1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

Paidy(ペイディー)はAmazonで使える!使い方を解説

Paidy(ペイディー)はAmazonで使える

後払いができるAmazonのクレジットカードキャリア決済の他にPaidy(ペイディー)というサービスがあるのはご存知でしょうか?

ここではAmazonで利用できるPaidy(ペイディー)について紹介します。

Amazonで使えるPaidy(ペイディー)とは

Paidy(ペイディー)とは、携帯電話番号とメールアドレスさえあれば無審査で利用できる後払いサービスです。

クレジットカードが利用できない方でも利用できますのでおすすめです。

PaidyはAmazonのキャッシュレス消費者還元の対象外

Amazonのキャッシュレスポイント還元

Paidyもキャッシュレス消費者還元事業に登録された決済事業者ではありますが、Amazonでは適用されません。

Amazonのキャッシュレス還元は対象の支払い方法に限り、Amazonマーケットプレイスの対象店で5%還元になります。

キャンペーン名キャッシュレス消費者還元事業
キャンペーン期間2019年10月1日(火)0:00〜2020年6月30日(火)23:59
特典内容購入時に5%割引
対象の支払い方法Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、Amazonポイント、Amazonギフト券、パートナーポイント(JCBのOki Dokiポイント)
対象商品5%還元のマークが付いた商品
還元額の上限1決済あたり20,000円相当
注目!!Amazon MasterCardはおすすめ?得するクレジットカードを比較考察【2020年6月版】

Paidyの5周年記念20%オフキャンペーンも対象外

Paidy(ペイディ)の20%オフキャンペーン

Paidyで開催されるキャンペーンの対象店舗にAmazonがないことからも、5周年記念の20%オフキャンペーンは適用されないようです。

注目!!Paidy(ペイディー)のキャンペーン【2020年1月最新】

Amazonギフト券にPaidyは使えない!対象外リスト

PaidyはAmazonの一部サービス、商品に利用することが出来ませんので対象リストをまとめました。

  • Amazonギフト券
  • デジタルコンテンツ
  • Prime Nowご注文
  • Amazonフレッシュご注文
  • Amazon Pay利用のお支払い
  • 定期おトク便ご注文
  • 1-Click注文
  • 一部の商品のご注文
  • 合計額が1,000,000円(税込み)以上のご注文

SHOPLISTではPaidyがお得

アパレルの人気ショッピングサイトであるSHOPLISTなら、Paidyを利用することができます。

Paidy翌月払いの他に3ヶ月後払いになる超あと払いにも対応しており、キャンペーン対象店舗にもなりますのでお得です。

Paidyの使い方


Paidyは携帯電話番号とメールアドレスだけでカンタンに利用することができます。

  • 手順1
    Amazonの支払い方法でPaidy翌月払いを選択
    対象ショップの支払い方法で「Paidy翌月払い」を選択します。
  • 手順2
    メールアドレスと携帯番号を入力
    受信可能なメールアドレスと携帯電話番号を入力します。
  • 手順3
    認証コードの入力
    Paidyから届くショートメール(SMS)記載の4桁の認証コードを入力します。
  • 手順4
    決済完了
    支払いが完了です。
    後日支払いに関する案内が届きますので、忘れずに支払いを行ってください。

Paidyは会員登録不要

Paidyはクレジットカードのように氏名・年収・勤務先等の情報入力が不要で、しかも年齢制限もありません。

手軽に後払いを利用できるのがPaidyのメリットなのです。

対象店舗によっては分割払いも可能

Amazonは翌月一括払いのみの対応ですが、Paidyを導入している対象店舗によっては分割払いも可能です。

分割手数料は以下の通りになります。

支払い回数手数料率10,000円あたりの手数料
3回2.51%251円
12回8.31%831円
36回24.8%2,480円

Paidyの支払い期限

Paidyの支払いに関する案内は毎月1日〜3日の間に請求メール(SMS・Eメール)に届きますので、10日までにコンビニまたは銀行振込で支払いを完了させなくてはいけません。

口座振替を登録している方は、毎月12日(金融機関休業日の場合は翌営業日)が引き落とし日となります。

支払い方法支払期限支払い手数料
コンビニ払い毎月10日まで350円(税込)
銀行振込毎月10日まで金融機関所定の振込手数料
口座振替毎月12日(金融機関休業日の場合は翌営業日)無料

口座振替なら手数料が無料

3種類ある支払い方法の中で口座振替であれば手数料無料で利用できます。

口座振替の手続きも全てオンライン完結となり、印鑑や身分証明書の記入・アップロードも一切不要です。

Paidyを利用するなら口座振替の登録を早めに終わらせておきましょう。

Paidy×Amazonのコラボレーションに期待

Paidyの対象店舗は続々と増えておりますので、今後Amazonでもお得になるキャンペーンが実施される可能性は十分に高いでしょう。

おすすめのQRコード決済でも大きなキャンペーンが毎月のように開催されておりますので、1人の消費者としてはPaidyに限らず、様々な決済サービスやキャンペーンを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください