【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

PayPay(ペイペイ)にデビットカードは使える?支払い方法を解説

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が設立したPayPay株式会社が、2018年10月から提供している「モバイル電子決済サービス」のPayPay。

このPayPayにはクレジットカードを登録する事により、PayPayを経由してクレジットカードで支払いをする事ができます。

クレジットカードはスマートフォンに導入したPayPayアプリで簡単に登録できます。

そこで、この記事ではPayPayでデビットカードを使えるか、PayPayに登録できるデビットカードの種類は何か、PayPayを経由してデビットカード支払いを行う時の注意事項について解説します。

PayPayアプリにデビットカードを登録してPayPayを利用する時の参考にしてみてください。

PayPay(ペイペイ)で使えるデビットカードの前にまずPayPayとは?

PayPayとは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が出資して設立したPayPay株式会社が提供している「モバイル電子決済サービス」で、2018年10月からサービスを提供しています。

PayPayは、スマートフォンにアプリをダウンロードすることにより、そのスマートフォンひとつで簡単にキャッシュレスで支払いができるサービスです。
スマートフォンひとつあれば、加盟店のお店で商品購入の代金支払いができます。

PayPay(ペイペイ)でデビットカードは使える?使えない?

さっそくですが、PayPayにデビットカードは登録できます。

基本的にはPayPayのクレジットカードに準じていますが、記事でも詳しく解説していきます。

PayPay(ペイペイ)に登録できるデビットカードの種類は?

PayPayに登録できるデビットカードの種類は下記の通りとなります。

  • VISAデビットカードだけ

海外で発行したカードは登録できない場合があります。
登録できない場合は別の登録可能なデビットカード利用してみてください。

ちなみに、PayPayに登録できるクレジットカードは下記の通りとなりますが、MasterCardブランドのデビットカードは日本で発行されていませんので、結果的に利用できません。
また、JCBブランドのデビットカードも利用できません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB(ただし、Yahoo!JAPANカードのみ)

PayPay(ペイペイ)デビットカード利用 決済方法/決済順序は?

PayPayでは、次の3つ支払い方法があります。

  1. PayPay残高
  2. Yahoo!マネー
  3. クレジットカード/デビットカード ← PayPay使用前に登録しておく

支払いにおいては、PayPay残高 → Yahoo!マネー → クレジットカード/デビットカード の順番で決済されます。
PayPayにクレジットカードやデビットカードを登録しておけば、PayPay経由でクレジットカードやデビットカードでの支払いとなります。
ただし、PayPay残高やYahoo!マネーに支払い額があれば、PayPay残額やYahoo!マネーからの支払いとなります。

PayPay(ペイペイ)デビットカード利用上の注意事項

最近、PayPayでのクレジットカード不正使用が多く報告されています。
個人のクレジットカード情報が流出していて、その流出情報が悪用されていると言われています。

そのクレジットカード等不正使用の対応として、PayPayは12月21日、クレジットカードやデビットカードを使った決済金額について、過去30日間(720時間以内)で合計金額が5万円までとする上限を設けたと発表しました。そのため、決済金額が5万円以上の場合はクレジットカードやデビットカードでの支払いができませんので注意が必要です。
この対策は新しいクレジットカード等不正利用対策を講じるまでの“つなぎ”であり、その後は撤廃する方針のようですが、制限期間は公表されていません。

PayPayはサービス開始からまだ日が浅く、クレジットカード等不正使用のセキュリティ対策等について不十分な部分もあると思いますが、上記対策初め、今後はセキュリティが強化されていくものと考えます。

PayPay(ペイペイ)ではデビットカードは使えるけどプリペイドカードは使えない

PayPayでデビットカードは利用できますが、ソフトバンクカードを代表とする国際ブランド付のプリペイドカードでも利用できません。

VISAマークがついてるからと安心して登録してもエラー表示が出るので注意してくださいね。

PayPay(ペイペイ)デビットカード利用について 最後に

日本では、クレジットカードや交通系電子マネーに比べて、PayPayのようなスマートフォン決済サービスについては知名度が低く加盟店が少ないため、利用者も少ないのが現状です。
中国やインドなどでは急速に関連サービスが普及しているのに比べて、日本は出遅れているようです。

日本政府も2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、PayPayのようなスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。

安全にPayPayが使えるようにセキュリティ強化も図っているようですので、皆さんも将来を見越して「食わず嫌い」にならずに、まず小額から利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください