【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

手配とは?の意味と使い方を解説

手配
ここでは「手配」という言葉を深く掘り下げていきたいと思います。「手配」とは何かを手配するということで人に何かものを頼む時に使われる言葉です。会社などビジネスシーンでもよく使われる言葉になります。そこで、「手配」という言葉の意味や使い方についてご紹介します。類義語や関連語、対義語、慣用句などもご紹介します。

手配の読み方

「手配」の読み方は「てはい」となります。この他に別の読み方はないのですが、「手」と「配」に分けた時に他の読み方も出来るようになります。「手」であれば、「て」と読むのが一般的ですがこの他にも「しゅ」「た」と読むことも出来ます。「配」の場合は、「はい」と読むことが多いですがこの他にも「くば(る)」という読み方もあります。「手配」の読み方は「てはい」だけですが、漢字を分けると他の読み方も出来るようになります。

手配の意味について

「手配」についてですが、「仕事などの段取り」という意味があります。何か必要なことを準備をすることを指します。また、別の意味では「容疑者を捕まえるために指示を出したり処置すること」という意味も持ち合わせています。一般的によく使われる言葉ですが、何かを人に頼む時に使われることが多いです。例えば、「車の手配をお願いしたい。」や「チケットを手配してほしい。」などです。スムーズに上手く準備を進めるという意味で使われています。

手配の正しい使い方

「手配」の正しい使い方は、何かを準備するという意味で使われる場合です。何か必要なものを段取りよく整えて進める、という意味で使われるのであれば正しい使い方と言えるでしょう。一例を挙げると、「タクシーを手配してもらえますか?」という使い方は正しい使い方です。どこかに行くという目的があるので、タクシーを呼んで欲しいということです。また、「指名手配犯が捕まった。」という使い方も正しいです。警察官が探していた犯人を捕まえたということで正しい使い方になります。

手配の間違った使い方

「手配」の間違った使い方は、何かを準備するという意味や段取り良く物事を進めるという意味で使われない場合などです。一例を挙げると、「まだタクシーを呼んでいないので手配済みです。」という言い方は出来ません。準備が済んでこそ手配済みと言うことが出来るので間違った使い方になります。また「犯人は捕まったので指名手配中です。」という言い方も出来ません。犯人が捕まったのであれば、手配は済んだということになるからです。

手配を使った例文

それでは、ここで「手配」という言葉を使った例文について2つほどご紹介していきます。「手配」は何かものを頼んだり頼まれたりする時によく使われる言葉です。そのため、日常会話でも登場する機会が多い言葉の一つ。ここでは、「手配」を使って普段の会話の場面を想定しながら具体例を挙げて解説していきたいと思います。

手配の使い方【例文その①】

まず一つ目の例文は、旅館での会話の場面になります。
「こんにちは、本日2名で宿泊予約をしている者です。」
「お越しいただきありがとうございます。ご予約の確認が取れました。」
「食事なしのプランを予約していたのですが、夕食だけ手配してもらうことは可能ですか?」
「はい、可能でございます。さっそく手配させていただきます。」
「ありがとうございます。よろしくお願いします。」
この会話では、旅館で夕食を手配してほしいということで「手配」が正しく使われています。

手配の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、旅行代理店での会話の場面です。
「フランスに旅行に行きたいのですが、おすすめのツアーはありますか?」
「はい、もちろんです。航空券とホテルの手配も可能です。ご自身で観光されたい場合におすすめです。」
「2人で遊びに行く予定なので、航空券とホテルを取って自由に観光するのも良いかもしれません。」
「それでは、航空券とホテルを見てみましょうか。」
「はい、お願いします。」
この会話では、航空券とホテルの手配も出来るということで正しく「手配」が使われています。

手配は英語でなんて言うの?

「手配」は英語で「arrangement」や「preparations」などと言います。警察が容疑者などを手配するという意味では、「search」が使われることが多いです。「今日は、これから来客があるので昼食を手配してもらえますか?」という文章を英語に変換する場合は「Today, since you have visitors from now, can you arrange lunch?」となります。

手配は中国語でなんて言うの?

「手配」という言葉は、中国語にすると簡体でも繁体の場合でも同じ言葉である「安排(Ānpái)」となります。仕事の手配という意味では「布置(bùzhì)」が使われます。「今日は、これから来客があるので昼食を手配してもらえますか?」という文章を中国語にする場合は、「今天,既然你有游客,你可以安排午餐吗?(Jīntiān, jìrán nǐ yǒu yóukè, nǐ kěyǐ ānpái wǔcān ma?)」という文章になります。

手配の類義語や関連語は?

「手配」の類義語や関連語は、自分の利益になるように計算することという意味では「配慮」「工作」「図利」などの言葉が考えられます。何かの作業を頼んだり、何かをしてもらうという意味では「依頼」「要請」「懇願」「請求」「要望」「指示」「注文」「頼む」などの言葉があります。また、必要な段取りをするという意味では「準備」「用意」「整える」「段取りをする」「態勢を整える」「お膳立てする」などの言葉が考えられるでしょう。

手配の対義語は?

「手配」の対義語は、特にありません。しかし、反対の意味を持つ言葉として考えた場合に「無計画」という言葉が考えられます。「無計画」とは、何も考えず行き当たりばったりな行動をするということです。何も準備をすることもなく行動に移すという意味があります。その結果、失敗したり上手くいかないことが出てくるという危険性もあります。また、準備が整ってないのに行動に移す「見切り発車」という言葉もあり「手配」とは真逆の意味になるでしょう。

手配を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「手配」を使ったことわざは特にありませんが、慣用句であればいくつかあります。「手配旅行」「手配師」などがあります。「手配旅行」は、計画を立てるのは旅行者ですが航空券など必要なものを揃えるのは旅行会社という意味です。「手配師」の場合は、手数料を取りながら人材斡旋をする人のことを言います。また、熟語であれば「手」の場合は「一手」「握手」などの二字熟語があり「配」の場合は「軍配」「誤配」などの二字熟語があります。

手配にまつわるサイト

ここで、「手配」にまつわるサイトを2つご紹介します。
https://driver-times.com/driver_work/driver_biz/1062125
こちらのサイトでは、「手配」の意味や類語、正しい使い方について解説されています。

http://english.cheerup.jp/article/4915
こちらのサイトでは、「手配」を使った英語での質問の仕方などが詳しく解説されていて参考になります。

手配の意味や使い方についてのまとめ

「手配」という言葉には、作業の段取りをつけたり準備すること、犯人を捕まえるための指示などの意味があります。日常的に接する機会の多い言葉になりますが、間違った使い方には気を付けて正しい使い方をここで再確認して類語や慣用句、熟語なども覚えておきましょう。英語や中国語でのフレーズも確認しておくと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください