今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

おすすめのキャッシュレス決済を徹底比較!【2019年最新】


「キャッシュレス決済サービスはたくさんあるけど、どれが一番いいのか分からない。」
今やクレジットカード決済や電子マネー決済が普及し、たくさんの決済方法がありますので、何を基準に比較をすれば良いのか悩ましく思っている方も多いのではないでしょうか。

例えば、
・そもそもキャッシュレス決済ってどんなサービス?
・キャッシュレス決済のおすすめはどれ?
・比較するなら何を調べればいいの?
などあるでしょう。

そこで、この記事ではおすすめのキャッシュレス決済の紹介と気になる項目を比較してみましたので、これからキャッシュレス決済を導入しようと思っていた方は参考にしていただければと思います。

目的から絞り込む

おすすめのキャッシュレス決済サービス6選

まずはじめに、おすすめのキャッシュレス決済サービスを6社ピックアップしました。

6社それぞれ他社サービスにはない魅力を持ったキャッシュレス決済サービスばかりですので、導入時にもその恩恵を受けられるのが魅力です。

Airペイ(エアペイ)

幅広い決済に対応!PayPayにも対応した万能サービス
Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考Airペイ(エアペイ)完全ガイド!【2019年最新】導入方法から5つのメリットまで詳しく解説!

Square(スクエア)

JCB以外のクレジットカード決済手数料は3.25%!
Square(スクエア)

Square(スクエア)はアメリカのSquare(スクエア)社が開発したサービスで、日本では三井住友カードが全面バックアップしている決済サービスです。

Twitterの創業者ジャック・ドーシーが開発したサービスですので、知名度と話題性はかなり高いと言えます。

クレジットカードの主要国際ブランドの決済が可能ですので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.25%〜3.95%入金手数料無料
締め日三井住友、みずほ銀行:毎日
それ以外の金融機関:毎週水曜日
入金タイミング三井住友、みずほ銀行:翌日
それ以外の金融機関:週1回
加盟店手数料3.25%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、ダイナース、DISCOVER
加盟店手数料3.95%の対応ブランドJCB
対象外の決済ブランドSuica、Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

日本には2013年に上陸した比較的新しいサービスです。

Square(スクエア)は、スマホやタブレットに専用カードリーダーを装着することで簡単にキャッシュレス決済ができるようになります。

Square(スクエア)の創業者は、Twitterの創業者でもあるジャック・ドーシーという人です。

また、日本では三井住友カードがSquare(スクエア)と提携強化を行っていますので、三井住友銀行の全国支店でSquare(スクエア)が紹介されています。

まだまだ一般知名度は低いSquare(スクエア)ですが、今後はSquare(スクエア)を導入する企業が増えることが予想されますね。

参考Square(スクエア)を導入するには?導入方法からメリットまで徹底解説!【2019年最新】

楽天ペイ

楽天ペイ以外にも幅広く対応!楽天銀行なら翌日入金!
楽天ペイの加盟店
楽天ペイとは、楽天ペイメント株式会社が運営するQRコード決済・バーコード決済サービスです。

他QRコード決済と同様に、クレジットカードのポイント・マイル・キャッシュバックができることに加えて、楽天スーパーポイントが0.5%貯まるのがメリットです。

参考楽天ペイを導入するには?手数料やメリットを徹底解説!

コイニー(Coiney)

WeChat Payにも対応!セゾンカードも手数料3.24%!
Coiney(コイニー)のタダノリキャンペーン Coiney(コイニー)は中国人観光客にも対応できるWeChat Payを導入できる決済事業者です。 他にも主要国際ブランド、交通系電子マネー導入できますので、キャッシュレス決済の導入を検討している方はCoineyも検討しましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料10万円未満:200円
10万円以上:無料
締め日月6回入金タイミング月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、セゾンカード、交通系電子マネー、WeChatPay
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER
対象外の決済ブランドApple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考コイニー(Coiney)を導入するには?コイニー(Coiney)導入の手数料やメリットを徹底解説!

Times Pay(タイムズペイ)

専用タブレットとプリンターも無償提供!
TimesPay(タイムズペイ) TimesPay(タイムズペイ)はタブレット・カードリーダー・プリンターの3点が無料で提供されますので、初期費用が完全無料で使えるメリットがあります。 電子マネーもSuicaやPASOMOをはじめとした交通系ICカードに加え、WAONやnanacoにも対応しており、決済手数料が他社よりも安いという特徴もあります。 年中無休のコールセンター(営業時間9:00-23:00)もありますので、サポートが必要な事業者の方におすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日毎月15日と月末の2回入金タイミング15日締め:当月末日払い、末日締め:翌月15日払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、nanaco、WAON、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、アメックス、ダイナース、DISCOVER、
対象外の決済ブランドApple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、楽天Edy、QRコード決済
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考Times Pay(タイムズペイ)を導入するには?Times Pay(タイムズペイ)導入の手数料やメリットを徹底解説!

おてがるPay

クレジットカード会社3社が出資!銀聯カードも対応!
おてがるPay JMS(ジェイエムエス)が運営するおてがるPayは制度期間中は導入費用0円で加盟店手数料が引き下がりますので、クレジットカードや電子マネー決済導入を考えている事業者におすすめです。 主要国際ブランド、銀聯カード、電子マネー、Apple Pay、Google Payの導入を考えている方は、JCB・三菱UFJニコス・UCカード3社出資のおてがるPayの検討をしましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日月2回もしくは月6回入金タイミング月2回払いもしくは月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、DCカード、三菱UFJカード、ニコスカード、UCカード
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、アメックス、ダイナース、銀聯、DISCOVER、Apple Pay、Google pay、交通系電子マネー、QUICPay、iD
対象外の決済ブランドWAON、nanaco、楽天Edyなど
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考おてがるPay(おてがるペイ)を導入するには?導入の手数料やメリットを徹底解説!

キャッシュレス決済の選び方

おすすめのキャッシュレス決済サービス6社をまとめて紹介しましたが、ここからは気になる項目別に一覧表にして比較できるようにまとめました。

対応クレジットカード

どのサービスも一般的な国際ブランドには対応しています。

また、キャッシュレス・消費者還元事業に登録すれば、2019年10月から2020年6月末まで、決済手数料が実質2.16%となりますので、どのサービスでも差が出なくなります。

その中でも、差がつくポイントとしては、おてがるPayで銀聯が唯一対応しているという事でしょう。

中国からの旅行者をターゲットとしている事業者にはおてがるPayがオススメです。

サービス名VISAMastercardアメックスJCBダイナースDISCOVERその他
Airペイ(エアペイ)3.24%3.24%3.24%3.74%3.74%3.74%×
Square(スクエア)3.25%3.25%3.25%3.95%3.25%3.25%×
楽天ペイ3.24%3.24%3.24%3.74%3.74%3.74%×
コイニー(Coiney)3.24%3.24%3.24%3.74%3.74%3.74%セゾン 3.24%
Times Pay(タイムズペイ)3.24%3.24%3.74%3.74%3.74%3.74%×
おてがるPay3.24%3.24%3.74%3.74%3.74%3.74%銀聯 3.74%、
三菱UFJ,ニコス,UC 3.24%

対応電子マネー

電子マネーの対応に関しては、各サービスで異なります。

対応している電子マネーの種類が多いサービスは、楽天ペイおてがるpayです。

特に、楽天ペイは、交通系電子マネーやApple Pay、IDに加えて楽天Edyに対応している唯一のサービスです。

電子マネーの利用者が多い場合は、楽天ペイがオススメでしょう。

サービス名Suicaなど交通系電子マネーWAONnanacoApple PayQUICPayiDその他
Airペイ(エアペイ)3.24%××3.74%3.74%3.74%×
Square(スクエア)×××××××
楽天ペイ3.24%×3.24%3.74%3.74%3.74%楽天Edy 3.24%
コイニー(Coiney)3.24%××××××
Times Pay(タイムズペイ)3.24%3.24%3.24%××××
おてがるPay3.74%××3.74%3.74%3.74%Google Pay 3.74%

対応QRコード決済

QRコード決済に強いのは、何と言ってもAirペイ(エアペイ)です。

PayPay、LINE Pay、d払いといった主要QRコードサービスを網羅しています。

QRコード決済に対応したい、という事業者にはAirペイ(エアペイ)がオススメです。

サービス名PayPayLINE Pay楽天ペイd払いau PayAlipayWeChat Pay
Airペイ(エアペイ)3.24%3.24%×3.24%×3.24%3.24%
Square(スクエア)×××××××
楽天ペイ××3.24%×3.24%××
コイニー(Coiney)××××××3.24%
Times Pay(タイムズペイ)×××××××
おてがるPay×××××××

導入費用

導入費用は、どのサービスも実質無料ですので、差がつきにくくなっています。

導入費用では比較せず、「今ならどのサービスでも導入費用はかからない」ということを覚えておくとよいでしょう。

サービス名初期費用月額固定費
Airペイ(エアペイ)実質無料無料
Square(スクエア)実質無料無料
楽天ペイ実質無料無料
コイニー(Coiney)実質無料無料
Times Pay(タイムズペイ)実質無料無料
おてがるPay実質無料無料

入金サイクル

入金サイクルは、各社で異なりますので表を参考にしてください。

売上金をすぐにでも回収したい、という事業者はsquare(スクエア)楽天ペイをオススメします。

サービス名入金サイクル
Airペイ(エアペイ)メガバンク:月6回
その他の金融機関:月3回
Square(スクエア)翌日(三井住友、みずほ銀行)
週1回(三井住友、みずほ以外)
楽天ペイ翌日(楽天銀行)
翌営業日(楽天銀行以外)
コイニー(Coiney)月6回
Times Pay(タイムズペイ)1日から15日:当月末日
16日から当月末日:翌月15日
おてがるPay月2回
月6回

振込手数料

振込手数料は、無料のサービスが多いのが現状です。

今後変わってくるかもしれませんが、現状では判断材料にはしなくていいでしょう。

サービス名振込手数料
Airペイ(エアペイ)無料
Square(スクエア)無料
楽天ペイ無料(楽天銀行)
210円(楽天銀行以外)
コイニー(Coiney)売上合計10万円未満:200円
売上合計10万円以上:無料
Times Pay(タイムズペイ)無料
おてがるPay無料

対応端末

対応端末は、気にしていない方も多いかと思いますが、大事な判断材料です。

例えば、Airペイ(エアペイ)おてがるPayなどは、iOSにしか対応していないためiPhoneやiPadがないと利用することができません。

事前に今、導入しているタブレット端末が何かを確認するようにしましょう。

サービス名対応端末
Airペイ(エアペイ)iOSのみ
Square(スクエア)iOS,Android
楽天ペイiOS,Android
コイニー(Coiney)iOSのみ
Times Pay(タイムズペイ)専用端末
おてがるPayiOSのみ

レシート発行

レシート発行するためのプリンターが導入時に付いてくるかも確認が必要でしょう。

表を見ると、プリンターは付属しておらず、別途購入する必要があるサービスが多いです。

どうしてもプリンターも無料で手に入れたい場合は、Times PayおてがるPayをオススメします。

サービス名レシート発行
Airペイ(エアペイ)×
Square(スクエア)×
楽天ペイ×
コイニー(Coiney)×
Times Pay(タイムズペイ)プリンター提供
おてがるPayプリンター提供

キャッシュレス決済の比較表

ここまで解説してきたキャッシュレス決済サービス6社を纏めましたので、確認してみましょう。

Airペイ
(エアペイ)
Square
(スクエア)
楽天ペイコイニー
(Coiney)
Times Pay
(タイムズペイ)
おてがるPay
対応クレジットカード
対応電子マネー×
対応QRコード決済×××
導入費用
入金サイクル
振込手数料
対応端末
レシート発行××××

キャッシュレス決済の申込み方

キャッシュレス決済の申込みは、各サービスの公式サイトから申込みできます。

Airペイ(エアペイ)を例に申込み方をまとめましたので、参考にしてください。

公式サイトから申込み

Airペイ(エアペイ)の公式サイトから申込みます。

申込みの際は、店舗情報や口座情報、法人の場合は法人情報を入力する必要があります。

また、キャッシュレス・消費者還元事業の登録も同時に申込みできます。

キャッシュレス・消費者還元事業に登録する場合は、審査書類のアップロードが必要となりますので、書類を事前に準備しましょう。

審査

申込み完了後、審査があります。

審査は約3営業日で完了し、審査結果は登録しているAirIDのメールアドレスに送信されるので、確認しましょう。

また、審査結果はAirペイ(エアペイ)の管理画面でも確認できます。

カードリーダーが配送される

審査完了後、登録している店舗へカードリーダー、操作マニュアル、加盟店ステッカーが送られてきます。

また、キャッシュレス・消費者還元事業
の登録申込みでiPadを希望した場合は、カードリーダーなどと合わせて配送されます。

同梱物
カードリーダー
microUSBケーブル(カードリーダー充電用)
初期設定・操作マニュアル
加盟店ステッカー(店頭掲示ツール)

カードリーダーを充電する

まず、同梱されているmicroUSBケーブルとカードリーダーを接続し、カードリーダーの充電をおこなってください。

充電アダプタは付属していないので、パソコンUSBやiPad/iPhoneの充電アダプタを使いましょう。

充電中は充電ランプが赤く点灯し、ディスプレイに充電マークが表示されます。

充電は、カードリーダーのディスプレイ画面が下図のように変わると完了です。

初期設定を行う

店舗で元々使っているiPadまたはiPhoneにAirペイアプリのダウンロードします。

カードリーダーの箱に同梱されているマニュアルを参考にして、各種設定を行ないましょう。


初期設定が完了すると、ログイン画面にトレーニングモードのホーム画面が表示されます。


「ご利用開始のお知らせ」メールを受け取ると本番用の画面になります。

トレーニングモードで決済を体験する

初期設定が完了したら、トレーニングモードで決済のやり方を体験しましょう。



利用開始

利用開始のお知らせメールが届いたら、カードリーダーの決済機能を利用できるようになります。

キャッシュレス・消費者還元事業を上手く利用しよう

2019年10月からキャッシュレス・消費者還元事業が始まります。

キャッシュレス決済サービスを導入する際には、一緒にキャッシュレス決済サービスに登録することをオススメします。

申込締切日還元開始日
9月26日(木)17:00〆切10月21日(月)から還元スタート
10月4日(金)17:00〆切11月1日(金)から還元スタート
10月17日(木)17:00〆切11月11日(月)から還元スタート
10月25日(金)17:00〆切11月21日(木)から還元スタート
11月6日(水)17:00〆切12月1日(日)から還元スタート
11月15日(金)17:00〆切12月11日(水)から還元スタート
11月26日(火)17:00〆切12月21日(土)から還元スタート
12月6日(金)17:00〆切2020年1月1日(水)から還元スタート
12月13日(金)17:00〆切2020年1月11日(土)から還元スタート
MEMO
例えば、10月4日17:00までに、決済事業者(Airペイ(エアペイ)PayPay加盟店契約など)経由で全ての必要な情報・書類を不備なく事務局に登録・提出した店舗については、 11月1日から還元開始となるよう手続きが進みます。
注意
※決済事業者によって、締切に対する申込・審査等のスケジュールは異なりますので、必ず決済事業者の申込スケジュールを確認しましょう。
※年末年始以降のスケジュールは別途、案内が発表される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください