【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

期限とは?の意味と使い方を解説

期限
「期限」気がつくといつも意識させられる言葉ですよね。

学生時代は宿題やレポートの提出期限に追われて、社会人になって就職すれば仕事の期限に追われて。
日常生活でも、食材の賞味期限や事務的な手続きの期限など色々と身近なところにある言葉です。

今回は、そんな身近な言葉である「期限」の意味や使い方について探っていきましょう。

期限の読み方

まず、読み方から説明していきます。
「期限」の読み方は「きげん」です。
期限の「期」は「時期」「時間」を意味しており、「限」は「限られている」を意味しています。

まさに、「時間は限られている」ことを意識させられる読み方です。
時間にルーズな人は、このことを強く意識して生活したいところです。
見慣れた言葉は当たり前のものになってしまいますが、文字の意味を深く考えてみるだけでも改めて気づけることはたくさんありますね。

期限の意味について

「期限」とは、「その時までに行うよう、あらかじめ決められた日時」という意味です。

わかりやすい例をあげると、会社で書類作成をする際は「この日時までにやりなさい」と上司から指示を受けるはずです。
これが「期限」です。
いつまでに仕上げてほしいかあらかじめ決めておかないと、ビジネスは回りませんからね。

学生の課題提出も、お金の支払いや市役所の事務的な手続きも、いつまでにやってほしいかの「期限」が必ず決められています。

期限の正しい使い方

「期限」とは「決められた時間の最終日」を意味しています。
例えば、夏休みの宿題は9月1日までにやらないといけませんよね。

この例では「夏休みの宿題は9月1日が期限です」が正しい「期限」という言葉の使い方です。
厳密には前日の8月31日までにやらなければいけないのですが、夏休み最終日に徹夜して当日の朝にギリギリで終わらせる羽目になる生徒が毎年必ず全国の学校でみられるので、あえてこのような言い方をしています。

期限の間違った使い方

「期限」とまぎらわしい言葉に「期間」があります。
前者は「決められた時間の最終日時」を意味しており、後者は「決められた時間」そのものを意味しています。

わかりやすい例で説明します。
①有効期限 2018/12/29まで。
②有効期間 2017/12/1~2018/12/29
①は「この日まで有効です」という最終日の表現で、②は「この日からこの日まで有効です」という決められた時間そのものを表現しています。

「有効期限は2017/12/1から2018/12/29です」なんてうっかり言うと恥をかいてしまいますよ。

期限を使った例文

ここでは、「期限」という言葉を使った例文を2つ紹介します。
学校の課題提出に関する会話、ビジネスの現場での上司と部下との会話、日常生活など幅広く使われる言葉なので、私達にも馴染みのある会話文であるはずです。

意識しないと気づきませんが、どれだけ「期限」という言葉が日常生活に浸透しているかがよくわかりますね。

期限の使い方【例文その①】

一つ目の例文は、課題について話している大学生の会話文です。
A「課題が終わらなくて大変だな」
B「俺もだ」
A「経済学のレポート提出期限明日までだけど、さっきやっと終わったよ」
B「嘘だろ!?すっかり忘れてた!」
A「まずいぞ!これ出せないと単位落とすぞ」
B「急いで終わらせなきゃ!今夜は徹夜だ!」

この会話文にある「レポートの提出期限」が一例となっています。
社会人の中には、思わずヒヤッとした方もいるかもしれない例文かもしれません。
そして大学生の皆さんは、くれぐれもこんな風になってはいけませんよ。

期限の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、ポイントカードに使われる「有効期限」についての会話文になっています。
A「知ってる?○○カードのポイントの有効期限って、最後にポイントカードを使用した日から2年後なんだって!」
B「長いんだね!」
A「そんなこと言って、忘れてポイント失効しても知らないよ!」

節約マニアによくある会話ですね。
実際に、各店舗のポイントカードは有効期限切れになるとポイントが無効になってしまいます。
地味に痛い失敗なので、有効期限切れには気を付けましょう。

期限は英語でなんて言うの?

「期限」を英語で言うと主に「Deadline」と「Due date」があります。
前者は直訳すると「死の線」であり「最終締め切り」という意味合いの強い、プレッシャーのあるニュアンスになっています。
例文
「Tomorrow is the submission deadline for that.」
それの提出締め切りは明日ですよ。

後者は前者ほどインパクトが強くない、遅れる可能性もあるニュアンスです。
例文
「Please submit it by the due date.」
期限までに提出して下さい。

期限は中国語でなんて言うの?

「期限」は中国語で表しても「期限」です。
そのまま中国語に使った例文を紹介します。
「期限已经到了」を日本語で言うと「期限がもう来た」となります。
これなら中国語に詳しくない人でも直感的に意味がわかりますね。

他の言い方に「时限」「限期」などがあります。

また、「期限が切れる」という意味の言葉に「到期」があります。
実際に中国へ旅行へ行く時のことも考えると、こちらの言葉も覚えておいて損はないですね。
例えば「ビザは来月で期限が切れる」を中国語で言うと「签证下月到期」になります。

期限の類義語や関連語は?

「期限」の類義語に「締め切り」があります。
「期限」とほとんど同じですが、「ここに記された日時を過ぎたら受け付けませんよ」という意味を含んでいます。
実際に事務的な書類は締め切りを過ぎると受け付けてもらえなくなるため、締め切り忘れには充分注意したいですね。

また、「タイムリミット」という言い方もあります。
「期限」という言い方ではうっすら意識し続ける程度のニュアンスですが、こっちの方が時間に追われている感じや緊張感の強い言い回しになりますね。

期限の対義語は?

厳密には「期限」の対義語とは言えませんが、「期限付き」の対義語に「無期限」があります。

テレビのニュースで「芸能人やスポーツ選手の無期限活動停止」という記事を見たことがある人もいるでしょう。
こんな記事を見ると「もう活動しない」と勘違いする人も多いですが、「無期限」とはあくまでも「いつまでか決めていない」という意味なので、応援しているアーティストがこんな発表をしても望みを捨てず活動再開を待ちたいですね。

期限を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「期限」は日常に深く浸透している言葉であるため、それにまつわる熟語は数多くあります。
例えば、お店のポイントカードやクレジットカードなどにある「有効期限」。
「いつまで使えるかが決められています」という意味の言葉であり、ここに書かれている日時を過ぎてしまうと使えなくなってしまいます。

また、スーパーの食材に必ずついている「賞味期限」と「消費期限」があります。
時々間違えてしまう方がいますが、前者は「美味しく食べられる期限」で後者は「安全に食べられる期限」です。

期限にまつわるサイト

クレジットカードの有効期限に関する解説記事を2つ紹介します。
何年も前に持ち始めて長く使っていると、忘れた頃に有効期限が切れて慌てることになってしまいます。
特に固定費の支払いをクレジットカードで行っている人は必見です。
「有効期限切れで家賃や光熱費が払えなかった…」なんてことにならないよう、何をすべきか知っておくためにあらかじめ目を通しておくことをおすすめします。
https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/knowledge/date.jsp
https://xn--pckugr66p.com/adv_yukokigen.html#i-3

期限の意味や使い方についてのまとめ

「期限」はたまにしか聞きませんが、気がつくと常に私達の生活につきまっている言葉です。
スピード社会の現代では特に、意識すればするほど目につく言葉です。

時間を意識させられる生活は疲れますが、世の中の秩序が保たれるのは「期限」があるお陰なのを忘れてはいけません。
「いつまでにやるべきか」をあらかじめ決めておかないと、全ての物事は回りませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください