💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

可能とは?の意味と使い方を解説

可能
「可能」という言葉はよく聞く言葉です。ここではもう少し「可能」の意味を考えてみたいと思います。可能と聞くと「何かが出来る」「実現可能」などが思い浮かびますが、他にもあるかもしれません。英語や中国語などでも可能という言葉がどのように言われているのかも気になるところです。まずは「可能」読み方などから紹介していきます。

可能の読み方

「可能」の読み方などからまずは紹介します。読み方は「カノウ」と読みます。「カノオ」や「カノー」とも違います。他の読み方なども存在していなく「カノウ」とだけしか読みません。可能の文字を形成している「可」と「能」で分けて、それぞれの読み方を紹介します。「可」は「カ」「ヨイ」「ベシ」と読むことが出来ます。「能」は「ノウ」「アタう」「ヨく」と読むことが出来ます。「可能」という読み方自体はそれほど難しくなく、小学校5年生ぐらいで習う言葉です。

可能の意味について

「可能」の言葉の意味は「ある物事ができる見込みがあること。ありうること。また、そのさま」という様に国語の辞書には書いてあります。その他にも「「能(あた)う可(べ)きの音読」という様な意味もあります。「能(あた)う」の意味は、「なしうる」「できる」という意味で、「能う限り」(あたうかぎり)などと使います。「可(べ)き」の意味は「見る可き」「然る可き」(しかるべき)の「べき」になります。「可能」をそれらの意味で言いかえると「できるべき」や「なしうるべき」という事になります。

可能の正しい使い方

「可能」という言葉の正しい使い方は「物事が出来る見込みの事」や「できるべき事」「なしうる事」の時に使えば正しい使い方になります。例えば「毎朝7時に起きる事が可能」や「食後に欠かさず歯を磨くことは可能」という様な使い方は正しい使い方になります。出来る見込みがなければ「可能」という言葉は使ってはいけませんが、おおよそそれらの事は出来る事です。人によっては朝早くは起きられないかもしれませんが、やろうとすれば出来る事なので「可能」という言葉は使っても問題ありません。

可能の間違った使い方

では、「可能」の間違った使い方ですが、先ほどの正しい使い方の「物事が出来る事」以外の時に使ってしまうと間違った使い方になります。例えば「朝7時に起きて1時間前の6時に家を出ることは可能」などはタイムマシーンでもないと無理なので「可能」の使い方は間違っています。また、出来もしないのに、さも出来る様な「可能」の使い方も信用を失うので、使い方としては適切ではありません。毎朝遅刻してくる人が「毎朝5時に起きる事は可能」と言われても、だれも信用しないので可能の使い方は好ましくありません。

可能を使った例文

ここでは「可能」を使った例文を会話形式で紹介したいと思います。可能という言葉は日常使う人と、使わない人に分かれるかもしれません。物事を理論的に考える人などは「可能」という言葉を多く口にするようなイメージがあります。順序立てて、可能なのかどうかの道筋を立てたがる人は「可能」「不可能」で決めたがります。

可能の使い方【例文その①】

学校で学級員を決めている生徒と先生の会話です。

「先生、この場合はAさんが学級委員を務められる可能性が大きいと思います」
「Aさんか、何故そう思いますか?」
「Aさんはクラスでは一番信頼があります」
「まー確かに」
「他の可能な理由としては、勉強と人望の両方がともに優れている点が挙げられます」

理論的に考える生徒は「可能」とよく使うのかも知れません。可能か不可能なのかを先生に理論的に考えて自分の意見を言っています。

可能の使い方【例文その②】

パソコンショップの店員と客との会話の「可能」です。

「この新しいPCは今までのモデルと違ってさまざまな処理が可能です」
「へーどんな事なの」
「例えば動画編集などが今までの倍の処理で出来ます。」
「すごいなそれは、他には?」
「他にも自分でカスタマイズすることが可能です」
「カスタマイズ?」
「はい、自作PCのようにカスタマイズが可能です」

可能という言葉が多く出てきましたが、可能という言葉は商品やサービスの魅力を高めたりする効果もあります。

可能は英語でなんて言うの?

「可能」を英語で言うと「possible」(パッシブ)が一番適しています。その他にも「can」(キャン)という英語もありますが「possible」の方が「可能」に近い言い回しです。「can」は「~できる」という表現で広い意味で使う事ができます。「possible」と「can」の違いは、主語を人に使う事ができる違いや、助動詞、形容詞の違いがあります。「possible」は人を主語に使う事ができず「it」を前に持ってくることが多いです。「can」は助動詞で「possible」が形容詞になります。

可能は中国語でなんて言うの?

「可能」の中国語は「可能」(クゥー ナァン)と読み書きして日本語とよく似ています。日本語の「可能である」は「有可能」(ヨー クゥー ナァン)と書き日本人でも分かりやすい言葉です。中国語には能力を表す助動詞が3つあり「能」「可以」「会」を使い分けています。「能」は「能力があって出来る」、「可以」は「客観的に見て出来る事、許可されてできる事」、「会」は「単純に~できる」といいう事になります。英語の「possible」と「can」の違いのような物です。

可能の類義語や関連語は?

「可能」の類義語や関連語は「実現」「具現化」「出来る」「許される」「やれる」などがあります。これらの類義語は組み合わせても使う事が出来て「実現可能」「具現化可能」「出来る可能性」などと使えます。「性」という言葉を加えて「可能性」に代えると類義語の内容も違ってきます。「見込み」「公算」「蓋然性(がいぜんせい)」「展望」という様な言葉があります。「可能」と「可能性」では意味が変わってきて、「可能性」は「将来について確信のある予測」「将来に対しての期待」の意味になります。

可能の対義語は?

「可能」の対義語は「不能」「不可能」「無理」「実現不可」などがあります。可能は何かできる見込みがる時に使われるので、その反対の出来る見込みがない言葉が対義語になります。「可能」の間違った使い方で「朝7時に起きて1時間前の6時に家を出ることは可能」といことは間違っていると紹介しましたが、「可能」の部分を対義語にすれば正しい使い方になります。「朝7時に起きて1時間前の6時に家を出ることは不可能」と直せば意味が通じて正しい使い方になります。

可能を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「可能」を使った四字熟語はたくさんあって「実現可能」「使用可能」「歩行可能」「右折可能」などがあります。「可能」の前に何かの動作を表す言葉が多く入るようです。ことわざの中には「余の辞書に不可能という文字はない」という昔のフランスの皇帝ナポレオンが言った言葉がありますが、この言葉の語源は諸説あるそうです。ナポレオン自信が言ったかどうかは定かではないそうで、諸説では「フランス人は不可能と言ってはいけない」という様な説があり、フランス人がいかに優秀かというのが語源の1つとしてあります。

可能にまつわるサイト

ここでは「可能」にまつわるサイトを紹介します。

「全部無料!商用利用可能なフリー写真素材サイトまとめ23選+1」
https://liginc.co.jp/web/design/material/36659

こちらのサイトは株式会社LIGが書いたまとめサイトで、様々なフリー写真の商用利用可能なサイトを24紹介しています。個人がよく、まとめサイトなどを作る時に喜怒哀楽などの表現の写真がありますが、それらを作る時にフリー写真素材が多用されてています。

「どーなってんの!?こんなの作れるはずない!不可能物体画像まとめ」
https://matome.naver.jp/odai/2142646650544082701

こちらのサイトは、不可能な画像を面白く紹介している、まとめサイトです。思わずどうなっているのか見入ってしまいます。可能か不可能か実際確かめることも出来るかもしれません。

可能の意味や使い方についてのまとめ

「可能」について掘り下げてみましたがいかがだったでしょうか?「可能」な事は人それぞれ違いますが、出来ない事を「可能です」というと大きく自分が損をします。出来ない事は出来ないと言った方が、自分や周りにとっては良いかも知れません。ただ、自分に何かの課題を課す時「自分なら必ずできる」と言った無限の可能性の気持ちは大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください