今すぐ作れるクレジットカードあります!

エポスカードでETCカードを作りたい!作り方とその方法は?

エポスカードのETCカードの作り方は?そのように作ればいいの?この記事では、エポスカードのETCカードを作り方を知りたい方に向けて、手順をしっかり解説します。エポスカードをまだ持っていない人も作ることができます。

年会費無料で作れるおすすめETCカード

エポスカードを既に持っていればETCカードも作れる!

既にエポスカードを持っている場合は、追加でETCカードを作ることは可能です。その際にクレジットカードとは別の審査が設けられていますが、問題なくクレジットカードを利用していればETCカードの発行も可能と言えるでしょう。

ETCカードを追加で発行する場合の日数は?

エポスカードを持っていて、追加でETCカードを発行したいとき、手元に届くまでの日数についてご紹介します。
郵送の場合は資料を取り寄せて、書類に記入し郵送。そのやり取りに一番時間がかかってしまうでしょう。それでも平均して10日~2週間ほどかかりますので、必要な場合は時間に余裕を持って申し込むようにしましょう。

エポスETCカードの作り方

エポスカードを既にお持ちの方が、追加でエポスETCカードを発行してもらう場合の作り方をそれぞれ詳しくご紹介します。
まず方法は三通りあり、インターネット、郵送、エポスカードセンターの三つです。

インターネットから申し込む

インターネットから申し込む際は、エポスNetという会員専用のサイトから申し込むようになります。まだ会員登録が済んでいない場合は、会員登録から始めましょう。エポスカードを持っていればすぐにできるようです。
表示された手順で進めて、ETCカードの申し込み手続きは完了です。

エポスカードセンターから申し込む

マルイ店舗に設けられているエポスカードセンターで申し込む場合は、本人確認書類とエポスカードを忘れずに持参しましょう。
エポスカードセンターに直接行くことで申し込みが完了できるので、インターネット操作が苦手な方にも安心ですね。

郵送で申し込む

郵送で申し込む方法もありますが、時間がかかってしまうのが難点です。

まず、資料を請求して送ってもらいます。その資料に必要事項を記入し送り返し、審査をかけてもらいます。審査に通過したあとETCカードが送られてきます。

ETCカードが郵送なのはどの方法でも共通していますが、それまでに書類を何度かやり取りしなければならないので、そこに時間がかかってしまいます。
お時間に余裕のあるときにはいいかもしれませんね。

エポスカードを持っていない場合はどうすればいいの?

エポスカードをお持ちでない方がエポスETCカードを申し込む場合は、同時にエポスカードを申し込む必要があります。
エポスカードの申し込みの際にETCカードを同時に発行してもらえるので、まずはエポスカードの申し込みから始めましょう。

エポスカードとETCカードを同時に申し込む

エポスカードの申し込み方法はインターネットから行う方法と、店頭カウンター、エポスカードセンターで申し込む方法の二通りがあります。

インターネットでの申し込みは24時間受け付けているので、前日の夜に申し込みをして、翌日エポスカードセンターで受取ることも可能ですし、直接にエポスカードセンターで申し込みをしてその場で発行してもらうことも可能です。

エポスETCカードは即日発行できるの?

ETCカードに関しては、申し込み方法に関わらず、どの場合でもご自宅への郵送になってしまいます。

エポスカードの場合は即日発行してもらえるのですが、ETCカードの郵送には10日~2週間ほどの時間が必要になります。
利用したいときには余裕を持って申し込むようにしましょう。

エポスETCカードのお得な特典はある?

エポスのETCカードは利用者に嬉しい特典がいくつかあります。

まずは年会費が永年無料という特典。永年というのは安心ですし、ありがたいですよね。

そして利用額に応じてエポスポイントが貯まります。マルイでお買い物することが多い方にはETCの利用分も一緒にエポスポイントになったら嬉しいですね。

エポスポイントとは別に、ETCポイントが貯まります。これは、ETCカードが届いた時点で「ETCマイレージサービス」に登録することで、利用した分のETCポイントがETCの利用料金から引いてくれる嬉しいサービスです。

更に安心のサービスが、紛失時の補償サービスです。万が一紛失や盗難に遭ってしまっても、カードのお届け日から61日前までさかのぼって、その間の不正利用の損害を全額補償してくれるサービスです。

ETCカードを始めて持つ方には安心で嬉しい特典が満載ですね。

エポスのETCカードはこんな人にオススメ!

数あるETCカードの中からどこを選ぶのか、その基準になるようなお得な情報をご紹介します。

エポスETCカードを持つためにはエポスのクレジットカードを作らなければなりません。なので、必然的に、マルイをよく利用する方には嬉しいポイントとなりますね。
年に四回開催されている「マルコとマルオの七日間」では10%OFFのサービスが受けられますし、ETCの利用分もエポスポイントに反映されるので、お買い物でポイントを使うことも可能です。

また、マルイの公式通販サイトでもそのポイントを利用することができるので、マルイ愛用者にはお得だらけと言えるでしょう。

年会費無料でポイント還元率も高いJCB CARD W

年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
ポイントアップ&最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 入会月の翌々月末までポイント4倍
  2. 家族カード同時申し込みで最大2,000ポイントプレゼント
  3. さらに、友達紹介で最大6,000円分プレゼント
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • QUICPay一体型のクレジットカード
  • 女性向け特典のあるJCB CARD W plus Lも

ポイントが貯まりやすい&使いやすいOrico Card THE POINT

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短8営業日
国際ブランドマスターカード
最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会で1,000オリコポイント
  2. キャンペーン期間中に10万円以上の利用&6つの条件クリアで5,000オリコポイント
  3. マイ月リボの新規登録&10万円以上の利用で2,000オリコポイント
Orico Card THE POINTの特徴
  • 入会後6ヶ月間はポイントが2倍
  • オリコモール経由なら最大17.5%還元のネットショッピングに!
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 電子マネーiDとQUICPayのダブル搭載
  • 貯まったポイントはAmazonギフト券はじめ好きなポイントや優待券にリアルタイム交換

誕生月はETC利用もポイント3倍になるライフカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
ライフカードの特徴
  • 初年度からポイント1.5倍!翌年以降も年間利用額に応じて最大2倍
  • 誕生月はETCカード利用も含めてポイント3倍
  • 1ポイントあたり5〜10円相当の高レート
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料

ETC利用はポイント2倍のVIASOカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短翌営業日
国際ブランドマスターカード
最大10,000円相当がもらえる入会キャンペーン
  1. 申し込み日から3ヶ月後末日までに15万円以上の利用で9,000円相当のVIASOポイント
  2. 登録型リボ「楽天Pay」に登録で1,000円相当のVIASOポイント
VIASOカードの特徴
  • 貯まったポイントは年に1回、1ポイント1円換算でキャッシュバック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行障害保険が利用付帯
  • ETCカードの発行手数料は1,000円+税。年会費は無料
  • VIASO eショップ経由のインターネットショッピングで最大10%のポイント還元
  • 三菱UFJニコスの信頼と実績

カンタン申し込み&ENEOSでポイント2倍の楽天カード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大5,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で3,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください