💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

店頭とは?店頭の意味と使い方を解説

店頭
全国各地に様々なお店が存在しており、「店頭」という言葉がすでに使用されています。お店に関連する話をする時に使用されることが多く、日常生活やビジネスなど様々な形で使用されているのが実態になります。
そんな「店頭」という言葉なのですが正しい使い方やどのような意味を持っているのか改めて説明させていただきます。

店頭の読み方

「てんとう」という読み方をするのが「店頭」になります。そのまんまの形で読むことになるので、全然難しくないのが現状です。幅広い年齢の方が「店頭」という言葉を見た時、「てんとう」と読めるのでとても簡単な言葉です。「みせあたま」とは読まないので、一応間違えて読まないように気を付けないといけません。
「店」という言葉は、「てん」以外にも「みせ」や「たな」と読むことができます。「頭」は「とう」の他に「ず」や「あたま」など色んな読み方をする言葉です。

店頭の意味について

「店頭」という言葉の意味なのですが「店の前面部分」や「人の目に触れる部分全体」という意味になっています。基本的にお店では、レジ近くや入口近くのことを表すケースがほとんどで、必ずしも「お店の前」という訳ではありません。
ただ意味としてはそこまで難しくない意味になっているので、「店頭」という言葉を見かけた時、ほとんどの方が理解できる言葉です。今も「店頭」という言葉が多くのお店で使用されており、興味や関心を与えられるようにしています。

店頭の正しい使い方

「店頭」の正しい使い方は決して難しくなく、「店頭に新しい商品を陳列した」や「様々な品物を店頭に置いた」などの使い方をします。このような使い方をすることで、お店の入り口やレジ周辺に魅力的な品物が置かれていることが把握できます。
「店頭価格」という使い方も存在しており、定価と同じ意味を持っています。「店頭価格」という言葉も比較的多く使用されているので、お店だけではなく、ネット上でも見かける可能性を秘めています。

店頭の間違った使い方

「店頭」という言葉は、必ずしもお店の前という意味ではありません。人によっては、「店頭」という言葉をお店の前という認識をしてしまう場合があるのですが一般の方の人目に付くところという意味もあるので、レジ周辺なども「店頭」と呼ばれます。
お店がかなり小さい場合は、お店全体が「店頭」になることも十分にありえます。このように「店頭」という意味を間違って認識することで、誤った使い方をしてしまう可能性が存在しています。

店頭を使った例文

これから「店頭」という言葉を使用した例文を二つ紹介していきます。お店に関する会話をする時に「店頭」という言葉が登場する可能性が高くなっています。また仕事の時だけではなく、日常生活の会話でも使用される場合があります。
今回は仕事や日常生活で「店頭」という言葉を使用した時、どのような流れになるのか解説していきます。

店頭の使い方【例文その①】

お店で「店頭」という言葉が使用されている時の例文です。

「今回新しい商品がいくつもあるんだけどどの商品を店頭に置いたらいいかな?」
「ちょっと難しいのでとりあえず色々と商品を置いてみてはどうでしょうか?」
「そうだな、それで売上がよかった商品を引き続き店頭に置き続けるとしよう」

「店頭」に置く商品をどの商品にすればいいのか悩んでいる時の会話です。「店頭」に商品を置くことで、たくさんの客に注目してもらえる可能性があるため、売上に良い影響を与えやすくなります。

店頭の使い方【例文その②】

日常生活の中で「店頭」という言葉が出てきた時の例文になります。

「何時も行ってるお店で可愛らしいクマのぬいぐるみが店頭にあったよ」
「とても可愛らしくて購入しようか迷っちゃった」
「まだそのぬいぐるみは店頭にあるのかな?」
「行ってみないと分からないけどまだあるんじゃないかな?」
「とても可愛かったから今からいって店頭にあったクマのぬいぐるみを買ってくるね」

何時も行っているお店に可愛らしいクマのぬいぐるみがあったので、購入しようか悩んでいる会話になります。

店頭は英語でなんて言うの?

日本語の「店頭」なのですが英語ではいくつかの表現方法が存在しています。残念ながら一つの単語で「店頭」という言葉を表すことができないので、このような形になっているのが実態です。
「over the counter」と使われたり、「storefront」などで日本語の「店頭」に近い意味になることもあります。「店頭」に新商品がある場合は「new items in store」という英語で表現されています。

店頭は中国語でなんて言うの?

中国語で「店頭」という言葉を表すにはいくつかの言葉があります。「店面」や「店前」という言葉が比較的使用されることが多く、店頭の新商品を「店面的新商品」と言います。
店頭販売促進員のことを「导买员」という言葉で表現する時もあります。このように中国語も英語と同じように一つの言葉で「店頭」という言葉を表すのが難しくなっています。それだけ日本語の「店頭」は使い勝手が良くて、便利な言葉として今も存在しています。

店頭の類義語や関連語は?

「店頭」に似ている言葉で「店先」という言葉があります。「店頭」の類義語や関連語にもなっており、「店先」はお店の前という意味になります。「店頭」は必ずしもお店の前とは言わないのですが「店先」は、お店の前という意味が強い言葉になります。
「店先駐車禁止」という看板がある場合は、お店の前で駐車してはいけないという意味になります。「店頭」と「店先」はかなり似ている言葉になっているので、間違わないように気を付けないといけません。

店頭の対義語は?

残念ながら「店頭」の対義語は存在していないです。ただ「店頭」は「店の前面部分」や「人の目に触れる部分全体」という意味になっているのでこれの反対部分が対義語です。
「お店の後面部分」や「人目に触れない部分」が「店頭」の対義語として使用することが可能です。ただしどちらの言葉もあまり使用する頻度は高くありません。またお店としては安定した利益を出さないといけないので、このような部分に商品を置くということはほとんどないです。

店頭を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「店頭接客」という言葉が「店頭」を使った熟語に存在しています。何時ものポジションで接客をするのではなく、お店の入り口付近もしくは一般の人が人目に付きやすい店内の場所で接客を行うという意味になります。
一般的な接客よりも人目に付きやすいので、接客の効果を高めることができます。特に丁寧な接客をすることができれば、多くのお客に好印象を与えられるので安定した利益を生み出すことができたり、「店頭」に揃えられている商品をアピールすることが可能です。

店頭にまつわるサイト

「店頭」という言葉を調べた時、色々と気になるサイトを見つけることができ、その中でも特徴が強かったサイトを紹介します。

http://t.pia.jp/guide/retail.jsp

https://www.ksdenki.com/shop/pages/special_160027.aspx

一つ目は各種公演チケットの「店頭」購入方法の説明をしており、多くの人が気軽に求めているチケットを購入できるようにしています。

二つ目は「店頭」受け取りサービスを提供している業者のサイトで、どのような形で受け取りをすることができるのか解説されています。

店頭の意味や使い方についてのまとめ

多くの人が「店頭」という言葉に対し、お店の前というイメージを持っているのですがそれだけでは不十分です。詳しくは人目に付きやすい店内の場所も含まれているので、レジやカウンター周辺なども状況によっては含まれます。
日本語の「店頭」は一つの言葉で表せるのですが英語や中国語では表すことができないので、とても便利な言葉になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください