💡三菱UFJカード最大11,000円分還元💡

各種とは?の意味と使い方を解説

各種
「各種」という言葉をご存知でしょうか。普段生活しているうえでは比較的よく見かけ、人によっては使う機会も多いかと思います。何かの種類について表すとき、使い勝手がいい言葉です。ここでは「各種」という言葉について、読み方や意味、正しい使い方と間違った使い方、例文、英語や中国での表現を、順々に紹介していきます。

各種の読み方

まず初めに、「各種」の読み方を紹介します。「各種」は「かくしゅ」と読み、「各」は訓読みで「おのおの」と読みます。一般的に「おのおの」は「かく」と区別するために「各々」と書きますが、「各」の字だけでも「おのおの」と読み、間違いではありません。「種」は音読みで「しょう」とも読み、訓読みでは「たね」、「う(える)」、「くさ」と読みます。成り立ちに関して、「各」は口と下を向いた足の象形、「種」は稲穂、針、人の目、袋の象形です。

各種の意味について

次に「各種」の意味を紹介します。「各種」とは、さまざまな、いろいろな種類のことです。さまざまは「様々」、いろいろは「色々」と書きますが、どちらも種類の多さを表す言葉です。区別のポイントは、「様々」の「様」は「様子」などにも使われ、主に物事の「様態」の多さを表します。一方の「色々」は「色」の種類の多さ、引いては数の多さを表します。そして「各種」はどちらの意味も含んでいるので、どちらを表す場合にも使えます。

各種の正しい使い方

次に「各種」の正しい使い方を紹介します。たとえば店が取り揃えている商品の多さを伝えるとき、「各種、商品を取り揃えています」という風に使います。これは「色々な、多くの種類の商品を取り揃えています」となり、正しく意味が伝わります。他には専門分野の種類の多さを伝えるとき、「プログラミング、農業、芸術など、各種専門分野の―」と使ったり、工場の種類の多さを伝えるとき、「我が社では各種の工場を―」と使い、「各種」は「様々」と「色々」、両方の意味を持つので、使いやすい言葉です。

各種の間違った使い方

次に「各種」の間違った使い方を紹介します。当然ながら対象の種類が少ないときに使うのは間違いですが、多さが対象の「様態」に限定される場合も、使うのは間違いです。たとえば相手の性格に対し、「彼は様々な顔を持っている」とは使いますが、「彼は各種、顔を持っている」では意味が異なって伝わるので、使えません。後者の場合、性格ではなく人間の頭部としての顔を、多く持っているようなニュアンスを与えます。「様々」と「色々」、両方の意味を持つからこその間違いです。

各種を使った例文

次に「各種」という言葉を使って、会話形式の例文を紹介します。「各種」の「各」は、多くの人や物のそれぞれ、一つ一つ全ての、という意味なので、「それぞれ」の部分を考慮すると、使い分けやすいです。とはいえ「各種」には似たような言葉が沢山あり、置き換えても文章としてはおかしくない場合が多いので、非常に紛らわしいです。

各種の使い方【例文その①】

一つ目の例文は、客と店員のやり取りです。

「スマートフォンを買いにきたのですが、どんな物がありますか?」
「最新の機種でしたら、店頭に並んでいる物が全てです。こちらがパンフレットになります」
「この型は、赤しかないのですか? 青色が欲しいのですが」
「ご安心ください。色については赤、青、黄と、各種とり揃えています」

この場合の「各種」は「色々」の意味合いが強いですが、「色を色々」では字が重なるので、「色を各種」の方が自然です。

各種の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、友人同士のやり取りです。

「キミ、洗濯機を新調したんだってな?」
「先日な。貴方が持っている物と同じ、多機能を売りにしている製品だ」
「使い心地はどうだ?」
「良好だよ。ただ多機能すぎて、説明書を読んでも分からない部分がある」
「それなら善意の第三者が作った、ウェブサイトがお勧めだ。各種の機能について、噛み砕いて説明されている」

この場合は「様々な機能」と「色々な機能」、どちらでも使えるからこそ、「各種」を使うと両方の意味を含ませられます。

各種は英語でなんて言うの?

「各種」を表す英語には、「various」、「all kinds」、「every kind」などがあります。「various」には「様々な」の意味があり、たとえば「various advantages」と使えば、「様々な利点」になります。後者二つの「kind」は「同じ性質を持つ種類」という意味を持っており、料理であれば、料理の中の種類について言うときなどに使います。なので「all kinds」は「全ての種類、多くの数」、「every kind」は「あらゆる種類」と、種類の多さを表します。

各種は中国語でなんて言うの?

「各種」を表す中国語には、「各种」や「每一种」などがあります。どちらにも入っている「种」の字は、日本語の「種」であり、概念はほぼ同じです。植物などの「たね」としても使われますが、何かの多さを表す場合にも使われます。なので「各种」はそのまま「各種」であり、人の種類の多さを表すとき「各种人」と使えば、「各種の人」になります。後者の「每」は「それぞれ」の意味を持ち、「每一种」は「多くの種類のそれぞれ」を表します。若干ながら、ニュアンスが違っています。

各種の類義語や関連語は?

「各種」の類義語や関連語には、「様々」や「色々」以外にも、「多様」、「多種」、「多彩」などがあります。どれも種類の多さについて表し、例によって使い分けが難しいですが、「様々」に対しての「多様」は、様態の多さを強調している形です。同じく「多種」は種類の多さを、「多彩」の「彩」は「いろどり」と読み、彩の多さを強調しています。何を強調したいかによって、使い分けられます。「各種」を「それぞれの、多い種類」と考えれば、使う場面が異なります。

各種の対義語は?

「各種」の明確な対義語はありませんが、概念としては「唯一」が近いでしょうか。「唯一」は「ゆいいつ」と読み、意味は「たった一つだけで、ほかにはないこと」です。「唯一の商品です」と使えば、「この商品はたった一つです」と、希少価値が伝わります。他には「僅少」という言葉があり、こちらは「きんしょう」と読みます。意味は「ほんの僅かなこと、ごく少ないこと」です。どちらも「種類が少ない」という意味を含む言葉です。

各種を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「各種」を含む四文字熟語には、「各種各様」という言葉があります。「各様」は「それぞれの違った様子」という意味なので、「各種」の意味とほぼ同じです。それらを組み合わせた「各種各様」は、「様々な種類」を表します。同じ意味の言葉を組み合わせることで、より強く表現している形です。似たような言葉では「各人各様」という四文字熟語もあり、こちらも意味はほぼ同じですが、それぞれの対象を「人の様子」と限定しています。

各種にまつわるサイト

「各種」にまつわるサイトを、二つ紹介します。

http://irononamae.web.fc2.com/index.html

https://pz-garden.stardust31.com/

一つ目のサイトには、「各種」の色について記載されています。たとえばピンクと言っても、濃さによって名称が変わります。それぞれの色を日本語でどう呼ぶのか、あるいは英語や中国語でどう呼ぶのかが、シンプルにまとめられています。仕事などで細かな色を扱う場合に、お勧めのサイトです。

二つ目のサイトは、動物園を模した動物図鑑です。「各種」動物について、写真つきで掲載されています。細かくカテゴライズされており、それぞれの動物を掘り下げて紹介しているので、勉強になります。国内の動物園に関しての情報もあるので、動物園を調べるときにも便利なサイトです。

各種の意味や使い方についてのまとめ

「各種」とは、様々な、色々な種類のことです。種類の多さに関して使われます。「各種」は「様々」と「色々」、両方の意味を持っていますが、対象の「様態」を限定して表すときなどは、意味が異なって伝わる場合があるので、注意が必要です。似た意味の言葉が多いですが、何を強調するのかによって、使い分けるのが適切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください