💡7,000円相当のPayPayポイント&1%上乗せ💡

加盟店(フランチャイズ店)とは?加盟店の意味と使い方を解説

加盟店
ここではひとつの言葉にスポットを当てて少し詳しく紹介していきます。

今回紹介する言葉は「加盟店(フランチャイズ店)」です。

街中やネット上などで目にすることも多いのではないでしょうか。

この言葉の読み方はもちろんのこと、意味や使い方、類義語や慣用句など様々な面から掘り下げていきます。

英語や中国語でも紹介しますしますので見てみてください。

加盟店の読み方

最初は読み方を説明します。

「加盟店」の読み方は「かめいてん」と読みます。

「加」は音読みでは「か」、訓読みでは「くわ」と読みます。

力強い腕を表す「カ」と、祈りの言葉を紡ぐ口(くち)を表す「口」を合わせた形で成り立っています。

「盟」は音読みでは「めい」、訓読みでは「ちか」と読みます。

太陽を表す「日」と「月」、さらに供物をのせる「皿」を合わせた形で成り立っています。

最後に「店」は音読みで「てん」、訓読みでは「てん」または「たな」と読みます。全て音読みで構成されたのが「かめいてん」という読み方です。

加盟店(フランチャイズ店)の意味について

続いては意味について説明していきます。

「加盟店」の意味は、そのまま読めば「盟いに加わった店」という意味になります。

昔ならばそのままで良いのでしょうが、現在では「条件に従い加入した店」という意味の方が分かりやすいかもしれません。

もっと分かりやすく言えば、「フランチャイズチェーン」または「のれん分け」といったところでしょうか。

他にも思いつきやすいのは、クレジットカードブランドの加盟店です。こちらは簡単に言えば「VISA」などのクレジットカードを使えるお店を意味します。

加盟店の正しい使い方

次は「加盟店」の正しい使い方をご紹介します。

加盟店は意味についての説明でもお分かりの様に、「フランチャイズ」や「クレジットカードブランドの使える店」を意味します。

なので「コンビニのフランチャイズ店」や「VISAカードの加盟店」というのが正しい使い方です。

他にも「〇〇ポイント」などのポイントプログラムを取り扱っているお店も加盟店と呼べます。

また、「店」の文字を取った「加盟」という言葉でいえば「〇〇は国連に加盟します」など所属するといった意味が強くなってきます。

加盟店の間違った使い方

では「加盟店」の間違った使い方にはどういったものがあるのでしょうか。

よくありがちなのが「加盟店に加わった」という言い回しです。

これは「加盟」自体に「加わる」という意味があり、同じ意味の言葉を続けて使っていることになるので間違った使い方となります。

「頭痛が痛い」のようなダジャレになってしまいますので、「加盟店になった」または「加盟しました」というのが正しい言い回しです。

変な日本語になってしまわないように気をつけましょう。

加盟店を使った例文

使い方のところである程度の例をあげましたが、ここでは会話形式の例文を2つほど使って説明していきます。

「加盟店」という言葉はとくに、クレジットカードブランドで使われることがあり、実際の店舗に対しては「フランチャイズ」という言葉が多く使われています。

実際の会話の中で、どんな時に使われているのか見てみましょう。

加盟店の使い方【例文その①】

1つ目は飲食店で店員さんとの会話をご紹介します。

「ありがとうございます。お会計が〇〇円になります」
「クレジットカードは使えますか?」
「当店は〇〇ブランドの加盟店ですので、ご利用いただけます」
「じゃあクレジットカードで」

これは、店員さん側が自分の店で使えるクレジットカードブランドを教える時に使っています。

主にレジ前や入り口に「〇〇加盟店」と明示されている場合が多いですが説明する時には正しい使い方をしています。

加盟店の使い方【例文その②】

2つ目は友人同士での会話をご紹介します。

「今日はどこに飲みに行く?」
「どこかオススメの店ある?」
「〇〇はフランチャイズだけど、結構美味しいよ」
「〇〇ってフランチャイズだったんだ。じゃあそこにしよう」

こちらでは、「加盟店」を意味する「フランチャイズ」を使った会話です。

居酒屋などの飲み屋さんは多くがフランチャイズですので、普段の会話でも普通に使っているのではないでしょうか。

また、コンビニなどでも多く見られる事業形態です。

加盟店は英語でなんて言うの?

「加盟店」を英語で表す時の言葉には大きく3つあります。

1つ目は「Member Store(メンバーストア)」です。あるグループに所属している、会員という意味でもある「メンバー」と店の「ストア」を合わせた英語です。
2つ目は「Franchisee(フランチャイジー)」です。こちらはフランチャイズの店という意味を持つ英語です。
3つ目は「Participating Store」です。参加を意味する「パーティシペーティング」という直訳的な英語です。

一般的にはメンバーストアがわかりやすくて良いでしょう。

加盟店は中国語でなんて言うの?

では中国語ではなんて言うのでしょうか。

中国語で「加盟店」を表すと、そのままの「加盟店」もしくは「特許經營店」となります。

「加盟店」の場合は「jiā méng diàn(ヂィア マァン ディェン)」と読みます。

また「特許經營店」は主にフランチャイズチェーンの事を指して使われ、「Tèxǔ jīngyíng diàn(トゥー(ァ)シ(ュ)ィー ヂィン イン ディェン)」と読みます。

漢字自体が中国から伝わってきたこともあり「加盟店」がそのまま使えるようです。

加盟店の類義語や関連語は?

続いて「加盟店」の類義語や関連語について説明していきます。

「加盟店」の関連語では、1番は「フランチャイズ」または「フランチャイジー」です。

多くは飲食店やコンビニで使われる言葉ですが、普段でも耳にする言葉ではないでしょうか。読み方が違うだけで同じ意味を持つのが「チェーン店」となります。

「加盟」だけでみれば類義語として「所属」や「加入」「参加」などがあります。どの言葉も、グループや集団に入るという意味になります。

加盟店の対義語は?

次に「加盟店」の対義語を紹介します。

「加盟店」の対義語は、あえてあげるとすれば「非加盟店」となるでしょう。

「フランチャイズ」の意味で使った場合は「直営店」、「フランチャイジー」に対しては「フランチャイザー」です。

簡単に言えば「お店の看板を使う権利を与える側」という意味になります。

「加盟」という言葉に限れば「脱退」が対義語にあたります。「加盟」自体が入るという意味なので、反対に「抜ける」という意味の言葉です。

加盟店を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「加盟店」という言葉を使った熟語や慣用句などは残念ながら存在していません。

なので分解して「加」を使った熟語など「盟」を使った熟語などを紹介します。

「加」を使った四字熟語には四則演算と同じ意味の「加減乗除」や、火に油を注ぐを意味する「火上加油」があり、ことわざには「医者の薬も匙加減」があります。

「盟」を使った四字熟語には非常に固い誓いを意味する「海誓山盟」があり、ことわざには「城下の盟(ちかい)」というものがあります。

加盟店にまつわるサイト

ここでは「加盟店」に関連するサイトを2つほど紹介します。

https://entrenet.jp/magazine/

1つ目は、独立開業やフランチャイズに特化した「アントレ」というサイトです。

その中にある「アントレ STYLE MAGAGINE」は、フリーランスやフランチャイジーに向けたコラム記事が多数掲載されています。

https://line.me/ja/pay/merchant

2つ目は、知らない人はいないであろう「LINE」の公式サイトにある「LINE Payが使えるお店」というページです。

支払い方法も多様化していて、コード決済もその1つです。こちらのページで「LINE Pay加盟店」が検索できます。

加盟店の意味や使い方についてのまとめ

「加盟店」という言葉を少し掘り下げて紹介してみました。

一般的にはクレジットカードなどの決済方法に関することは「加盟店」と呼ばれ、飲食店の事業形態の1つとして同じ意味の「フランチャイズ」という言葉が使われているのが現状です。

中国語ではそのままの「加盟店」というのは驚きです。また、英語圏ではフランチャイズよりも「メンバーストア」の方が通じるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください