💡最大7,000円相当のPayPayボーナス+1%還元💡

氏名とは?の意味と使い方を解説

氏名
生まれてから死ぬまでずーっと使い続ける「氏名」。
その「氏名」という言葉は私たちは当たり前のように使っているため、意外と本当の意味を知らなかったりします。
今回は「氏名」を深く探ってみたいと思います。
「氏名」「名前」「苗字」といった似たような言葉と何が違うのかも紹介します。
正しい使い方なども合わせて紹介します。

氏名の読み方

最初に「氏名」の読み方を紹介します。
「氏名」は「しめい」「うじな」の2つの読み方が存在します。
「氏」は、苗字の後に付けて○○氏と使うことが多い漢字で、敬意を表すときに使います。
読み方は、「し」「うじ」と読むことが出来ます。
家柄や家系のことを表したりもします。

「名」は、名前や名目、名声、宛名、名称、名義など様々な漢字に使われています。
読み方も、「な」「めい」「みょう」と読むことができます。
「名」だけでも、名前を表します。

氏名の意味について

「氏名」の意味について説明します。
辞書では、苗字と名前と記載されています。
この苗字ですが、辞書によっては名字と記載されているところもあります。
どちらでも正しいです。
日本人は苗字から名前といった順番で書いたり、言ったりします。
しかし、欧米では逆で名前、苗字といった順番で表します。
なので、英語で自己紹介するときは名前を先に言うことを教わりますね。
また「氏名」は、どんな状況でも必要になってきます。
当たり前ですが、戸籍を持つ人間は必ず「氏名」があります。

氏名の正しい使い方

「氏名」の正しい使い方ですが、自己紹介するときは「氏名」とは使わないですよね。
「私の名前は○○です」の方が自然です。
では、どういった場合に使うかというと、例えばお客様や相手に名前を書いて欲しい時の書類、申込用紙等などで「氏名」を使います。
多くの場合、「氏名」「住所」「年齢」など記載欄があります。
最近では、「氏名」ではなく「名前」と記載されることも多くなってきた言われます。
口に出して使う言葉というよりは、字面での活用が多い漢字です。

氏名の間違った使い方

次に「氏名」の間違った使い方ですが、上でも紹介したように、自分の名前を紹介するときに「私の氏名は~」とはあまり言わないですね。
決して間違いではないのですが、聞いてる方は堅苦しく感じてしまうかもしれません。
「名前」に関しては、意味だけを見ると、苗字はなく名前だけの意味になってしまうので、フルネームを紹介するなら「氏名」の方がいいんじゃないか?と思いますが、「名前」を使っても大丈夫です。
基本的に「氏名」「名前」どちらを使っても間違いではありません。

氏名を使った例文

では「氏名」を使った例文を考えてみます。
日常的によく使ってそうな言葉かと思いきや、「氏名」は目にすることはあっても、会話の中で出てくることはあまりないようです。
普段なら「名前」という言葉を使いそうなところを、「氏名」と使って作ってみます。
「氏名」「名前」どちらが自然に使えるか、比べてみましょう。
初めて会った人との自己紹介シーンとビジネスシーンでの例文をみましょう。

氏名の使い方【例文その①】

「こんにちは」
「こんにちは」こんにちは。初めまして」
「初めまして。私の氏名は○○○○と言います。よろしくお願いします」
「私の氏名は○○○○○です。どうぞよろしくお願いします」
「ずっとお会いしたかったです」
「ありがとうございます」

このような例文ですが、すこしぎこちなく感じますね。
初対面の場合は、きちんとした言葉を使わないといけないと思いますが、「名前」を使っても失礼には当たらないので、この場合は「名前」の方が良いかもしれませんね。

氏名の使い方【例文その②】

次にビジネスシーンです。

「これ買います」
「ありがとうございます。申込書に記入して頂くようになります」
「はい」
「では、こちらの欄に氏名、住所、生年月日を記入してください」
「わかりました。ここに氏名ですね?」
「はい」

これは申込書を書く場面でよくありますよね。
こちらは自然に「氏名」を使っていると思います。
やはりビジネスシーンなど、お客様に対してのシーンでは「氏名」と使ったほうが丁寧に感じます。
ちなみに、「ご氏名」とは言いません。
氏名を尊敬語にするなら、「ご芳名(ほうめい)」「御芳名」となります。

氏名は英語でなんて言うの?

「氏名」の英語は、name,full nameです。
ほとんどの場合、name(ネーム)で通じます。

Could you tell me how to spell your name?
あなたの名前の綴りを教えていただけますか?

英語圏でも、nameと使わなくても自己紹介ができます。
I’m Mark. My friends call me Mark.
私はマークです。友達からはマークと呼ばれるよ。

主に、first name – middle name – last name の順で表記されています。

氏名は中国語でなんて言うの?

「氏名」の中国語は、「姓名」(シュィーミン)です。
「名」という漢字が一緒ですね。
中国語の漢字は、日本の漢字の起源とと言われているので、同じ漢字がたくさんあります。

「叙姓名」で、「姓名を名乗る」
「姓名和订单号」で、「氏名と注文番号」
「可以请问一下您的姓名吗?」で、「あなたのお名前をお伺いしてよろしいですか?」

少し難しいですね。
自己紹介場面では、「我 姓 铃木,名字 叫 铃木 一郎。」「私は鈴木です。鈴木一郎と言います」
「你叫什么名字?」「フルネームは何ですか?」

氏名の類義語や関連語は?

「氏名」の類義語、関連語は「名前」「人名」「姓名」「名称」「名」「フルネーム」などです。
やはり、多く使うのは「名前」ですね。
どうのような場面でも使うことができて、一番使いやすい言葉です。
失礼にも当たらないので安心して使えます。
最近では「フルネーム」という言葉もよく使われるようになってきましたね。
こちらは、英語なのできちんとした場所での使用は注意しなければいけません。
年配の方にもフルネームでは通じないことがあります。

氏名の対義語は?

「氏名」の対義語はありません。
氏名は本来、生まれてきた人間に必ずつくものです。
中には無戸籍という人がいて、事実上氏名がない人も中にはいますが、本来は戸籍は必ず持たなければいけません。
戸籍がなければ、名前もなく、様々な手当等を受けることも出来なくなります。
何らかの理由で無戸籍になってしまう方が未だにたくさんいるそうですが、そういった方が少しでも減ることを願っています。
「氏名」は一生共にするパートナーのようなものだと思っています。

氏名を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「氏名」を使った四字熟語はありません。

「氏名権」、自己の氏名の専用を他から侵害されない権利。
「氏名点呼」、氏名を順次に呼び上げて、在・不在などを調べること。
「氏名表示権」、著作物の公表に際し、著作者の実名や変名を著作者名として表示するかどうかを決定する権利。
これらの慣用句があります。
あまり日常で使うような言葉ではありませんね。
普段使いというよりは、やはりビジネスシーンなどで使う言葉なのではないかと思います。

氏名にまつわるサイト

「氏名」に関するサイトを2つ紹介します。
「氏名」と検索すると、「氏名」自体の紹介をするサイトよりも、いろんな会社の申込、手続き案内が出てきてしまいます。

まずは、goo辞書です。
辞書、国語、英和・和英、類語、四字熟語、などいろんなことが調べられます。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/100967/idiom/m0u/

次に、皆さんご存知のWikipediaです。
言わずもがな、いろんな事が載っているサイトです。
本当に調べられないものはないんじゃないかと思うくらい、豊富です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%8F%E5%90%8D

氏名の意味や使い方についてのまとめ

「氏名」を詳しく調べてみましたが、やはり「名前」との違いはそれほど感じません。
どちらを使っても失礼にはならないので、好きな方を使うもよし、シーンに合わせて使い分けるもよしです。
「氏名」自体が、自分にとって大切なものなので、大切にしたいですね。
また結婚などで変わることもあります、旧姓も新姓もどちらも大切に思いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください