今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

kyashとは?kyashのサービス内容や利用方法について詳しく解説

Visaのプリペードカードである、「kyash(キャッシュ)」。
モバイル決済や送金などを行うことのできる、便利なサービスとなっています。
そんなkyashとはどのようなサービスなのか、サービス内容を始め利用方法についても本記事では詳しくご紹介していきます。
便利なkyashの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

kyashとは?

まずはkyash(キャッシュ)とはどのようなサービスのことなのか、 ご紹介していきます。
kyashはモバイル決済や送金を行うことのできるサービスです。
アプリを利用し、アプリ上でバーチャルカードを発行することでネットショッピングの決済を行うことができたり、リアルカードを発行することで実店舗でも利用が可能となっています。
また友人同士での送金にも利用できるといった利用方法もあり、多面的に利用できる便利なサービスとなっています。
Visa加盟店であれば、利用が可能となっています。

【kyashとは?】kyashでできること

ここからはkyashでできることについて確認していきます。
Kyashでできることは大きく三つに分けることができます。

一つ目は支払いでの利用で、これに関してはネットショッピングと実店舗での利用が可能です。

二点目は送金で利用することができ、複数名で食事に行った場合などに便利です。
この機能を利用すれば、一人がまとめて支払いを行い、後から請求と送金を行うことが可能となります。

三点目はチャージが行えるという点で、チャージを行うことで支払いでも利用できるようになります。

kyashとは無料で利用出来るサービス

kyashでは、利用する上で料金は発生するのでしょうか。
kyashのサービスの強みとして、利用する上で一切料金が発生しないことです。
年会費も必要ありませんし、リアルカードを発行した場合も発行手数料もかかりません。
アプリのダウンロードや利用も、もちろん無料です。
類似のプリペイドサービスの場合、実際のカードを発行するとなると発酵手数料がかかる場合もあります。
そうった意味で、このkyashのサービスは完全に無料という面で非常に利用しやすいサービスといえるでしょう。

kyashのアプリとは?

kyashのサービスを利用する上で欠かせないのが、kyashのアプリです。
ネットショッピングや店舗で利用する場合、基本的にアプリを利用することはありません。
ただし、カード情報を登録したり変更する場合や、チャージを行う場合、送金を行う場合、使用明細を確認する場合など、kyashのサービスを受ける上ではこのアプリを使います。
全てこのアプリを使うことで操作できますので、そういった面では便利かもしれませんね。

【kyashとは?】二種類のカード

Kyashは二種類のカードに分かれており、バーチャルカードとリアルカードの二種類が存在しています。
バーチャルカードはアプリ使って利用するサービスで、ネットショッピングでしか利用することができません。
リアルカードの場合は、ネットショピングだけでなく店舗でも利用が可能となっています。

【kyashとは?】様々な支払い方法

kyashは様々な支払い方法があり、様々な場面で利用することができます。
ネットショッピング・店舗での支払いが可能なのはもちろんですが、Google Payでも利用が可能です。
Google Payを利用することで、スマートフォン決済も可能になります。
オンライン、実店舗、スマートフォン決済と様々な支払い方法に対応しているのkyashの強みでもあります。

kyashの使い方とは?(ネットショッピング編)

まずはバーチャルカードで利用可能な、ネットショッピングでの使い方について見ていきます。
まずは、ネットショッピングを通常通りに行い決済画面まで進みます。
支払い方法を選択する際にカードでの支払いを選択し、Kyash Visa カードに記載されている16桁の番号と有効期間を入力しましょう。
支払方法はクレジットカードの1回払い、また必要な場合はセキュリティコードの入力も行います。
ここで注意するのが、名前をご自身の名義にするのではなく、「KYASH MEMBER」と入力するようにしてください。
利用者の多いAmazonも、同様の方法で支払いを行うことが可能です。

kyashの使い方とは?(店舗編)

次は実店舗でkyashを使う方法について見ていきましょう。
実店舗の場合は、実物のカードであるリアルカードを事前に用意する必要がありますのでご注意ください。
支払い方法ですが、基本的にクレジットカードと同様の支払い方法となります。
決済時にカードを提示し、必要な場合には本人確認のサインを行えば支払いは完了です。
kyashの残高が会計時に不足している場合にも、基本的には登録カードから自動で充当されるシステムになっていますので心配は要りません。
なおコンビニも実店舗に含まれますので、リアルカードを利用しての支払いとなります。

kyashの使い方とは?(Google Pay編)

利用方法ですが、事前にKyashアプリをダウンロードしKyash Visaカード(バーチャルカード)を発行します。
VisaかMastercardのクレジットカードを登録、またはコンビニ・銀行からチャージを行っておきましょう。
利用の際は、Google Payアプリのお支払い方法メニューでKyash Visaカードを選択します。
QUICPayを利用することを伝え、専用端末にスマホをかざして決済を行いましょう。
オンラインの場合は、Google Pay経由の支払いボタンから決済が可能となっています。

【kyashとは?】様々なチャージ方法

kyashはプリペイドであるため、利用の前にチャージを行う必要があります。
そのチャージ方法に関しても、kyashでは様々な方法が設けられています。
事前にカード情報を登録しておくクレジットでのチャージや、コンビニ、ペイジー(銀行)を始め、セブン銀行ATMからのチャージも行えるようになりました。
ご自身にあったチャージ方法で、手間なくチャージを行うことが可能です。

kyashで行える送金サービスとは?

kyashでは送金サービスも利用が可能です。
kyashのアプリを利用することで、送金相手がkyashのユーザーでない場合でも送金することができます。
複数名で食事に行った場合など、スムーズにお会計を済ませたいですよね。
そんな時kyashの送金サービスを利用すれば、まとめて一人が会計をしても後からお金を渡すことが可能です。
割り勘する際に非常に便利なサービスで、食事の前にお金をおろしておく、崩しておくといった手間も省くことができますね。

kyashのキャッシュバックとは?

kyashのキャッシュバック機能についても見ていきましょう。
kyashのキャッシュバックについて詳しくみていきましょう。
これは決済金額の2%がkyashアプリの残高に還元されるサービスのことです。
バーチャルカードとリアルカード、どちらを利用した場合でもキャッシュバックされます。
通常のクレジットでも還元サービスはありますが、ここまでの水準が高いサービスはそうないといえるでしょう。

kyashとは、今注目の決済サービス

kyashとはどのようなサービスなのか、サービス内容の使い方について、詳しく見ていきました。
国内外を問わずVisaの加盟店であれば利用出来る、kyashのサービス。
キャッシュレス化が進む現在、便利なサービスの一つといえるでしょう。
決済を行えるのはもちろん、送金サービスを利用できたり、Google Playを利用すればスマートフォンの決済サービスも利用できます。
また、様々なチャージ方法もあり利用する上でも便利です。
さらにお得なキャッシュバックなどもあるため、うまく使うこなせば非常にお得なサービスでもあります。
ぜひ、kyashのサービスをうまく活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください