💡7,000円相当のPayPayボーナス💡

必要性とは?の意味と使い方を解説

必要性
日本語の言葉のなかで『必要性』という言葉があります。今回は、この言葉を掘り下げて紹介したいと思います。『必要性』とは、そのものがどれほど必要なのかである度合いのことを指します。ここでは、この『必要性』という言葉についての読み方・意味・正しい使い方・間違った使い方などを様々な視点から紹介していきます。

必要性の読み方

『ひつようせい』と読みます。「必」の音読みで「ひつ」訓読みは「かなら(ず)」です。これは「八(飾りの垂れひも)」の象形と「弋(枝のある木に支柱を添えたくい)」の象形から「飾りの垂れひもで武器に締めつけた柄」の意味から「必」が成り立ちました。また「要」は、音読みで「よう」訓読みは「い(る)」「かなめ」です。「人体の中心部に両手をあてた」象形から「人体のかなめ・こし」を意味する「要」が成り立りたち、これに加えて度合いを意味する「性」をつけ『必要性』が誕生しました。

必要性の意味について

つぎに『必要性』という言葉の意味について解説していきます。『必要性』という漢字は、国語辞書で調べると、まず「必要」は、「なくてはならないこと。どうしてもしなければならないこと」を意味します。そして、その度合いを示す意味を持つ「性」をつけることで『必要性』と呼び、「そのものがどれだけ必要であるのかを示す度合いのこと」を意味する言葉となります。わたしたちが普段生活をする上でもよく見聞きする大事な言葉でもあるのです。

必要性の正しい使い方

『必要性』の正しい使い方と間違った使い方について調べてみましたので、紹介します。
言葉の意味からなんとなくイメージできる通り、『必要性』という言葉は、必ずしなくてはならないこと、必要不可欠な状態のことを指し示す際に使用する言葉です。よって、『必要性』の正しい使い方は、どうしてもしなければならない状況下でないと使用することができません。また後ほど触れますが、逆に上記のような状態でない場合は「不要」という言葉が当てはまります。

必要性の間違った使い方

では、『必要性』の間違った使い方ですが、上記の正しい使い方から見て分かる通り、必ずしなくてはいけない状態以外の場面で用いることは間違った言葉となり、使用することができません。また、しなくても良い状況、すなわち必要性がない際には「不要」という言葉で表現されます。この言葉もよく色々な場面で見聞きする言葉かと思いますが、漢字から見て分かる通り、「要がない・いらない」という意味を持つ「必要」の反対の言葉にあたります。

必要性を使った例文

ここでは『必要性』という言葉を使って、会話形式の例文をいくつか紹介します。『必要性』という言葉は、わたしたち人間が生きていくうえでよく見聞きし、関わりのある非常に重要な言葉です。また、日常生活のなかでもよく使われることも多いかと思います。では、実際の生活会話のなかではどのような場面で使われているのか見てみましょう。

必要性の使い方【例文その①】

平地に建設予定の商業施設を巡って業者と住民の討論会の例。
「2020年4月までにこの大型商業施設を完成予定です。」
「この地区は交通の便が少し不便な場所でもあるし、ここに商業施設を作る必要性はあるのですか?」
「そうよ。ここは高齢者の方も多い地域だし、もっと別の施設を建てる必要性があるにではないですか?」
「普段あまり人口が集まらないからこそ、この地域が活発になるような商業施設を作る必要性があるのです。」
「そうかしら?この問題については今後も話し合う必要がありますね。」

必要性の使い方【例文その②】

新居へ引っ越しをした際に家具の配置について決める会話の例。
「これでひと通り荷物は運び終わったね。」
「そうだね!あとは順番にどこに何を置くか決めていこう!」
「うん。この家具はここでいいよね?」
「え、ここに置いたら邪魔じゃない。ここに置く必要性あるかな?」
「そうかな?必要性があるからここにしたいのだけれど。」
「そっか。じゃあここにしよう。」
2つの例をご紹介してきましたが、上記のように『必要性』という言葉は、様々な場面で多用に使用されているのです。

必要性は英語でなんて言うの?

『必要性』は英語に単語に直訳すると「need」「necessity」と表し、聞いたことがある方が多いかと思います。「必要」「必要性」どちらもこの上記の単語が使用されます。主に英文などではこの単語がそのまま使われることが多いですが、「〜の必要性を」などと表現する際は、「need to〜」や「need for〜」「necessity of〜」というように表すことができます。文法や英文会話の流れによって接続詞を使い分けて使用されていることがわかります。

必要性は中国語でなんて言うの?

『必要性』を中国語にすると、漢字も日本とそのまま同様の『必要性』と表します。意味合いも日本と全く同様で、「なくてはならないこと。どうしてもしなければならないことの度合い」を意味しています。また中国語では、日本語と同様に必要性を具体的に示す文法もあり、例えば「购买的必要性=購入の必要性」「推进计划的必要性=計画を推し進める必要性」などといった言葉の使い方が多様なところも日本と非常によく似ていますね。

必要性の類義語や関連語は?

さて、つぎに『必要性』の類義語や同義語について紹介します。類義語では「必要」や「必須」「需要」「義務的」「不可欠」「必需」などが当てはまります。また、関連語になると「要請」「使命」「有益」「有用」「要望」「市場」「理想」などといったなくてはならないという意味を示すような言葉が多く挙げられています。また、これらの言葉は日常での様々な場面で用いられている言葉でもあり、わたしたちにとっても非常に身近な言葉でありますね。

必要性の対義語は?

つづいて『必要性』の対義語や反対語を紹介します。先ほどから紹介している通り、『必要性』とは、しなくてはならないことや必要不可欠であることを意味します。つまり、対義・反対語に値する言葉はそれとは反対の「しなくても良い」意味を持つ言葉「不要」が当てはまります。これは誰もが連想できる言葉であるとは思いますが、「不要」とは「必要がないこと。いらないこと」を意味します。ですので、しなければいけない状況である「必要」に反してする必要がない状況である「不要」という言葉がここでは対義・反対語にあたるのです。

必要性を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

『必要性』という単語を使用した慣用句はいくつか存在します。また『必要性』という言葉自体が「安全」の慣用句になっています。もともと「必要」は「しなければならないこと。する必要があること」を意味する言葉に“度合い”を示す言葉として『必要性』が誕生しました。この言葉は日常でも頻繁に使われ、街中やメディアなどでもよく見聞きするかと思いますが、「必要性を知る」や「必要性を訴える」などといった様々な使い方がされています。

必要性にまつわるサイト

『必要性』に関するサイトを2つ紹介します。
https://www.huffingtonpost.jp/yuki-murohashi/youth-policy_b_16950410.html
ハフィントンポストが運営するニュースコラムサイトです。ここでは様々なニュースから芸能生活に関する情報など多数のジャンルをコラムにして掲載されています。
また、日本の若者が考える今後の日本に必要な若者政策といった今後の日本の必要性を考える記事も掲載されていますので、興味のある方は是非目を通してみてください。

https://ameblo.jp/yutan39/entry-12363548350.html
アメーバブログが運営するわたしたちの暮らしに関わる情報が掲載されているサイトです。
ここではこれからの日本にとって必要なことをテーマにした記事やその他多数のジャンルの記事を取り上げています。豆知識など学べることが多い情報が多数ですので、気になる方は是非チェックしてみてください。

必要性の意味や使い方についてのまとめ

今回は、『必要性』という言葉について様々な視点から紹介してきましたが、この言葉はわたしたち生活するなかの様々な場面で使用され、よく見聞きする言葉であると思います。また、この言葉は日本の社会だけでなく、中国やアメリカなどでも同じ意味合いで使われており、非常に重要かつ必要な言葉であることがわかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください