【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

専業とは?の意味と使い方を解説

専業
ここでは、「専業」という言葉について掘り下げたいと思います。「専業」は、日常会話でも登場する機会が多い親しみやすい言葉の一つです。基本的な意味や読み方、使い方から類義語や関連語、対義語、慣用句、ことわざなどについて詳しくご紹介したいと思います。また、英語や中国語などの外国語での使い方についてもご紹介します。

専業の読み方

「専業」の読み方は、「せんぎょう」という読み方ただ一つです。他の読み方は特にありませんが、「専」と「業」で分けた時に他にも読み方があります。「専」の場合は、「せん」という読み方の他にも「もっぱ(ら)」という読み方もあります。「業」の場合は、「ぎょう」という読み方の他にも「ごう」や「わざ」などという読み方があります。「専業」の場合は、「せんぎょう」の読み方だけになりますが「専」と「業」にすると他の読み方も出来るようになるということです。

専業の意味について

「専業」の意味は、主に二つあります。一つ目は、一つの事業や職業を専門とするということです。一つのことに従事する仕事という意味になります。二つ目の意味は、独占業という意味で国が一つの法人や個人にだけ経営を認めることで利益を独占させることを言います。基本的には、一つの職業や事業に従事するという意味で使われることが多いです。特に、携わっている仕事は一つだけという意味で「専業」の言葉が使われることが多いです。

専業の正しい使い方

「専業」とは、一つのことに従事しているということです。そのため、「子供が生まれたので、専業主婦になりました。」という使い方は正しい使い方です。専業主婦は、仕事に就かずに家事をこなすということです。子供が生まれて育児や家事に専念するために、仕事はせずに専業主婦になったと言うことが出来ます。また、「専業農家になる。」という使い方も正しいです。専業農家とは、農業以外のことに携わらず農業から得られる収入で生計を立てていくということです。

専業の間違った使い方

「専業」の間違った使い方は、一つのことに従事しない場面で使われることです。複数のことに従事する場合に使われるのは、間違いであると言えます。「会社員と主婦の専業です。」と言うことは出来ません。会社員と主婦という2つの仕事をこなすということで、専業にはならないからです。また、「コンサルタントの仕事を専業にして、プログラマーの仕事も専業にしています。」と言うことも出来ません。専業とは、何か一つの仕事をする時に使われるので複数の仕事をしている場合は間違いとなります。

専業を使った例文

それではここで、「専業」という言葉を使った例文をいくつかご紹介したいと思います。「専業」という言葉は、日常でよく耳にすることが多い言葉だと思いますが特に仕事に関する話題の中などで使われることが多い言葉になります。実際に普段の会話ではどんな風に使われることが多いのか、具体例を挙げながら見ていきましょう。

専業の使い方【例文その①】

ひとつめの例文は、初めて知り合った人との会話の場面です。
「どんなお仕事をされていますか?」
「私は会社員をしています。貿易関係の会社に勤めています。どんなお仕事をされているんですか?」
「私は講演会を開くことを専業としています。主にコンサルタントとして活動しています。」
この会話では、コンサルタントとして活動し講演会を開くことを専業としているということで「専業」という言葉が正しく使われている一例になります。

専業の使い方【例文その②】

ふたつめの例文は、友人同士の会話の場面になります。
「実はね、旦那がこれから専業主夫になりたいって言ってるの。」
「あら、そうなの?それでどうすることにしたの?」
「私は今の仕事を続けていきたいから、旦那が家事をやってくれると助かるなと思って賛成したのよ。」
「そうなのね、役割分担が出来て素敵よね。私は応援してるわ。」
この会話では、旦那が専業主夫になるということで正しく「専業」という言葉が使われています。

専業は英語でなんて言うの?

「専業」は英語にすると、「speciality」や「monopoly」「principal occupation」となります。「彼は、家業である農業を引き継いで専業農家として働いています。」という文章を英語に翻訳する場合は「He is working as a specialized farmer taking over the agriculture which is family business.」という文章になります。

専業は中国語でなんて言うの?

「専業」は中国語の簡体であれば「特产(Tèchǎn)」と言います。繁体であれば、「特產(Tèchǎn)」と言います。「彼は、家業である農業を引き継いで専業農家として働いています。」という文章を中国語にする場合は、「他是一名专业农民,接管家庭经营农业。(Tā shì yī míng zhuānyè nóngmín, jiēguǎn jiātíng jīngyíng nóngyè.)」という文章になります。

専業の類義語や関連語は?

「専業」の関連語や類義語は、何か特別な知識やスキルを必要とする仕事という意味では「専門職」という言葉があります。一生生計を立てていく特定の仕事という意味では「専門」と言うことも出来ます。その他には、「専任」や「専従」なども似た言葉として数えることが出来るでしょう。「専任」とは、他の仕事も一緒に持つことがなくその仕事だけを持ち担当することを言います。「専従」もその仕事だけを行うことなので、似た言葉になるでしょう。

専業の対義語は?

「専業」の意味が一つの仕事に就き従事することという意味になるので、対義語は「兼業」がふさわしいと言えます。「兼業」とは、すでに従事している一つの仕事の他にも別の仕事を持つことを言います。本業の他に持つ仕事、という意味で「副業」と言うことも出来るでしょう。「副業」の場合は、メインとしてやっている仕事の他に空いた時間などを使いながら短時間で本業よりもより簡単に出来る仕事という意味も持ち合わせています。

専業を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「専業」を使った慣用句はいくつかあります。「専業農家」「専業主婦」「専業主夫」などがあります。「専」を使った熟語であれば、「高専」「工専」などの二字熟語があります。「闇専従」や「専売局」などの三字熟語、「一向専修」「一意専心」などの四字熟語があります。「業」を使った熟語には、「偉業」「営業」などの二字熟語があり「異業種」「営業所」などの三字熟語があります。「育児休業」「一次産業」などの四字熟語もあります。

専業にまつわるサイト

「専業」にまつわるサイトを2つご紹介します。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/125882/meaning/m0u/
こちらのサイトでは、「専業」の意味や例文、慣用句などが詳しく書かれているので参考になります。

https://www.linguee.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E-%E8%8B%B1%E8%AA%9E/%E7%BF%BB%E8%A8%B3/%E5%B0%82%E6%A5%AD.html
こちらのサイトでは、「専業」の例文や英語訳について詳しく書かれています。

専業の意味や使い方についてのまとめ

「専業」とは、一つの仕事に従事することや法律などで認められた独占業のことを言います。使われる機会が多い言葉なので、ここで正しい意味や使い方を改めて確認しながら「専業」に似た言葉や真逆の意味を持つ言葉などについても覚えておきましょう。また、英語や中国語など外国語での使い方や例文もまとめて確認しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください