今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

Kyash(キャッシュ)とは?新しいKyash Cardも登場!使い方と注意点まとめ

Kyashポイント
「Kyashって何なの?」
スマホがあればカンタンにVISAのプリペイドカードを発行できるKyash(キャッシュ)。

ですが、
・Kyashって何?
・メリットやデメリットは?
・使い方が知りたい
など気になることも多いと思います。

そこで、この記事ではKyash(キャッシュ)の概要と使い方や注意点についてまとめました。

関連する人気記事

Kyash(キャッシュ)とは

KyashとはVISAブランドのバーチャルプリペイドカード、リアルカード、iOSおよびAndroid向けの送金・決済アプリを総称したサービス名です。

スマホ画面に表示されたバーチャルカードがあれば、インターネットショッピングやオンラインサービスの利用、SuicaPayPayなどの電子マネー・QRコード決済のチャージにも活用することができます。

通常還元率1.0%
還元内容Kyashポイント
クレジットカードVISA,マスターカード
銀行チャージ対応
支払い方法VISA加盟店
利用上限1ヶ月12万円まで
対象店舗還元事業による還元※Kyashによる還元合計還元率
中小店舗5%バーチャルカード:0.5%
リアルカード:1.0%
5.5〜6.0%
フランチャイズチェーン2%2.5%〜3.0%
対象外店舗なし0.5%〜1.0%
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
Kyashの特徴
  • 発行手数料、年会費無料のVISAプリペイドカード
  • 審査不要で作れるVISAカード
  • バーチャルカードなら即時発行可能(クレジットカードの即日発行もチェック!!)
  • Kyashの支払いは常に1.0%のKyashポイントが付与(バーチャルカードは0.5%)
  • クレジットカードやQRコードの組み合わせで二重三重取りができる魅力
Google Play
App Store

新しいKaysh Cardが登場!


2020年初旬より、新しいKyash Cardが登場します。

従来のKyash Card機能に加えて、Visaタッチ決済やICチップ(4桁暗証番号)ができるようになります。

また、決済上限も広がりました。

Kyashの種類

Kyashの種類

新しいKyash Cardが登場したことで、Kyashは「Kyash Card」と「Kyash Card Lite」、「Kyash Card Virtual」の3種類になります。

どちらもKyash Cardは発行手数料がかかるようになるなど変更点がありますので、使える場所や限度額などを含めて下記の表で確認してください・

Kyash CardKyash Card Lite
(現リアルカード)
Kyash Card Virtual
ICチップ(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
Google Pay(QUICPay決済)
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
1回あたりの決済上限30万円5万円3万円
※本人認証なし:5千円
月あたりの決済上限100万円12万円12万円
※本人認証なし:2万円
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1%1%
(2020/4/1より0.5%)
0.50%
月あたりの
還元対象決済上限
12万円12万円12万円
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
本人確認書類必要不要不要

Kyashの主な機能

Kyashの機能は「決済」と「送金(割り勘)」「残高チャージ」の3つです。

決済はおサイフケータイ搭載のAndroid端末ならGoogle Payに登録することでQUICPay加盟店でも使えるようになりますので、QUICPayのキャンペーンに参加することも可能です。

機能特徴
決済VISAの加盟店、QUICPay加盟店の決済手段
送金任意のKyash残高を送金、複数人数で割り勘
チャージクレジットカード、セブン銀行ATM、コンビニ、ペイジーで残高チャージ

Kyashの上限金額

Kyashの利用上限金額は、リアルカードとバーチャルカードで異なります。

特にバーチャルカードで本人認証を済ませていない場合は上限金額が非常に少なくなりますので気をつけてください。

カード種類1回あたりの上限1ヶ月あたりの上限
バーチャルカード本人認証済3万円12万円
本人未認証5,000円2万円
Kyash Card Lite5万円12万円
Kyash Card30万円100万円

リアルカードがおすすめ

Kyashを利用するならリアルカードの発行も忘れずに行うことをおすすめします。

上限金額が多いだけでなく実店舗利用でも使えるようになりますので利便性の観点から考えてもメリットが大きいでしょう。

Kyashポイントへ改悪!2019年10月1日より2%キャッシュバックは最大1.0%ポイント還元へ

Kyashは元々2%キャッシュバックが強みのプリペイドカードでしたが、2019年9月30日にキャッシュバックプログラムが終了し、2019年10月1日(火)よりKyashポイントが始まります。

Kyashポイントになると最大1.0%のポイント還元になりますので、改悪と言っても良いでしょう。

ただし、同日からキャッシュレス・消費者還元事業も始まりますので、当分の間はサービス改悪の影響は少ないと言えるでしょう。

カード種類還元率
〜9/3010/1〜
リアルカード2.0%1.0%
バーチャルカード2.0%0.5%
注目!!Kyashポイントとは?2%キャッシュバックは終了で改悪へ

キャッシュレス・消費者還元対象店舗で最大6.0%還元

Kyashのキャッシュレス・消費者還元

キャッシュレス・消費者還元事業がスタートすれば、対象加盟店のKyash利用で最大6.0%の還元になります。

VISA加盟店のキャッシュレス・消費者還元事業マークのお店があったら、Kyash利用がお得です。

カード種類Kyash還元率キャッシュレス・消費者還元事業対象加盟店の還元率合計還元率
リアルカード1.0%5.0% or 2.0%6.0% or 3.0%
バーチャルカード0.5%5.5% or 2.5%

クイックペイ(Google Pay)利用は対象外

KyashはQUICPay加盟店でGoogle Pay決済にも対応しておりますが、Kyashポイントは付与対象外になります。

2019年10月1日にポイント付与対象外のルールについて詳細を発表するようなので、QRコード決済アプリと組み合わせて利用している方は注視しましょう。

Kyashの作り方

Kyashに申し込み

Kyashの作り方は非常にカンタンで、バーチャルカードなら1分程度で作ることができます。

  • 手順1
    Kyashアプリをダウンロード
    まずはスマホにKyashのアプリをダウンロードします。
  • 手順2
    Kyashアプリを起動する
    Kyashアプリをインストールしたら、アプリを開いて「メールアドレスで始める」をタップします。
    Facebookアカウントを持っていたら、それでもOKです。
  • 手順3
    会員登録をする
    「氏名」「ユーザ名」「メールアドレス」「パスワード」 を入力して「完了」をタップします。
    住所などの情報はリアルカード発行時に必要になりますが、バーチャルカードだけなら必要ありません。
  • 手順4
    生年を登録する
    Kyashは未成年は親権者の同意を必須としていますので、生年の確認を取っています。
  • 手順5
    SMS認証をする
    電話番号を登録するとショートメッセージ(SMS)が届きます。
    認証するとKyashが利用できるようになります。
  • 手順6
    カードを登録する
    Kyashアプリを開いたまた「ウォレット」タブの「チャージする – カード)(Visa / MasterCard)」をタップします。
    「クレジットカード / デビットカードを追加」という項目がありますので、カードの「カード番号」「カード名義人」「有効期限」「セキュリティコード」を登録します。
  • 手順7
    Kyashにチャージする
    クレジットカードを登録したら、早速カードでKyashにチャージしましょう。
    バーチャルカードはオンライン決済にのみ利用できるようになります。
    実店舗でも使いたい場合は、リアルカードを発行するかQRコード決済にKyashのカード番号を登録して利用しましょう。

リアルカードは専用フォームから申し込み

Kyashのリアルカードは公式サイトもしくはKyashアプリ内にある専用フォームから申し込みを受け付けております。

下記の送り先情報を入力して送信すれば、1ヶ月もあればKyashのリアルカードが手元に届いていることでしょう。

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地
  • 建物名・部屋番号

Kyashのチャージ方法

Kyashを使うには、まず残高チャージをしなければいけません。

Kyashに用意されているチャージ方法は次の4種類です。

チャージ方法詳細
クレジットカードVISAもしくはマスターカードのクレジットカード
セブン銀行ATM24時間手数料無料で1,000円以上から1,000円単位で入金
コンビニ末ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK、サンクス、セイコーマートのまつりメディア端末機から申込書を発券してレジで支払い
銀行ATM(ペイジー)銀行ATMもしくはペイジーのオンラインバンキングから3,000円以上で払込手続き

JCBカードは登録できない

Kyashに登録できるクレジットカードはVISAもしくはマスターカードブランドのみになりますので、JCBブランドのクレジットカードは登録することができません。

VISAやマスターカードは即日発行できるクレジットカードも多いので、Kyashにクレジットカードを登録したい方は参考にしてください。

注目!!即日発行できるおすすめクレジットカード【2020年版】最短で今日作れる19枚を徹底比較

楽天銀行は対象外

銀行ATM(ペイジー)でチャージする場合、楽天銀行が対象外になっていることに注意してください。

銀行ATMチャージはクレジットカードと異なり、最低チャージ金額が3,000円と高くなっておりますので、小出しにチャージして利用するならクレジットカードがおすすめです。

学生にはKyashと三井住友VISAデビュープラスの組み合わせがおすすめ

Kyashは、年齢制限がありませんので学生でも発行することができます。

そのためこれからクレジットカードを作ろうと考えていた学生には、kyashに加えて、学生におすすめのクレジットカードである三井住友VISAデビュープラスカードの組み合わせがおすすめです。

入会後3ヶ月はポイント還元率が2.5%になる三井住友VISAデビュープラスを組み合わせることで、3.5%の還元率になります。

さらに、キャッシュレス消費者還元事業の加盟店で買い物をすると最大5%の還元を受けることができるので、

    Kyash(1.0%)+三井住友VISAデビュープラス(2.5%)+キャッシュレス消費者還元(最大5%)で最大8.5%還元
となります。

参考三井住友カードの入会キャンペーンを徹底攻略【2020年最新】特典内容と注意事項

Kyashが使えるお店やサービス

KyashはVISAの加盟店ならほとんどのお店やサービスで利用することができます。

ただしバーチャルカードとリアルカードで使えるお店が異なります。

カード種類使える対象
リアルカード国内のVISA加盟店
バーチャルカード世界中のVISA加盟店のオンラインサイト

Kyashが使えない店やサービス

一方でKyashはプリペイドカードになりますので定期購読の類いの支払いに使えなかったりと制限もあります。

カード種類使えない対象
Kyash Card Lite・毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
・ガソリンスタンドでのお支払い
・高速道路通行料金でのお支払い
・航空会社、航空券予約、購入
・ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
・レンタカーのご利用料金のお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
・公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
・4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
・ICチップの読み取りが必要な加盟店
バーチャルカード・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
・航空会社のお支払い
・一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
・3Dセキュア導入のサイトでのお支払い

Kyashのお得な使い方

Kyashはポイント還元率の高いクレジットカードとQRコード決済を組み合わせることで、三重の還元、四重の還元を組み立てることができます。

国内で使える人気のQRコード決済の中でKyashが登録できるは次のサービスです。

登録可能なQRコード決済一覧

楽天ペイの新規登録が不可能に!2019年10月1日(火)から

マクドナルドのような楽天ポイントカード加盟店で、1.0%還元の楽天カードでチャージしたKyashを楽天ペイに登録して利用すれば合計8.0%還元(ポイント加盟店0.5〜1.0%+カード決済1.0%+Kyash還元0.5〜1.0%+楽天ペイ還元5.0%)で利用できる方法があります。

しかし、2019年10月1日(火)より楽天ペイに登録できるクレジットカードが3Dセキュア(本人賞サービス)対応のものに限定されましたので、Kyashの新規登録ができなくなりました。

それによってこれからKyashの利用を考えている方は、Origami Payとの組み合わせが最も高い還元率を実現できることになるでしょう。

通常還元率0.5%
還元内容楽天ポイント
クレジットカード対応(VISA,マスターカード,JCB,アメックス)
銀行チャージ楽天銀行のみ
支払い方法バーコード/QRコード決済
利用上限1回あたり50万円
※楽天IDの会員ランクや利用店舗で異なる
対象店舗還元事業による還元※楽天ペイによる還元合計還元率
中小店舗5%なし5.0%
フランチャイズチェーン2.0%3.0%5.0%
対象外店舗なし5.0%なし5.0%
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
楽天ペイの特徴
  • ムビチケ当日券などオンライン決済でもお得なキャンペーン展開
  • 楽天カード登録利用で常に6%還元
  • 楽天カードの入会特典ポイントも楽天ペイですぐ使える
  • ラクマの売上金を楽天ペイで使える!
Google Play
App Store
注意
※JCB,アメックスは楽天カードのみが対象です。

Origami Payなら3.0%以上の還元に

Origami Payはクレジットカード払いなら1.0%還元の即時割引が適用されますので、クレジットカードでチャージしたKyashを利用すれば合計3.0%以上の還元率になります。

Kyash+Origami Payの組み合わせで利用するなら、楽天ペイや楽天市場のSPU適用による還元率アップもある楽天カードがおすすめです。

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード,アメックス
付帯機能楽天Edy,楽天ポイントカード
キャンペーン中!!
・今なら5,000円相当のポイントと500円のEdyチャージがもらえる入会キャンペーンを実施中
・キャッシュレスポイント還元も加わったお得なキャンペーン開催中
楽天カードの特徴

Kyashに関するよくある質問

最後にKyashに関するよくある質問をまとめました。

この記事で解決できなかった疑問や質問のある方は、記事下のコメント欄に投稿していただければ順に回答させていただきます。

残高を出金したい

Kyashは一度チャージしてしまった残高を後から出金することができません。

そのため中途半端に残ってしまった端数もきれいに使い切るように調整する必要があります。

Apple payは使える?

Google Payで使えるKyashですが、Apple Payには対応しておりません。

前にApple Payに対応するというニュースが出たきり、KyashはApple Payに対応することなく現在に至っています。

今後Apple Payに対応する可能性は残っておりますが、続報がありませんのであまり期待はできないかもしれません。

注目!!KyashはApple Payで利用できる?できない?モバイルSuica活用で使える

3Dセキュアには対応してる?

Kyash自体は3Dセキュアに対応していないため、一部のオンラインストアで使えなかったり、QRコード決済の限度額に影響を及ぼします。

特にキャンペーンがお得なd払いは3Dセキュア登録のカードでなければ登録すらできませんので注意してください。

Amazonギフト券を購入できる?

KyashはAmazonの支払いにも使える上に、Amazonギフト券も還元対象となります。

Amazonにおすすめのクレジットカードもありますが、Kyashの場合は審査無しでポイント還元のあるVISAカードを利用できるのが魅力です。

Suicaチャージもお得?

KyashはSuicaチャージにも使うことができますが、2019年2月3日以降より還元対象外に指定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください