という言葉をいくつかの会話形式で紹介します。

「金欠」という言葉は日常的な会話の中で用いられる事も多く、庶民的な状態をアピールする時にもよく用いられます。

ただ、本当にお金に困っている時にも用いられるので「金欠」という言葉を使う時は相手との関係にも関わってきます。

それではいくつか紹介していきます。

金欠の使い方【例文その①】

二人の友達同士の会話の中で「金欠」という言葉を用いている例文を紹介します

「はー…」
「どうした?ため息なんかついて」
「いやそれが昨日のダービーで思いっきり金をすっちまって」
「それはご愁傷様。いくらすったんだい?」
「3万だよ3万」
「え?!そんなに!」
「ああ、おかげで今月は金欠状態だから何もできんよ」

ここでの会話の中の「金欠」という使い方は、友人にお金がなく同情や困っている状態を端的に伝えるために用いられています。「金欠」という言葉は日常的に使う事もあります。

金欠の使い方【例文その②】

次は少し深刻な状態の時に使う「金欠」を紹介します。お金に困っている人が消費者金融などにお金を借りようとしている時の会話です。

「それではどの様な理由でお金を借りる予定ですか?」
「はい、給料は入ったのですが月々の支払いと予定外の出費でお金が足らなくなりまして」
「予定外の出費とは?」
「えーとそれは、ギャンブルとキャバクラでお金を使いすぎてしまって、金欠状態になってしまい今月の家賃が支払えなくなってしまいました」

この例文では、とても困っている状態を相手に分かりやすく伝えるために使われています。

金欠は英語でなんて言うの?

英語で「金欠」とい言葉は「I’m broke」「I’m low on cash」という表現ができます。

「broke」は日本語訳で「無一文」や「お金がない状態」をあらわしていてアメリカでは「金欠」である事を相手に伝える問いには、これらの英語が用いられています。

他にも「I’m skint」という俗語もあり「skint」とは日本語訳で「文無し」にあたります。

この言葉はどちらかというと友達同士の会話のシーンで使われています。

金欠は中国語でなんて言うの?

中国語では「金欠」をどのように訳すのかというと、「缺钱」や「没钱」と書きます。「缺钱」の「缺」という字は日本語訳に直すと「不足する」「欠乏する」「足りない」という意味になり日本語の「金欠」と比べると順序が逆になっているのが分かります。

中国ではこれらの言葉を日常の会話の中でよく出てきて、一昔前の中国ではこの言葉はよく使われていました。

今の中国は経済大国の中心となっていますが、昔はお金に苦しんでいた人が多くいて上記の言葉はなじみの言葉だったかもしれません。

金欠の類義語や関連語は?

「金欠」の類義語や関連語を紹介しますが、類義語では「貧困」「欠乏」「貧乏」などがあり関連語などは「無一文」「すっからかん」「おけらになる」などがあります。

関連語の「おけらになる」という表現の語源は、「おけら」という虫の状態からその言葉が使われるようになりました。

「ケラ」という虫がいて、その虫を正面から見ると手を挙げて万歳している状態に見えます。その事からお手上げ状態に見えるので、お金が無くなってしまった時に「おけらになる」と使う様になりました。

金欠の対義語は?

逆に「金欠」の対義語などはどの様なものがあるのでしょうか。紹介しますと「裕福」「金持ち」「金満」などの対義語があります。

「金満」という言葉はあまり聞いたことがないかも知れませんが、簡単に言うとお金持ちの事を言います。この言葉は相手をやや揶揄するときに用いられます。

簡単に言うと、お金を持っている相手を少しからかう時に使い相手をたたえる時に使う言葉ではありません。

「金満家」という言葉もあり、それも同じように相手を少し皮肉った言い方の時に使います。

金欠を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

慣用句や、ことわざはあるのでしょうか?「金欠」を使った慣用句の中に「金欠病」という言葉があります。

「金欠病」とはお金がない状態を、さも病気のような状態に表現してできた言葉です。お金にいつも困っている人などに使われることが多く、その人の持病のようなものとしても捉える事ができます。

ギャンブルなどで、自分でお金の管理が出来ない人などによく使われる言葉です。

金欠病にならないためにも日々のお金の管理はしっかりとしておきましょう。

金欠にまつわるサイト

ここでは、金欠にまつわるサイトを2つ紹介します。紹介するサイトは「金欠」と検索して上位2つのサイトを紹介します。

参考 金欠時の節約術やお金の資金調達の方法を知りたいならこちら資金調達プロ 参考 身近なお金の節約術とお金の借りるすべを知りたいならこちら【お金がない】金欠時のピンチを回避する超絶ワザ!

「金欠」と検索すると上記のサイトが検索ででました。2つともサイトの中身を見てみると、金欠時の節約術であったり、お金の資金調達の方法などを紹介しているまとめサイトです。
詳しく紹介すると1つ目のサイトは月ごとや年ごとに、お金の節約金額を分けて細かく金額ごとに紹介しています。

2つ目のサイトは身近なお金の節約術とお金の借りるすべ、などが紹介されています。どちらのサイトも金欠の時には参考になるサイトの様です。

金欠の意味や使い方についてのまとめ

「金欠」という言葉の意味などを深く掘り下げてみましたが。「金欠」という言葉は日常的にも使われる言葉で、親しみを込めて使う場合と、お金がなく本当に困っている場合にも使われる言葉です。どちらともお金に困っていることに違いはないので、そのような状態に陥らないようにしましょう。「金欠病」という言葉もあり、お金に関する病気の意味もあるのでそのような人は早く立ち直ってほしいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください