💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

名義とは?名義の意味と使い方を解説

名義
ここでは、「名義」という言葉について深く掘り下げながら解説していきたいと思います。「名義」は、日常会話で出てくることがある言葉ですが特に書類上で使われることが多いです。そんな「名義」の基本的な意味から読み方、使い方までご紹介します。また、英語や中国語での使い方、類義語や対義語、慣用句、ことわざなどについてもご紹介したいと思います。

名義の読み方

「名義」の読み方は、「めいぎ」となります。これ以外に別の読み方はありませんが、「名」と「義」で分けた場合他にも色々な読み方が出来るようになります。「名」の場合は、「めい」の他にも「な」「みょう」などの読み方があります。「義」の場合は、「ぎ」の他にも「よし」という読み方があります。「名義」は、「めいぎ」という読み方一つになりますが「名」と「義」に分けると他にも色々な読み方が出来ることを覚えておきましょう。

名義の意味について

「名義」の意味は、主に二種類があります。まず一つ目の意味は、「表立った名前」です。特に、書類などで責任者や所有者ということで記載される名前のことを言います。例えば、「父親の名義でお金を借りる」「夫の名義で預金する」などということです。二つ目の意味は、名前に応じて守るべき義務のことを言います。二つの意味のうち、「表立った名前」という意味で使われることが多いです。物の所有者が誰か、という意味で使われています。

名義の正しい使い方

「名義」の正しい使い方は、例えば「妻の名義で契約しているスマートフォンが一台あります。」などです。この場合は、スマートフォンを持っているが書類上の所有者は妻であるという意味になります。また、「自分名義の通帳が3つあります。」という使い方も正しいと言えます。この場合は、自分が所有者となっている通帳が3つあるということで正しい使い方になります。「名義」はその所有者を示すという意味で使われれば正しい使い方になります。

名義の間違った使い方

「名義」の間違った使い方は、その物の所有者を示していない場合やあるはずの名前がない場合などで使われることです。例えば、「この預金通帳の名義はありません。」と言うことは出来ません。通帳を作る時に申し込む人の名義となり、その人が所有することになるからです。名義がわからないことはあっても、名義がないという使い方は間違いです。また「名義を失くした。」という使い方も出来ません。名義はなくせるものではないので、間違いになります。

名義を使った例文

それでは、ここで「名義」という言葉を使った例文についていくつかご紹介したいと思います。「名義」は、例えば銀行の通帳や不動産の契約書などの書類の中で目にする機会が多い言葉になりますが普段日常の会話ではどんな場面で使われることが多いのか詳しく見てみましょう。具体的な例と共に、解説していきたいと思います。

名義の使い方【例文その①】

まずひとつ目の例文は、友人との会話の場面になります。
「お邪魔します。すごく広いお家だね。」
「うん、実は一人暮らしをするためにこの家を買ったんだ。」
「すごいね、自分で買ったの?」
「いや、父親名義で購入したんだけど使うのは私一人なんだ。」
「そうなんだ、良い家だね。」
「うん、いつでも遊びに来て良いからね。」
この会話では、父親名義で家を買ったということで正しく「名義」という言葉が使われている例になります。

名義の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、銀行の窓口での会話の場面です。
「こんにちは、預金を下ろしたいのですが可能ですか?」
「ご自分名義の通帳であればすぐに下ろせますよ。」
「実は母親名義の預金通帳なんですが、娘でも下ろすことは出来ますか?」
「その場合は、名義人の委任状と通帳、印鑑、引き出す人の本人確認書類が必要になるので準備してもらえますか?」
「わかりました。」
この会話では、母親名義の預金通帳からお金を引き出すということで正しい使い方になります。

名義は英語でなんて言うの?

「名義」は、英語に変換する場合は「The name」や「a person’s name」などとなります。「このクレジットカードは、他人名義なので残念ながら使うことが出来ません。」という文章を英語に変換する場合は「Unfortunately this credit card can not be used because it is another person’s name.」という文章になります。

名義は中国語でなんて言うの?

「名義」を中国語にすると、「名称(Míngchēng)」となります。「このクレジットカードは、他人名義なので残念ながら使うことが出来ません。」という文章を中国語にする場合は、「不幸的是,这张信用卡不能使用,因为它是另一个人的名字。(Bùxìng de shì, zhè zhāng xìnyòngkǎ bùnéng shǐyòng, yīnwèi tā shì lìng yīgè rén de míngzì.)」となります。

名義の類義語や関連語は?

「名義」の関連語や類義語は、「認められている」「権限がある」という意味では「名目」という言葉があります。「名目」には、「名義」と同じように「表立った名前」という意味がありますがその他にも「呼び方」「名前」という意味もあります。また、ただ単に「名前」という意味で使う場合には「氏名」「本名」「署名」「呼称」「姓名」などといった言葉も似た言葉として数えることが出来るので合わせて覚えておくようにしましょう。

名義の対義語は?

「名義」の対義語や反対語になるものは、特にありません。「名義」は表立った名前であり、書類などでその物の所有者や責任者であることを示すための名前のことです。そのため、「名義」の対義語になるものがあるとすれば名前がないものや所有者や責任者であることを示さないものということになります。「名義」は名前だけという意味もあるので、実際にあるもの、存在するものという意味の「事実」という言葉が対義語に近い言葉として考えられるでしょう。

名義を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「名義」のことわざは特にありません。しかし、慣用句であればいくつかあります。「名義人」「名義株」「名義書換」「名義貸し」「名義預金」などがあります。また、「名」と「義」に分けた場合に熟語がいくつかあります。「名」の場合は、「宛名」「匿名」「異名」などの二字熟語があり、「芋名月」「音仮名」などの三字熟語があります。「義」の場合は、「意義」「異議」「奥義」などの二字熟語があり「一念義」「意義学」などの三字熟語があります。

名義にまつわるサイト

「名義」にまつわるサイトを2つご紹介します。
https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/knowledge/name.jsp
こちらのサイトでは、クレジットカードに関する「名義人」について詳しく解説しているので参考になります。

https://context.reverso.net/%E7%BF%BB%E8%A8%B3/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E-%E8%8B%B1%E8%AA%9E/%E5%90%8D%E7%BE%A9
こちらのサイトでは、「名義」の例文が英語訳と共に詳しく載っています。

名義の意味や使い方についてのまとめ

「名義」とは、ある特定の物を所有する人の名前ということになります。日常では、特に書類上で目にする機会が多い言葉なので慣れ親しんでいる人も多いと思いますが改めて一度正しい使い方を確認しておきましょう。間違った使い方によって、誤解を与えたり本来の意味が伝わらなくなってしまわないように気を付けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください