今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

Airペイ(エアペイ)完全ガイド!【2019年最新】導入方法から5つのメリットまで詳しく解説!


Airペイ(エアペイ)は株式会社リクルートライフスタイルが運営するキャッシュレス決済サービスです。

昨今、クレジットカードQRコード決済などのキャッシュレス決済が急激に普及している中で、リクルートが運営するAirペイ(エアペイ)は今後、普及が加速することが予想されます。

そこで、Airペイ(エアペイ)を導入する方法と決済手数料や導入コストについてわかりやすく解説していきます。

目的から絞り込む

目次

Airペイ(エアペイ)とはどんなサービス?

Airペイ(エアペイ)の基本情報

Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

また、最近何かと話題のPayPayLINE PayなどのQRコード決済サービスにも対応済みです。

まだまだ一般知名度は低いAirペイ(エアペイ)ですが、最近はテレビCMでもよく見かけますので、今後はAirペイ(エアペイ)を導入する企業が増えることが予想されますね。

参考Airペイの新CMが公開!オダギリジョーの過去CMも纏めて紹介


Airペイ(エアペイ)はキャッシュレス・消費者還元事業に対応

キャッシュレス消費者還元事業
Airペイ(エアペイ)は、キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)に対応しています。

キャッシュレス・消費者還元事業に登録すると、2019年10月から2020年6月までクレジットカードやQRコード決済の決済手数料が実質2.16%になります。

決済手数料が抑えられるお得な期間ですので、キャッシュレス・消費者還元事業に登録することをおすすめします。

参考キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは?還元方法や見極め方を解説

Airペイ(エアペイ)を導入する5つのメリット

Airペイ(エアペイ)を導入すると様々なメリットを受けることができます。

具体的には、下記5つのメリットがありますので順番に紹介していきます。

Airペイ(エアペイ)の5つのメリット
  • 導入費用はかからない
  • 会計スピードが早くなる
  • 様々なキャッシュレス決済に対応できる
  • 契約から入金まで一括で管理できる
  • Aiレジと連携できる

導入費用はかからない

Airペイ(エアペイ)は、導入キャンペーンを利用すれば0円で導入可能です。

ただし、決済手数料は3.24%〜3.74%かかります。

決済手数料を加味しても、導入にかかるコストは限りなく低く抑えられますので、試験的にキャッシュレス決済サービス導入してみたい方にはおすすめですね。

参考Airペイ(エアペイ)使用時の手数料は?!Airペイ(エアペイ)導入店舗の手数料について詳しく解説

会計スピードが早くなる

Airペイ(エアペイ)を導入すれば、会計スピードが上がり効率化に繋がります。

具体的に言うと、Airペイを利用する際にやる作業は、ユーザーが提示したクレジットカードを専用カードリーダーに差し込むだけです。

ですので、会計レジの前に列ができたり、レジ作業に時間がかかっているお店にはメリットになります。

様々なキャッシュレス決済に対応できる

Airペイ(エアペイ)の一番の強みは、何と言っても対応しているキャッシュレス決済の多さでしょう。

クレジットカード決済からQRコード決済まで多くのキャッシュレス決済に対応していますので、幅広いユーザーの決済に対応することができます。

競合他社と比較しても、Airペイ(エアペイ)が対応している決済サービスの多さは、頭ひとつ抜けていますので多くのキャッシュレス決済に対応したい事業者の方はAirペイを選ぶと良いでしょう。

契約から入金まで一括で管理できる

Airペイ(エアペイ)を導入すると、様々なキャッシュレス決済を一括で管理できるようになります。

それぞれのキャッシュレス決済サービスと契約するよりも管理がラクになりますので、大きなメリットと言えるでしょう。

すべて自分の店で行う場合Airペイなどの決済代行会社を利用する場合
契約複数クレジットカード会社と個別に契約を結ぶ必要がある決済代行会社を通して一括で契約できる
事務作業複数クレジットカード会社の管理画面でそれぞれ作業しなければならない一つの管理画面ですべての決済手段を管理できる
入金管理決済手段ごとに締め日、入金日がバラバラになる全ての決済手段の入金を一本化できる
システムシステムのアップデートやメンテナンスを自社で対応しなければならないシステムのアップデートは決済代行会社が対応できる

Airレジと連携できる


Airペイ(エアペイ)とAirレジを一緒に利用することで、注文入力からお会計までが一括で可能になり、煩わしいレジ業務が効率化できます。

Airペイ(エアペイ)を導入する4つのデメリット

Airペイ(エアペイ)を導入する際に、デメリットもありますのであらかじめ確認しておきましょう。

Airペイ(エアペイ)の4つのデメリット
  • 振込先口座にゆうちょ銀行が使えない
  • Android端末が使えない
  • 一部のキャッシュレス決済に対応していない
  • Wi-Fi環境がないと利用できない

振込先口座にゆうちょ銀行が使えない

Airペイ(エアペイ)のデメリットは、振込先の口座にゆうちょ銀行が指定できないことでしょう。

ゆうちょ銀行をメイン口座としている事業者は、新しく口座解説をする必要があります。

ゆうちょ銀行の代わりとして、月6回の入金が行われるみずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の中から選ぶのが理想的です。

対象期間締日入金日
前月末日~4日5日10日
5日~9日10日15日
10日~14日15日20日
15日~19日20日25日
20日~24日25日末日
25日~末日前日末日翌5日

Android端末が使えない

Airペイ(エアペイ)はiOSのみ対応しているため、Android端末は利用できません。

Android端末を利用している事業者にとっては、不便かもしれませんがAirペイ(エアペイ)の申込時にiPadも申し込むことができます。

iPadは無料で貸し出ししてくれますので、見方によってはデメリットにはならないかもしれません。

参考Airペイ(エアペイ)の端末ってどうなの?Airペイ(エアペイ)の端末を徹底解説!

一部のキャッシュレス決済に対応していない

Airペイ(エアペイ)は、WAONやnanaco、楽天Edyに対応していません。

ただし、今後WAONなどに対応する可能性はありますので今すぐにWAONや楽天Edyを導入したい、と言うことでなければ問題はないでしょう。

Wi-Fi環境がないと利用できない

Airペイ(エアペイ)に限らずですが、キャッシュレス決済サービスはWi-Fi環境下でないと利用できません。

これは、クレジットカード決済や電子マネー決済を行う際に、決済会社との通信により決済承認を行うためです。

元々、Wi-Fi環境がある事業者であれば問題ありませんが、Wi-Fiがない場合は開設して通信費を払う必要があります。

Airペイ(エアペイ)が対応しているキャシュレス決済サービス

対応しているクレジットカード決済

Airペイ(エアペイ)を導入すると、クレジットカード決済が可能になります。

また、世界的なクレジットカード国際ブランドはほぼAirペイ(エアペイ)で網羅できます。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • ディスカバー

対応している電子マネー

Airペイ(エアペイ)を導入すれば、SuicaQUICPayなどの電子マネー決済も利用できます。

対応しているQRコード決済

Airペイ(エアペイ)は、QRコード決済サービスにも対応しています。

PayPayLINE PayなどのQRコード決済サービスは頻繁にユーザーがお得になるキャンペーンを実施していますので、QRコード決済に対応しているのはメリットと言えます。

Airペイ(エアペイ)で利用できるQRコード決済

Airペイ(エアペイ)が未対応の主要なQRコード決済

対応しているポイントサービス

Airペイ(エアペイ)を導入すると、T-POINTなどのポイントサービスが利用できるようになります。

他のキャッシュレス決済サービスでは、ポイントサービスが利用できないものが多いので、ポイントサービスはAirペイ(エアペイ)のメリットと言えます。

  • T-POINT
  • Pontaポイント
  • WAON POINT

Airペイ(エアペイ)の導入キャンペーン


Airペイ(エアペイ)では、現在、キャッシュレス0円キャンペーンを実施しています。

これは、Airペイ(エアペイ)申込みの際に、キャッシュレス・消費者還元事業の登録申込みをすることでカードリーダーとiPadが0円で導入できるキャンペーンです。

合わせて、決済手数料も2019年10月〜2020年6月末まで決済手数料が実質2.16%となります。

Airペイ(エアペイ)の導入を検討している事業者の方には、かなりお得なキャンペーンですので期間中の申込をオススメします。

ただし、この事業への登録には対象制限がありますので注意が必要です。

業種資本金・従業員
小売業資本金(または出資総額)5000万円以下
従業員 50人以下
旅館業資本金(または出資総額)5000万円以下
従業員 500人以下
卸売業資本金(または出資総額)1億円以下
従業員 100人以下
ソフトウェア・情報処理資本金(または出資総額)3億円以下
従業員 300人以下
その他のサービス業資本金(または出資総額)5000万円以下
従業員 100人以下
その他の業種資本金(または出資総額)3億円以下
従業員 300人以下
  • 国、地方公共団体、公共法人
  • 金融商品取引業者、金融機関、信用協同組合、信用保証協会、信託会社、保険会社、生命保険会社、損害保険会社、仮想通貨交換業者
  • 風営法上の風俗営業(※一部例外(注)を除く)等
    (注)①旅館業法上の許可を受け旅館業を営む事業者、②食品衛生法上の許可を受け、生活衛生同業組合の組合員であり、料金の明示、明細の交付など会計処理を的確に行うことについて組合の指導を受けた旨の確認を得て飲食店を営む事業者
  • 保険医療機関、保険薬局、介護サービス事業者、社会福祉事業、更生保護事業を行う事業者
  • 学校、専修学校等
  • 暴対法上の暴力団等に関係する事業者
  • 宗教法人
  • 保税売店
  • 法人格のない任意団体
  • その他、本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断する者
  • 有価証券等、郵便切手類、印紙、証紙、物品切手等(商品券、プリペイドカード等)
  • 自動車(新車・中古車)の販売
  • 新築住宅の販売
  • 当せん金付証票(宝くじ)等の公営ギャンブル
  • 収納代行サービス、代金引換サービスに対する支払い
  • 給与、賃金、寄付金等
  • その他、本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断するもの

参考キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは?還元方法や見極め方を解説

0円スタートキャンペーン


キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方でもカードリーダーが0円になるキャンペーンを実施しています。

新規でのAirペイ(エアペイ)申込み、かつ、申込み月の6か月後の月末までに審査を通過すれば、1台18,334円(税別)のカードリーダーが0円で借りられます。

Airペイ(エアペイ)を導入するには?

Airペイ(エアペイ)は、公式サイトからの申込みで利用できるようになります。

オンラインで手軽に申し込めますので、導入を検討している方はまずは申し込んでみるのがいいかもしれません。

Airペイ(エアペイ)の導入手順

Airペイ(エアペイ)の導入手順をまとめました。

  • 手順1
    公式サイトから申込み
    Airペイの公式サイトから申込みます。

    申込みの際は、店舗情報や口座情報、法人の場合は法人情報を入力する必要があります。

    また、キャッシュレス・消費者還元事業の登録も同時に申込みできます。

    キャッシュレス・消費者還元事業に登録する場合は、審査書類のアップロードが必要となりますので、書類を事前に準備しましょう。

  • 手順2
    審査
    申込み完了後、審査があります。

    審査は約3営業日で完了し、審査結果は登録しているAirIDのメールアドレスに送信されるので、確認しましょう。

    また、審査結果はAirペイの管理画面でも確認できます。

  • 手順3
    カードリーダーが配送される
    審査完了後、登録している店舗へカードリーダー、操作マニュアル、加盟店ステッカーが送られてきます。

    また、キャッシュレス・消費者還元事業
    の登録申込みでiPadを希望した場合は、カードリーダーなどと合わせて配送されます。

    同梱物
    カードリーダー
    microUSBケーブル(カードリーダー充電用)
    初期設定・操作マニュアル
    加盟店ステッカー(店頭掲示ツール)


  • 手順4
    カードリーダーを充電する
    まず、同梱されているmicroUSBケーブルとカードリーダーを接続し、カードリーダーの充電をおこなってください。

    充電アダプタは付属していないので、パソコンUSBやiPad/iPhoneの充電アダプタを使いましょう。

    充電中は充電ランプが赤く点灯し、ディスプレイに充電マークが表示されます。

    充電は、カードリーダーのディスプレイ画面が下図のように変わると完了です。


  • 手順5
    初期設定を行う
    店舗で元々使っているiPadまたはiPhoneにAirペイアプリのダウンロードします。

    カードリーダーの箱に同梱されているマニュアルを参考にして、各種設定を行ないましょう。


    初期設定が完了すると、ログイン画面にトレーニングモードのホーム画面が表示されます。


    「ご利用開始のお知らせ」メールを受け取ると本番用の画面になります。

  • 手順6
    トレーニングモードで決済を体験する
    初期設定が完了したら、トレーニングモードで決済のやり方を体験しましょう。



  • 手順7
    利用開始
    利用開始のお知らせメールが届いたら、カードリーダーの決済機能を利用できるようになります。

Airペイ(エアペイ)の申込み情報

Airペイ(エアペイ)の申込みで必要な入力項目を確認しましょう。

AirIDの登録

まずは、AirIDの登録が必要になりますので、AirIDの登録を行いましょう。

  • AirID(アカウント名)
  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 店舗名
  • 業種
  • 電話番号(任意)
  • 郵便番号(任意)
  • 住所(任意)
  • 地図設定(任意)

Airペイの契約書情報入力

AirIDの登録が完了したら、Airペイの申込を行いましょう。

Airペイの入力項目は下記で確認してください。

  • 法人代表者氏名・性別・生年月日
  • 自宅住所・自宅電話番号
  • 法人格・法人名・法人住所・法人電話番号
  • 担当者氏名・日中の連絡先
  • 店舗名・店舗住所・店舗電話番号
  • 店舗URL
  • 業種
  • 営業開始年月(任意)・営業時間(任意)
  • 取引・販売方法
  • 利用形態
  • 店舗形態
  • 口座情報

キャッシュレス・消費者還元事業の申告情報入力

Airペイの申込の際に、キャッシュレス・消費者還元事業の申請も可能です。

申請時の入力項目は下記の通りです。

  • お申し込み有無
  • キャッシュレス・消費者還元事業局発行の加盟店ID
  • 従業員数
  • 資本金
  • 事業者年間売上
  • 店舗年間売上
  • 設立年月日
  • 取扱商品消費税率
  • 事業者形態
  • 追加お申し込み機器(iPad)(任意)

Airペイ(エアペイ)の審査基準は?

Airペイ(エアペイ)の審査基準は公式には公開されていませんが、審査手続きから予想します。

Airペイ(エアペイ)の審査では、下記の5項目を見られている可能性が高いでしょう。

審査基準
クレジットカード利用状況
事業年数
銀行口座の信用状況
業種
エアレジの使用状況

クレジットカード利用状況

Airペイ(エアペイ)の審査では、申込者のクレジットカード利用状況が含まれている可能性が高いです。

そのため、利用状況が悪かったり、延滞歴があると審査に通りにくくなるでしょう。

クレヒスとはクレヒスとは?クレジットヒストリーの作り方と注意点

事業年数

Airペイ(エアペイ)の申込の際、任意で営業開始年月を記入する項目があります。

そのため、審査では、事業年数も加味されている可能性があります。

事業年数が長ければ、それだけ安定してると判断されて審査に通りやすくなるでしょう。

銀行口座の信用状況

Airペイ(エアペイ)の申込み時、口座情報を入力する項目があります。

そのため、銀行口座の信用状況も審査基準に含まれている可能性が高いでしょう。

業種

Airペイ(エアペイ)の申込み時に、業種を記入する必要がありますので、業種も審査基準に含まれている可能性があります。

水商売などは審査に通りにくい可能性がありますので、銀行口座の信用情報や事業年数で補う必要が出てくるでしょう。

エアレジの使用状況

Airペイ(エアペイ)の審査基準には、エアレジの使用状況が含まれている可能性があります。

エアレジは、Airペイ(エアペイ)と同じくリクルートライフスタイルが運営しているサービスです。

エアレジを既に利用している場合は、Airペイ(エアペイ)の審査にも通りやすくなるでしょう。

AirペイQRだけ導入もできる

すでに、他社でクレジットカード決済や電子マネー決済は導入しているがQRコード決済も導入したい、という場合は、AirペイQRだけの申込みと導入が可能です

AirペイQRを導入すると、PayPayLINE Payなどが利用できるようになります。

Airペイ(エアペイ)は個人事業主でも導入できる?

Airペイ(エアペイ)は個人事業主でも導入できます。

個人事業主でも公式サイトから申込みをして審査に通れば利用できますので、小規模のお店やお祭りの縁日などでも利用可能です。

Airペイ(エアペイ)を導入したらレシートは発行できる?

Airペイ(エアペイ)を導入すると、気になるのはレシートですね。

基本的に、Airペイ(エアペイ)でレシートを印刷する場合は、別途プリンターを購入する必要があります。

ですので、ユーザーから紙のレシートが欲しいと言われることが多い場合は、事前にプリンターを購入しておくと良いでしょう。

Airペイ(エアペイ)に対応しているプリンター

種類製品名接続方法
モバイルレシートプリンターセイコーインスツル MP-B20Bluetooth
スター精密 SM-S210iBluetooth
レシートプリンター(据置型)セイコーインスツル RP-D10Bluetooth
スター精密 mC-Print2Bluetooth / Lightning USB
スター精密 mC-Print3Bluetooth / Lightning USB
レシートプリンター内蔵キャッシュドロアスター精密 POP10Bluetooth
その他対応プリンターセイコーインスツル DPU-S245Bluetooth
スター精密 TSP654ⅡBi-PSBluetooth
エプソン TM-P60ⅡBluetooth
エプソン TM202BIBluetooth

プリンターの接続方法

Airペイ(エアペイ)とプリンターの接続方法は下記の動画を確認しましょう。


クレジットカードのレシート例

交通系電子マネーのレシート例

iDのレシート例

QUICPayのレシート例

Airペイ(エアペイ)を導入するための端末は?

Airペイ(エアペイ)を導入する際に必要な端末は、iOS端末です。iPhoneかiPadを準備するようにしましょう。

また、Airペイ(エアペイ)は、Androidには対応していませんので注意が必要です。

iPadの対応端末

機種名対応OSAirペイAirペイ QR
iPad Air
iPad Air 2
iPad Air 第3世代
~ iOS12.x対応対応
iPad 第5世代
iPad 第6世代
~ iOS12.x対応対応
iPad mini 2
iPad mini 3
iPad mini 4
iPad mini 第5世代
~ iOS12.x対応対応
iPad Pro 第1世代(12.9インチ)
iPad Pro 第1世代(9.7インチ)
iPad Pro 第2世代(12.9インチ)
iPad Pro 第2世代(10.5インチ)
iPad Pro 第3世代(12.9インチ)
iPad Pro 第3世代(11インチ)
~ iOS12.x対応対応

iPhoneの対応端末

機種名対応OSAirペイAirペイ QR
iPhone 5s
iPhone SE
iPhone 6
iPhone 6 plus
iPhone 6s
iPhone 6s plus
~ iOS12.x対応対応
iPhone 7
iPhone 7 plus
iPhone 8
iPhone 8 plus
iPhone X
~ iOS12.x対応対応
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
~ iOS12.x対応対応

Airペイ(エアペイ)のヘルプデスクは?

Airペイ(エアペイ)のヘルプデスクは、365日年中無休で対応しています。

  • 電話番号:0120-39-4861
  • 対応時間:年中無休 9:30~23:00

利用中の不明点

不明点を確認したい場合は、ヘルプデスクに電話しましょう。

電話したら、まず2番を押してください。以降は問い合わせ内容により、ガイダンス番号を選びましょう。

ガイダンス番号順問い合わせ内容
2→1Airペイアプリ/カードリーダーの使い方や故障・トラブル、ご利用のiPad/iPhoneの切り替え方法
2→1お申込み情報の変更、決済の取消、金額修正、振込口座に関するお問い合わせ
2→3LINE pay、d払いなど「AirPAY QR」のご利用方法に関するお問い合わせ
2→4その他ご利用に関するお問い合わせ
3→1QR決済サービスのサービス内容・審査状況に関するお問い合わせ
3→2AirペイQRアプリのご利用方法、設定方法に関するお問い合わせ
2→4その他お問い合わせ

Airペイ(エアペイ)の競合サービスの詳細

ここまで、Airペイ(エアペイ)の導入に関して解説してきましたが、他のサービスが気になる方もいるでしょう。

そこで、Airペイ(エアペイ)の競合を一覧に纏めましたので、下記を参考に導入するサービスを選びましょう。

square
(スクエア)
Airペイ
(エアペイ)
コイニー
(Coiney)
Times Pay
(タイムズペイ)
楽天ペイ
運営会社Square(株)リクルートライフスタイルコイニー (株)パーク24(株)楽天ペイメント(株)
QRコード決済×PayPay
LINE Pay
d払い
××楽天ペイ
au Pay
国外QRコード決済×WeChat Pay
Alipay
WeChat Pay××
QRコード決済の手数料×3.24%3.24%×3.24%
電子マネー決済×Apple Pay
iD
QUICPay
Suicaなど交通系電子マネー
Suicaなど交通系電子マネーWAON
nanaco
Suicaなど交通系電子マネー
楽天Edy
nanaco
Apple Pay
iD
QUICPay
Suicaなど交通系電子マネー
電子マネー決済の手数料×交通系:3.24%
Apple Pay,iD,QUICPay:3.74%
3.24%3.24%楽天Edy,nanaco,交通系:3.24%
Apple Pay,iD,QUICPay:3.74%
利用可能なクレジットカードVISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
セゾンカード
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
VISA
Mastercard
アメックス
JCB
ダイナース
DISCOVER
クレジットカード決済手数料JCB以外:3.25%
JCB:3.95%
VISA,Mastercard,アメックス:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard,アメックス,セゾン:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard:3.24%
アメックス,JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
VISA,Mastercard,アメックス:3.24%
JCB,ダイナース,DISCOVER:3.74%
初期費用実質無料実質無料実質無料実質無料実質無料
月額固定費無料無料無料無料無料
入金サイクル翌日(三井住友、みずほ銀行)
週1回(三井住友、みずほ以外)
メガバンク:月6回
その他の金融機関:月3回
月6回1日から15日:当月末日
16日から当月末日:翌月15日
翌日(楽天銀行)
翌営業日(楽天銀行以外)
振込手数料無料無料売上合計10万円未満:200円
売上合計10万円以上:無料
無料無料(楽天銀行)
210円(楽天銀行以外)
申込み方法HPより申込みHPより申込みHPより申込みHPより申込みHPより申込み
利用開始までの日数最短翌日1週間〜1ヶ月1週間前後1ヶ月程度1週間前後
対応端末iOS,AndroidiOSのみiOS,Android専用端末iOS,Android
レシート発行×××プリンター提供×
分割払い××2回払い
リボ払い
※coineyターミナルでVISA,Mastercardのみ
分割払い
リボ払い
×

おてがるPayは導入できる?できない?

QRコード決済以外の決済方法にほぼ対応しているおてがるPayも簡単に導入できます。

おてがるPay JMS(ジェイエムエス)が運営するおてがるPayは制度期間中は導入費用0円で加盟店手数料が引き下がりますので、クレジットカードや電子マネー決済導入を考えている事業者におすすめです。 主要国際ブランド、銀聯カード、電子マネー、Apple Pay、Google Payの導入を考えている方は、JCB・三菱UFJニコス・UCカード3社出資のおてがるPayの検討をしましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日月2回もしくは月6回入金タイミング月2回払いもしくは月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、DCカード、三菱UFJカード、ニコスカード、UCカード
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、アメックス、ダイナース、銀聯、DISCOVER、Apple Pay、Google pay、交通系電子マネー、QUICPay、iD
対象外の決済ブランドWAON、nanaco、楽天Edyなど
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考おてがるPay(おてがるペイ)を導入するには?導入の手数料やメリットを徹底解説!

Square(スクエア)は導入できる?できない?

Airペイ(エアペイ)の競合にあたるSquare(スクエア)も導入キャンペーンを利用すれば、簡単に導入することができます。

Square(スクエア)

Square(スクエア)はアメリカのSquare(スクエア)社が開発したサービスで、日本では三井住友カードが全面バックアップしている決済サービスです。

Twitterの創業者ジャック・ドーシーが開発したサービスですので、知名度と話題性はかなり高いと言えます。

クレジットカードの主要国際ブランドの決済が可能ですので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.25%〜3.95%入金手数料無料
締め日三井住友、みずほ銀行:毎日
それ以外の金融機関:毎週水曜日
入金タイミング三井住友、みずほ銀行:翌日
それ以外の金融機関:週1回
加盟店手数料3.25%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、ダイナース、DISCOVER
加盟店手数料3.95%の対応ブランドJCB
対象外の決済ブランドSuica、Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考Square(スクエア)使用時の手数料は?!Square(スクエア)導入店舗の手数料について詳しく解説

Coiney(コイニー)は導入できる?できない?

Coiney(コイニー)も初期費用と月額固定費はかかりません。

Coiney(コイニー)のタダノリキャンペーン Coiney(コイニー)は中国人観光客にも対応できるWeChat Payを導入できる決済事業者です。 他にも主要国際ブランド、交通系電子マネー導入できますので、キャッシュレス決済の導入を検討している方はCoineyも検討しましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料10万円未満:200円
10万円以上:無料
締め日月6回入金タイミング月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、セゾンカード、交通系電子マネー、WeChatPay
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER
対象外の決済ブランドApple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。
参考コイニー(Coiney)を導入するには?コイニー(Coiney)導入の手数料やメリットを徹底解説!

PayPayは導入できる?できない?

Square(スクエア)同様、Airペイ(エアペイ)の競合といわれるPayPayも初期費用と月額固定費は0円です。

PayPayの加盟店申し込み

PayPay導入で中国・台湾・香港に約8億人のユーザーが利用するAlipay(アリペイ)も決済手数料0円で導入できますので、この機会に加盟店登録を行いましょう。

初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料無料(※1)入金手数料無料(※2)
締め日当月末締め入金タイミングジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:最短翌々営業日
注意
※1.2021年9月30日までユーザーが読み取る支払いのみ対象
※2.2020年6月30日まで無料。以降はジャパンネット銀行のみ対象。
PayPayの加盟店申し込み
参考PayPay使用時の入金手数料は基本無料!手数料について解説

Airペイ(エアペイ)導入に関してのよくある質問

カードリーダーを追加依頼した場合、料金はかかる?

カードリーダーの追加は18,334円+税がかかります。Aペイヘルプデスクまで追加の旨の連絡しましょう。


フランチャイズチェーンの場合は、iPad貸与は申し込めない?

フランチャイズチェーンに属する場合でも、フランチャイズ本部、フランチャイズ加盟店ともに、資本金、または従業員数が下表に該当(中小・小規模事業者)する場合は、加盟店手数料の引き下げ、iPad・カードリーダーの補助対象、消費者還元額 5%が適用されます。


Airペイ(エアペイ)の今後は予想

Airペイ(エアペイ)を運営しているリクルートは、三菱UFJ銀行とキャッシュレス決済サービスの共同出資会社を設立することを発表しました。

これにより、Airペイの普及と三菱UFJ銀行のキャッシュレス決済サービスであるCoinの拡大が期待されます。

Airペイ(エアペイ)にCoinが導入される?

Coinは、三菱UFJ銀行が開発したキャッシュレス決済サービスですが、今回の共同出資会社を設立により、今後、Airペイ(エアペイ)を導入した加盟店でCoinも使えるようになる可能性が高そうです。

参考coinが登場!三菱UFJ銀行のキャッシュレス決済サービスの今後を予想

Airペイ(エアペイ)導入のまとめ

日本政府では2019年10月の消費税増税開始から、キャッシュレス決済に最大5%分を還元するキャッシュレス消費者還元事業を開始しました。

Airペイ(エアペイ)をはじめとするキャッシュレス決済サービスがその主役になることが期待されています。

まだまだ利用店舗が限られているAirペイ(エアペイ)ですが、今後は利用できる幅が広がっていくことが予想されますので、導入を検討されている方は今が絶好の導入タイミングになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください