今すぐ作れる即日発行カード特集🚀💨

クレジットカードと電子マネーを使いこなそう!おすすめの一体型カードランキング

クレジットカードに電子マネーが付いているカードはとても便利ですよね。
電子マネーの種類も豊富ですし、その分お得情報もたくさんあります!
ここではおすすめの一体型カードについて教えます!

目次

電子マネー一体型でお得! おすすめのクレジットカードランキング

まず最初に、電子マネー一体型のおすすめクレジットカードランキングを掲載します!気が早い人はこれを見てすぐに申し込んじゃいましょう!

人気不動の楽天カード! 楽天Edyならどこでも使いやすい!

楽天カードは電子マネーとの相性も抜群?

楽天カード(お買いものパンダデザイン)

 

ブランド

VISA,JCB,mastercard

年会費

無料

ETCカード 500円+税

電子マネー 楽天Edy

海外保険 最高2,000万円

国内保険 なし

還元率 1.0%〜9.0%

入会特典 あり

申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)

発行時間 最短3営業日発行

顧客満足度8年連続No.1の楽天カードが電子マネー利用でお得になるクレジットカードランキングでも堂々の一位を獲得!

楽天カードで使える電子マネーは、数ある電子マネーの中でも利用可能な店舗数が多く、使いやすい電子マネーとして楽天Edyです。
その楽天グループが発行しているカードですからもちろん楽天カードとの親和性は抜群になっています。

楽天カードは入会ポイントがもらえることも人気の一つの理由ですよね。いつでも新規入会で5,000~8,000ポイントをもらうことができます。(今は5,000ポイントですね)

この楽天ポイントは1ポイント = 1円という交換比率で楽天Edyにチャージすることができます。入会するだけでどのコンビニでも使える5,000円が手に入ると考えるととってもお得に感じませんか?

楽天カードの場合Edyを使用した時だけでなく、楽天Edyにチャージを行った時にもポイントが貯まります!

チャージごとに0.5%のポイント還元が行われ、楽天Edyで支払った時にも0.5%が貯まるので通常の還元率と同じ割合でポイント獲得できてしまいます!

また、規定の金額チャージするとボーナスポイントを貰えるキャンペーンも頻繁に行っており、チャージ時と支払い時に加えてボーナスがつくため、すごい勢いでポイントが貯まっていきます。

楽天Edy機能がついたクレジットカードのおすすめとお得なポイント獲得・チャージ方法完全ガイド

楽天カードに付帯した楽天Edyにチャージする方法は大きく分けて
1. オートチャージ
2. 設置端末でのチャージ
の2種類があります。

楽天カードの場合、オートチャージ設定もアプリから簡単にできますし、設置端末でチャージする場合でもファミリーマートですることができるので、非常に使い勝手がよくなっています。

ドコモユーザーなら作るべき! dカード

dカードは電子マネーdポイントがお得に貯まる。

dカード

ブランド

VISA,mastercard

年会費 初年度無料(※)

ETCカード 初年度無料(※)

電子マネー iD

海外保険 なし

国内保険 なし

還元率 1.0%〜5.0%

入会特典 あり

申込資格 満18歳以上で安定した継続収入があること

発行時間 最短5営業日発行

※2年目以降は前年度に1回もショッピングサービスのご利用(携帯電話ご利用代金お支払いやETC・iDショッピングのご利用を含む)がなかった場合1,250円(税抜)、家族会員は400円(税抜)、ETCカードは500円(税抜)かかります。

dカードは、初年度から年会費無料でお使いいただける使い勝手の良いカードです。(次年度以降も前年度一回以上のカード利用で年会費無料)

NTTドコモが発行しているだけあり、ドコモユーザーは月々の獲得ポイントが増えたりと、持つメリットが多くなっています。
このカードは普段のちょっとした買い物などで使いやすくコンビニでのポイントコンビニ還元率の高いカードです。
ローソンで還元率驚異の5%!
そこもユーザーのためのカードといわれると、ドコモ以外の通信キャリアを使っている人には関係ないと思われがちですが、auやソフトバンクユーザーでももっていて損のない1枚です。

何故なら、全国展開しているローソンでポイント還元率は常時5%と驚異の高さを誇っているからです。

内訳は、dカードで支払い1%+dポイントカード提示1%+クレジットカード請求時割引3%=5% となっています。

以前はiD決済でさらに +1% で計6%になっていたのですが、今後またこのようなサービスが登場すればiD決済でさらにお得になりますね。
iD一体型で簡単支払い!
上記では、ポイントの貯まりやすさについて解説してきましたが、dカードは普段から使い安いようにID一体型になっています。
nanacoやEdyのようにコンビニでの支払いでカードをかざすだけで支払いを済ませることができます。
suicaやPASMOと違い後払い方式なので、チャージ忘れなども起こりません。残高照会もアプリ簡単にできるので使い勝手のいい1枚といえます。

dポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカード情報まとめ

nanacoクレジットカードのおすすめとお得なポイント獲得・チャージ方法完全ガイド

電子マネーとクレジットカードの違いとは?

電子マネーとクレジットカード、どちらも現金を使わずに支払いができるメリットがありますが、この2つの違いって知っていますか?

何が違うのかわからないという人もいますよね。

クレジットカードを紹介する前に、電子マネーとクレジットカードの違いを説明していきますね。

ポストペイ型の電子マネーとクレジットカードの違いは?

電子マネーにはプリペイド型ポストペイ型がありますが、その違いは支払い方法にあります。

プリペイドは先払い、ポストペイは後払いになります。

では、このポストペイ型の電子マネー、クレジットカードとはどのように違うのでしょうか。

クレジットカードで支払う時はカードが必要になりますが、ポストペイ型の電子マネーをス
マホに設定すれば、お財布を忘れても支払いができるのです。

お出かけの時もスマホだけ持ち歩けばよいので、荷物を減らせますね。

電子マネーとクレジットカードの違いは決済方法

電子マネーとクレジットカードの大きな違いは、決済方法です。

クレジットカードの場合、店員にカードを渡したら「支払い方法」をいわなければなりませんし、暗証番号の入力やレシートへのサインも必要になります。

電子マネーではこれらのことが一切不要、専用の端末にICカードやスマホをタッチするでOKです。

このように電子マネーの方がクレジットカードよりもスムーズなので、急いでいるときでも使いやすいといえます。

使い分けるなら電子マネー一体型のクレジットカードを!

電子マネーとクレジットカード、別々のカードだとお財布やカードケースが一杯になりますし、面倒ですよね。

そこでおすすめしたいのが、電子マネー一体型のクレジットカードです。

これはその名の通り、電子マネーとクレジットカードがセットになったカードです。

どっちか一方しか使わないとしても、嵩まないし、これなら金額によって電子マネー、クレジットカードと使い分けできるので、カードのポイントも貯められますし、チャージの手間も省けますよ。

電子マネー一体型のクレジットカードについては、次の章でランキング形式で説明するので、詳しいことはこのあと書いていきますね。

クレジットカードは使い分けが大切!なぜ?使い分けのすべを詳しく解説!!

だんだん増えてきている電子マネーが利用可能な場所

昔は電子マネーはクレジットカードに比べ使える場所が限られており、使い勝手が悪いイメージがありましたが、最近では電子マネーが使える場所が確実に増えてきています。

今では交通機関やコンビニ、ショッピングモールなどの場所で商品を購入するときに電子マネーを使うことができますが、最近では神社にも電子マネーが導入されてるとか…。

2014年1月4日に東京都港区の愛宕神社で電子マネー「楽天Edy」で「お賽銭」ができる試みが1日限定で行われました。

この取り組みは翌年から毎年行われていて、将来的に本格的に導入を検討しているらしいです。

電子マネーのメリットとは?クレジットカードを上手に使い分け・相互利用を

電子マネー一体型のクレジットカードがおすすめな理由がわかったら、電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリットについても理解しましょう。

クレジットカードと上手に使い分けると、ポイント還元などメリットも受けやすくなりますよ。

電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリット①支払いがスムーズ

電子マネーのメリットとは、なんといっても支払いがスムーズなことですよね。

端末にピッとかざすだけなので、お釣りの計算も不要です。

スマホ決済ならいくら購入したかも確認できるので、お金の管理もしやすくなります。

クレジットカードと違い、サインも不要な点も便利ですね。

電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリット②手数料無料で税金納付が可能

知っている人はもうやっている電子マネーのメリットが住民税などの税金の支払いですね。

電子マネーと違い、クレジットカードだと手数料が取られてしまいます。

しかし電子マネーの場合、現金と同じく手数料が不要なのでその分お得感がありますよね。

銀行に行く時間はなくてもコンビニなら行くという人は、買い物ついでに電子マネーでサクッと税金の支払いを済ませましょう。

電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリット③ポイントの二重取りができる

クレジットカードのポイントを貯める方法は支払いに利用するだけではありませんよ。

電子マネーのチャージをクレジットカードで行えば、ポイントが付くカードもあるんです。

クレジットカードを使ってポイントを貯めたいという人は、電子マネーのチャージで貯められるカードを選ぶというのもよいでしょう。

電子マネーを使うというのは、支払いスムーズにするだけでなく、ポイントを二重取りするというメリットもありますよ。

電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリット④Apple Payとの相性が良い

電子マネーのメリットといえばApple Payにも対応していることですよね。

iD、QUICPay、Suicaと買い物に電車を乗るときに、よく利用する電子マネーが使えるので、スマホにApple Payをダウンロードすれば、小銭がないという時でも慌てずに済みますし、ポイント還元率が高いクレジットカードを登録してポイントを効率良く貯めることもできますよ。

電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリット⑤クレジットカードが使えない店舗での代替手段に

ファーストフード店やファミリーレストラン、クレジットカードは使えないけど電子マネーは使えるというお店があるんです。

ただ、お店の国際カードによっては電子マネー利用ができないということもあるので気をつけましょう。

電子マネーのクレジットカードと比較したときのメリット⑥よりスマート決済な生活へ!財布を持ち歩く必要がなくなる おサイフケータイを活用

こちらはクレジットカードにもあてはまることではありますが、Apple Payやおサイフケータイを上手に使えば、おでかけのときはスマホだけ持ち歩けばよいので、現金はいりません。

出かける場所によっては、貴重品を置く場所がないということもあるので、お財布なしで出かけられたら、現金やカードを持ち歩く不安もなくなるでしょう。

コンビニでは小銭を出すのに手間取るということもなくなるので、いつも支払いがスマートになりますね。

電子マネー一体型クレジットカードのポイント二重取りについてより詳しく知りたい!

電子マネーのメリットにも出てきたクレジットカードのポイント二重取り、どのカードがおすすめなのでしょうか。

楽天Edy、Suica、PASMO、nanaco、WAON、QUICPay、電子マネーでポイント二重取りにおすすめなクレジットカード紹介します。

楽天Edyでポイントを二重取り

楽天Edyでポイントが二重取りしやすいカードといえば、やはり楽天カードですよね。

楽天Edy一体型のカードを使えば、オートチャージもしやすいですし、しっかりポイントを貯めることができます。

楽天カード以外のクレジットカードでポイントの二重取りを目指すならリクルートカードがおすすめですよ。

▶︎一体型カード《楽天Edy編》はこちら

Suicaチャージでポイントを二重取り オートチャージもオトク

Suicaチャージでポイント二重取りできるのが、ビューSuicaカード、ビックカメラSuicaカード、ルミネカードの3種類です。

これらのカードからSuicaにチャージをすると通常ポイントの3倍のポイントが付きますよ。

なかでもビックカメラSuicaカードは、ビックカメラの支払いにSuicaを使うと現金と同率のポイントが付けられます。

ビューSuicaカードやルミネカードは定期券も一体型なので、JR利用者はこのカードだけで通勤、通学からショッピングまで全て賄えるでしょう。

PASMOでポイントを二重取り

PASMOにオートチャージしやすいのは交通系クレジットカード、そのなかでもTOKYU CARDはポイント二重取りしたい人におすすめです。

TOKYU CARDでPASMOにチャージすると常にポイントが1倍、定期券一体型も選べるので通勤、通学に使うのに使いやすいカードといえますね。

nanacoでポイントを二重取り

セブンイレブンやイトーヨーカドーで使える電子マネーといえばnanaco、チャージでポイントを貯めるならリクルートカードがおすすめです。

国際ブランドがJCB、VISAのリクルートカードならnanacoへチャージでポイントは1.2倍、他のカードよりも還元率が高いのでnanacoユーザーにはメリットがあるクレジットカードといえます。

この他にも楽天カードやYahoo!Japanカードが国際ブランドはJCBのみになりますが、nanacoへのチャージで1倍のポイントが付けられますよ。

WAONでポイントを二重取り

WAONをよく利用するなら、イオンカードセレクトがおすすめです。

電子マネー一体型のクレジットカードでは、唯一WAONへのチャージでポイントが貯められます。

イオンカードセレクトからWAONへのチャージはイオン銀行でのオートチャージでないとポイントは付きません。

また、ポイントをWAONに還元するにはWAONステーションを使わなければならないというように、デメリットもありますが、イオンを利用する機会が多いならWAONポイントがに二重取りできるカードのほうがお得ですよね。

QUICPayでポイントを二重取り

QUICPayにチャージしてポイントを二重取りするならリクルートカードもしくはJCBブランドのカードがおすすめです。

リクルートカードは他のカードよりもポイント還元率が高いのでオートチャージ向きといえますし、JCBブランドのJCB CARD WはJCBカードのなかでもポイント2倍と還元率が高いので、カードのポイントを貯めたいという人には最適ですよ。

QUICPay機能がついたクレジットカードのおすすめとお得なポイント獲得方法完全ガイド

iDでポイントの二重取りはできない?

楽天Edy、Suica、QuicPayとクレジットカードによるチャージでポイント二重取りができる電子マネーは結構ありますが、残念ながらiDはどのクレジットカードもポイント二重取りはできないんです。

iDを利用してポイントが貯めやすいDカードやオリコザポイントも、三井住友系カードも二重取りはできないので注意して下さいね。

iD付きクレジットカードのおすすめとお得なポイント獲得・チャージ方法完全ガイド

電子マネーとクレジットカードの使い方

クレジットカードは「カードで」といえば、支払い回数を伝えるだけで完了しますが、電子マネーはスマホやカードを専用の端末にタッチします。

スマホの場合は、楽天EdyやiDというように電子マネーの会社を伝えます。

プリペイドとポストペイの代表的な電子マネー

プリペイドとポストペイの違いは支払い方法で、プリペイドは先払い、ポストペイは後払いということは最初に述べました。

それではここでプリペイドとポストペイに採用されている電子マネーの種類を紹介します。

プリペイド…Suica・PASMO・nanaco・WAON・楽天Edy

ポストペイ…iD・QUICPay・PiTaPa

プリペイド式の電子マネーは交通系や流通系で採用されており、種類も多いですよね。

ポストペイ式は通信系やカード会社が採用していて、iDやQUICPayって最近よく聞くという人もいるはずです。

プリペイド式の電子マネーのチャージはクレジットカードか現金で

プリペイド式の電子マネーのチャージは、現金もしくはクレジットカードで行います。

現金でチャージする場合には、コンビニや銀行振り込み、インターネットバンキングを利用します。

SuicaやPASMOのチャージを券売機で行うのも、現金によるチャージといえますね。

クレジットカードの場合は、プリペイドカードの残高が少なくなると自動的にチャージします。

オートチャージだけでなく、クレジットカードで貯めたポイントを電子マネーにチャージすることもできます。

ポストペイ式の電子マネーの支払い方法はクレジットカードから

後払いのポストペイ、支払いはどうすればいいの?と気になりますよね。

iD、QUICPayをポストペイで利用する場合にはクレジットカードと紐付けしますので、電子マネー利用分もクレジットカードから引き落とされます。

ポイントをためるためにもクレジットカードを併用しよう

suicaを使うとき、楽天Edyを使うときなど、しっかりそれぞれでお得になるクレジットカードを持っておくとお得です。

国際ブランドが異なるもの、特典が異なるものなど、うまく使い分けましょう。

電子マネーとクレジットカードどっちが使いやすい?比較してみてわかる電子マネーの良さまとめ

電子マネーにはプリペイド式とポストペイ式があります。

プリペイド式の電子マネーは先払い、ポストペイ式の電子マネーは後払い式となります。

電子マネーにはクレジットカードと比較して、税金納付の際の手数料がかからないことを含むメリットがたくさんあります。

また、電子マネーのチャージをクレジットカードで行うとポイントの二重取りができるためとてもお得です。

このように電子マネーにはメリットが多く、利用場所もどんどん増えていますので、イマイチ電子マネーの良さがわからなかった人は是非作ってみてください。

SuicaやPASMOを搭載!お得で便利なICカード・定期一体型クレジットカードまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください