今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

楽天ペイ使用時の手数料は?決済手数料や入金手数料を解説


楽天ペイは楽天が運営するコード決済サービスです。また楽天ペイには楽天カードや楽天ポイント、楽天Edyなどとの連携が期待できます。

利用方法が多彩ですので、楽天ペイはユーザーだけでなく、加盟店にも様々なメリットがあります。

そこで、楽天ペイとはどんなサービスなのか?を解説するとともに、楽天ペイの手数料について、楽天ペイの利用者と楽天ペイを導入する店舗の両方の手数料について解説します。

目的から絞り込む

楽天ペイとはどんなサービス?

楽天ペイ

楽天ペイとは楽天IDがあればスマホ1つで実店舗、インターネットショッピング、オンラインサービスの支払いに利用できる決済サービスです。

楽天アプリにはバーコード/QRコードの決済機能の他に楽天ポイントカードや個人間送金が備わっており、1つのアプリで様々なシーンでお得に利用することができます。

機能特徴
コード・QR払いバーコードの提示もしくはQRコードの読み取りで支払いを行う
楽天ポイントカードポイントカードのバーコード提示で楽天ポイントが貯まる
送金機能楽天キャッシュで個人間送金を行う

楽天ペイの基本情報

通常還元率0.5%
還元内容楽天ポイント
クレジットカード対応(VISA,マスターカード,JCB,アメックス)
銀行チャージ楽天銀行のみ
支払い方法バーコード/QRコード決済
利用上限1回あたり50万円
※楽天IDの会員ランクや利用店舗で異なる
キャンペーン中!!
今なら最大10,000ポイントもらるキャンペーン実施中!!
対象店舗還元事業による還元※楽天ペイによる還元合計還元率
中小店舗5%なし5.0%
フランチャイズチェーン2%2.0%
対象外店舗なしなしなし
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
楽天ペイの特徴
  • ムビチケ当日券などオンライン決済でもお得なキャンペーン展開
  • 楽天カード登録利用でポイント還元アップ
  • ラクマの売上金を楽天ペイで使える!
Google Play
App Store
注意
※JCB,アメックスは楽天カードのみが対象です。

楽天ペイはキャッシュレス・消費者還元事業に対応

キャッシュレス消費者還元事業
楽天ペイは、キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)に対応しています。

キャッシュレス・消費者還元事業に登録すると、2019年10月から2020年6月までクレジットカードやQRコード決済の手数料が実質2.16%になります。

決済手数料が抑えられるお得な期間ですので、キャッシュレス・消費者還元事業に登録することをおすすめします。

参考キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは?還元方法や見極め方を解説

楽天ペイの導入キャンペーン

楽天ペイは、現在、新規申込みの加盟店向けにカードリーダー実施0円キャンペーンを実施しています。

これは、QRコード決済やクレジットカード、電子マネーの決済ができて、通常18,800円するカードリーダーを無料で貰えるというおトクなキャンペーンです。

PayPayは導入費用+手数料が0円

楽天ペイの競合といわれるPayPayも導入費用は0円です。

さらに、PayPayは2021年9月30日まで決済手数料が0円ですので、導入コストをかなり抑えられます。

PayPayの加盟店申し込み

PayPay導入で中国・台湾・香港に約8億人のユーザーが利用するAlipay(アリペイ)も決済手数料0円で導入できますので、この機会に加盟店登録を行いましょう。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料無料(※1)入金手数料無料(※2)
締め日当月末締め入金タイミングジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:最短翌々営業日
注意
※1.2021年9月30日までユーザーが読み取る支払いのみ対象
※2.2020年6月30日まで無料。以降はジャパンネット銀行のみ対象。
PayPayの加盟店申し込み
参考PayPayを導入するには?手数料やレシート発行の仕方まで徹底解説!

楽天ペイの手数料は?

楽天ペイを導入すると様々なメリットを受けられますが、気になるのはコスト面という方が多いかもしれません。

楽天ペイを導入する際、初期費用、導入費用、維持費用はかかりません。

ただし、決済手数料が最大3.24%かかります。

決済手数料を加味しても、導入にかかるコストは限りなく低く抑えられますので、試験的にQRコード決済を導入してみたい方にはおすすめですね。

さらに、2019年10月1日から経済産業省が主導するキャッシュレス・消費者還元事業が開始します。

キャッシュレス・消費者還元事業に登録すると、楽天ペイの決済手数料が2.16%になりますのでかなりお得です。

初期導入費用は0円

楽天ペイの初期導入費用はスマホ、タブレットがあれば0円となります。

店舗にQRコードを掲示するだけですので、初期費用はもちろんかかりません。

また、申込み時にクレジットカードや電子マネーの決済もできるカードリーダーを選ぶこともできます。

楽天ペイでは、現在カードリーダー実質無料キャンペーン中ですので、カードリーダーが貰えるプランを選択するのもよいでしょう。

月額固定費も0円

楽天ペイは月額固定費もかかりません。

ユーザーがQRコードを提示して、それを読み取り用端末で読み取る方式のQRコード決済サービスでは、月額固定費がかかるサービスもありますので、地味に嬉しいポイントですね。

決済手数料は3.24%

楽天ペイは決済手数料が3.24%かかります。

PayPayやLINE Payは期間限定で決済手数料無料にしていますが、楽天ペイは導入すれば決済手数料が発生します。

今後、何年もQRコード決済が主流となっていくことを考えれば、今のうちから手数料に慣れておくべきかもしれません。

初期導入費用0円 ※別途、カードリーダー代の全額キャッシュバックキャンペーンもあり
月額固定費0円
決済手数料決済手数料3.24%

楽天ペイの入金はいつ?

楽天ペイの入金は、指定口座を楽天銀行にすれば、決済の翌日に自動入金となります。

参考楽天銀行の法人口座はメリットがたくさん!主なメリットや口座開設の流れを紹介!

楽天ペイ以外のQRコード決済の手数料は?

楽天ペイの手数料がわかったところで、楽天ペイの競合サービスは手数料がどれくらいなのか、気になりますね。

主なQRコード決済サービスの手数料は下記で確認できます。

PayPayLINE PayメルペイOrigami Pay楽天ペイ
運営会社PayPay(株)LINE Pay(株)(株)メルペイ(株)Origami楽天ペイメント(株)
QRコード決済PaypayLINE PayメルペイOrigami Pay楽天ペイauペイ
国外QRコード決済Alipay

WeChat Pay、NAVER Pay×銀聯QR、Alipay×
QRコード決済の手数料無料(期間限定)無料(期間限定)無料(期間限定)無料(期間限定)3.24%
電子マネー決済××××楽天Edy、nanaco、WAON、Apple Pay、iD、QUICPay、Suicaなど交通系電子マネー
電子マネー決済の手数料××××楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネー、Apple Pay、iD、QUICPay:3.24%
利用可能なクレジットカード××××VISA、Mastercard、アメックス、JCB、ダイナース、DISCOVER
クレジットカード決済手数料××××VISA、Mastercard、アメックス:3.24%
JCB、ダイナース、DISCOVER:3.74%
初期費用無料無料無料無料実質無料
月額固定費無料無料無料無料無料
入金サイクルジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:翌々営業日
入金申請後、即時〜翌営業日
当月末締め翌月末払い
月1回:月末締め翌月10日入金
月2回:15日締め25日入金と月末締め翌月10日
当月1日から15日:当月末日
当月16日から末日:翌月15日
楽天銀行:翌日
その他金融機関:翌営業日
振込手数料無料(期間限定)無料(入金申請した場合240円税込)200円(お急ぎ振込400円)無料楽天銀行:無料
その他金融機関:210円
利用開始までの日数1ヶ月程度約10営業日1週間前後調査中1週間前後
対応端末iOS,AndroidiOS,AndroidiOS,AndroidiOS,AndroidiOS,Android
レシート発行×××××
分割払い×××××
参考おすすめのQRコード決済とは?決済手数料で比較したおすすめ5選と導入後の留意点

メルペイの手数料は?

楽天ペイの競合にあたるメルペイは初期費用と月額固定費は0円です。

ただし、決済手数料は1.5%かかります。

参考メルペイ使用時の手数料は基本無料!メルペイ利用者とメルペイ導入店舗の両方の手数料について解説

LINE Payの手数料は?

楽天ペイの競合にあたるLINE Payも初期費用と月額固定費は0円です。

加えて、決済手数料も2020年7月まで無料です。

参考LINE Pay使用時の手数料は?決済手数料や入金手数料を解説

楽天ペイの競合キャッシュレス決済サービスは?

楽天ペイはクレジットカード決済、や電子マネー決済にも対応していますので、Airペイ
(エアペイ)
などのキャッシュレス決済サービスも競合と言えます。

主なキャッシュレス決済サービスは下記で確認できます。

square
(スクエア)
Airペイ
(エアペイ)
コイニー
(Coiney)
Times Pay
(タイムズペイ)
楽天ペイ
運営会社Square(株)リクルートライフスタイルコイニー (株)パーク24(株)楽天ペイメント(株)
QRコード決済×PayPay
LINE Pay
d払い
××楽天ペイ、auペイ
国外QRコード決済×WeChat Pay
Alipay
WeChat Pay××
QRコード決済の手数料×3.24%3.24%×3.24%
電子マネー決済×Apple Pay
iD
QUICPay
Suicaなど交通系電子マネー
Suicaなど交通系電子マネーWAON
nanaco
Suicaなど交通系電子マネー
楽天Edy,nanaco,WAON,Apple Pay,iD,QUICPay,Suicaなど交通系電子マネー
電子マネー決済の手数料×交通系:3.24%
Apple Pay,iD,QUICPay:3.74%
3.24%3.24%楽天Edy,nanaco,WAON,交通系電子マネー,Apple Pay,iD,QUICPay:3.24%
利用可能なクレジットカードVISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
セゾンカード
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
クレジットカード決済手数料JCB以外:3.25%
JCB:3.95%
VISA,Mastercard,アメックス:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard,アメックス,セゾン:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard:3.24%
アメックス,JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard,アメックス,JCB,ダイナース,DISCOVER:3.24%
初期費用実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料
月額固定費無料無料無料無料無料
入金サイクル翌日(三井住友、みずほ銀行)
週1回(三井住友、みずほ以外)
メガバンク:月6回
その他の金融機関:月3回
月6回1日から15日:当月末日
16日から当月末日:翌月15日
翌日(楽天銀行)
翌営業日(楽天銀行以外)
振込手数料無料無料売上合計10万円未満:200円
売上合計10万円以上:無料
無料無料(楽天銀行)
210円(楽天銀行以外)
申込み方法HPより申込みHPより申込みHPより申込みHPより申込みHPより申込み
利用開始までの日数最短翌日1週間〜1ヶ月1週間前後1ヶ月程度1週間前後
対応端末iOS,AndroidiOSのみiOS,Android専用端末iOS,Android
レシート発行×××プリンター提供×
分割払い××2回払い
リボ払い
※coineyターミナルでVISA,Mastercardのみ
分割払い
リボ払い
×

QRコード決済を導入しない場合はおてがるPayで一元管理

QRコード決済は導入しないが、クレジットカードやSuicaなどの電子マネーを導入したい場合は、おてがるPayの導入を検討してみてください。

おてがるPay JMS(ジェイエムエス)が運営するおてがるPayは制度期間中は導入費用0円で加盟店手数料が引き下がりますので、クレジットカードや電子マネー決済導入を考えている事業者におすすめです。 主要国際ブランド、銀聯カード、電子マネー、Apple Pay、Google Payの導入を考えている方は、JCB・三菱UFJニコス・UCカード3社出資のおてがるPayの検討をしましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日月2回もしくは月6回入金タイミング月2回払いもしくは月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、DCカード、三菱UFJカード、ニコスカード、UCカード
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、アメックス、ダイナース、銀聯、DISCOVER、Apple Pay、Google pay、交通系電子マネー、QUICPay、iD
対象外の決済ブランドWAON、nanaco、楽天Edyなど
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考おてがるPay(おてがるペイ)を導入するには?導入の手数料やメリットを徹底解説!

Airペイ(エアペイ)の手数料は?

Airペイ(エアペイ)の決済手数料は3.24〜3.74%です。

クレジットカード決済や電子マネー決済に加えて、PayPayなどのQRコード決済サービスに対応しているのが魅力です。

Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

Square(スクエア)の手数料は?

Square(スクエア)の決済手数料は3.25〜3.95%です。

Square(スクエア)

Square(スクエア)はアメリカのSquare(スクエア)社が開発したサービスで、日本では三井住友カードが全面バックアップしている決済サービスです。

Twitterの創業者ジャック・ドーシーが開発したサービスですので、知名度と話題性はかなり高いと言えます。

クレジットカードの主要国際ブランドの決済が可能ですので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.25%〜3.95%入金手数料無料
締め日三井住友、みずほ銀行:毎日
それ以外の金融機関:毎週水曜日
入金タイミング三井住友、みずほ銀行:翌日
それ以外の金融機関:週1回
加盟店手数料3.25%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、ダイナース、DISCOVER
加盟店手数料3.95%の対応ブランドJCB
対象外の決済ブランドSuica、Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

コイニー (Coiney)の手数料は?

コイニー (Coiney)の決済手数料も3.24〜3.74%です。

国内QRコード決済サービスは利用できませんが、WeChat Payに対応しているのが特徴です。

Coiney(コイニー)のタダノリキャンペーン Coiney(コイニー)は中国人観光客にも対応できるWeChat Payを導入できる決済事業者です。 他にも主要国際ブランド、交通系電子マネー導入できますので、キャッシュレス決済の導入を検討している方はCoineyも検討しましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料10万円未満:200円
10万円以上:無料
締め日月6回入金タイミング月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、セゾンカード、交通系電子マネー、WeChatPay
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER
対象外の決済ブランドApple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

楽天ペイの手数料まとめ

日本政府は2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、楽天ペイのようなスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。

楽天ペイ使用に関しては、利用者のみならず店舗側の手数料も無料ですので、容易に楽天ペイを導入・利用する環境ができていると言えます。

皆さんも、将来を見越して「食べず嫌い」にならずに、店舗の方は楽天ペイ導入の検討を、利用者の方はまず小額から利用してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください