【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

PayPay使用時の入金手数料は基本無料!手数料について解説


「100億円あげちゃうキャンペーン」で大々的にテレビコマーシャルが流れ、また店頭キャンペーン広告で認知度が上がった「PayPay(ペイペイ)」。

PayPayはスマートフォンひとつあれば、キャッシュレスで簡単に支払いができる便利なサービスです。

PayPayの手数料については、PayPay利用者の手数料が無料なのは当たり前ですが、現在はPayPayを導入する店舗についても手数料が無料です。

そこで、PayPayとはどんなサービスなのか?を解説するとともに、PayPayの手数料について、PayPayの利用者とPayPayを導入する店舗の両方の手数料について解説します。

PayPay加盟店契約の基本情報

PayPayの加盟店 PayPay導入で中国・台湾・香港に約8億人のユーザーが利用するAlipay(アリペイ)も決済手数料0円で導入できますので、この機会に加盟店登録を行いましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料無料(※1)入金手数料無料(※2)
締め日当月末締め入金タイミングジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:最短翌々営業日
注意
※1.2021年9月30日までユーザーが読み取る支払いのみ対象
※2.2020年6月30日まで無料。以降はジャパンネット銀行のみ対象。
PayPayの加盟店申し込み

PayPayとはどんなサービス?

PayPay(ペイペイ)=ペイペイとは、ソフトバンクとヤフーが出資して設立したPayPay株式会社が提供している「モバイル電子決済サービス」で、2018年10月からサービスを開始しています。

PayPayはスマホにアプリをダウンロードすることで、簡単にキャッシュレス支払いができる無料のサービスです。

スマホ1つで加盟店での買い物ができますし、支払額に応じてPayPay残高の還元を受けられますのでお得ですね。

PayPayの手数料は?

PayPay(ペイペイ)を導入すると様々なメリットを受けられますが、気になるのはコスト面という方が多いかもしれません。

2019年8月9日現在、読み取り支払い方式でPayPayを導入すれば手数料や導入コストは一切かかりません。

読み取り支払い方式とはお店にQRコードを掲示して、ユーザーに読み取ってもらう方法です。

試験的にQRコード決済を導入してみたい方にはおすすめですね。

  • 初期導入費 0円
  • 月額固定費 0円
  • 決済システム利用料 0円
    ※2021年9月30日までユーザーが読み取る支払いのみ対象
  • 入金手数料 0円

初期導入費用は0円

PayPay(ペイペイ)の初期導入費用は0円です。

お店にQRコードを置くだけですので、初期費用はもちろんかかりません。

月額固定費も0円

PayPay(ペイペイ)は月額固定費もかかりません。

ユーザーがQRコードを提示して、それを読み取り用端末で読み取る方式のQRコード決済サービスでは、月額固定費がかかるサービスもありますので、地味に嬉しいポイントです。

決済システム利用料も0円

読み取り支払い方式の場合、決済システム利用料はかかりません。

ただし、無料期間は2021年9月30日までですので注意が必要です。

入金手数料はジャパンネット銀行に限り永年0円に

PayPay(ペイペイ)の入金手数料は、2020年6月30日まで無料です。

さらに、ジャパンネット銀行の場合は永年無料ですので、
継続的に利用したい場合は、ジャパンネット銀行の口座開設も視野に入れたいところです。

Alipayも手数料0円で利用できる

PayPayを導入するとPayPayコードでAlipayも利用できるようになります。

さらに、Alipayも2020年9月30日までユーザーが読み取る支払い方式だと手数料無料になりますのでかなりお得です。

中国からの渡航者はAlipayを利用している人が多いので、新しいユーザーの獲得に繋がるかもしれません。

PayPayの入金はいつ?

PayPayの入金は、ジャパンネット銀行の場合、締め日の翌日となります。

また、ジャパンネット銀行以外の場合は締め日から最短翌々営業日となります。

月末の締め日から最短翌日

PayPayは、累計された決済金額に関わらず、月末が締め日となります。

ですので、ジャパンネット銀行の場合は毎月1営業日目に入金されることになり、
売上金をすぐに回収することができます。

累計決済金額が1万円を越えると締め日に

PayPayは、月末の締め日に加え累計決済金額が1万円を越えるとその日が締め日となります。

例えば、月中のある営業日で累計決済金額が1万円を超えた場合、その日が締め日となりジャパンネット銀行だと翌日に入金されます。

AirペイだとPayPayに加えてクレカや電子マネーにも対応

クレジットカードや電子マネーも利用できるキャッシュレス決済サービスのAirペイ。

Airペイでは、PayPayも利用できるようになりますが、手数料は3.24%取られます。

様々な決済方法を纏めて効率化したい、という方はAirペイも選択肢に入るでしょう。

参考Airペイ(エアペイ)使用時の手数料は?!Airペイ(エアペイ)導入店舗の手数料について詳しく解説

Airペイの基本情報

Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

PayPayの競合を導入するには?

ここまで、PayPayの手数料や導入費用に関して解説してきましたが、他のサービスの手数料が気になる方もいるでしょう。

そこで、PayPayの競合サービスを一覧に纏めましたので、下記を参考に導入するサービスを選びましょう。

PayPayLINE PayメルペイOrigami Pay楽天ペイ
運営会社PayPay(株)LINE Pay(株)(株)メルペイ(株)Origami楽天ペイメント(株)
QRコード決済PaypayLINE PayメルペイOrigami Pay楽天ペイ、auペイ
国外QRコード決済Alipay

WeChat Pay、NAVER Pay×銀聯QR、Alipay×
QRコード決済の手数料無料(期間限定)無料(期間限定)1.50%0~3.25%3.24%
電子マネー決済××××楽天Edy、nanaco、Apple Pay、iD、QUICPay、Suicaなど交通系電子マネー
電子マネー決済の手数料××××楽天Edy、nanaco、交通系:3.24%
Apple Pay、iD、QUICPay:3.74%
利用可能なクレジットカード××××VISA、Mastercard、アメックス、JCB、ダイナース、DISCOVER
クレジットカード決済手数料××××VISA、Mastercard、アメックス:3.24%
JCB、ダイナース、DISCOVER:3.74%
初期費用無料無料無料無料実質無料
月額固定費無料無料無料無料無料
入金サイクルジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:翌々営業日
入金申請後、即時〜翌営業日
当月末締め翌月末払い
月1回:月末締め翌月10日入金
月2回:15日締め25日入金と月末締め翌月10日
当月1日から15日:当月末日
当月16日から末日:翌月15日
楽天銀行:翌日
その他金融機関:翌営業日
振込手数料無料(期間限定)無料(入金申請した場合240円税込)200円(お急ぎ振込400円)無料楽天銀行:無料
その他金融機関:210円
利用開始までの日数1ヶ月程度約10営業日1週間前後調査中1週間前後
対応端末iOS,AndroidiOS,AndroidiOS,AndroidiOS,AndroidiOS,Android
レシート発行×××××
分割払い×××××

メルペイの手数料は?

PayPayの競合にあたるメルペイも初期費用と月額固定費は0円です。

ただし、決済手数料は1.5%かかります。

参考メルペイ使用時の手数料は基本無料!メルペイ利用者とメルペイ導入店舗の両方の手数料について解説

LINE Payの手数料は?

LINE Payは決済方式によって導入費用、手数料ともに異なりますが、
店頭にQRコードを設置する方式とLINE Pay店舗用アプリを利用する方式だと初期費用、月額固定費、手数料が0円になります。

参考LINE Pay使用時の手数料は?決済手数料や入金手数料を解説

PayPayの手数料まとめ

日本政府は2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、PayPayのようなスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。

PayPay使用に関しては、利用者のみならず店舗側の手数料も無料ですので、容易にPayPayを導入・利用する環境ができていると言えます。

皆さんも、将来を見越して「食べず嫌い」にならずに、店舗の方はPayPay導入の検討を、利用者の方はまず小額から利用してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください