今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

楽天ペイはアトレで使えるの?楽天ペイの使い方も解説!


楽天といえばどこで使ってもポイントがもらえるクレジットカード、電子マネーの楽天Edyに続いて「楽天ペイ」というQRコードで決済するキャッシュレスサービスを展開しています。

そんな楽天ペイは「アトレ」で使えるのでしょうか?

・アトレで楽天ペイは使えるのか?
・楽天ペイの使い方
など気になることをまとめています。良かったらぜひ読んでみてください。

アトレでの利用の前に楽天ペイとはどんなサービス

楽天ペイとは、楽天の決済サービスの一つであり、スマホアプリによる店舗での商品購入の支払いに使ったり、ネットでの買い物の際に利用することの出来るサービスのことです。

楽天ペイは、定期的に更新されるキャンペーンや、ポイントのためやすさも魅力で、楽天IDに登録したクレジットカード情報で簡単に使うことができます。

また、ネットショッピングの際は、楽天以外のサイトでも利用ができます。
店舗で使う場合は、アプリをダウンロードするだけでキャッシュレスで支払いが出来るため、とても便利な決済方法です。

楽天ペイはアトレで使える?使えない?

さっそくですが、アトレで楽天ペイを使用することができるのか調べてみましたが、残念ながらアトレでは使うことはできません。

今後楽天ペイの導入はどうなのかわかりませんが、今現在は使えませんので注意してください。

楽天ペイがアトレで使えるようになる前に予め覚えておきたい楽天ペイの使い方

アトレでは現在使うことができませんが、楽天ペイが使える店舗もたくさんありますのでアトレで使えるようになる前に、使い方を知っておいても損はありません。

楽天ペイは設定も簡単

まずは、楽天ペイのアプリをダウンロードして、楽天IDでログインします。

ログインすると、普段楽天での支払いに使っているクレジットカードが紐つけされます。
楽天ペイで支払った金額は、楽天ペイに登録したクレジットカードから引き落とされます。
クレジットカードを追加することもできます。

楽天ペイの最大のメリットは、利用金額の0.5%の楽天スーパーポイントが貯まることです。しかも、登録するクレジットカードによってポイント2重取りができてしまいます。

楽天ペイを使った支払い方法

楽天ペイには「QRペイ」「ストアスキャン」と「セルフペイ」の3つの支払い方法あります。

「QRペイ」「ストアスキャン」は表示されたQRコードを読み込むか、読み込んでもらうので簡単です。
「セルフペイ」は支払い金額を自分で入力をします。どちらでも選べますが、「セルフペイ」は使える店舗が限られています。

支払い手順は、まずお会計の際にレジの担当者に「楽天ペイで支払う」と伝えます。

  • 「QRペイ」:お店側がQRコードを表示してくれます。
    1. 楽天ペイのアプリを立ち上げて「QRスキャンをはじめる」を選ぶ。
    2. そのQRコードを読み取れば支払いが完了です。
  • 「ストアスキャン」:スマホでQRコードを表示します。
    1. 楽天ペイのアプリを立ち上げて「QRコード」を表示。
    2. お店の方にQRコードを読みとってもらって完了です。
  • 「セルフペイ」:お店側は支払金額を示した伝票やレシートを提示します。
    1. 楽天ペイアプリを立ち上げて「セルフペイ」を選ぶ。
    2. 支払金額をタップして入力すると、支払いが完了します。

アトレ利用に限らず楽天ペイは楽天カードとの組み合わせがおすすめ!

楽天ペイを使えば、手数料無料でメルカリの売上金をチャージできて、街中の店舗で使うことができます。

楽天ペイの魅力の1つが、ポイントを2重取りできる点です。楽天ペイのポイント(0.5%)に加え、支払いに紐づけているクレジットカードのポイントが貯まります。
貯まった楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円として楽天ペイ経由で支払いに充てることもできるため大変便利です。

ポイント還元率が高く、楽天ペイでも使える楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードとの組み合わせがおすすめです。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大7,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で5,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

楽天ペイはアトレで使えない!どこのお店で使える?

楽天ペイは下記の店舗で使えます。

  • 家電量販店(エディオン等)
  • コンビニ(ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ等)
  • 飲食店・居酒屋(白木屋、和民、山内農場、PIZZA-LA等)
  • ファッション・アパレル(Right on、AOKI、ドクターマーチン等)等々
  • 牛丼チェーン(松屋)等
  • ドラッグストア(tomod’s、薬王堂等)

楽天が使用できるお店の詳細については、楽天公式サイトで確認できます。

楽天ペイの代わりにアトレで使えるモバイル電子決済方法とは

アトレで使えるモバイル電子決済方法は、以下のようになっています。

  • モバイルSuica

アトレはJR東日本グループの企業なので、やはりSuicaやJRE CARDとの相性が良いです。

楽天ペイは今後アトレに導入されるのか?

楽天ペイの公式サイトでも確認しましたが、アトレの導入の動きはまだありませんでした。

楽天ペイは楽天スーパーポイントを貯めている人にはとてもメリットが大きく、下記のように色々なサービスが詰まっています。

  • 使える店舗が多い
  • ポイントを2重・3重取り
  • 楽天スーパーポイントが使える
  • 楽天Edyや楽天スーパーポイントアプリ機能も使える

多様な決済方法は顧客獲得につながる手段の一つです。今後のアトレ動向に注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください