💡最大7,000円相当のPayPayボーナス還元💡

返品とは?の意味と使い方を解説

返品
「返品」という言葉は、それほど頻繁に使用される言葉ではありません。しかし重要な意味を持っているので、「返品」という言葉の意味を理解しておけば、万が一の時も安心です。
この「返品」という言葉なのですがどのような意味を持っており、使用されているのか紹介していきます。また「返品」を英語や中国語で言う時はどのような言い方になるのか説明します。

返品の読み方

「返品」は「へんぴん」と読むので、とても簡単な読み方になっています。「返」は「へん」という読み方以外に「かえす」という読み方をします。「へん」もしくは「かえす」はどちらも多く読まれる言葉で、日常生活や仕事などあらゆる場面で使用されています。
「品」は「ぴん」以外にも「しな」と読まれるケースが多いです。その他にも「ひん」として読まれる事が多く、「ぴん」と読まれる事はそれほど多くありません。ただし「返品」の場合は、「ぴん」と読むので間違えないように注意です。

返品の意味について

「返品」は「購入したもしくは仕入れた品物を返す」という意味になります。現在は色んな品物が販売されていて、これらの品物を購入することで、快適な生活を実施することができます。
ただし初期不良や何かしらのトラブルによって、求めていた品物を入手できない場合があります。その時は「返品」をすることで、新しい品物に交換したり、損する状況を避けられます。あまり頻繁に使用する言葉ではありませんが「返品」の意味を知っておくことで、最悪な状況を回避可能です。

返品の正しい使い方

「初期不良が発生したのでパソコンを返品した」や「注文した商品とは違う商品が届いたので返品手続きを実施した」などが正しい使い方になります。主に品物を返すという時に使用されるのが「返品」という言葉になります。
満足できる品物を提供することができるように多くのお店や会社では、品物に対して「返品」に対応しています。ただしお店や会社によっては、「返品」に対応してもらえない場合があるので、「返品」希望の方はよく確認しないといけません。

返品の間違った使い方

「返品」と間違いやすい言葉の一つで「返金」があります。「返金」は「返品」のお金バージョンになっており、「支払ったお金を返してもらう」という意味になります。「返品」だけではなく、「返金」という言葉も同じような形で使用されているのですが品物とお金で使用する言葉が異なります。
「初期不良が発生したのでパソコンを返金した」という使い方は誤りなので注意です。また「お金を返品してもらった」という使い方も間違いで、この時は「お金を返金してもらった」が正しい使い方になります。

返品を使った例文

どのような状況時に「返品」という言葉が使用されるのか例文を二つ紹介していきます。日常生活やビジネスなどで使用される可能性があり、実際に使用していることもあります。
特に品物を提供している会社や企業では、「返品」に対する対応や手続きなどを行っている可能性があるため、使用頻度は高くなっているのが実態です。

返品の使い方【例文その①】

日常生活で「返品」が使用されている会話になります。

「さっき購入した雑貨なんだけどよく見たら破損しているわ」
「ほんとだ、これじゃ魅力が半減しちゃうよね」
「今から返品してもらうことって可能なのかな?」
「ちょっと分からないから購入したお店に問い合わせしてみたら?」
「そうするよ、返品対応してもらえるといいんだけどね」

購入した品物が何かしらの原因によって破損しており、購入したお店に対して「返品」してもらえないかという会話になります。

返品の使い方【例文その②】

ビジネスの場面で「返品」という言葉が使用された会話の例文です。

「新しく仕入れたパソコンなんだけど初期不良を起こしてるね」
「これじゃあ全く使い物にならないよ」
「ほんとですね」
「すぐに注文を請け負った会社に返品申請しないとだめだ」
「ではどのような漢字で返品申請をするのかどうか電話やメールで問い合わせてきます」
「宜しく頼むね」

ビジネスで使用するパソコンが初期不良を起こしているので、全く使い物にならなくなっています。そこで注文を請け負った会社に「返品」申請をしようとしている会話です。

返品は英語でなんて言うの?

日本語で「返品」という言葉なのですが英語では、「return」になります。英語の使用シーンでは、「Can I return this」という使われ方をしており、「これを返品することは可能ですか?」という意味になっています。
この「return」という言葉は、かなりの頻度で使われています。あらゆる場面で使用されているので、とても利便性の高い言葉になっており、「返す」という意味を込めて英語では「return」が活用されているのが実態です。

返品は中国語でなんて言うの?

中国語では「退换」や「退货」という言葉で、日本語の「返品」を表しています。「返品」に対応するという意味で「受理退货」や「返品」に一切対応しないという意味で、「概不退换」という言葉が中国語で使用されています。
日本語と同じように中国語も短い単語で「返品」という意味を表現することが可能です。中国語で「退换」や「退货」という言葉が含まれている場合は、日本語で「返す」という意味が含まれているケースがほとんどです。

返品の類義語や関連語は?

「返品」の類義語や関連語は、「返金」や「返上」があります。その中でも使用する頻度が高いのが「返金」になっていて、「返品」という言葉と間違いやすいです。
同じ返すという意味で使用されている「返金」なのですが主にお金を返してもらう時に使用します。「返品」は品物を返してもらう時に使うので、間違いやすくなっています。
「返品」と「返金」はどちらも使用されており、使用する頻度も同じくらいの頻度になっているのが特徴です。

返品の対義語は?

「返品」の対義語は、「注文」や「受注」という言葉で表せます。どちらも商品を仕入れるもしくは提供するという意味を持っているので、「注文」もしくは「受注」を選択しても問題はありません。
その中でも比較的よく見かけるのが「注文」という言葉になります。特にネット上には、たくさんの通販サイトが存在しており、「注文」を行えるようになっています。今後もインターネットの需要は高まっていくので、様々な品物を購入できるように「注文」できる環境が整えられていきます。

返品を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「返品」という言葉の中で残念な四文字熟語になってしまうのですが「返品不可」という四文字熟語があります。「返品」したい方も「返品不可」だった場合は、残念ながら「返品」に対応してもらうことができないです。
お店や会社によっては、このように「返品不可」になっている場合があるので品物を注文もしくは購入する時は注意しないといけないです。逆に「返品可」の場合は、何か品物に問題が発生した時も「返品」してもらうことが可能です。

返品にまつわるサイト

「返品」に関するサイトは非常に多く、今もたくさん存在しています。その中でも勉強になったサイトを二つ紹介していきます。

https://www.magaseek.com/static/doc/id_hlpExchg01

https://help-jp.ugg.com/hc/ja/articles/360002441054-%E8%BF%94%E5%93%81-%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-

一つ目のサイトは、「返品」に対してどのような状況時に対応しているのか説明している通販サイトです。

二つ目のサイトは、「返品」が可能なのか質問しているサイトで、スタッフがどのような対応をしているのか把握できるサイトになります。

返品の意味や使い方についてのまとめ

「返品」という言葉を知っておけば、品物に問題が発生した時も迅速に対応してもらえる可能性が高まります。英語や中国語でも日本語の「返品」と同じように使用されていることがほとんどです。
ただし「返品」は品物を返すという意味で使用されているので、お金を返す時に使用できません。お金を返す時は「返品」ではなく、「返金」という言葉を使用するのが正しい使用方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください