💡最大7,000円相当のPayPayボーナス+1%還元💡

客単価とは?の意味と使い方を解説

客単価
皆さん、「客単価」という言葉を正確に説明してください、と言われたら、ちょっと考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それほど難しい言葉ではないのですが、きちんと説明しようと思うと、言葉につまるかもしれませんよね。
この知っていそうで、いざ説明するとなると考えてしまう「客単価」という言葉について、その意味や使い方など見ていくことにしましょう。

客単価の読み方

「客単価」の読み方は、「きゃくたんか」と読みます。
それぞれ一文字ずつの読み方も見てみましょう。
「客」の読み方は、音読みは、キャク、カク、訓読みは、まろうどと読むそうです。
まろうどという読み方を知っている人は少ないのではないでしょうか。
「単」は、音読みは、タン、ゼン、訓読みは、ひとえ、ひと(つ)と読みます。
こちらは馴染みのある読み方ばかりですね。
「価」は、音読みは、カ、訓読みは、あたいと読み、こちらも良く知っている読み方ですね。

客単価の意味について

「客単価」とは、お客一人当たりが、一回の買い物、飲食などで支払った金額のことを言います。
ビジネス、例えば、ネット通販などのECサイトでは、客単価を全体の母数で割って平均値を出し、この客単価の平均値のことを「客単価」と意味する場合もあります。
よく、売り上げを上げるには、客数を増やすか、「客単価」を上げるか、またはその両方だと言われます。
売り上げ=客単価×客数 の計算式で表せるからですね。
このように、「客単価」は商売には重要な要素なのですね。

客単価の正しい使い方

「客単価」には、お客一人あたりが、一回の買い物、飲食などで支払った金額、またはその平均値という意味があると述べました。
辞書的な言葉の意味としては、お客の1回の買い物の金額の意味はもちろん正しいのですが、実際には、ビジネスや商売の場面で使うことが圧倒的に多いと思われるため、現実的には、平均値としての客単価の意味あいで使う方が適切かと思われます。
商売やビジネスの目的は、売り上げ、利益を上げることが目的ですので、その指標としては、客単価は平均値を使用しないと意味がないからです。

客単価の間違った使い方

言葉としての「客単価」ではなく、「客単価」のまちがった計算の例を紹介してみましょう。
例えば、Aさんが5,000円、Bさんが4,000円、Cさんが3,000円、またAさんが6,000円の買い物をした場合の客単価を考えてみましょう。
(5,000円+4,000円+3,000円+6,000円)÷4人=4,500円
これは間違いで、正しくは、
(5,000円+4,000円+3,000円+6,000円)÷3人=6,000円 が正解です。
実際にはAさんが2回買っており、客数は3人なので、3で割るのが正解です。

客単価を使った例文

「客単価」という言葉を使った例文をいくつか紹介したいと思います。
先にも述べたように、ビジネスや商売のシーンでの会話が多いですね。
昔ながらの個人商店にしても、最近のネットビジネス、ECサイトにしても、「客単価」を上げることが重要なのは、変わりありません。
商売の根本は昔も今も変わっていないということでしょう。

客単価の使い方【例文その①】

一つ目の例文は、個人商店の店主とその家族の会話です。
「去年、郊外に大型ショッピングセンターができてから、商店街の客足がめっきり減ってしまったな。」
「お父さん、そんなに愚痴ばっかり言ってても何も変わらないんだから、何か対策を考えないと。商店街にきてくれるお客さんの数自体が少ないんだから、客単価を上げることよりも、まずは、お客さんに商店街に戻って来てもらうように、商店街全体でイベントを考えたりするのはどうかしら。」
今や、地方の商店街はこのような問題を抱えているところは多いかもしれませんね。

客単価の使い方【例文その②】

こちらは、ECサイトを運営する会社の社員の会話です。
「先週のデータを見ると、その前の週よりも客単価が随分上がっているようだけど、何が原因なの?」
「送料無料のキャンペーンを打ち出したのと、さらに、同梱する商品も全て送料無料にしてみたんですよ。そうしたら、客単価が一気に1.5倍になったんです。送料無料の分を差し引いても、このキャンペーンは大当たりですよ。」
ネット販売で買い物する時、消費者の心理としては送料はネックになるので、その心理を利用した作戦ですね。

客単価は英語でなんて言うの?

「客単価」は英語では、”average customer spend”と言い、特に物品販売の場合は、”average sale per customer”、レストランなどの飲食の場合は、”average spending per customerと言うそうです。
We’re aiming for more on average from each customer spend.(我々は、客単価アップを狙っている。)のように使います。

客単価は中国語でなんて言うの?

「客単価」は中国語では、日本語のようにそのものを示す単語はないようですが、「それぞれのお客の(購入)価格」と言う意味では、「每客户价格」という言い方があります。
ピンインは、「Měi kèhù jiàgé」と表します。
中国人の「客単価」と言えば、訪日中国人の爆買いが有名ですが、訪日中国人の集客に成功している小売店の代表といえば、ドン・キホーテだそうです。
中国人平均単価が国内平均の約6.1倍と国別の免税客単価ではトップとのことです。

客単価の類義語や関連語は?

「客単価」の類義語として、「平均客単価」という言葉があります。
この「平均客単価」という言葉は、4. 客単価の意味についてのところでも説明したように、「客単価」でも同じ意味合いで使う場合があります。
辞書的な意味合いでは、「お客さんが1回に使う金額」ということになりますが、ビジネスや商売で使う場合には、「平均客単価」の意味合いで使います。
売り上げを上げるには、この「平均客単価」を上げるか、「客数」を上げるかのどちらか、または両方を上げるしかないわけですので。

客単価の対義語は?

「客単価」という言葉の全く反対の意味の言葉は、存在しません。
ですが、「単価」の反対の意味の言葉を考えてみると、「単価」とは個別の価格ですから、「合計金額」が反対の意味になるような気がします。
これに「客」という概念を考慮すると、「買い上げ合計金額」でしょうか。
もしくは、「客」に対して、その客が買う「商品」、「単価」に対して「合計金額」という意味合いから、「商品の合計金額」というのはどうでしょう。
いずれにしても、「客単価」の対義語はこれという言葉はないようですね。

客単価を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「客単価」という言葉を使ったことわざや慣用句は、残念ながら見つかりませんでした。
ですが、商売に関することわざで、「人跡繁ければ山も窪む(ひとあとしげければやまもくぼむ)」ということわざがあります。
大勢の人が行き来して踏んでいくことで、山も次第に窪んで低くなる意から、わずかなことでも度重なれば大きな結果になることのたとえだそうです。
「客単価」が低くても、客数が増えれば、大きな売り上げになるということですね。

客単価にまつわるサイト

客単価を上げるためのノウハウを紹介したサイトです。

お客さんに断られずに客単価を上げる方法のコツは「依存」です


客単価を上げるには、お客さんからの依存が重要だそうです。
もし、お客さんがあなたの商品がなくても困らなければ、その商品は売れないので、「客単価」を上げるには、その商品への依存度を高めることが重要なのだそうです。

こちらは、ECサイトの客単価アップの説明のサイトです。
https://cxclip.karte.io/2042/
計算の仕方から、評価、改善の方法などを細かく説明しています。
ECサイトを運営している方は、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

客単価の意味や使い方についてのまとめ

「客単価」とは、主に、ビジネスや商売で売り上げを上げる上で、重要な要素だということが、今さらながらわかりました。
小規模の個人商店であれ、amazonなどのような大規模なECサイトであれ、客単価を上げることは、昔も今も商売の鉄則なのですね。
最近は、ネット販売で買い物する方も多いかと思いますが、つい買いすぎて自分の「客単価」を上げて無駄使いしないように気をつけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください